大日本プロレス@時間無制限エニウェアフォール10人タッグデスマッチ




大日本プロレス in 上野恩賜公園野外ステージ!
2日間連続昼夜興行、対戦カードを見たら、2日目の最終試合に
「時間無制限・エニウェアフォール・10人タッグデスマッチ」とあって、
どう考えてもこれが一番過激に決まっているので、行ってきた。

大日本プロレス初体験の知人を誘ったら、
「自由席なんですね? 早めに並んで一番前の席をとりましょう!」
とえらく意気込んでいるので、いやー、大日本は、水とか墨汁とか、
蛍光灯の破片とか、ペットボトルとか、マグロのカマとか飛んでくるから、
一番前はやめといたほうが……と説明したんだけど、
「多少は大丈夫ですよ。かぶりつきで見たほうが迫力あるでしょう」
いやいや。ほんと、やばいですから、と説得して、少し上のほうの段に
席をとった。
案の定、前の列に座っている人は、レインコートを用意してきていて、
防御できる態勢をこしらえていた。

・・・が、それもほとんど役に立ってなかった。

だって、



バ、バケツで!? 水ぶち撒きまくり!

私の大好きな最恐レスラー・バラモン兄弟がペットボトルの水を口に含んで
ブシューッと噴射しながら出てきたので、やばいぞお、こっち来るか? と
身構えていたら、何人ものレスラーが、たっぷり水の入ったバケツを抱えて
観客席に乱入!
「げっ、やばい!」と思ってすぐさま荷物をかかえて、みんなギャアギャア
叫びながら一斉に逃げ出したんだけど、バケツの水は天高くぶちまけられて、
いきなり大勢の人が犠牲に。



10人のレスラーが観客席のいたるところで乱闘しまくるわ、
バケツの水を何度も何度もぶちまけるわで、逃げ場なし。
どうしても濡れたくない人が、荷物をほっぽってトイレに逃げ込むという騒ぎに。
会場には大歓声と大絶叫がとどろき、頭からずぶぬれになった人が
腹を抱えて大笑いしていたり、そこかしこで逃げ惑う人の悲鳴が上がったり、
子供が泣き叫んだりと、まさに阿鼻叫喚。



ステージ下の池のなかは、くんずほぐれつのむちゃくちゃに。
この乱闘の間も、大日本プロレスの社長が、何度も何度もトイレの水道から
水をくんできてはバケツを水で満たし、リング脇に置いていく。
社長、観客席に撒くのは汚い池の水ではなく、一応、きれいな水道水にして
くれてるんですね。くーっ、泣かす!



結果、10人もレスラーいるのに、だれもリング上にいないという。

いやあ、面白かったあ!
大人の鬼ごっこ。
あれだけ大勢の人と一緒に逃げ惑って、ギャアギャア大声で悲鳴を
上げる体験ってなかなかできないですよ。
やたらスッキリ爽快な気分になって、一緒に来ていたはずの知人を
探したら・・・

「バラモンって奴に、顔に水噴射された! 口から、ビューッって…」

上半身ずぶぬれで大笑いしていた。
とりあえず、ハンカチで顔や背中の水を拭きとってあげた。
ずぶぬれになったハンカチは、なんか汚い気がして捨てた。

ああ、大日本プロレスは楽しいなあ! つぎは新木場で見たい。

 
プロレス | - | -

歯医者2回戦。


歯医者2回戦。
麻酔の注射をして、歯を半分ほど削って、神経を抜くので、
体調を整えて、治療後2時間くらいは食事できないと思って来て
くださいと言われていた。
もうそれだけでものすごく行くのが嫌になり、今朝は、布団のなかで
「またお腹が痛くなって急遽、歯医者に行けないカラダにならないかな」
などと考えたけど、すでに初回の戦いで歯の一部を削られており、
仮のセメントが詰まっているので、このままでいるわけにはいかない。
それに、どうしても行かないといけない理由があった。

前回、詩を綴ってしまうほどの緊張状態で歯医者に挑んだ結果、
口のなかをライトで照らされて覗き込まれただけで、
なんだか自分が宇宙人グレイに捕獲されてこれから妊娠させられる
アメリカ人女性になったような気持ちになって身体が硬直してしまい、
よく考えたらそんなには痛くなかったんだけど、
作業のたびにいちいちものすごく痛いような感じがして、

「痛かったら言ってくださいねー」
「ぃ、ぃぁぃ」
「はい」
「ぃ…ぃとぅぁぃ」
「そうですか」
「ぃ? ぃとぅぁぃ!」
「痛いですか」
「ぃとぅぁぃ……」
「そうですか」

そりゃ歯医者は痛かったら言ってください、としか口にしておらず、
痛いからといって中断するとは約束していないわけで、
というか、よく考えたらそんなに痛くないのに騒いでいることを
読んでいたようで、こちらはほとんど半泣きのまま、治療終了。
放心状態のまま、ぼーっと会計して、そのまま、ほっぺを抑えて
とぼとぼ歩いて帰宅したのだった。

夕方になって、「でも歯医者行ったし!」と気が大きくなった私は、
調子に乗ってお寿司をぱくぱく頬張っていた。そこへ電話が。

「泉美さん、M歯科ですが……上着と自転車、忘れて帰ってません?」

あ。あああ! 完全に忘れてたあ!
どんだけショック状態だったんだ。
よくあんな遠いところから、この寒いなか歩いて帰って来たな。
宇宙人の子を妊娠させられて、宇宙船から降ろされ、元のアリゾナの
トウモロコシ畑を呆然と歩いてしまったアメリカ人女性の気持ちがわかる。

で、明日行きますと言って、のんびりしてたら、食べた寿司が大当たり。
強制的に12時間耐久トイレットレースがスタート。
そのまま上着も自転車もM歯科に預けたまま今日に至ったのであった。

「きょうは麻酔の注射が痛いですよ」
「ぃ、ぃぁぃ」
「痛いですよね」
「ぃ…ぃとぅぁぃ」
「痛いでしょう」
「ぃ! ぃとぅぁぃ!」
「そりゃあ痛いでしょう」
「ぃとぅぁぃ……」
「痛いでしょうねえ」
「……ぁぃ」

歯医者はドSにしか務まらない!
それともこれは歯科医の“あきらめさせる”テクニックなのか。
治療は、麻酔が効いてしまえばまったく痛みは感じなかったが、
ドリルで削られまくる道路工事感がひたすら恐ろしかった。
うっかり口を閉じたり、舌を動かしたりしたら、血しぶきが飛ぶと思い、
必死に耐えた。

今日こそ忘れものせずに帰らなきゃ。
麻酔で口の半分がしびれたまま、自転車のカギを手に持ち、
預かってもらっていた上着をしっかり着込んで、M歯科を出た。

「あっ、泉美さーーーん!」
「はい?」
「あの、お会計、お願いしていいですか……」

忘れてた。
3回戦は、金曜日!


 
日誌 | - | -

ぜんぜん阿漕じゃない、阿漕のかなしい平治伝説


今日はよしん企画にて動画「淑女我報」「古事記ワンダーランド」
「おーちゃくな伊勢弁講座」
の3本を収録。

 
「ゆきりん・もくれん 淑女我報」ではジャーナリストの笹幸恵
さんと、「女の憧れる女」について語り…


 
「もくれんの おーちゃくな伊勢弁講座」では、例によって誰も
分析してないし分析する必要のなかった伊勢の方言について、
けっこう“おーちゃく(いい加減)”に語り…



「古事記ワンダーランド」では、神道学者の高森明勅先生と
神功皇后のパートについて語る…




伊勢弁講座では、三重県のある駅に設置されている、JRの面白い
看板を紹介したのですが、
その看板のなかにあった『あこぎ(阿漕)』という地名について、
笹幸恵さんが「すごい地名ですねえ」と。
地元だし、親戚のおばちゃんが住んでいたし、私自身はまったく
意識していなかったのですが、そう言えばそうだなあ、と。
親戚のおばちゃんは、阿漕な奴め、なんてイジメられたことが
あったりしたのだろうか……? とか。
いや、そんないじめの理由は地元で聞いたことないんだよな。


気になって、帰宅してからその「阿漕」という地名を調べてみると…
あちゃー、地元なのに知らなかった!


笹さん、実は、その“すごい地名”そのものが、
「阿漕」という言葉の発祥の地でした!



あこぎ【阿漕】(大辞泉)
1  しつこく、ずうずうしいこと。義理人情に欠けあくどいこと。
特に、無慈悲に
金品をむさぼること。「―な商売」「―なまねをする」
2  たび重なること。



《阿漕が浦の“阿漕な”漁師》
阿漕が浦というその三重県津市の海岸は、伊勢神宮に奉納する
魚を獲るための海域で、一般の漁師は立ち入り禁止とされて
いました。
しかし、ある漁師が阿漕が浦でしか獲れない魚を獲ろうとして
入り込み、味をしめて何度も何度も何度も密猟を繰り返した末、
ついに見つかって捕らえられてしまい、処罰を受けることに
なったのでした。
この話をきっかけに、ずうずうしく、悪どい人間を「阿漕な奴」
と言うようになったのです。



これが、いまも津市にある阿漕が浦に残る伝説であり、「阿漕」と
いう言葉の発祥だったのでした。

って、私の知ってる話とちがう・・・。

私の知っているその阿漕の漁師の伝説は、もっと悲しい話だった。
そんな、阿漕な奴とはちがった。


 
《地元民が語る阿漕が浦の伝承》
阿漕の平治という漁師がいた。
平治は、年老いて病に伏せる母親とふたり暮らしだった。
生活は貧しく、平治は弱っていく母親に薬を買うこともできな
かった。ある晩、平治はひとりで暗闇の海へ漕ぎだした。
そこは、阿漕が浦。お伊勢さんに奉納する魚を獲る区域で、
平治は足を踏み入れてはならない禁漁区だったが、この海には、
薬効があり母親の病に効く『ヤガラ』という魚がいたのだ。

「お伊勢さん、すんまへん、死んでいく母親のためなんや
一匹だけでかまへん、ヤガラを釣らせてください」

お伊勢の神様に頭を下げながら、平治は、暗闇のなかでヤガラ
を釣って母親に食べさせた。母親は「おいしい、おいしい」と
言って少し元気になった。
そこで平治は、母親を回復させるため、毎晩のように阿漕が浦
でヤガラを密猟するようになった。

ところがある晩、異変に気付いた役人が船を出して捜索を始めた。
平治は、役人の船が灯す提灯のあかりを見て、慌てて船をこぎ、
逃げ切ったが、このとき、海のなかへ菅笠を落としてしまった。
この菅笠が決め手となり、翌朝、平治の家に役人がやってきて、
平治は捕まり、当時の決まりで、むしろに包んで縛り上げられて、
阿漕が浦に沈められてしまった。
ひとり取り残されてしまった母親も、再び病が悪化し、
ひとりぼっちで死んでしまったのだった。



なあ? ぜんぜん違うやろお?
阿漕な奴とちゃうやろお?

この伝承のなかにある、海に落とした菅笠をモチーフにした、
『平治煎餅』という銘菓がございまして、私は、きなこ餅や葛餅やイチゴ大福の
ほうが好きだったので、あまり食べませんでしたが、
戸棚やおばあちゃんの部屋の炬燵の上には必ずあったなあ。
この平治煎餅は、昭和天皇が、毎年お買い上げになった皇室御用達でも
あるのでした。
http://www.heijisenbei.com/


・・・という話を、伊勢弁講座でやればいいんですけどね。
ああ、また地元愛を表現してしまった。

 
日誌 | - | -

「なぜ『地雷専門店』は成功したのか?」

「なぜ『地雷専門店』は成功したのか?」
 


他店で不採用となった女性だけを集めた地雷専門の風俗店
「鶯谷デッドボール」や、40代〜60代の年配女性のみを集めた
「鶯谷おかあさん」の経営者と、この店を開店時から追いかけた
ライターによる風俗経営の裏側&ロードムービー。

やっばい。おもしろすぎて1ページ目からいきなり爆笑してしまい、
電車の中では読めない本に認定したんですけど、決して笑い飛ばす
だけには終わらない、この時代を生き抜く自営業者のための経営戦略、
マーケティングテキストが満載!

鶯谷デッドボールとは…
『遊べば夫婦関係円満! 彼女のありがたさ倍増! 危険球いっぱい!
貴方の期待を裏切りません。遊ぶと自然と、優しい貴方になれる店。
「辛さ・痛さ」疑似体験アトラクション型風俗』


デッドボールのホームぺージを見たのは、1年ぐらい前だっけ。
口元にぼかしの入った長髪の女性がニッコリ笑っていて、切れ長の
目元で美人に見えたので、「えー、全然デッドボールじゃないじゃん」
と思ったら、紹介文のところに、

「レディースの抗争に巻き込まれてパイプ椅子で殴られてしまい、
前歯が一本もありません♪」


などと書かれていて、度肝を抜かれた。

もう、それだけで、なんだかね、人にそっと教えたくなっちゃうと同時に、
ここまで突き抜けてでも売ろうっていうなら、もーー、応援したい!
という気持ちにもなってしまうという。
お店のほうは殿方さま、ご自身で検索なさっていただいて、
こちらでは、本のほうをご紹介。ほんとおもしろかった、この本。 



「見てください、これがうちの女の子たちです」
パソコンのフォルダー集のなかから画像をいくつか開いた。
「……どうしたんですか、これは?」
風俗店なのに、それには似つかわしくない女性陣のオンパレード。
ボサボサ髪のオバさんや異常に太った若い女性たち、明らかに老婆と呼べる女性もいる。
(本文より)

 

なぜ「地雷専門店」は成功したのか? 業界未経験の経営者が超人気風俗店を作り上げるまで

日誌 | - | -

トイレ物語

いやーっ、当たったよ! 大当たりしちゃったよ!
宝くじ

ではなくて、
生モノに・・・。
いくら大当たりしたからって、そんな勢いよくデトックスせんでも、
という凄さだったよね。

たっぷり12時間、便器と向き合った。
こんなにも我が家のトイレが愛おしく感じられたことはなかった。
うちは古いアパートだけど、入居時に、便器だけはウォシュレットを
とりつけたんだよね。
人肌のぬくもりのような、心地よい便座の温かみ。ほっとするよね。
私の姿を見るなり「さあ、座って」と自動的にフタを広げる純白の便器。
開くのはフタだけで、便座は上がらないところが、女性に優しいよね。
以前すこしだけ勤めていた銀座のバーは、トイレに入ったら、
必ず便座を上げて出るというのが従業員の決まりだったんだよね。
お客様が99%男性だからね。
銀座の高級バーでうんこするお客様あんまりいないしね。
そして、トイレ内がとても薄暗かった。
女子優先じゃないから仕方ないけど、化粧直しがしづらくて大変だった。


きのうはコーンスープとトマトジュースだけで乗り切って、
夜は、店がDJイベントで忙しかったのでいつも通りに出た。
「やつれてる」「くまができてる」などと言われたけれども、
体調の悪化はなく、帰宅するころにはお腹がすきはじめた。
いま働いている新宿二丁目のラテンバーは、
便座のあたたまるウォシュレットトイレなんだけど、女が圧倒的に強い店
だから、便座はつねに下がってるんだよね。
床にこぼした男は、「妖怪ちんちん曲がり」と呼ばれています。
きのうも、酔って散らかしちゃった常連さんが、ママに現行犯逮捕されて、
「あんたのちんちん、右に曲がってんのかい!!」
と、襟首掴まれてトイレに引っ張られてゆき、掃除させられていました。
(あ、右なんだ・・・と思いながら見ていた)
気取る店ではなく、ラテン音楽でパーッとテンションが熱いから、
飲んで踊って、まき散らしてしまうのもしょうがないんだけどね。
トイレのなかも明るい。店のなかで唯一本が読める明るさなのでは。
化粧直しもできるし、掃除しやすくてよいです。


それぞれの店、ずいぶん違う、トイレの物語。集めたらおもしろそうだ。

昨夜は、おそるおそる白米とハンバーグをよく噛んで食べてみた。
それから整腸剤を飲んで眠ったら、今朝はもとにもどった。
お肌がつるつるになっている。一件落着。


 
日誌 | - | -

詩―TOOTH―


はじまるかもしれない予感
それとなく感じてた
うまくいくかもしれない期待
かろうじて繋いだ

ずっと背を向けてきた
時の流れに身をまかせて
このままでいられればいいって
ううん 忘れてしまえればいいって

信じるの Believe SO 信じたいことだけ
忘れるの Forget そう、この痛みすべて

時がたつほど 痛みは膨らんで
だめね わたし このままじゃ
だけど手にした Telephone 番号押せなくて
時は近づく Time Limit
こんな覚悟 はじめてかも
とうとうわたし Call したの

Calling Calling …
JIN JIN JIN ...

取り付けた予約
きょうの午後12時30分
歯医者の予約 
MU・SHI・BA―― 
日誌 | - | -

演歌振興策?ヤクザのタニマチとなにが違うわけ?


超党派の国会議員による「演歌・歌謡曲を応援する国会議員の会」
というのができて、初会合を開いたそうだ。
演歌や歌謡曲の衰退を食い止めるという目的で、
会長は、自民党の二階俊博。
自民党、公明党、民主党、共産党、維新の党、おおさか維新の会など
から国会議員80人が集まり、『演歌振興策』とやらを考えるらしい。

記者会見で、歌手の杉良太郎は・・・

「演歌や歌謡曲は若者からの支持が低い。日本の良い伝統が忘れ
去られようとしている」
「演歌を楽しみにしている人は多いが、テレビ番組が減っている。
少しでも活性化されるようお願いしたい」
「演歌はテレビで十分に歌う時間が得られなくなった。
作り手の自助努力も足りないが、議連ができ、後ろ盾ができた」


バカじゃないの?
杉良太郎、瀬川瑛子、コロッケ、山本譲二なんかが国会議員たちと
並んで堅く手を結び、写真に納まって笑っていたけど、
こんなの、ヤクザのタニマチとなにが違うわけ?

しかも、杉様。
演歌も歌謡曲も、日本の『伝統』ではないと思うけど・・・。
議員の後ろ盾ができたところで、若者は支持しないと思うけど・・・。
そりゃ演歌にいい曲はあるし、上野発の夜行列車おりたときからぁぁぁって
口ずさむメロディもあるけど、そんな堂々と馬鹿議員どもを動員して見せて、
自分がどんな目で見られてしまうか、なんとも感じないわけ?
「おらが村の政治家先生」とは違いますよ?


演歌歌手が政治家に媚び売って、「テレビ番組を増やしてもらおう」。
政治家が演歌歌手に擦り寄って、「高齢者からの人気を確保しよう」。

こんなもん、新聞各社呼んで発表して、なに考えてるの?
ふざけすぎだよね。クソボケのピンボケの強欲アンポンタンですよ。
ボケてますよ。ボケすぎですよ。
出掛ける時間が迫って焦ってるから「ボケ」のほかにボキャブラリーが
出ないのよっ! ぼけっ、ぼけっ!


政治家が関わることじゃない!
そんなくだらないことに寄り集まって『振興策』なんか考えてる暇が
あったら、貧困にあえぐ子供たちのための対策を考えて下さい!
政治・社会問題 | - | -

乙武さん。頭脳を感じる・・・。


頭脳すこぶる明晰で清潔感があり、知名度とお金もあり、
トークの秀でた男性はモテてしまうんですってば。
秀でた、というか、突飛出た、というか……。
やっぱり他人に身の回りの世話をお願いし、
そのうえ、自分から特殊な指示を出さなければならないという立場にあれば、
ほとんど特殊技能に近いような言葉の魔力が身につき、
つぎからつぎへと女性に慕われてゆくのも不思議なことではないと、
思うのでありました。
しかも、けっこう言いたいことガーンと言う人だしね。
それでプライベートで少し傷ついた横顔を見せられたら、母性もくすぐられる
かもしれません。
乙武さんの話。
飲み屋界隈では、ちょいちょいモテ話のうわさは聞こえていました。
「ものすごいトークが面白いから飲み屋で人気なんだよね〜」って。

トークって書くと、軽いか。「話術」の域だな。
だってそれだけで脱がせて乗らせてしまうわけだから・・・・・・。

でも、こんなにも素早く奥さんが出てきて、私にも責任があります、と、
芸人の妻並みの謙虚さで、公式に謝罪するって凄いな。
選挙への影響を考えての作戦だろうけど。
でもなんか、その、夫婦の結束とか、愛情とか以上に、「頭脳」を感じる・・・。
日誌 | - | -