いきり立った「平等」と「人権」には注意

次回、10月14日のゴー宣道場では、『男女平等とLGBTの真相』をテーマに私が基調講演をします。
このごろすぐ「二丁目ではね〜」なんて「新宿二丁目出羽の守(しんじゅくにちょうめでわのかみ)」になりがちな私ですが、いきり立ってやみくもに「平等」と「人権」を叫ぶ言説にはやはり違和感を持っていますから、いろいろな角度・深さから公論につながるような話をしたいと思っています。
もちろん面白く。ぜひご参加ください。

 

参加応募はこちら

 

配信中のライジングでは、巻頭で「『海外では女医が多い』の疑問」という調査レポートと論考を書きました。

また、昨夜の小林よしのり先生との生放送でもいろいろ語りましたが、ひとつ補足を。


入試の時点で「外科:女子〇名・男子〇名」と科目別に定員を明らかにして募集すれば済むのかというと、そこにはちょっと疑問がありました。

たとえば、私の高校時代の同級生は、「がんを治す」と宣言して医学部に入ったので、てっきり研究者や外科医になるのかと思っていましたが、研修医時代に経験して衝撃を受けたらしい救命救急センターに入りました。
そして、10年ほどたって再会すると、今度は精神科医になっていました。

私は医者というのは、てっきり最初に選んだ現場の専門職になっていくのだと思い込んでいたのですが、そのときに、耳鼻科、外科、産婦人科、いろんな科目から精神科に転科する人がいるんだと聞いて、へえーそういうものだったのかと驚きました。

ここは医者の方の話を聞きたいところだけど、研修医として複数の現場を経験するので、感化されるところもあるそうですし、そこには職務のしんどさ、人間関係、尊敬できる指導医の有無なんかも関わってくるんだろうな、と思います。最初の志が、現実にふれることによって変化していくことも当然あるでしょう。

なにもかも平等なシステムを整えれば、それに応じて人間が動き、なおかつモチベーションを保ったまま「うまく回る」のか?
私は女性がもっと働きやすくなってほしい、子供を産みやすくなってほしいと思ってますが、やみくもに「ゴラァ!」っていきり立ってても無理な話もあって、日本みたいなフリーアクセスの医療制度は世界標準じゃないこと、国民皆保険とそれに伴う社会保険のバランス、診療報酬の制度、大学病院の経営状況、医療制度にはそれぞれお国柄があるということなどもっと現実的なところから考えたほうが良いのじゃないのかな、と思うのです。

 

「日本の医療ハー!」って叩くのは簡単なんだけど。国民が当たり前に受けてる恩恵を無視して、ただ「敵」を見つけたんじゃ、進歩ないし。

日誌 | - | -

ゆ、ゆー・えす・びーって小さい…

昨夜は急きょDJ KOJIさんがお休みで「木蘭、音、よろしく」と。

そりゃ「追悼:アレサ・フランクリン」って感じで回さなきゃならないでしょうと思い、でももう荷物重くてレコード抱えていくのがいやだったので、PCのほうに入れてたアレサのWAVデータ60曲分をUSBメモリにうつして持っていった。CDかレコードでしかやったことなかったんだけど、誰もいない間に適当にポチポチ押して、タグつけたりリスト化したり。

 

ものすごくいまさらというか、一昔前の感慨だけど、USB、めっちゃラクだ……。

だって、荷物、これ(ピンクのやつ)だけだもん…。

 

 

 

おばちゃまとしてはこういうほうが安心するけど。

アレサだけのUSBだから、CD替わりと思って使えるけど、もともとジャケを見て選曲思いついたり、盤面に直接印つけたりしてる旧型の人間だから、手持ちのCDやレコードを全部USB化しちゃったら、プレイできなさそう…。
テクノロジーに追いつけない、わたしの感性――。
 
でもやっぱりレコードの音の心地良さには、叶わないというのもよくわかった。

 

 

 

 

 

 

 

日誌 | - | -

となりの芝は青い

社会問題を考えるときに、海外の事情に照らして、
「アフリカではこんな現実が…」
「スウェーデンは日本と違って…」
と比較して語ることがあるけれど、それを参考情報・ヒントのひとつとして知るのはいいことだとしても、金科玉条、絶対的な正解であるかのように感化されて振りかざすのは問題があると思う。

 

日本には、日本の国柄や社会制度、税制度に沿った課題があるはずだ。
たとえば、先進国である日本の貧困の実態について考えるべきだという話をしているのに、途上国アフリカの飢餓を持ち出して「物に恵まれている日本人は大した貧困じゃない」と切り捨てる。
あんた、なんで途上国マインドなの? と言いたくなる。

 

途上国には途上国の、先進国には先進国の問題があるし、先進国であっても国ごとにその国ならではの課題や社会の歪みが生まれているはずで、そこにちゃんと目を向けないと意味がないと思う。

医療の問題にも、それと似たところがあるんじゃないかな。
「海外では◎◎なのに、日本はなぜこうなのか?」
という言い方は、視野を広げる面もあるけど、あまりに短絡的に振りかざすと「となりの芝は青いぞー!」と言ってるだけにしかならないから要注意だと思う。

日誌 | - | -

乳腺科にて…

自治体の無料がん検診で、マンモグラフィ検査を受けるために、
「当院は女性医師、女性技師、女性スタッフだけですので、
安心して診療をお受けいただけます」
と宣言している小さなクリニックをわざわざ選んで行ったら、
いきなり待合室のど真ん中に、
山根明みたいな強面サングラスの男が、アロハシャツを着て、
ドーンと座ってスマホをいじっていた ΣΣ(; ゚ ロ゚)

 

となりに座ってる若い彼女の付き添いで来たらしくて、
その女がよっぽど一人で病院に来られないのか、
それとも男が嫉妬深いか心配性でどこにでもついてくるのか、
別に介助が必要な様子でもないのに…(;´・o・`)
よくわからないけど、ほかは女性の患者しかいなくて、
みんな避けてるし、私もなんだか避けて座った (||゚-゚)

 

順番がまわってきたら、検査室の前にある待合に移って、
更衣室で検査着に着替えたりするんだけど、
その待合のほうにも山根明風の男がくっついて来てたから、
すごく嫌だった (>ω<、)・゚・。

 

検査のためにブラジャーはずして着替えた女性たちが
うろうろしてる廊下とか、
マンモグラフィ検査を受けている部屋のそばとか、
やっぱり男の人にはいてほしくないよー。・ヾ(。>△<。)ノ・。゚

 

いきり立って怒ってるわけじゃない女心を伝えるために
顔文字を多用してみました(◍•ᴗ•◍)

日誌 | - | -

漫画「腐女医の医者道!」

買いなおした女性外科医の漫画がきのう届いた。
さーたり著『腐女医の医者道!』

https://amzn.to/2ntLD9x

 

 

著者は子育て中の外科医で、夫も同じ医局の外科医という女性。
現場のリアルをコミカルにサクサク描いていて、面白い上に、「女性と、命を預かるプロの現場」について考えさせられる漫画だなあと思った。

 

夫婦で協力し合っていても、緊急手術や長時間におよぶ難しい手術で子育ては超大変。
睡眠は一日1時間もままならないのが当たり前、食事は、手術と手術の間の5分間で、コンビニで買ってきたおにぎりと栄養ドリンクを立ったまま口に詰め込むだけ。

ママ友たちが「子育てで3時間しか眠れない」「食事もそそくさととるようになった」とぼやくのを聞いても、3時間も眠れるなんて天国で、5分以上食事がとれて最高だと言ってのける。

 

男も女も不備の許されない極限状況で、「子供がいるからって甘えるな!」と怒鳴られ、「外科は子育て中の私には向いていない」と葛藤する場面もあった。
命を預かる現場はあまりに過酷で、とてもじゃないけど「女性差別」「パワハラ」で片づけるような単純な話ではない。

 

医者同士の結婚って大変そう、と思ったけど、そもそも女医は男から敬遠されるんだそうだ。
とはいえ、当直や長時間手術や急患がなくて、ばっちりお洒落する余裕のある科目もあるので、女医たちが、「耳鼻科がいい、外科なんて無理」「子育てするには消化器外科はむりだから、乳腺外科に転科する」と語っているシーンなんかもあって、そりゃそうだろうなあ…とも思った。

 

面白くてさくさく読めるから、興味のある人にはおすすめですよ。

 

さーたり著『腐女医の医者道!』(2016・KADOKAWA)

https://amzn.to/2ntLD9x

日誌 | - | -

もっと考える自由を奪われたい人達

「国が滅んでも憲法9条を守れたらいい」
なんて寝言を言ってる人には、なんでみんながあなたと心中しなきゃいけないんですか、って言いたいよ。


前から思ってたけど、そういう人って、憲法9条を『天空の城ラピュタ』の飛行石かなにかと勘違いしてるんじゃないの。
9条さえあれば王国の高度な文明は再興するんですか。
あんたは九条家の血を引く王の末裔ですか。
ひょっとして、シータですか?
リュシータ・トエル・ウル・キュージョーですか!?
「バルス」の代わりに、「侵略戦争の中心で9条を叫ぶ」とかやめてくださいよって感じ。

 

 

ところでネトウヨ分析の原稿をがりがり書いていて、「ちょっとネトウヨっぽくなりかかってるふわふわした人」には何かのきっかけになりそうだけど、先は思いやられるなあ。

 

物事を幅広く検証できない視野の狭さ。
0か1かの乏しい選択肢を結びつけるだけの短絡さ。
間違いを認めることが痛くて自己分析から遠ざかる現象。

 

おまけに、いまの世の中、「生態系(自社サービス)のなかに囲い込む」というのが商売の潮流になっているように見える。
その生態系に暮らす人々には、悩まず・考えずに済むようなサービスが湯水のように提供されていく。
それが、安楽に暮らしたい人々の求めることだから、当然、繁盛の鉄則になっていく。

自分の求める堕落を実現させてくれる身近なものに支配されて、それを喜ぶ。
誰か僕らのなかから、もっと考える自由を奪ってくれるものを発明してよ、と。
これじゃ、権力による上からの支配に警戒心なんて持たなくなるはずだ。

 

全力でこう訴えたい。

 

バルス。

 

 

日誌 | - | -

女性外科医のこと

幻冬舎Plusでふたたび「ネトウヨ卒業者」の取材記事をまとめ中。
今夜中に仕上げるけど、10日中に原稿確認していただけるかなあ、取材に応じて下さった彼……(という私信)

 

子育て中の女性外科医の人が描いた漫画が、たしかうちにあったはずなんだけど、昨日から探してみても見つからない。
先日、思い切って本を半分ほどに減らしたので、その時に処分しちゃったのかも。
仕方がないからもう一度注文した。

 

とってもコミカルでテンポの良い漫画だったんだけど、とてつもなくハードすぎる女性外科医の毎日の様子が描かれていて、旦那さんの協力が最大限にあっても、よっぽど「ハイパーな人」か、それとも出産や子育てを最初からあきらめて、医療に身を捧げるという人でないと難しい世界なんだろうなという印象だった。

一時期、急患のない歯医者が急増して、ばたばた潰れていくという現象があったけど、やっぱり人を助けるという志を持った医師の世界でも、手術時間や勤務時間が不規則でなく、自分の人生を考えるゆとりを持てる科目を選びたいという人がいて当然なんだろうと思う。

 

なにかの女医インタビューで、外科医は「手術の技術の向上」がなにより重要なことになるから、産休がとれたとしても、感覚が鈍ることのほうが怖くて、早々に休暇を切り上げて現場に戻るのだという話を読んだ記憶がある。
授乳中もずっと手術の糸を結ぶ練習をし続けた、とか。きっと「外科医あるある」なんだろう。

 

働き方改革や、女性の地位向上、男女平等、という「概念」から怒っているだけでは単純に解決できないものがあるだろうし、東京医大の入試の手法についての糾弾とは別に、もう少し幅広い目線から深く考えるべき部分があるように私は思う。

日誌 | - | -

「マイノリティと権利と願望とエゴ」

今週は、小林よしのり先生の『ゴーマニズム宣言』と『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、完全にネタがかぶってしまった。

これまでもリンクしてるなあとか、ニアミスだったなあとかいうことがあったけど、6年も7年も連載やってると、こういうことも起きるものです・・・。


今週号のタイトルは
「LGBTを巡るリベラルと保守の違い」


小林よしのりライジングVol.279

 

自民党衆院議員・杉田水脈の
「LGBTは生産性がない」発言を機に、
マイノリティを巡る諸問題について考える!

差別や偏見はいけない、
理解を深めることは大切だと
いうことは間違いないけれども、
事はそう単純ではない。
具体的なケースに目を向け、
思想していかなければ、たちまち
イデオロギーの落とし穴に嵌る!

「ゴーマニズム宣言」
「泉美木蘭のトンデモ見聞録」

それぞれに、偽善を排して
とことんリアルに思想します!

 


【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…自民党衆院議員・杉田水脈の「LGBTは生産性がない」発言が
炎上し続けている。リベラルの者たちは当然、これを
猛烈に非難している。一方で保守の側は炎上に怯え、
こそこそと杉田から距離を置こうとしている。
LGBTに対する差別や偏見はいけないということに
ついては、保守もリベラルもない。
ただし、そこから先は保守として警戒して
おかなければならないこともある。弱者至上主義になり、
マイノリティの主張は何でも正しいとする
「弱者真理教」に嵌ってしまう危険性を自覚せよ!

 

※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
…私の身の回りにはLGBTと言われる人々がたくさんいる。
当然ながら杉田水脈の「生産性」発言には憤っている。
しかしデモやパレードに参加したり、権利主張を
したりしている人というのはほとんどいない。
LGBTにも様々な人がいて、それぞれの考え方がある。
短絡的に「社会的弱者」として扱うことが、
逆にLGBTに対する理解への妨げとなっていないだろうか?

 

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
法相が事件の内容を考慮して死刑執行を命令した
というのは、三権分立から逸脱しているのでは?
自信のない人に自信をつけてあげる方法とは?
洗脳によって犯罪に手を染めてしまった人達は
本当に罪を償うべき?
本物のアイドルやスターが生まれないのはSNSがあるから?
スポーツ選手のタレント化をどう思う?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

 

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第287回
「LGBTを巡るリベラルと保守の違い」

2. しゃべらせてクリ!・第236回
「灼熱の夏休み! お散歩も命がけぶぁい!の巻〈前編〉」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第91回
「マイノリティと権利と願望とエゴ」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

日誌 | - | -

東洋経済オンライン「日本人の「過剰適応」こそ、現代社会の象徴だ」

東洋経済オンラインで担当した、ジャーナリストの池上彰さんとNHK丸山俊一さんの対談、後編が配信されました。

 

日本人の「過剰適応」こそ、現代社会の象徴だ
池上彰×丸山俊一「資本主義の闇」対談<下>

https://toyokeizai.net/articles/-/231705

 

▽前編はこちら

資本主義の問題は「結論を出さない」が重要だ
池上彰×丸山俊一「資本主義の闇」対談<上>

https://toyokeizai.net/articles/-/231046

 

日本人が与えられたレールに沿って「過剰適応」していく問題、働き方の分野だけに限らない根の深いものがあるなと思います。

思想信条まで飲み込まれていっているでしょう。別の角度からも考察してみたいと思っています。

 

日誌 | - | -

5日、サインしますよ

5日のゴー宣道場、私のアイララ本も販売しますし、道場終了後にサインもしますよ。だから本は終了後に開くこと。

 

喉ゼーゼーで疲れてるけど、割と良くなってきた。
今日は休養できるから、5日には元気になってるさ。
近所に新しくできた病院は、院内処方ですごく助かる。
薬代が安くつくし、しんどい時に処方箋を持って調剤薬局まで歩いていって、またそこで待たされて、住所を書いたり、保険証やらお薬手帳を出すように言われたり、あれこれ聞かれて病院で説明した症状をまた説明させられたりする手間がけっこう嫌だったから。
薬剤師さんが重要な仕事なのはすごくわかるんだけど。
都会だからかなあ、なんだか薬局でものすごく時間がかかって、待つとこなくて立ってたりもして、そこで具合悪くなっちゃうんだよ…。
医薬分業にはもちろん意味があってのことなんだろうけど、私は院内処方の病院のほうがいいや。

 

体調が良くないと、このように愚痴っぽくなる。
そしてたいてい、この手の愚痴は似たような愚痴を誘発し、会話がすっかり萎びてなんだか年をとった気分にさせられるのである。せやから健康って大切なんや。

日誌 | - | -