渋谷Hot Butterd ClubでDJ

渋谷Hot Butterd Clubでのレギュラーイベント。
毎週第2日曜日、22時〜遅めの時間帯にまわしています。
昨夜は、松浦俊夫さんとご一緒しました。


 
DJ MOKUREN | comments(0) | -

黒柳擁護論 VS 黒柳肯定論

昨日は、ゴー宣道場の打ち合わせ兼の食事会で、
小林よしのり先生、高森明勅先生、笹幸恵さん、切通理作さんと。
イジメ自殺問題に触れて話しているうちに

 
「昔はもっと恐ろしい先生や、強烈な印象を残す大人がいて、
それが子供たちの教育やしつけに必要不可欠だった」
 
という話になった。
そこで、切通先生が、かつての歌番組での黒柳徹子
ふるまいが強烈に印象に残っているという思い出を話された。
シャネルズが登場した際、ある少年が、
 
「黒人のくせになんで香水みたいな名前をつけてるんですか」
 
と質問をしたのだけど、その後CMに入り、
そのCMがあけたとたん、
黒柳徹子が涙を流しながら、
 
「黒人のくせにってなんですか!」
 
と激怒していたのだという。
切通先生は、これを目撃したことで、『差別発言』というものが
強烈な印象として胸に残ったのだそうだ。
 
あわわー、私も似た経験があるよお、と思った。
子供の頃、私もその歌番組を毎週見ており、今でも強烈に
記憶している黒柳徹子の発言があるのだ。
 
光GENJIが隆盛を極めていた頃だ。
バレンタインデーの時期、ジャニーズ事務所宛てには
全国のファンから、4tトラック15台分だの、20台分だのの
チョコレートが届いたと話題になっていた。
で、登場した光GENJIの諸星クンが、
 
「このチョコレートは、アフリカの恵まれない子供たちに
寄付したいと思います」
 
と言ったとたん、瞬時に黒柳徹子がブチ切れて、
 
「恵まれない子供たちは、一生チョコレートなんか食べられ
ないんです。あなたがたの気まぐれで、一度きりの贅沢を
覚えさせるのは、とても残酷なことなんですよ!
気安く寄付なんかなさらないでください!」
 
そうだったのかああああ! 
私も純粋な子供でなにもわかっていなかったので、
はじめて、日本人の無自覚な偽善を思い知らされるに至り、
いまでも『無自覚な偽善』というものが胸に残っているので
ありました。
・・・しかし、小林よしのり先生によると、
 
「それは、黒柳擁護論じゃないか!」と…。

 
「ここで泣いたら善人に見られる」と思って泣いたんじゃないか?

こう答えれば、尊敬されると考えて発言したんじゃないか?
 
そんなに簡単に黒柳のすべてを信じていいのか?

 
は、はい……。そう言われれば……。
 
子供時代の記憶であって、擁護したわけじゃないですけれど……。

テレビ開局時にはじめてブラウン管に映ったぐらい、
ずっと人前に自分を見せている人だし……。

 
海千山千の芸能人なんだろうし……。
 
どんな裏腹を持っているか、わからないよね……。
 
徹底した黒柳懐疑論。

迫りくる小林先生の業によって、
切通先生と私の黒柳の思い出は、
霞んでいったのでありました。
 
あなたは、黒柳擁護論? 黒柳懐疑論?
日誌 | comments(0) | -

代官山LODGEでDJ

代官山LODGEのワールドミュージックパーティ「HARISSA」でDJ。

代官山LODGE、手づくりの内装がかわいくて好きな場所のひとつだ。
アフリカン、バルカン、シリア中近東あたりから、途中でサルサかけて踊ったりとか。

昨夜のDJ陣。シリアのテクノミュージシャン、オマール・スレイマンでやたら盛り上がった。
DJ MOKUREN | - | -

代々木八幡プロレス!

きのう、代々木八幡の商店会が企画している『代々木八幡プロレス』を
観に行ってきた。
駐車場を使って設営したリング、運よく最前列にかぶりついて、

高山善廣絵文字:ハート 鈴木みのる絵文字:ハート 佐藤耕平絵文字:ハート 崔 領二絵文字:ハート



ちょうど対面が、子供たちを観戦させるスペースになっており、
レスラーたちが安全を考えて、私のいる大人スペースのほうへ
転がり落ちてくるもんだから、何回も慌てたー
絵文字:ハート絵文字:ハート



メインイベントでは、私の持ってた傘が取り上げられて、
リング上に持ち去られ、高山の頭にグサグサ刺さるもんだから、
うっとりしてしまった
絵文字:ハート絵文字:ハート

刺し終った傘は、崔領二から「どうもありがとうございました!」と
丁寧な挨拶つきでもどってきました
絵文字:ハート絵文字:ハート絵文字:ハート
ZERO1 観に行きたい。
プロレス最高。
こんな気分の日は、エベレストジャーマンかけられてもいいかも
絵文字:ハート絵文字:ハート絵文字:ハート

プロレス | comments(0) | -

雨。自宅ベランダから。

写真―趣味の撮影 | comments(0) | -

代官山、朝焼け

中目黒より代官山方面。朝焼け。

日誌 | comments(0) | -

どぉーなってんのよぉーっ!

どぉーなってんのよぉーっ!
ひと月前、あたしが注文したのはアフロビートのCDだっちゅの! なのに、18日間も待ってイギリスから届いたのは、JIM REEVESのグレイテストヒッツ…。
で「これ全然違うんやけど!」って激怒して送り直してもらい、そしてまた、18日間待ってイギリスからいまやっと届いたの、封開けたらまたJIM REEVESのグレイテストヒッツじゃねーかよーっ!!!
36日間かけてJIM REEVES 2枚仕入れさせて私にどうしろと!!!


JIM REEVESには何の罪もないのに、2枚並ぶと顔がムカつく!!!

そして店に送った苦情メールの控えが自分のメールボックスに届いた。
怒りまくってるのに興奮しすぎてわざわざ二枚並べた写真を添えて送ってしまっていた…。

「以前、注文したものと違うCDが届いたと連絡した泉です。正しい商品を再度送るとのことで、半月待ちましたが、また違うCDが届きました!!いい加減にして下さい!!注文しているのはアフロビートのCDです。なのに、「JIM REEVES」が、また!届きました!写真を見て下さい!一度目の間違いで、使用しようと思っていた日には間に合わなくなり、すごくがっかりし、そこから半月待って、また違う商品ですよ!?どういった管理をしているのですか?イライラします!すぐにアフロビートを送って下さい!!!!」

だいぶ、怒ってるよね。怒ってるよネー。で、店からの返信は、こうだった。

「申し訳ございません。最新の注意を払ったはずでしたが、バーコード管理にそもそも不備があったようで、再発送の手続きを行いましても、正しい商品をお送りする自信がございません。このたびは、キャンセル・返金の手続きに移行させていただきます」

お、おう……。自信がございません…?
な、なんだこの『ドモホルンリンクル』のCMの「お売りできません。」みたいな、自信たっぷりの決めゼリフは。
なんだかよくわからない結末だけど、新しいぜ…。
日誌 | comments(0) | -

38歳の誕生日

昨夜はいきなり地面がぐいんぐいんシェイクするところから始まり、「なにも地球規模で盛り上げてくれなくてもいいのに〜」と心臓バクバクするシーンからはじまり…
ありがとうございました、アイララでひらいていただいたバースデイパーティーは、たくさんの方と踊ったり笑ったり、嬉しい再会もありの幸せな時間でした。
昨年とちがって、
DJやってたからあんまり泥酔いしなかったのもあり、記憶がたっぷりあって嬉しいです。
しかし、38歳だよー。皆様これからもどうぞよろしくお願いします。
(写真は、昨夜の仕上がり。わたし、輝いてました)

日誌 | comments(0) | -