不思議の国の日本人

「スマホのニュースの断面だけで社会を見る人たち」

=リゾート地から日本を知るようなもの

ってすごいなあ。
たしかに、スマホが普及して、アプリが大量発生してから、
頭のなかが不思議の国のバーチャルリゾート地になってしまって、
面倒な情報はシャットアウトして、心地よい音だけに耳を傾け
ながら、流れている1行ニュースだけを目にしている・・・
みたいな日本人がどんどん増えているように思う。

不思議の国のバーチャルリゾート地にふさわしい今週の日本の
事件といえば・・・
そうね、
ヤクルトレディの雨がっぱを大量に盗んでいた男が逮捕!
「女性用の雨がっぱが好きだった」「においを楽しんでいた」と。
自宅から70着以上の雨がっぱを押収。
体育館に並ぶヤクルトのロゴ入り雨がっぱ。
逮捕した警察署員によると、
「長い警察人生で、雨がっぱ好きははじめて」。
いろんな人がいるよね。

それから、母によると、伊勢志摩サミットのおかげで、
三重県は、陸・海・空、ほんと凄まじい警備態勢みたいだ。
まったく関係ないのに東京都内でも駅のコインロッカーが
使用禁止になっているものね。
改札にもやたら警官が立っているし。
きのうなんか、熱海行きの東海道線のなかで、
「伊勢志摩サミットのため特別警戒を行っています。
持ち主のわからないお荷物があれば車掌までご連絡ください」
って放送が流れたよ。なんでやねん。
空港なんて、出たら最後、入国できるのかしら!?

もともと伊勢志摩は、サミットなんか来なくても観光地として
激混み状態だったし、別に各国の首相たちが巨額のお土産を
買って帰るわけでもないし。
そんなにテロを警戒しなきゃならなくなるなら、
今度から、サミットは無人島とか砂漠の真ん中とか超絶寒いとか、

もっと世界の僻地でやってほしいよね。

困ったね。お祭り騒ぎの日本人。不思議の国の日本人。

日誌 | - | -

オバマ大統領の広島訪問は、もともと「友好ムード」などではないよ!

ニュース番組で、報道記者が、翁長知事と安倍総理の
平行線の会談を取り上げて、オバマ大統領との首脳会談を

「友好ムードだったものが、沖縄の女性殺害事件に
言及せざるを得ない形となりました」


などと言っているんだけど、断固抗議が当たり前なのに、
『言及せざるを得ない』って言い草は酷すぎないか?
女性の遺族に「ご迷惑をお掛けします」とでも言わせたいのか?

オバマ大統領の広島訪問には、旧日本兵の捕虜だった
94歳の元米兵が同行するそうだ。
フィリピンで捕虜になった元米兵やその家族で作る
「全米バターン・コレヒドール防衛兵記念協会」
のメンバーで、ホワイトハウス側から協会に
「広島に行ける元捕虜がいるだろうか」と打診があったらしい。
元捕虜は、広島訪問にあたって、オバマ大統領に

「日本軍からひどい仕打ちを受けた生存者として、
太平洋での戦争を始めた責任が誰にあり、
なぜ戦われたのか、触れてほしい」

「大統領としての職務は分かるが、謝罪すべきではない」

「原爆の使用は、戦争を終わらせるための行動だった」

「原爆投下だけでなく、戦争が起きた理由や
捕虜たちの処遇にも触れてほしい」


などと語っている。

オバマ大統領は、なにしに広島へ来るんだ?
圧力団体の爺さん連れて、慰安婦の次は、
「旧日本兵捕虜問題」でも作る気なのか??

そもそもが友好ムードなんかじゃないじゃないか。
日本政府もマスコミも、こんなことと沖縄の重大問題を
天秤にかけて困惑してどうするんだよ!!
政治・社会問題 | - | -

下流老人の「安楽死」…人情ある正直な普通の人の意見

きのう行きつけの店で羊肉をつまみながら、
店主(50代男性)と世間話をしていて、下流老人の「安楽死」
の話になりました。
店主はインターネットをやっていないからブログを読んだりは
しないし、日々の生活のなかで見たテレビの話題から、
介護殺人の話になったのですが、
トングでもやしを炒めながら、何気なく言ったのです。

「ぼくは身寄りがないですから気楽なもんですけど、
身内の介護を想像すると、ぞわぞわっとする人が
いっぱいいるんでしょうねえ。
特に女の人は義理の親の介護もやらされるから、
早く死んでほしいと思うのが正直なところでしょうねえ」


「これからは結婚もできないのに、若くて縁戚だからって
理由で介護だけやらされる人も増えるわけでしょう」


「年老いてボケた親の介護のために、働き盛りの人が
仕事を辞めて貧乏暮らしになって、自分の子供を作れ
なくなるなんて、本当に気の毒でしょうがないですねえ。
安楽死ってのも、あっていいと思うんですよねえ」

「大昔は姥捨て山なんてのがあったらしいですけど、
生きるためには仕方がないっていう時代のなかでねえ・・・。
でも、いまだって、お金がなきゃ、まともな余生なんか
送れない世の中ですからねえ」

「耄碌してぼんやりベッドに繋がれて、世話かけながら、
だらだら人生の最期を過ごすなんて、ぼくはイヤですねえ。
はい、もやし焼けたよ。たっぷり食べて食べて」


これが、安楽死に対する、人生の最期に対する、人情ある、
正直な普通の人のシンプルな意見だと思うんですよね。
いろんな人の悲喜交々を見てきて、自分にも、ひとりで店を
切り盛りしながらの人生の辛苦や味わいがあって。
ネット民たちは、
「安楽死なんてとんでもない!」「ナチスと同じ!」などと、
善人を装うようでいてどこにも人情を感じない意見ばっかり。

 

今後の老後の現実は……

 

 

思ってるより過酷だぞぉ…

日誌 | - | -

「オモテナシ」と同胞を天秤にかける潔癖王国の王様たち

沖縄県うるま市の元米軍海兵隊で軍属の男による女性殺害事件で、
日本政府、与党は、「本当に最悪のタイミングだ」などという声を
次々と上げて困惑しているらしい。
オバマ大統領の広島訪問に水を差された、最悪のタイミングだ、と。
6月の沖縄県議員選挙に水を差された、最悪のタイミングだ、と。
7月の参院選に影響が出るじゃないか、最悪のタイミングだ、と。

安倍首相を筆頭に、何の役にも立たない合コン議員たちの顔が
次々浮かんで、頭に来すぎて体のなかが暴言で一杯になる。
私が被害者の身内だったら、凶器を握ってるかもしれない。
犯人の元米兵は「首をしめたり、殴ったり、刺したりした」と供述して
いるんですよ?
自国の国民がむごたらしく惨殺されて置き去りにされたことよりも、
日米の同盟関係を広島でアピールすることのほうが大切だと?
そして、自分たちの選挙を有利に運ぶことのほうが大切だと?


まったく、人間のクズばっかりだね!

来週にはオバマ大統領がやってくる?
じゃあ、堂々と強く出ればいいですよ。
これで広島訪問に影響が出るかもしれないって?
そりゃ、しょうがないでしょ。
「米国大統領による広島訪問が、この戦後の歴史的にどれだけ重要な
第一歩であることかーっ!!」
と大仰に言われたって、そもそも、いくらオバマ大統領でも、
タテマエの壁を壊すことなんかできないって世界中がわかってることで、
「あ、大統領のうちに来るんだ。ま、悪いことではないんじゃないの?」
ぐらいのスタンスでいた人のほうが普通なんだし。

わざわざ「演説しないから」「謝罪でもないから」って米国民のために
アピールしているんだからね。


しかし、ひどすぎるね。
安倍内閣の閣僚「タイミング的にまずい。大変なことになった」
公明党幹部「日米首脳会談でも触れざるを得ないかもしれない」
ですってよ。

「O・MO・TE・NA・SHI」のためなら、元米兵の男に何の罪もない
日本人女性が惨殺されるという重大殺人事件に蓋をしようなんて、
こんな恐ろしい潔癖王国ありませんよ。
なんでこうなる??

 
JUGEMテーマ:沖縄
JUGEMテーマ:国防・軍事
政治・社会問題 | - | -

沖縄県うるま市不明女性の死体遺棄事件、再発防止策はただひとつ、米軍撤退!


うるま市の20歳女性が殺害、雑木林に遺棄されていた事件で、
米国防総省の屁理屈コメントが本当に腹立たしい。
「我々は地元の当局と完全に協力している。沖縄県警の聴取を
受けている人物は軍人ではない。彼は嘉手納基地に関連する
会社に雇われ基地で働いている」

元海兵隊員で、嘉手納基地に勤務する軍属の米国人だ。
現役もクソもない。
よその土地をいつまでも占領し続けて、日本から金を受け取り、
訓練された頑強な元海兵隊員が、何の罪もない非力な日本人の
女性を手にかける!? 冗談じゃないよ!!

「再発防止策を米軍内でしっかり検討してほしい」などと言う人達が
いるけれども、日本にとっての再発防止策はただひとつ、米軍撤退!
日本から出て行ってもらうこと。日本には自衛隊がいる。

ところが日本政府は、こんな在日米軍への《思いやり予算》を増額。
2016?20年度の総額は9465億円となり、参院本会議で、
自民、民進、公明各党などの賛成多数で承認されている。
何を思いやっているの?
国防総省の屁理屈に、どう言い返せる?
「・・・ですよねえ、あれは現役の軍人さんではないんですよねえ、
日本を守って下さっている米軍様なのに、軍人さんでなくなった、
いわば落ちこぼれの人間が問題を起こして、お気の毒ですねえ」

とでも言ってゴマをするつもりなのか?

そんな金があるなら、自衛隊にまわして、正しい国防に軌道修正
してほしい。
そのためには、憲法改正する必要があるから、米軍撤退を叫ぶ
人達も、論理的に正しい抗議をしてほしい。

「自主防衛ということも視野に入れなくてはならない」ではなく、
「自主防衛できていないなんて異常事態である」でしょう!
この恥ずかしい異常状態を許容、推進したままの日本では、
犠牲になってしまった女性に顔向けできない。

日本は、訪れた外国人たちが、
「日が暮れてから、女性や子供がひとりで町を歩いたり、
ジョギングしたりできるなんて、日本は凄い国だね!」
と驚くような治安の維持されている国なんだ。
故郷と同じ感覚でふるまいたいなら、故郷に帰ってやってくれ!
政治・社会問題 | - | -

知らないうちに見えちゃってるのを見られちゃってる

他人のパスワードを破って、女性タレントたちのiCloudやFacebookを
覗き見ちゃってた男が逮捕されたけど、
ニュース見ながら、私のスマホ大丈夫かなと、ぞぞーっとして、
自分のiCoudの設定を確認しちゃったよ。

iPadもiPhoneも、アップデートするたびに、
クラウドがどーのこーのですが、どーされまーすかー?
とたずねてくるんだよね。
よくわからないし、面倒だから、推奨されるまま、とりあえずぽちぽち
設定してしまいがちだけど、こうして自分では理解できていないまま、
知らないうちに撮った写真がネット上に自動保存されて、
しかも共有状態になっていることがあるなんて、気色悪すぎる。
自分のスマホは管理できるけど、他人のは信用できないし。
流出してもいいような写真にするしかないよね。

私は店に出ればどうしてもいろんな人と「写真撮ろう!」となるし、
それがネット上にアップされることも日常茶飯事ではあるし、
店の宣伝になってりゃいいかなと思い、よっぽど変な顔になってなきゃ
積極的にOKしてた時期もあったんだけど、ありゃ失敗だったな・・・。
深く反省。

この頃、あんまり飲み食いしている時の写真をすぐに撮ってその場で
すぐに載せたがる人とは同席したくないなと思うようになった。
特に男性はね。誤解を生むし。
プライベートのつもりだったのに、翌日あっさりブログにアップされて
いると、人間関係の調整をしなければならなくなる場合もあったりする
わけで、めんどくさい。
「すみません、写真を載せないで欲しいんですけど」と頼んだら、
怪訝な顔で「なんでだめなの?」と説明を求められたり、
異常にがっかりした顔をされたりして、困ってしまう。
大人なんだからわかってください! とも言えないし。

個人間のマナーの問題と、ネット上の情報管理の問題。
考えるとひたすらうんざりしてくるけど。

ネット上のサービスは、このごろ二重パスワードや合言葉を何度も
求められるものが増えて、ずいぶん面倒だなと思っていたけど、
やっぱり、とにかく厳重な仕組みを作ってほしいな。
日誌 | - | -

" DJ CLICK " 来日DJイベント

なにぃ!? DJ Clickが来日するって〜!? どこかでDJプレイやるなら行きたいなあ!
…と思ってたら、DJで呼ばれた〜っ!
「Clickに、バルカンビートかける日本人の女の子がいるってのを見せたくて」
う、うれしっす。ぶんぶんかけちゃうよ。

ZTB & RP presents
〜 Master of mixture music 〜

" DJ CLICK " 来日DJイベント!!



6月にTOHOKU REMIXなるClick Here名義のプロジェクトで、
日本の津軽三味線奏者などとレコーディングのために
DJ CLICKが4年ぶりに来日します。
東京に滞在するわずかな期間を利用して
6月8日(水)にDJイベントを開催!!

場所は極上なサウンドシステムを誇る
老舗レゲエクラブ「新宿OPEN」
重低音&ファットな音でワールドミュージック
(Balkan Beats, Arabic, India, Africa, Latin, Reggae, etc)
をブンブン鳴らしますよ〜! Don't miss it !!!
---------------------------------------------------------------------
◆Date:6月8日(水)Wednesday 8th June 2016 
◆Open 18:00 Start 18:30(〜24:00)
◆Charge:1500yen with 1drink
◆Place:新宿OPEN
東京都新宿区新宿2-5-15第一山興ビルB1
Tel: 03-3226-8855
Map→ http://www.geocities.jp/club_open/index/us.html

< Special Guest DJ >
DJ CLICK (from France) 
http://www.nofridge.com/

<Guest DJ >
藤井悟 aka SATOL.F(CARIBBEAN DANDY) 
風祭堅太(GLOCAL RECORDS)

< DJ's >
Zafarista(Barubora)
泉美木蘭(AiLARA)
YOHSK(RUM&PUNCH)
MASAKI69(ZTB / EU FEVER)

--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

■ DJ CLICK :biography ■


DJ CLICK(DJ クリック)は、フランスのDJ/トラックメイカーで日本での認知としてはバルカンビート系DJとしての印象が強いかもしれない。2010年作のアルバム「DELHI TO SEVILLA」では広くジプシーの起源とされるインドから中近東、バルカン半島を越えスペインに至った道のりを追いかけ、それを現代的なエレクトロ、Break Beats、DUB STEPの俎上で再構成。
インドのドローン楽器タンプーラとタブラの響き、都市の喧噪をイントロにジプシーマナーな女性ボーカルと哀愁漂うアコーディオンが乗った民族DUB〜ダウンテンポな曲から始まり、ジプシー音楽でも用いられる中近東の打楽器ダラブッカにジプシーヴァイオリン、そして再びタブラが鳴り始め、それがいつの間にか2拍3連のダンスホールレゲエのリディムへ。その後もバルカンビート〜トライバルハウス〜ベリーダンスを自在に横断したりBALKAN BEATS×JUNGLEありetc。ジプシーの辿ったインド〜中近東〜バルカン半島〜西欧〜スペインの道のりを自在に行き来する感覚はインドの都市デリーからスペインの都市セビラというアルバムタイトルの通り。兎に角、一曲一曲が熟れていて、すごく洗練されている。生の楽器とボーカルにプログラミングのビートやベース、サウンドエフェクト、空間処理。これらのバランスが他の数多のBalkan Beats系のTluck Makerとは明らかに異なるのがDJ CLICK持ち味である。
 また、DJ CLICKはアフリカのテクノの第一人者であるマリの Issa Bagayogo とコラボレーションしたり、00年代にバルセロナ・ミクスチャーシーンの一画をになった Ojos de Brojo の DJ Panko や90年代UK ASIAN UNDERGRUNDシーンの中心バンドだった Trans Underground や、電子音学とアラブの弦楽器ウードの融合の可能性を常に模索しトルコのアンダーグラウンドシーンとの関係の深いプロデュサーでもある SMADJ らと共演をして来た。またREMIXを手がけたミュージシャンは日本でも人気の高い Manu Chao 、フランスのアルジェリア系ROCK歌手 Racid Taha 、 トルコのジプシー音楽のマエストロ Burhan Ocal などそうそうたるメンツと共に、バルカンビートという枠だけでは捉えきれないぐらい懐の広い音楽性を持ったDJで、様々な民族音楽との共演をするライブDJとして、活躍の幅を広げている。
DJ MOKUREN | - | -

このごろの旅番組のこと。

時浦さんの台湾よしりん先生のビーチリゾート、いいなあ。
余裕があるなら、カンクンに行ってみたいんだよなあ。
海が最高の上に、サルサいっぱい踊れそうだもん。
そのためには、お金のほかに、サルサを踊れる男がいなければ
ならないんだけど。

写真を眺めながら、ふと、そういえば昔は、もっとテレビ番組で、
芸能人が豪華な海外のリゾート地を満喫する企画があったのにと思った。
大物芸能人がアロハ着てグアムのスポットを紹介して歩いたり。

最近は、海外でも、あまり知られていない秘境…という名の僻地へ
芸人や若手タレントを行かせるチャレンジ系の番組や、
貧困国や、物凄い僻地などに暮らす一般の日本人を、
芸能人でなく、番組スタッフが訪ねたりするような、
「旅」なんだけど、決して「観光」ではない番組がすごく多い。

国内となると、乗車賃数百円の路線バスで知らない町を乗り継いで、
名物の銅像や史跡を訪ね歩く、プチ旅。
たしかに、こういう、お金をかけずに気ままに町を移動してみるような
プチ旅なら、
『日曜ひまだけど、金ないし、有名な場所はどこも人ゴミだし…』
という人の興味をそそるかも。

日々、小銭が大切だもんなあ。
日本の超お嬢様・森泉が、ビンボー家庭を訪れて、
100円ショップで材料を買い込み、アイデア収納を作る番組があるけど、
たしかに安く上がるし、森泉のDIY能力には関心しちゃうんだけど、
なんと言えばいいのか・・・いろんな意味で、すごい番組だと思う。


かくいう私は、このごろ、銭湯ライフを満喫中。
散歩がてらちょっと足を伸ばしたところに、
瓦屋根の大きな銭湯があって、ここが、お湯の温度がちょうどよくて、
広くて、天井高くて、空いてて、うちにも風呂はあるけど、気に入って
しまって通いはじめた。
徒歩圏内に3軒銭湯があるんだけど、駅前のビル型銭湯のほうは、
天井が低くて、狭くて、密閉感があって、おまけに大混雑なんだよね。
こっちは、寺院風建築の昔ながらの一軒家銭湯で、
脱衣所でふうと天を仰ぐと、けっこう迫力ある格天井になっていて、
やたらリラックスする。
番台のおばあちゃんが、いつもなかなかお釣りの計算ができなくて、
「もう10円だよ」「20円多いよ」なんてやりとりがある感じも、
愛着がわくのであった。
ちなみに壁画は、富士山でなく、金閣寺と宇治平等院鳳凰堂!

ああ、カンクンは遠い。



 
日誌 | - | -