演歌振興策?ヤクザのタニマチとなにが違うわけ?


超党派の国会議員による「演歌・歌謡曲を応援する国会議員の会」
というのができて、初会合を開いたそうだ。
演歌や歌謡曲の衰退を食い止めるという目的で、
会長は、自民党の二階俊博。
自民党、公明党、民主党、共産党、維新の党、おおさか維新の会など
から国会議員80人が集まり、『演歌振興策』とやらを考えるらしい。

記者会見で、歌手の杉良太郎は・・・

「演歌や歌謡曲は若者からの支持が低い。日本の良い伝統が忘れ
去られようとしている」
「演歌を楽しみにしている人は多いが、テレビ番組が減っている。
少しでも活性化されるようお願いしたい」
「演歌はテレビで十分に歌う時間が得られなくなった。
作り手の自助努力も足りないが、議連ができ、後ろ盾ができた」


バカじゃないの?
杉良太郎、瀬川瑛子、コロッケ、山本譲二なんかが国会議員たちと
並んで堅く手を結び、写真に納まって笑っていたけど、
こんなの、ヤクザのタニマチとなにが違うわけ?

しかも、杉様。
演歌も歌謡曲も、日本の『伝統』ではないと思うけど・・・。
議員の後ろ盾ができたところで、若者は支持しないと思うけど・・・。
そりゃ演歌にいい曲はあるし、上野発の夜行列車おりたときからぁぁぁって
口ずさむメロディもあるけど、そんな堂々と馬鹿議員どもを動員して見せて、
自分がどんな目で見られてしまうか、なんとも感じないわけ?
「おらが村の政治家先生」とは違いますよ?


演歌歌手が政治家に媚び売って、「テレビ番組を増やしてもらおう」。
政治家が演歌歌手に擦り寄って、「高齢者からの人気を確保しよう」。

こんなもん、新聞各社呼んで発表して、なに考えてるの?
ふざけすぎだよね。クソボケのピンボケの強欲アンポンタンですよ。
ボケてますよ。ボケすぎですよ。
出掛ける時間が迫って焦ってるから「ボケ」のほかにボキャブラリーが
出ないのよっ! ぼけっ、ぼけっ!


政治家が関わることじゃない!
そんなくだらないことに寄り集まって『振興策』なんか考えてる暇が
あったら、貧困にあえぐ子供たちのための対策を考えて下さい!
政治・社会問題 | - | -

乙武さん。頭脳を感じる・・・。


頭脳すこぶる明晰で清潔感があり、知名度とお金もあり、
トークの秀でた男性はモテてしまうんですってば。
秀でた、というか、突飛出た、というか……。
やっぱり他人に身の回りの世話をお願いし、
そのうえ、自分から特殊な指示を出さなければならないという立場にあれば、
ほとんど特殊技能に近いような言葉の魔力が身につき、
つぎからつぎへと女性に慕われてゆくのも不思議なことではないと、
思うのでありました。
しかも、けっこう言いたいことガーンと言う人だしね。
それでプライベートで少し傷ついた横顔を見せられたら、母性もくすぐられる
かもしれません。
乙武さんの話。
飲み屋界隈では、ちょいちょいモテ話のうわさは聞こえていました。
「ものすごいトークが面白いから飲み屋で人気なんだよね〜」って。

トークって書くと、軽いか。「話術」の域だな。
だってそれだけで脱がせて乗らせてしまうわけだから・・・・・・。

でも、こんなにも素早く奥さんが出てきて、私にも責任があります、と、
芸人の妻並みの謙虚さで、公式に謝罪するって凄いな。
選挙への影響を考えての作戦だろうけど。
でもなんか、その、夫婦の結束とか、愛情とか以上に、「頭脳」を感じる・・・。
日誌 | - | -

清原の差し入れは、叙々苑のミックス弁当です

清原が報道陣に差し入れたという焼肉弁当は、肉の枚数と、
つけあわせのキムチの形状から言って、叙々苑の焼肉弁当で
まちがいないでしょう。
叙々苑のキムチには三種類ありますが、弁当に入っているのは
「ミックスキムチ」です。
白菜のほかに、大根とキュウリとニラが一緒に漬けてあるから、
盛ったときに、緑色のきゅうりや、ニラがぺろんと見えるのが特徴です。
家庭用にも1パック600円で買えます。

ただし、大筋の見方とされている「カルビ弁当」(2500円)ではなく、
「ミックス弁当」(2350円)のほうでしょう。
どの弁当の写真を見ても、2種類の肉が入っています。

しばらくワイドショー的なものを見ていなかったのでさっきまで
知らなかったんだけど、清原が病室の窓からのぞいてる姿、
素朴におもしろいですね。
表情も、カーテンに挟まってる感じも、わたしには、なんだか素朴に
おもしろく見えます。芸人だったら、真似してます。

不安で不安で気持ちが浮ついてしょうがないんだろうなあ。
浮つきすぎて、報道陣に弁当を差し入れてしまうぐらいだもの。
治療どころではないでしょう。
そして、その間違い方からして、すでに再犯へと至ってゆく兆候を
見せているように思えてならないです。
薬物で著名になった人のところには、薬物をネタに接触する人間が
現れます。「俺たちヤク中のヒーロー」として見られているからです。
そのなかには、薬物を提供する人間だっているでしょう。
ヒーローとお近づきになりたい奴がいるからです。

というか、
そんなことより、


ううう、もーれつに、や、焼肉が、食べたく、なって、きた・・・。
日誌 | - | -

I'll keep my light in my window


どうも。色気とは無縁の方向へ走り続ける38歳です。
先日のDJイベントで。



この日はアラビックのDJナターシャ、80-90'sポップスのDJミドリと
3人で20分づつぐらいこまめに交代するというやり方で、
いろんなジャンルの曲が入り乱れるのが楽しい、という感じで盛り上がった。

最初はブラジルから出発して南米で回していたんだけど、
3巡目くらいで、フロアに私の友達の人数も増えてきたので、
もう考えなくても好きなのかければ盛り上がりそうだわ、という
気持ちになって、ロックからバルカンからハウスからメレンゲから
好きなようにまわしていたら、おじさまから
「支離滅裂すぎる!」と笑われた。

「I'll keep my light in my window」のジャズ盤かけたら、
すごく喜んでくれたDJくんがいた。
Quantic & Alice Russell のこのバージョンはとても好きだ。
好きな曲を好きだという人と会うと、うれしいよね。
ある程度までは仲良くできる気がする。ある程度までだけどな。



 
DJ MOKUREN | - | -

空手道。「堂々と日本語でいけばいい」


知人が空手の世界チャンピオンだった。

はじめてお会いしたときは、そんな自己紹介は一言もしておらず、
一緒にいた先輩が、ちらりと「彼はチャンピオンなんだけど…」と
言うのを耳にしたぐらいで、なんのチャンピオンかはわからなかった。
恐縮して先輩を立てていたようで、自分のことを話さなかったからだ。

3年もたって、ようやく「空手の世界チャンピオン」だとわかり、
しかも、世界選手権を6連覇もしている空手道の超スーパースター
だったということがわかった。
名前を検索したら、思わず印刷して額に入れて高い場所に飾りたく
なるような道着姿や、試合の映像などが出てきて驚いた。
「そんな凄いんだったらもっと早く教えて下さいよ!」
と言ったら笑っていた。
ユーモア満載で、笑い話ばかりしていたので全然わからなかった。
そりゃ、道を究めた人は、自分から「私は道を究めているんです」
とは言わないよね。

「20年間、日の丸を背負って、闘いに勝ち残らなければならなかった。
あの重圧は尋常ではなかった。正直、戦争に行く人々はこんな気持ち
ではないかと感じた。負けたら死ななければいけないと思っていた」


現在は世界70か国を飛び回り、各国のナショナルチームの指導者
として活躍しているのだけど、どこへ行っても指導は
「片言の英単語ぐらいは使うけど、ほぼ日本語」
という話が印象深かった。
指導する相手が、英語でもロシア語でもイタリア語でもスペイン語でも、
日本人の世界チャンピオンとして、日本語で堂々と指導すれば、
生徒のほうがなんとしてでも理解しようと全身で聞くのだそうだ。

「そもそも、『空手』は世界中で『KARATE』だし、畳はTATAMI。
一段、二段のDANに、SHIDOU(指導)、KATA(型)、BUNKAI(分解)、
SENSEI(先生)と、空手の世界では日本語が使われているんです。
だから堂々と日本語で向かっていけばいいんですよ。
こっちが本気だから、どの国の人も、真剣に聞こうとします」


実際の彼の指導風景の映像を見た。
いろいろな国の生徒に『センセイ』と呼び掛けられていた。
かっこいい日本人だと思った。
堂々と日本人でいたい。
 
日誌 | - | -

私のストレス解消法

いい天気だから、布団干そうと思ってベランダの柵にのっけたら、
どぼーんっと1階へ落ちていったよね。

昨夜は、生放送を終えて帰宅して、田中ゆうたろう議員のことを
ゴー宣道場のブログに書いて・・・
(ゴー宣道場ブログ:母親達を侮辱する杉並区議員田中ゆうたろう

寝しなに「そんなにブログで怒りまくってもなー」とか
「ふざけたことばっかり書いてたほうが楽しいよなー」とか思いはじめ、
布団のなかで、スマホを開いて自分のブログを読み直してみたら、
なぜだかものすごく疲れてしまった。
そのまま、なんだか意味なくぽちぽちスマホをいじっているうち、
そうだと思いついて、電話帳を開き、ここ1年以上連絡をとっていない人を
ごっそり削除したら、けっこうスッキリした。
それから、はずみで、残された登録されている人々のアイコンを、
すべてショーンKと元清原同僚の野村貴仁にすげ替えた。











これで、誰から電話がかかってきても、ショーンか野村が表示される。
かなりスッキリして、よく眠れた。
嫌な上司や、むかつくけど連絡とらなきゃならない相手のいる人に
ぜひおすすめしたいです。

できあがるとおもしろいけど、やってる時の私は真顔でした。



 
日誌 | - | -

この川上、まじすごい。

昨夜、報道ステーションを見ていたら、古舘さんがショーンKについて
謝っていた。
でも、非常にキレのあるコメントが多い人だったので、正直、残念だとも
言っていて、そうだよなあ、そこまでトンチンカンなこと言ってた記憶ないし、
別の番組でも、科学者や企業家や投資家と円卓囲んでかなり専門的な
議論してるのを見たこともあったしなあ・・・
正直、鼻は盛ってるなあと思ってたけど、なんでチンケな学歴詐称する
意味があったんだ?
と思っていたら、よしりん先生から「週刊文春読んだほうがいい」という
メールが届いたので、すぐ買ってきて読みはじめた。そしたら・・・

な、なんじゃってぇ・・!?
アメリカ人ハーフでもなかったのかよ!
どえれぇ、ペテンっぷりどぅわー! この川上、すげー!


佐村河内守に匹敵する超ド級っぷりに、部屋でひとりで爆笑してしまった。
でも、ここまで徹底的に大胆に詐欺らずとも、この路線でビジネスしてる人、
そこらじゅうにいっぱいいる。
名刺を見たら、面積の半分以上が肩書きで占められている人とかいるし、
なんの持ち株もなく、自分の個人事務所しかないのに、
「◎◎・セントラル・ホールディング・カンパニー」という事務所名を使ったり、
以前、『会社ごっこ』という小説のなかにも描いたんだけど、
社員は自分1人、あとバイト2人という業態なのに、肩書きを「CEO」とした
名刺を作ってふんぞり返ってる若者起業家もいた。
こういう人たちは、ショーンのこと笑えないよね。一番騙されそうだし。

はああ・・・おもしろすぎる。 
 
日誌 | - | -

消費が落ち込むほど、ギャンブルが増える。理にかなった罠かも。

ぽりぽり。
先日書いた「威張られる」というブログに対して、
小林よしのり先生が、優しいブログを書いてくださいました。
ありがとうございます。

威張り散らす人って、実は自分の弱さをよくわかっているあまり、
「自分は見下されている!!」と思い込みすぎて、
国会開会式に出てきて天皇陛下の前で苦悶してる共産党みたいな
状態になってるのかもしれない・・・。
そういう感覚も、楽しんでコントロールできれば、芸人になれるけど。

ところで、本日配信された『ライジング』で、
証券会社の狙い通りにまんまと財布をこじあけさせられて、
FXや株にハマってしまった人達を紹介しています。

泉美木蘭のトンデモ見聞録

「ど〜してそ〜なった? FX個人投資家たちの落ちた罠」
http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar989934

原稿を出してから、また考えはじめて、昨夜ふと思ったのですが、
景気が悪くなればなるほど、こういうギャンブルに引き寄せられる人は
増えてしまうのかもしれないですね。

だって、人間って保有しているお金の量ではなく、「消費した」という行為
実感や快感を感じている
と思うんですよね。
お金の量は、むしろ「減ってきた…」という不安材料に反転するし。
投資で儲けた人が、すぐにわかりやすく豪遊して消費したがるのも、
「持っている」ことより「使う」ことが楽しいからだし。

だから、景気が悪くなり、消費が冷え込むと、庶民には、消費できない
鬱憤が溜まっていく。
そこへ、「少額からでも、勝って増やせる」というメリットをちらつかせた
投資手法が目に入ると、「ここならお金を使ってみてもいいかも?」と
簡単に結び付けてしまう人が現れやすいのかもしれない。

震災のあった年、福島県の仮設団地で、慰問のイベントを開いたとき、
クレープやたこ焼きの屋台を出すに当たって、これを
「完全ボランティアで無料提供するか?」「有料で販売するか?」
話し合ったことがあります。
ほかのボランティア団体は、東京などからシェフを呼び、食材を集めて
無料で料理をふるまっていて、やはり外から東北へ入った人達は、
「被災者からお金はもらえない。ボランティアは無料でやるべきだ」
と言ったのですが、同じ福島県民のメンバーが言ったんです。

「義援金や保証金をもらって、ボランティアが食材をくれて、
自分のやるべきことがなくなってしまったから、うつ状態になって
仮設住宅から出てこなくなったり、だらだらとパチンコ屋に通う人が増えた。
それで、おばさん達を車に乗せて、気晴らしになるかとジャスコへ
連れて行ってあげたら、買い物しながら泣き崩れたんだよ。
『こうして普通に買い物がしたかった』って。
利益を出すのは僕たちの活動趣意に反するが、材料費ぐらいは
いただく気持ちで堂々と販売すればいいんじゃないか」


それで、クレープ1枚200円、たこ焼き300円程度で販売したところ、
大行列の大繁盛となって、利益が出てしまい、寄付することになったんです。

人は消費したい。
ただ、その心理をついた罠もある。
ライジング、ぜひ、読んでみてください。


泉美木蘭のトンデモ見聞録
「ど〜してそ〜なった? FX個人投資家たちの落ちた罠」
http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar989934
 
日誌 | - | -