「あ、いま、夢のなかにいる」

今朝は楽しかった。
6時頃にゴミ出しをして、寒さのあまり布団にもどってそのまま
二度寝したら、まどろみのなかで夢を見はじめ、そして、
その夢のなかで「いま、夢を見てる状態だ」と気がついたのだ。

私はお洒落をして部屋から出掛けようとしているんだけど、
玄関の靴箱をいくらあさっても右の靴しか見つからない。
ブーツもスリッポンもヒールパンプスも、出てくるのはすべて右。
困って、靴の右側だけ何足も抱えて裸足で玄関のドアを開けた。
と、そこはなぜか高層タワーの最上階の部屋になっており、
目の前に広がる大きな窓の向こうには、六本木ヒルズの森ビル、
東京タワー。しかもそれらを見降ろす高さにいる。

ここで「あ、いま、夢のなかにいる」と気がついた。
同時に「よっしゃラッキーーーーーーーッ!!!」

たいてい、夢だと気がつくと、急速に覚醒して目を開けてしまう。
せっかく安楽の夢の世界にいたのに、しーんとしたいつもの自分の
部屋の風景に引き戻された瞬間は、なんとも残念な気分になるものだ…。
この時も、窓の向こうの空に、巨大な黒いファスナーの線が見えた。
自分のまぶたの線だ。
これが上下に開くと、たちまち夢の世界は“夢”と消えてしまう。

ファスナーから意識を反らし、なるべくファンタジーを想像する。
想像したことはそのまま景色となって現れて、自由に遊ぶことが
できるのだ。

まず、抱えていた右だけの靴をぜんぶ猫に変えてみた。
黒猫、茶猫、白黒猫、赤猫。金色のラメの猫。
うまくいきそうだ。

それから、部屋のなかで試しにポンとジャンプしてみた。
軽々身体が浮き上がって天井に両手をぴったりつけていられる。
空を飛べると確信したので、窓を開けてベランダの柵をよじのぼった。
けっこう風が強くて寒い。
「やばい、やっぱり現実かも!?」
でもまあこんな高い所から落ちることも二度とないからいいやと思って、
東京タワーより高い空へダイブした。

気持ちええーーーーーーーー!!

一瞬まっさかさまに落ちたけど、うまく上昇して自由に飛ぶことができた。
でも、大都会の風景なんか見降ろしても汚らしくてたいして楽しくないし、
そしてここが私の想像力の愉快さなんだけど、そもそも強風のあまり、
さっきから着てる服がバッサバッサめくれ上がって、可憐なおっぱいが
丸出しになっている。
それで、実家の三重県の落ち着いた景色にスライドさせた。
近所の長いブロック塀の上やら、幼馴染みの家の屋根、港の灯台、
学校の屋上やらを落ち着いて飛び渡って遊んだ。

建物の窓が開いていれば、中に入ってみた。
生活感はそこかしこにあるし、ある家の台所には炊飯器の湯気が
充満しており、食卓に朝食の準備がなされていたりもするんだけど、
どこに行っても誰とも出会わない。
ふと、思った。


あっ、私、死んでるかも?


やっぱりさっきの高層タワーからのダイブ、現実だったのかも。

やっばー! ファスナーどこ? 空のファスナー!

上空へ、昇る、昇る、昇る!

ファスナーあった! 両手で掴んで上下にひっぱる! か、かたい!

おい、あたし、寝すぎなんだよっ! なにくそ、隙間に頭をつっこむ!

ぐおおお、めちゃくちゃ狭い! 狭すぎて息が詰まる! 死ぬーっ!

でもこの世界から出ないと! ぬおおおお、頭蓋骨がゆがむーっ!

な、なんか、でも、この強烈な狭さ、昔、どこかで体験した気がする…

これって、あたし、産まれ変わってるんじゃなあい?? ああああーっ!!




ごっふぁ!!

とても殿方には聞かせられない音声を立てて目を覚ますと、
私は、敷布団と枕の間に顔を挟んでもがいていたのでした。

やれやれ、驚いた。
楽しかったな。でもあたし、ホントに死んでたんじゃないか?

日誌 | - | -

高知市生後10か月女児虐待音声を聞いてしまって・・・

高知市で生後10か月の女児が母親から虐待死させられた疑いのある事件で、
近所の男性が、女児の死亡する前夜の泣き喚く音声をスマホで撮影していた
として、その音声がニュースで何度も流れるんだけど、
聞くたびに物凄い嫌悪感が渦巻くあまり、席を立って顔を洗いたくなってしまう。

もう流すのをやめてほしい。
火事の映像や、警察と犯人の大獲り物を撮影したものとは、性質が違わないか?

録音した男性は、女児の母親から
「赤ちゃんポストに預けたい。できるなら殺して、どこかから飛び降りたい」
と聞かされていたそうで、撮影した理由については、
「普通の泣き声じゃなかったので。すぐ危険を感じて」
「子供になにか直接命に関わることをされているのではないかっていうので
すぐ撮影に入りました」
と語っていた。

どうして子供の命に危険を感じたところで、スマホに手を伸ばして録音なのか、
警察に提供して事件の捜査に役立っているまではよしとしても、
取材に来たテレビカメラを自宅に入れて、どこでどう録音したのか、スマホを
手に持ち、当時のポーズまで再現してみせる姿には、得も言われぬ嫌悪感を
感じてしまった。
通報や救助は誰かがすると思ったのか、虐待の証拠を押さえたかったのか、

私にも野次馬根性はあるから、火事や事故現場で、おおっと思うことはある。
ただ、覗き見根性で撮ってしまったとしても、その赤ちゃんが本当に死んで
しまったことを知った時、
自分の撮ってしまったものに罪悪感や恐怖感を抱いたり、
そんな時にスマホに夢中になっていた自分、という存在を、天の神様から
じっと見られているような後ろめたさを感じたりはしないのだろうか。
男性のふるまいからは、どうもそんな大切な部分が欠けているように感じられて
ならなかった。


これを流しまくるテレビ局もちょっと感覚がおかしいんじゃないかと思ってしまう。
男性に「なぜ録音したのか?」とインタビューしているので、
視聴者をショッキングな音声で画面に釘付けにして視聴率を確保しておいて、
批判のほうは、男性の「覗き見根性」「撮ってないで助けろ!」という部分に
向けられるという仕組みになっている。
テレビのずるさを感じて嫌悪感を抱く。

「あの泣き声は異常だと思った」
「あの時病院へ行っていれば、死ななかったのかな」
近隣住民の証言があまりに『ありがち』なのも、この世の地獄に見えてきた。
自分の身のまわりにも、いつでも起きることだ。
いつか自分がそんな証言者になっているかもしれない。
共同体崩壊、隣近所の関わりが薄れ、お互いに無関心でいるために
見えない壁を作ってしまった世界、その冷徹な現実の小さな犠牲者が
泣き叫ぶ声。
その音声が、ひそかに近隣住民によってスマホで録音されており、
しかも公開されるという、さらなる薄気味悪さ。

大きな社会全体の問題が、どこか一点への批判に矮小化されて、
自分自身のものとして捉えられない、目を背けてなんとなく済まされてしまう、
このくり返しにも嫌悪感が渦巻いてしまう。


なんだかシールズみたいになってしまったからもうやめる。
とにかくもう流すのやめてほしい・・・
私は、赤ちゃんがいたたまれないんです。
政治・社会問題 | - | -

まさか死んだ人のコンサートだったとは・・・。

「チケットがあるから」と、知人からコンサートに誘われた。
案内チラシを見せてもらうと、何人かフォーク歌手が出演するのだけど、どうも年齢層がかなり上のようで、歌手の名前を聞いてもピンと来ない。
30代の私では、フォークソング自体に馴染みがないのだ。
「でも知ってる歌がいっぱいあると思うよ。すごくいいから、とにかく行こう」
恐らく知人は、もうすこし上の世代の人を誘いたかったのだろうけど、都合が合わなかったなど事情があった様子。見るとチケット代金も高いし、席を空けたくないようだ。行くことにした。


会場は、団塊の世代、もしくはそれ以上と思われる年齢層で満員で、なんと私が最年少。女子トイレでは、介助つきの方も何人か並んでいた。
開演すると、歌ではなく、なぜか精神科医だという白髪のおしゃれな紳士が登場して、「加藤和彦」という歌手のことについて語り始めた。
会場は喜んで頷いたり、笑ったりしているんだけど、私は話の前後関係もわからないし、人物相関図も頭に浮かばないし、ちんぷんかんぷん。その後に登場する人も、フォークの歴史をおもしろおかしく語ったり、加藤和彦と自分との関わりを紹介したり、加藤和彦の作ったという歌を歌ったりしている。

ほー、今日のメインは加藤和彦っていう人なんだな。
しかし、話を聞いていると凄まじい大物なんだな。
これだけ語りまくって期待感を高めているんだから、よっぽどだ。
あっ、「あのー、すばーらしい、愛をもう一度ー♪」って、この曲知ってるよ!
中学校の音楽の教科書に載ってて、授業で合唱したもん! す、すごい!!
でも、こんなに前座の歌手たちが歌ってしまったら、本人の歌う歌が減っちゃうじゃないか。うーむ、老体にムチ打つわけにもいかず、勿体ぶって時間を稼いでいるのか。
ああ、はやく加藤和彦出てこないかなー!

・・・なんて感じで、じいーっとちんぷんかんぷんの話を聞きながら、
ご本人の登場を待っていたのだけど、ちっとも出てこないまま、第一部終了。
えええっ、これだけ語りまくって、そのメインが登場しないまま、休憩!?
す、すごすぎる。外タレのコンサートでもなかなかやらない演出だよ。
芝居『黒蜥蜴』だって、一幕から美輪明宏でてくるもん。
いいのか、こんなにもったいぶってて。団塊の世代って、気が長すぎる!!


と、思ってたら、第二部の語りを聞いていて、やっと意味がわかった。
びっくりだよ!! 加藤和彦という人は、とっくに亡くなっていたのだ!!!
そして、なんで精神科医がコンサートに出てるの? と不思議でたまらなかったお洒落な男性は、加藤和彦と一緒に「ザ・フォーク・クルセダーズ」として活動していた北山修さんという人だった!!
そういうことだったのかー!!
これはつまり、加藤和彦を偲び、フォークの時代を懐かしむコンサートだったのね。
誰も教えてくれないから、あたしひとりで加藤和彦が出てくるの心待ちにしちゃったよ!!


そして、後半の終わりごろに、さらにびっくりたまげることがおきた。
小室等さんという白髪の大物フォークシンガーが、ギターをつまびきながら
『イムジン河』という曲を歌いはじめたんだけど・・・
はじめて聞いたその歌の歌詞にびっくり!

北の大地から 南の空へ
飛びゆく鳥よ 自由の使者よ
だれが祖国を二つにわけてしまったの


朝鮮半島分断がテーマになっており、北朝鮮側の人間の気持ちになって、南側の故郷を思う気持ちを、日本語で歌っているというものなんだけど・・・
ひえー、戦後ってこんな反戦歌まであったのかあああ!
なんか、すんごい世界だなあ・・・・

と思って聞いていたら、
わたしの右の人も、左の人も、前も後も、そこに集まっていた聴衆全員が一緒になってこの曲を大声で歌いはじめるもんだから、もうめっちゃらくっちゃらにびっくらこきまろ!!

こ、こんなに歌いまくるほど、この曲、流行したのおお!?

ふ、ふうううう・・・。
ジェネレーションギャップって、自分より若い世代を見て感じるもののように思いがちだけど、自分がまだ生まれていない時代に対しても感じるんだよね。団塊の世代と自分とのギャップにぎょっとするほど衝撃を受けた昨日でありました。
びっくりびっくり。
日誌 | - | -

Jackson do Pandeiro × Beatfanatic

ビートファナティックっていい仕事するよね、ブラジルのコンピに入っていたジャクソン・ド・パンデイロのリミックスにはまりっぱなし。

Jackson do Pandeiro "Eu Balanço"(Beatfanatic Rework)


そして、ジャクソン・ド・パンデイロは、映像見れば見るほどすごく『笑点』に向いてるように思えてくる。このリズム芸人感たまらないよ、しかもめちゃくちゃうまいし。
ちっちゃいおっちゃんとして部屋にいてほしい。「おっちゃん、もう寝るからタンバリンやめて」って言ったらすごく寂しそうな顔しそう…。


Jackson do Pandeiro - Chiclete com Banana
日誌 | - | -

映画『それでも僕は帰る〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜』

映画『それでも僕は帰る〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜』を観てきた。
凄い作品だなあ。
シリアの若者たちによる民主化運動、はじまりは歌とシュプレヒコールによる平和的デモだったものが、アサド政権からの容赦のない虐殺によって、武装化してゆき、混迷を極めていく様子を、着弾点のど真ん中でカメラが密着しつづける。

前半、反体制派を批判する歌を歌っていた若者たちは、
あっという間に大量の銃を手にしておのおの入念に磨きはじめるようになる。
戦闘状態に入ると、親友たちはどんどん死んでゆき、精神的に追い詰められ、極限状態になってゆく。

その一連の流れと、若者たちの変貌ぶりは、まるで最初からシナリオがあったかのような、いつか読んだ原作をもとにした青春物語であるかのように感じるほどだった。

これ見ると、やっぱりSEALDsのやってることなんか、ちゃんちゃらおかしいと思ってしまう。
「戦う、さもなくば死」の中東の若者の覚悟と、結局はアメリカの軍事力に守られた日本の制度のなかでぬくぬくしている若者の支離滅裂な反抗心と。SEALDs、この映画観たほうがいいんじゃないかな……。

また、追っているカメラマンには冷酷なほどタフな一面があって、目の前で若者や子供が血まみれで死んでゆき、のべつまくなしバンバン砲弾の飛び交っているのが普通、という尋常ならざる過酷な状況下にあっても、チャンスさえあれば、綺麗な絵作りをして撮ってみせるから、凄いと思った。
ポスターに使われているシーンは、戦闘が激化した廃墟の廊下にしゃがみこむ反体制派リーダーの若者が、親友たちの死と不利な戦況に精神的に参っていくところなんだけども、そこへ光が差し込み、埃の舞い上がる情景……思わず、

「美しい憂鬱だなあ……」

なんて見入ってしまう。ドキュメンタリーだということを忘れさせる映画らしさ。
シーンのほうから「いま撮って…」って近付いてきちゃったんだな、きっと。

そもそも、この映像をよく無事に持ち出せたなあとも思うし。

で、帰宅してから知ったけど、ノーベル平和賞に、チュニジア民主化貢献団体が選ばれたあ!?
はあああ??? シリア、この状況だっていうのに?
チュニジアは、たまたま、うまく民主化されやすい環境が揃っていただけのことで、結局「アラブの春」に燃えていた他の国はすべて民主化大失敗、ますます強権的な支配に逆戻りしたり、内戦が悪化してひたすら人が死ぬ毎日を迎えてしまっている。
ノーベル平和賞って、
わけがわからないな。
核兵器廃絶を語っただけで、オバマ大統領に贈られたこともあったんだっけ。
ただの偽善じゃないか。

 
日誌 | - | -

映画『ドローン・オブ・ウォー』観て来た。

今日はシリアの映画『それでも僕は帰る』を観に行こうと思っていたのだけど、時間が間に合わなくて、シネコンへ。『ドローン・オブ・ウォー』観て来た。

日本じゃ官邸だの大使館だの城だのに大流行絶賛墜落中のドローンだけど、これは本来の殺戮兵器としての正しい使い方をリアルに描いている作品。

アルカイダ一掃作戦で実際に行われたドローン殺戮にもとづいているらしいけど、まるで空爆ゲームのようにモニターを見ながら、遠隔で現実感の薄い殺戮を行っていく様子は、あまりにも不気味で、ほとんどカルト映画を観ているような感覚になった。

しかし、上空3000メートルからの映像で、地上を歩く人間の個人の識別はもちろん、顔の表情まではっきりと見えているなんて!
しかも、そんなドローンの映像で町を監視し、操縦を行うパイロットは、戦地から1万キロ以上も離れたラスベガスの基地にいるのだ。
「100%安全な」エアコンの効いたコンテナのなかにいて、モニターの映像を見ながら、発見したターゲットを女子供もろともミサイルで爆破していく。
撃たれるほうは、まさに青天の霹靂。
バラバラになって死ぬまで、見られていたことも、ロックオンされていることも気がつかないのだから。

そうして、遠隔殺戮を行ったパイロットたちは、昼になると食堂でランチを食べ、夕方には、家族の待つ家に帰ったり、ラスベガスの町で酒をあおったりする。
グアンタナモを皮肉るセリフがあったり、「これは戦争犯罪では」「対テロ戦争など憎しみを生むだけでは?」などなどの葛藤も描かれてはいるけど、ドローンによる「実感のない殺戮」の薄気味悪さがあまりにも強くて、そんな問題定義も掻き消されていくようだった。


挙句、劇中のドローンからの俯瞰映像を見ているうちに、映画ごしの私のなかにまで、まるで自分が「正義」のために人を殺せる天の神にでもなったかのような感覚が、ふと芽生えている瞬間があった。
あるシーンで、
「こんな奴ぶっ殺しちゃえ! ボタンひとつで済むし、絶対仕返しされないし」
と。その瞬間の自分が、一番怖かったかも。


 
日誌 | - | -

やっぱり、私には「マイルド」、向かないな。

ゴー宣道場の打ち合わせ。
9条に関して書いた道場のブログについて、小林よしのり先生から、
「ものすごい過激」と言われる。
えっ、そ、そうだったの!?
しかも、小林先生に「過激」と言われるなんて、どんだけー・・・?
考えてみて、率直に「それ、どうなん?」と思ったことをそのまま
書いてみただけだったので、過激なこと言ってやるという感覚もなく、
あんまりよくわかってなかった。
もっとマイルドさを心がけたほうがいいのかな。
マイルド、マイルド。
そう考えはじめると、なんだか「マイルド」って、私の本性からは
かなり遠いものに感じてきた・・・。


一方、一昨日は、たまたま評論家の切通理作さんと話す時間があり、
朝生のSEALDsに対して批判した私のブログについて、
あれでは生温いと叱られた。
私はもともと中東の民主化デモに興味を持っていた人間だから、
デモに関して、もっとレンジの広いことを言えるはずだと。
「おばさんっぽく、狭い範囲に見えるような批判をするのではなく、
その幅広さをもっとガツンと出してヤバさを見せてほしい」
と。

そ、そうかなあ。
でも確かに、切通さんに叱られてるうちに、そうだったよなと反省。
私、イランで反体制デモやってた左派の学生たちが、
大学に乱入してきたイスラム革命防衛隊(バシジ)に乱射されまくって
血まみれで死んでいく動画とか、一生懸命見てたんだった。

イランは、2013年に当選した大統領が穏健派のため、
今はやや平和らしいけど、数年前は左派のデモが凄かった。
左派には、とにかく現状を世界に知らせたいという目的があったので、
仲間が撃たれると、こぞって携帯を取り出し、死んでいく様子を
動画撮影してYoutubeにアップしていたのだ。
でも、撃ち殺すほうはそんなの関係ない。
バシジは、強烈な反米・反イスラエル精神を持ち、
「イスラムを守るため」の崇高な任務を全うしているわけだし、
バシジの中には学生もいる。
体制派の学生が、反体制派の学生を当たり前に撃ち殺すのだ。

ああいうの、SEALDsが見たらどう感じるんだろう。
「ああ日本で良かった、安全にデモができて。帰ったらゲームもできるし」
ってな程度なんじゃねえのかよ!?
などなど、考えはじめたのでした。

やっぱり、私には「マイルド」、向かないな。

映画『それでも僕は帰る』、とても良いらしく、切通さんから直接おすすめ
されたので、なんとか期間中に足を運びたいな。
日誌 | - | -

仕事できる人と、いい加減な私の大きな違いがCDの盤面に。

先日、アイララでプレイ中のDJ KUMEさん(71歳・ラテンDJ)のCDバッグを覗きこんだら、CD一枚一枚、全曲について、どんなニュアンスの曲か、びっしりと書き込んだメモが貼り付けられていて、あまりの丁寧さに驚いた。


この日のDJ KUMEさん、71歳、渋すぎる!

この日は96枚入りのCDバッグ2個と、アナログを持ってきていたけど、どれを見てもびっしりと細かい文字。はじめてこのDJバッグを借りた人でも、なんとなくプレイできるんじゃないかと思うくらい。
KUMEちゃんは、還暦前のDJデビューまでは、商社にお勤めのエリートサラリーマンで、中南米に駐在していたという方なんだけど…、やっぱり仕事できる感が、音の整理の様子にもバッチリ出ているように思えた。脱帽です。

翻ってわたしのCD。
改めて見ると、ひどいよね。





盤面に文句ばっかり書いてあるからびっくりしたよね。
「長い」「いいけど古い」「妙に壮大」「昭和感ありすぎサルサ」「いいけど速すぎサルサ」って。
よっぽどこのCD最初に聞いたとき、女性ホルモンの影響かなにかでイライラしてたんだろうね。
たしかにハズレの多いCDなんだけどね。それにしても、文句書かずにいられないというね。


とはいえ、わたしも最初は、大きめのポストイットに、どこの国のどんな曲か、ある程度のメモを書いて貼ったりしていたの。でも、A型のくせにものすごく大雑把な人間なので、かける時にはがして、そのままなくしてしまったり、CDをもとの位置に収納できなかったり――。
で、ある時、いざDJブースでバッグを広げたら、バチャータのCDに「アルメニアの民謡、ピ〜ヒョロ系」とか全然違うメモが貼られてて・・・メモ貼付法撤廃を宣言いたしました。

整理、だいじよね。頭のなかもね。

 
DJ MOKUREN | - | -