安倍首相のアフィリエイト演説

「生産性革命」「人づくり革命」「2つの大革命」
「規制改革」「大学改革」「大改革」「改革の矢」
「大胆な金融政策」「大胆な税制」
「最大の勝負」「最大の柱」「最大の壁にチャレンジ」
「スピードを最大限まで加速」「大きく転換」
「過去最高」「抜本的に拡充」
「劇的に押し上げる」「力強く促す」


安倍首相の演説のなかに登場した言葉たち。
どんだけ急進的な人なんだよね。

安倍首相の演説は、アフィリエイト系ブログの文章と似ている。
短い文章のなかに、特定のキーワードを不自然なまでに
何回も何回も入れ込んだ原稿を超大量に生産して投稿し、
そのキーワードでの検索ランキング上位に表示されるようにし、
アクセス数を稼ぎ、広告で小銭を稼ぐ、あれだ。

アフィリエイトのブログは、情報の精度や正確さや充実など
どーでもいい。とにかく特定のキーワードさえ連呼していて、
大量の、スマホで読める程度の文章があり、
ほかのブログからの丸パクリにならないように、うまーく

整形してパッケージ化されてればそれでよい。

安倍首相が、今回の演説終盤で、急激に入れ込んできた
特定のアフィリエイト・キーワードは、これだ。

「まさに国難とも呼ぶべき事態」「この国難と呼ぶべき問題」
「この国難を乗り越える」「国難に立ち向かう」
国難突破解散」


そんな首相の存在が国難になってるとしか感じなくなってるし
「私の受難突破解散」なんじゃないのとしか思えなかった…。

日誌 | - | -

硬直化、二項対立、「3分の2」

安倍首相は今日開かれる記者会見で、
28日の臨時国会冒頭に、疑問の「7条3項」によって、
《アベノミノタメノ解散》を表明するようだ。

天皇の国事行為の項目を根拠に、
「解散は首相の専権事項」になってるなんて、
普通に考えれば、想像の斜め上へぶっ飛びすぎだよね。

「投票するのは国民だ、最新の民意が取り込めるじゃないか!」
と言われても、特に、国会が首相の下請け機関状態になって
いるのを散々見せつけられてきたのもあり、
最高権力者が憲法条文をこんなに自由に解釈して解散権を
振るっていていいのかと、強く疑問に思う。

フランスは解散権が制限されており、解散そのものが非常に
まれなことらしい。
イギリスでは、数年前に議会任期固定法(任期5年)が施行
されて、首相の自由な解散権は封じられている。
メイ首相が今年、EU離脱に向けて下院を解散したが、
あれは「下院の3分の2以上の賛成」を得るというハードルが
あったのだそうだ。

だからといって「日本も真似して封じろ!」と訴えるのは
乱暴な話で、脳みその硬直化を招くだけだと思う。
日本で自由な解散権が行われてきた経緯、
解散権を制限した場合に起きるメリットとデメリット、
制限する場合の憲法上の齟齬、
いろいろに議論する必要があるはずだ。

もちろん、本丸の9条もそう。
ただただ「9条守れ!」「憲法守れ!」とだけ叫んできたことが、
柔軟な議論を見失って硬直化を招いてしまった・・・
そんな事態からは、もう卒業したい。

それから、「3分の2」という言葉そのものも、《改憲ライン》
として、選挙特番なんかで毎回多用されるけれど、
イギリスなど欧米のそれと、日本で語られる意味合いとでは、
まったく内容の充実や緊張感が違うんじゃないか・・・
とも、このごろ思っている。
 

 

第66回 ゴー宣道場「真の憲法改正とは何か?」

10月8日(日)14時〜

登壇者:小林よしのり(漫画家)・高森明勅(日本文化研究所所長)・笹幸恵(ジャーナリスト)・倉持麟太郎(弁護士)・泉美木蘭(作家、ライター)





 

日誌 | - | -

打首獄門同好会

このごろすごく疲れててさ…笑いに飢えてたね。

打首獄門同好会というバンドにはまってヤバい。

いやー、これよ、これ。

 

まだ全部聞いてないけど『歯痛くて』のくだらなさが最高だよね。

 

「C2までにしろ来院! C3で襲い来るPAIN! C4もはや涙がRAIN!」

 

 

ちなみに、この曲のラッパー Dr.COYASS は本当に歯医者さんで、メンバーの主治医らしい。

 

『日本の米は世界一』はライブ映像が手叩くほどおもしろかった。

ライブいきたい。

 

日誌 | - | -

合気道、6級合格したー!

ところで!

合気道、6級合格したー!!

合格してたー!!

 

このごろ木曜日が生放送になるパターンが多くて、稽古が週1回しかできない状況だったので、6級の指定技のほうは全然自信がなかった。それで、審査前の練習時間に、顔面いっぱいに

 

<せ、先生、先生! 横面打ち四方投げと横面打ち一カ条抑えぐらいしか自信なくって、っていうかあたし、誰も練習相手がいないから、マジやばいんですけど! Youtube見ながら、ひとりでエア入り身投げしてたんですけど! 投げてるはずが、投げられてたりとか! エア投げられですよ! 四カ条とか、どう見ても投げ釣りみたいになっちゃってますし! 三カ条とかまったくもって自信皆無! これもう、カイム伝!>

 

と書いて、S先生にテレパシーで訴えかけたら、

 

「おまえ、顔にいろいろ書いて訴えるなよ! 全然読めないから!」

 

すごい。見事に伝わってることに感動した。

 

審査は緊張するけど、師範から直接指導が受けられるのですごくわくわくする。

天地投げの「天」の手の使い方を教えていただいたんだけれど、師範の技を受けてみると、どういう風に力が流れているのか、いとも簡単に体が浮き上がってしまうので、なんだかうれしくなってしまった。

S先生も、師範の技をいろいろ受けていらしたんだけど、いつになくうれしそうな表情をされていた。若者Kくんも、いきいきしていた。

 

「強い」って、人をうれしくさせるんだな。

すごいことだとおもう。

合気道は、なにをもって「強い」のか、まだわたしには表現できないけれど。

 

そんないきいきしてる若者Kくんに受けてもらって、連続で片手持ち四方投げの稽古をしまくっていたら、貧血おこした

ああ、追いつかない四十路よ。

自由技で、何度でもくりかえしかかっていくやつあるけど、あれ、たのしいだろうなあ。

もっと体力つけて、何回でも受けられるようになりたいなあ。

合気道 | - | -

ライジングと次回道場

最近、ライジングに寄せられている数多いコメントを
高速でスクロールしながら、自分の原稿への感想に、
ぴったりピントが合うという「目押し」ができるようになった私です。
だっていつも、けっこうクタクタになって書いてるから感想探して

読まないとむなしくなってくるんです。

今週のライジング
「2017年9月5日から72時間の間に起きたこと」

http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1336468

というタイトルで、例の『週刊文春』が発売される2日前から、

小林よしのり先生、高森明勅先生、笹幸恵さんとともに共有した

長い長い72時間のことを描いています。

私たちが、どういう心の逡巡と、話し合いを経て、

「山尾志桜里・倉持麟太郎両氏を守る」という決断に至ったのか。


特に「説明する」目的で書いたわけじゃなくって、
純粋に描きたくてたまらない気分になった長い72時間だったので、

記憶が鮮明なうちに…なんだけどね。
とくに高森先生の姿が本当に印象的だったんですよ、私にとって。
だからかなり素敵に書いているはずです。

まだなにか解決したわけでもありませんが、
立ち止まっている場合ではないし、次から次へと憤るような出来事

が起こっています。

倉持麟太郎氏は、次の基調講演「全人格をかけてやる」と言っています。
見逃せませんよ!

最先端の憲法議論、参加してみたい人はぜひご応募を。

 

10月8日(日)14時〜

第66回 ゴー宣道場「真の憲法改正とは何か?」



 

日誌 | - | -

「教えたがる男と、マウンティングする女」

ジャーナリストの笹幸恵さんとのトーク番組

「ゆきりん♥もくれんの淑女我報」

第21回は…

 

「教えたがる男と、マウンティングする女」

 

…ということで、盛り乳をして、生乳の女にマウンティングしてしまった私の体験談を、あますところなくお話させていただきやしたっ! どーぞお笑いください!

 

 

今回は、大爆笑編!
相手が女性というだけで、「上から目線」になる男がいる。
最初から、「君、何も知らないだろう?」決めつけて、教えてやるよと居丈高に言ってくる男に出くわすなんてことは、女をやってりゃ「あるある」どころじゃない日常茶飯事。
そうして言いだす知識が実はとるに足らないものだったり、そもそもそういう態度を取ること自体が、本人の自己肯定感の低さ、承認欲求の強さの反映だったりすることを完全に見透かされているとは夢にも思わない男達…
一方、女性は女性で、自己肯定感や承認願望を満たそうとして、他の女性に対して「マウンティング」するという行動を始める。これ、誰でも陥りそうな落とし穴。
そして人のことばかりは言えないと、もくれんさんが語り出した体験談は?

 

ゆきりん♥もくれん淑女我報

出演:笹幸恵(ジャーナリスト)・泉美木蘭(作家)

http://www.nicovideo.jp/watch/1504671928



コチラからも視聴できます

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

もろもろお知らせ

配信中のライジングに書いた連載記事は、「週刊誌に常連客を売るレストラン」。

http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1333365

 

『週刊文春』に掲載された山尾志桜里議員の不倫スキャンダルのなかで、ふたりの会話を文春記者に漏らした「恵比寿のイタリアン」を突き止めて、直接電話取材を行いました。

私この店使ったことあるから、カラーの引き絵ですぐわかっちゃったんだけどね。

ちなみに数日前の時点では、このレストランがまだまだ話を漏らしていて、それが第二弾に影響するという情報をつかんでいたのですが、どうやらその後、変化があった模様。

 

※泉美木蘭のトンデモ見聞録vol.48…

『週刊誌に常連客を売るレストラン』

9月7日発売の『週刊文春』で報じられた山尾志桜里議員と倉持麟太郎氏のスキャンダル報道の過熱ぶりが凄まじすぎる。どうやら今週発売号で第二弾があるようだ。両氏の家族、知人の証言などがあるというが、第一弾で写真撮影の舞台となった「恵比寿駅からほど近いイタリアンレストラン」が、かなりいろいろなことをしゃべっており、記事に影響するらしいという情報もある。両氏の身内や関係者が、ヤッカミ、嫉妬、愛憎で証言するのは、まだ仕方のない部分があるとしても、この「レストランからの暴露」というのは、大いに疑問がある。問題のレストランに電話取材!店側は何を語ったのか?


【今週の目次】

1. ゴーマニズム宣言・第244回
 「弱者の恫喝に負けず、核保有論を堂々と考える」


2. しゃべらせてクリ!・第197回
 「クマった一大事!お父ちゃま助けてクリ~!
 の巻〈前編〉」


3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第48回
 「週刊誌に常連客を売るレストラン」


4. Q&Aコーナー


5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)


6. 編集後記

 


 

ちなみに明日9月14日(木)は午後から師範会議ののち、21時から、ふたたび、よしりん先生との生放送。

明日発売される週刊文春、スキャンダルの第二弾記事を受けて、こんなタイトルでやりますよ。

 

9月14日(木)21時スタート
『よしりん・もくれんのオドレら正気か?』

 

「山尾志桜里、
不倫スキャンダル、

証拠はなかった!

敗れたり、週刊文春!」

 

週刊文春の「続報」の出る当日の

「勝利宣言」にご期待を。

 

今回は有料放送ですが、

途中まで無料「チラ見せ」があります。

会員以外の方は

150円+税で全編ご覧になれます。



視聴・タイムシフト予約はこちら!

 

 

日誌 | - | -

不倫バッシングは八つ墓村現象

今日発売の『FLASH』、山尾志桜里議員の記事によしりん先生が、

あえて写真を流出させたから、泉美さんの顔が写っているからね、

ということなので、さっそく見てみた。

なんか私、この髪型のとき、自分で似合ってないんじゃないかなあ

と思ってたんだよね。二重顎が目立つように見えるし。ま、いっか。

 

さて先日の生放送は、
「いまの不倫バッシングを見てると、日本全国、八つ墓村!」

という例えがツボにはまりすぎてしまい、

それ以来、スキャンダル報道を見るたび、

頭に懐中電灯しばりつけて、両手で武器をふりまわして走ってくる
狂ったおじさんの映像と、

「祟りじゃーっ! 八つ墓明神さまがお怒りじゃーーっ!」

というセリフが頭のなかに蘇ってきて・・・。

 

無料開放されましたので、こちらのYoutubeご覧くださいね。

山尾志桜里議員叩きがいかにトチ狂った現象なのかがよくわかります。

うちの母からは、今朝LINEで
「生放送すごくおもしろかった! そうやな、不倫ぐらいでこんなに
すっごい悪人みたいになったの、ベッキーからの風潮やな」

と感想が届きました。

 

視聴はこちら!

 

◎不倫叩きは一時的流行である。

◎政治家の不倫には説明責任が必要か?

◎宮崎元議員を責めた山尾議員の失敗。

◎自民党の不倫議員と、山尾議員の差。

◎欧州では政治家の私生活は問わない。

◎民進党はどうすべきだったか?

◎待機児童問題と不倫は関係あるか?女性差別の問題。

◎わしが基本的に日本の政治家の不倫を否定する理由。

◎能力と道徳、どちらが大切か?

◎男女の関係は100%あったと証明できるか?

◎守るためのウソを理解できない薄っぺらい人間。

◎ホテルで徹夜で議論することはあり得る。

◎週刊文春に個人情報をバラすレストラン名は?

◎山尾・倉持の脇の甘さを叱る。

◎山尾会見、倉持釈明文で、「立派」「信じる」の意味。

◎民主主義は大衆のルサンチマンで狂う。

◎弱者の恫喝は民主主義を堕落させる。

 

 

そして今日はもうライジングの配信日です。

前号では、スキャンダルとゴー宣道場の激震に負けず、

私のエッセイに感想を書いてくださった方々に大変感謝しています。

今号は「週刊誌に常連客を売るレストラン」と題して、取材込みで

いろいろ書いています。

配信をお待ちください。

 

日誌 | - | -