慰安婦《合意》:韓国世論調査は、慰安婦像の移転反対が70%以上

安倍首相は韓国となにを合意してきたんだろう?

韓国国内の世論調査では、慰安婦像の移転については、
反対が70%以上

挺対協は、慰安婦像の移転について議論すること自体を
「屈辱的で国民の権利を侵害する越権行為だ」
と言って一切の議論を拒絶する空気を作り上げており、
日韓合意なんかなんのこっちゃら、さあ、もっと像を建ててやる!
と息巻いている状態。
韓国は4月に総選挙があるから、朴政権もこういった世論を
なだめることなんかできないだろう。

まったく、あいかわらずみっともない国だなあと思うけれど、
こうなることは、はじめから予想がついていたような。

ところが安倍首相はというと、現在、週刊誌記者の目の前で、
堂々とアサコールを3錠飲んでるようなありさまで、
これに対して「一国の首相がこの状態で大丈夫か?」という
超基本的な重大問題すら口にする人は誰もいない。むしろ、

「安倍ちゃーん、だいじょうぶ? 今度のお休み、ゴルフ行こっ♪
ストレスあんまり溜めちゃ、だめだよっ♪ ありがとう腹痛!」


みたいな、真綿のように包む愛の状態で支えることが暗黙の了解
となっているようだ。なんのために総理やってるのか。

こんなことを言うと「難病の人を差別するな!」と怒る人がいるけど、
他国はそんなやさしさだけで、日本を見てくれてはいない。
首相がストレスに弱い身体を持っているということを露呈するのは、
他国に対して日本の弱点を露呈してるも同じことだと、
国会議員はどうしてもっと堂々と指摘してくれないんだろう。

航空機のパイロットは、身体に問題があれば操縦を許されない。
離陸してから、雲の上で

「なお、当機のパイロットは、難病のためストレスによって下血する
状態にありますが、薬を一回3錠を一日3回、規定量よりも多く飲み、
なんとか我慢しておりますので、ご安心ください。
とにかくストレスに弱い状態ですし、難病ですからみなさま責めないで
くださいませ」


とか、アナウンスが聞こえたら、みんなどう思うわけ〜〜???

「頼むから着陸してくれえええ〜〜〜!!!」

冷や汗たらたらになるか、無事到着した場合は、二度とこの会社の
飛行機乗りたくない…と心理的に考えるのでは…。
総理大臣は、日本国民の命と生活を乗せた巨大な飛行機を操縦している
パイロットなのだから、やはり、ヒューマニズムだけで判断せず、
役職の過酷さにふさわしい状態の人間でなければならないと考えるのが
自然だと、私は思うのだけど…。
政治・社会問題 | - | -

東京は梅日和、観光日和

昨夜は『雪が降るかもしれない』という予報がはずれて、
東京はなんてことなし、今日も朝から晴天、近くの神社では、
すでに梅がきれいに咲いて甘い香りが漂っていた。



それにしても、外国人観光客が本当に多いなあ。
梅は咲いてはいるけれど、寒風吹きすさび、歩いていると体がかちかちに
冷えてくるような寒さ。
なのに浅草では、なんと夏の浴衣を着て、ショールも羽織らずに、
素足に草履でそぞろ歩く外国人がいっぱいいた。
おそらく近隣のレンタル着物店で借りて、着つけてもらったのだろうけど、
観光客が多すぎて、普通の着物が出払ってしまったのではないかと思う。

「これは夏の浴衣なんですよ、とても寒いですよ?」
「それでもOK、キモノ、着たい!」

そんな光景が目に浮かぶ・・・。

浅草寺の裏道には、次から次へと観光バスが乗り付けていた。
全国的に、観光バスが不足してしょうがない状態らしい。
急増した外国人観光客に、車体の数が対応しきれないだけでなく、
いま問題になっている「安く、安く」で増えてきた高速バス運営のおかげで、
バス会社の経営が行き詰まり、戦力になるレベルの運転手を満足に確保
できていないという現状もあるそうだ。
いくら稼ぎ時だからと言って、まともに研修もしていない人間に『とりま運転』
させるわけにもいかないしな・・・普通は。
日誌 | - | -

まさかの腹上死! きょうの『新・牡丹と薔薇』がおもしろすぎた。

きょうの『新・牡丹と薔薇』がおもしろすぎた。
ついにここまで来たかー。

きのう、天ぷら粉をぶっかけられてぶち切れたパパ、
富貴子を屋敷から追い出してしまい、姉妹は離れ離れ、
家族はバラバラになり、家庭は崩壊の危機。

その隙に、パパに忍び寄ったのが、離婚した元妻。
パパ、元妻とホテルにイン、そしてかなり激しいセックス…
と思ったら、そのまま、まさかの腹上死!!

あちゃー。こりゃまたダイナミックに死んだなああ…。
妻と娘が病院に駆けつけると、パパはやたら微笑んで
息絶えており、その遺体には元妻がしがみついて泣いてるという
ありさま…。
「出ていけぇえええ!」と激怒する正妻。

妻 「先生、間違えないでください! 妻は私です!
  で、死因はなんなんです!?」


医師 「急性心不全…まあ、いわゆる、腹上死ですかねえ」

妻 「腹上死ぃぃいい!!!!?」

あまりにも面白すぎて、この瞬間、大爆笑しちゃったよ。
もうそろそろ最終話が近づいているみたいだけど、
このまま駆け抜けてほしいなあ。大ファンです。



日誌 | - | -

せっかくだから監視カメラに映りに来た!監視カメラの映像が覗ける件

せっかくだから映りにきました。
さきのブログに書いた、ネットワークにつながる監視カメラの映像が
大量に漏えいしており、あるサイトからリアルタイムに覗ける状態に
なってる件。



真ん中でひとりだけカメラ目線なのが私です。
監視カメラに映り、そしてその映像が漏えいしている
サイトをスマホで閲覧し、その中の自分を見てます。
結構タイムロスなく、リアルタイムに見えます。

地上から見た監視カメラは、これ。




遠隔から覗き見られてるということは、パスワードがばれている
ということで、このカメラの角度を変えたり、あたりを見渡したり
することもできるのだそうです。(不正アクセスですよ!)

バスの中から監視カメラの映像見てたので、
バス降りてから、うろうろ位置を探す自分の姿も
見えてました。

あいつなにやってんだっちゅう、通行人のみなさんの
視線が気になります。
みなさん、スマホ見ながら公共の歩道をあるくのは
大変よくないことですから、やめましょう。

とある飲食店でも映りました。




左のカウンター、いちばん手前の帽子の者です。
監視カメラに映ってる自分を、スマホで見てる様子が
よーーく映ってます。

たまたま見かけて、表示されてる地名と内装の様子から、
よーく知ってる店だったので、
半信半疑で入ってみたのですが、
やっぱり本当に自分が映ってしまうと、衝撃。
公道の監視カメラは、まだお天気カメラ的なものとして
見慣れてる感があるんだけど
…。

最近は、デジカメにもSNSにも顔認識機能があり、
画像から自動的に個人を特定することができます。
もう世界中どこを歩いても、すべて認識して監視されてると
思ってよいのかもしれません。

いまスマホでちまちまこのブログ書いてる喫茶店には、
見たところ監視カメラは見当たらないけど、わからない…。
今回わたしは、日頃東京に慣れた人ぶって「蕎麦が好き」と
言っていたのに、ひとりの時は間違いなくうどん注文してる姿が
漏えいしてしまいました!
少なくとも、こそこそデートしてる方、世界中に漏れてます。
悪いことはできまへん。
日誌 | - | -

あなたの監視カメラが世界中からのぞかれている

どうも、一時的に知的な、木蘭ですkyu

早朝から、世界中の監視カメラが覗けるサイトというものを知り、
「こ、これ、やばいやろーーーーーーー・・・!」
と恐怖半分、興奮半分でいろんな監視カメラを見てしまった。

ネット回線を通じて映像を遠隔地から閲覧できるようになっている
ワイヤレスの監視カメラが増えているんだけど、カメラの設置の際に、
初期パスワード(取扱説明書に記載されていて、どのカメラも同じ)を
変更しておかないと、映像がダダ漏れの公開状態になるらしい。
そういったダダ漏れ状態の監視カメラの映像を拾って集め、
誰でもリアルタイムに閲覧できるようにしているのだ。
アメリカのサイトのようだけど、日本国内の監視カメラも7000近く
覗ける状態になっており、かなり、とんでもないことになっている。

会社のフロア、倉庫、受付ロビー、工場、駐車場、病室、コンビニ、
ホルスタインの牛舎、保育園のお遊戯室、銭湯、厨房、
ショッピングセンター、コインランドリー、介護施設、ジム、
マンションロビー、雀荘、足つぼマッサージ店、有名ラーメン店、
試験会場、クリーニング店、一般住宅の玄関先・・・

病室の天井に設置されている監視カメラには、管につながれて
ただ横たわる男性のもとに見舞いの人が訪れたりする。

会社のカウンターでは、不動産契約だろうか携帯の契約だろうか、
一般客を相手に書類の説明をしている様子が真上から見えている。

ある会社は、社員たちの顔はもとより、社内掲示板にも焦点が合って
いるので、各人の「本日の行動予定表」がはっきり丸見えになっている。

雀荘は、いまの時間帯、すごく暇そう。

屋上でたばこ吸ってさぼってる人、発見。

たまに行く渋谷のそば屋の天井にもカメラがあって驚いた。
カメラの場所も地図表示されていたから、一発でわかった。
厨房に近い奥のこの12席は、こうして、席に座る様子、友達と雑談し、
そばをすすって出て行くまでを全部見られてるのか・・・

一般家庭の居室の映像もあった。
独居の親の生存や、外出時のペットの様子を確認する目的で、
実家や自宅のあらゆる場所にワイヤレスカメラを設置して、
外からスマホでチェックしている人もたくさんいるのだ。
まだまだとんでもない映像が掘り出されるかもしれない。

以前、バイトしていた飲食店にもこのワイヤレスカメラがあったから、
もしパスワードが設定されてなければ出てくるかもしれない。
店の天井にいくつかカメラがあって、新店舗開拓に忙しいオーナーは
外出先で(海外からも)、タブレットを使って店の様子を監視していた。
やっぱりオーナーが出勤していないと、スタッフはダレてしまう。
お客がいない間に椅子に腰かけて雑談したり遊んだりしていると、
全員に同時にメールが届き、「掃除をしなさい!」と怒られたものだ。

バス事故の報道で、犠牲となった若者の生前の姿をFacebookから
抜き出して報道に利用していくことに大きな反発があったようだけど、
覗き見の監視カメラから得た映像が、テレビをにぎわすようになる日も
近いかもしれない。

とりあえず、ネットにつながるカメラを使っている人は、いますぐ
パスワード変更したほうがいいですよ!
日誌 | - | -

毎日新聞一面にSMAP。

モーニングCROSSのために3時起きだったので、
昨夜はかなり早くベッドに横になっていたのだけど、
やっぱりSMAPの行く末が気になりすぎて、22時にテレビをつけて、
あのお葬式のような沈痛な面持ちの悲しい謝罪放送を見た。
とくに中居くんの表情は、今後、どんな仕打ちを受けることになるのかを
予見させるようにも思え、あまりにも残酷で同情せずにいられなかった。
ある意味では、好感度がますます上がった、と言えるかもしれない。

MXに到着して、番組冒頭に紹介される各社の新聞記事を見たら、
毎日新聞が一面で「SMAP存続」を取り上げているのには驚いた。
ここまでの社会現象に発展するスターって、凄まじく過酷な運命だ・・・。
ベッキー問題がズサーッと消えちゃったよ。
私がゲスの極みの立場だったら、あんた、SMAPに頭が上がらないよ?


番組では、年末年始に沖縄の本を何冊か読んでいたのもあって、
自分なりの興味や意見があったので、宜野湾市長選の話をした。
すっきり割り切ることができない入り組んだ問題だと思うので、
言葉が足りていないかな・・・と思ったり、説明の難しさも感じた。
本当はもっと全国的に大きく、深く報じられたほうがいい話題だと思う。

帰宅すると、フジテレビは昨夜のSMAPの謝罪姿を繰り返し放送し、
生謝罪の視聴率を「瞬間最大37.2%に達しました♪」と紹介していた。
こ、コワイ・・・・・・・・。

モーニングCROSSは、田中康夫さん、開沼博さんとご一緒でした。
日誌 | - | -

MX『モーニングCROSS』出演します

あす1月19日(火)は、
TOKYO MXテレビ『モーニングCROSS』
コメンテーターで出演します。
朝7時〜8時30分の生放送です。
司会の堀潤さん、脊山麻理子さん、黒田治さん、
そして、ゲスト田中康夫さん開沼博さんとご一緒いたします。
関東圏の方、ぜひ9チャンネルにあわせてみてください。

http://s.mxtv.jp/morning_cross/
泉美木蘭からのおしらせ | - | -

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』と「黒いジェット機事件」

昨日、スピルバーグ監督の『ブリッジ・オブ・スパイ』を観てきた。
おもしろかったーっ!
東西冷戦時代のベルリンを再現してみたり、橋の上のシーンも……
やっぱりスピルバーグレベルの大作ってすごいな。
主役のトム・ハンクスはもちろんいいし、
ソ連のスパイ役マーク・ライランスも寡黙で謎めいた”あやしい外人”を
顔や佇まいからぷんぷん香らせていてとても良かった。

実話ということで、帰宅後は登場人物の実際の写真をネットで調べ、
物語をふりかえりつつ楽しんでいたのだけど、
劇中でソ連に撃墜されたアメリカCIAの偵察機「U-2」そのものが、
日本国内で事故を起こし目撃されていた「黒いジェット機事件」
という
出来事を知り、とても驚いた。

1959年、厚木を飛び立ったU-2は、燃料切れを起こして神奈川県の
藤沢飛行場に不時着。
たちまち米軍関係者がやってきて現場が包囲され、捜査に集まっていた
日本の警察は締め出されてしまった。
付近の多くの家族連れなどがこの「黒いジェット機」を目撃することに
なったが、日本の一般人であるにも関わらず、米軍による家宅捜索を受け、
米軍の守秘義務誓約書類にサインをさせられた
、と。
日本の領土に暮らす日本人なのに、いざとなると米軍様の言いなりにされ
てしまう。

まったく同じ性質の事件として、2004年の沖縄国際大学での米軍ヘリ墜落
事件が記憶に新しい。
このときも現場を封鎖したのは米軍だった。

現在まで延々、脈々と存在しつづけている、日本のこの姿。
今回のスピルバーグ映画の世界の裏側でも起きていたのか…。
日本は、一体いつになれば国家主権を持つのだろう。

日誌 | - | -