総理のご意向、日付と名前入りのメモ出てくる

きのう朝日新聞がスクープした「総理のご意向」文書は、
日付や名前のない怪文書じゃないかと反論されていたけど、
今朝になると、朝日が「ハイ、そう言うと思ってました!」
みたいな感じで、一面で、日付と名前入りのほうを報じていた。



平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、
共有いただきたい。成田市ほど時間はかけられない。
これは官邸の最高レベルが言っていること(むしろもっと激しいことを
言っている)
。山本大臣も「きちんとやりたい」と言っている。



「むしろもっと激しいことを言っている」ってなんだろ…。
「文科省、言うこと聞けよ総理の命令だぞゴルァァァァ!」みたいなこと?

なんにしろ、大勢の名前が挙がっているわけで、山本内閣府特命担当大臣は
「きちんとやりたい」とまで言っていたそうなんだから、順番に事情聴取を
すればよい話だ。
文科省は明確に否定できないようだし、名前のあった萩生田官房副長官も、
「そこまで詳しく話したかどうかは記憶にない」って、話したことは事実だ
と言っているようなものだけど。
野党、がんばれ!

 

ところで、私が入手した日本獣医師会の会議の議事録によると・・・

 

 

獣医学部新設に反対していた日本獣医師会は、以前から、

「総理」が閣議決定も踏み倒して、各省の大臣へもきちんと内容を

伝えないまま、「直接事務方に指示」して今治市の獣医学部新設を

ゴリ押ししているんじゃないか、と見ていることを危惧する内容が

記されている。

今後の疑惑追及の行方も見ながら、次回のライジングで詳報します。

政治・社会問題 | - | -

やはり「総理のご意向」で進んでいた第二の森友

朝日新聞が今朝の朝刊一面で大スクープを報じている。

 


「第二の森友」と言われていた岡山市の学校法人加計学園が、
国家戦略特区に獣医学部を建設する計画について、
「総理のご意向」
で進められていたことが明らかになったのだ!

文部科学省には、こんな文書があった。

「設置の時期については『最短距離で規制改革』を前提としたプロセス
を踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている


「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、
共有いただきたい」「
これは官邸の最高レベルが言っていること

加計学園の理事長加計氏は安倍首相と大学時代からの大親友で、
寝食をともにし、いまでもゴルフ仲間だ。
安倍首相は、この「お友達」が経営する学校法人に対して、
37億円相当の大学用地を無償譲渡した上、96億円の校舎建設費を
支援することになっている。
例によって同学園の保育施設には昭恵夫人が名誉校長として就任。

やはり安倍夫妻は、国家権力を利用して、自分のお友達、自分の思想に

共鳴する仲間たちを優遇するように命令を下していたのだ。
国家権力、公共機関の完全なる私物化である。

そして、官僚は、やっぱり言われたことはすべてメモして残している
のだ。
加計学園も森友学園も、まだまだ「首相からのご意向」「首相夫人が
こうおっしゃっているので」という事実を示す記録があるはずだ!

こんな暴走権力者夫妻に国家を運営されているなんて非常に危険。
野党の徹底追及を期待したい。


 

政治・社会問題 | - | -

国の答弁は大嘘!8億円値引きの根拠はなかった!

報道ステーションでもふれていたが、今日は昼間、民進党が
籠池氏へのヒアリング第2段を開き、AbemaTVで生中継されていた。

 


籠池氏が近畿財務局、工事業者、森友学園代理人の酒井弁護士との
メールを発見し、あるだけすべて公表するということだったので、
同時に財務省・国土交通省・内閣官房の関係者など官僚も招いての
<直接対決>の質疑が行われる予定だったのだが、はじまってみれば、
なんと国側は敵前逃亡。
籠池氏のヒアリングが終わってから、国側の意見を聞くという
わけのわからない形になっていた。
つまり国は「籠池氏と同席して即座に回答することだけはできない」
それだけ、籠池氏がなにを言い出すのか恐れていたということだろう。

しかし、驚くべきはこのメールの内容だ。これまでの国の説明では、

「最大で地下9.9メートルまでゴミが埋まっているから、
撤去費用として8億1900万円値引きし、2016年6月に学園に売却した」


という話だったが、その2カ月前のメールでは、
建設業者が代理人弁護士に対して

「約3メートル以深には廃棄物がないことを証明している」
「敷地全体でもごみはないと推測できる」


などと報告していた。

 


8億円の値引きの根拠になったごみなどなかったのだ!
これまで国が国会で答弁してきたことはすべて嘘だった!


籠池氏の話しぶりを見ていると、当時、完全に酒井弁護士に任せて、
施主当人は「蚊帳の外」に置かれていたということが伝わってきた。

建設業者と弁護士とのメールの文面でもその様子にふれられている。
やはりあの逃亡した酒井弁護士は、あくどい。

呆れたのは、2016年4月1日に近畿財務局から、
酒井弁護士、建設業者、建築業者に向けて送信されたメールの
書き出しが・・・

「いつもお世話になります。
瑞穂の國記念小學院開校に向けご協力いただきありがとうございます」


これじゃあ、国営の小学校じゃん!
籠池氏がこう言うならわかるけど、国が言ってるわけですよ。
国はこの小学校、完全に建てる気満々だったわけでしょう。

いつまで、バレバレの言い逃れをしているのか。

政治・社会問題 | - | -

クラスター弾禁止法は共謀罪対象なのに年金投資?

 

時浦さんがすでにブログに書かれているけれど、今朝の東京新聞一面、年金運用のために米国のクラスター爆弾製造企業の株80億円を保有していたという記事にギョッとした。

トッキ―ブログ非人道兵器製造会社株で年金運用!?

株の運用は、委託先の運用会社が自動で買っている仕組みなのだそうだ。
積立金の半分以上を株につっこむ現状も問題だが、せめて、非人道兵器の製造企業を投資先からはずせないのかと思う。
しかし、厚生労働省はこう答えている。

「年金を増やすという原則に抵触しかねない。
担当者の好みで運用ができないように、GPIFが直接投資先を選ぶことも禁じられている」


非人道兵器だろうが倫理的に問題があろうが、カネを増やすことが原則。
だから、思想信条・感情など無視して、ただカネを増やすことだけを目的とした運用会社に任せなければならない。と。

年金問題はたしかに国民の大きな不安材料であり、関心事だと思う。
しかし、この投資によって年金積立金が増えたということは、クラスター爆弾が売れて、その製造会社が潤ったという意味だ。
それでもはっきりと「カネがすべて、倫理など必要ない」と言い張る国の姿勢が私は恐ろしい。

さらに、現在国会で共謀罪が議論されているが、私の持っている新聞記事には、その対象となる277の罪名のなかに、

■クラスター弾等の製造の禁止及び所持の規制等に関する法律
クラスター弾等の製造▽クラスター弾等の所持


が盛り込まれている。
共謀罪の監視対象のなかに、はっきりクラスター弾に関する法律を入れておきながら、米国のクラスター弾製造企業には国民の年金を投資して応援するとは支離滅裂も甚だしい。一体どういうつもりなのか。

政治・社会問題 | - | -

合気道お免状!

じゃじゃーん。

 

 

どや。

 

3月に受けた合気道の昇級審査、お免状をいただいた。

嬉しい! どうしよう、このまま達人になっちゃったら!

…とかすぐ調子のっちゃうヒヨッコ7級のわたしです。

 

でもほんとに嬉しいなあ。

去年9月に私が「ししし塩田剛三の養神館がきたんやでええええ!」って騒ぎながら突如として合気道をはじめたときには、友人・知人・先生・読者、ほぼ全員から「こいつ、続くんかいな…」という生温かい目で見られていたけど、ちゃんと続いてますよっ。

稽古と締め切りがいつもかぶるので、毎週朝7時から原稿スタートという激しさになってるし、森友問題が発生してから原稿のボリュームが多すぎてかなりヒイヒイ来てるけど、いつも「これが終わったら、三カ条やああああ!」とか思いながら猛然と地味にパソコンの前に座っているのだった。

 

審査って受けるほうがいいなとも思った。

最初は、ひとまず週1〜2回体動かす気持ちでやれたらいいだろうというところもあったけど、やっぱり技を覚えていくにも目標があったほうが良いし、実際にお免状を手にすると達成感があるから、また頑張ろうという気持ちになる。

なにより、入った道場の先生が初心者に優しい方だったのがすごく良かったんだろうとも思う。

合気道をぜんぜん知らなかったときは、「袴姿の仙人のような人物に、たびたび竹刀で太ももしばかれるに違いない…」とか勝手に想像してたからね。そもそも合気道で竹刀使わないのにだよ。

 

子どもの頃から徒競走は常にビリ、ハードル走は先に行った子が倒したやつをまたぐ方式でもビリ、100メートル走は20秒ぐらいかかるというドンくささだけど、つづけられる合気道道場があって嬉しい。

 

一緒に稽古していただいている黒帯の男性は、今度「百人取り」の審査を受けるそうだ。

一斉に100人が襲い掛かるイナバの物置方式なのか、それは老若男女100人なのか、百人百色で全員が違う技なのか、いろいろ想像をめぐらしてた上に、ずっと「百人斬りだと思ってたけど、ぜんぶ違ったらしい。

 

私も続けていけば、百人取りできるようになるかなあ。ってか、せっかく合気道はじめたなら、最終的にはむしろ百人取りたいよね。

合気道 | - | -

黒塗りが物語る財務省のキモチ

朝から国会中継を見ながらライジングの原稿まとめてるけど、
民進党がパネルで出してきた、森友学園から財務省に提出されていた
土地の取得要望書の黒塗りっぷりが半端ないな。



「■■■■■■■■■設置趣意書」ってタイトルまで黒塗りされてるけど、
この文書、籠池氏によると、安倍晋三記念小学院の設置趣意書なのだそうだ。

そりゃ財務省は塗りつぶしたくなるよね。


しかし、タイトル名や趣意書の内容は完全に塗りつぶされて秘密にされて
いるのに、よく見ると、籠池氏の電話番号は丸裸という。
個人情報がどうのとか、情報公開の規則がどうのとかいう話以前に、
「国にとって都合の悪いところを塗りつぶした」ことが明らかよね。

午後も民進党からはじまって共産党の追及があるから、見ながら
明日配信のライジングにまとめるよ。



 

日誌 | - | -

日本を「超監視社会」にするのか

ブルース・シュナイアーというITセキュリティの権威の本
『超監視社会 私たちのデータはどこまで観られているのか?』
を読んでいる途中。
監視先進国アメリカの現状を読めば読むほど、追随しようと躍起の
日本政府が、“とめどなく恐ろしい存在”としか考えられなくなる。

ある26歳のアイルランド人男性は、彼女とロサンゼルス旅行に行く
前に、ツイッターで友人たちに向かって、

「アメリカを destroy しに行く前に、今週、話をしないか?」

と呼びかけたそうだ。
この時の「destroy」は「破壊」の意味ではなく、イギリスの若者が
使うスラングで「ハメを外して思いっきり遊びまくる」という意味
らしい。


ところが、ツイッターに監視網を張り巡らしていたアメリカ政府は、
これを「テロの予兆」と受け取り、この男性の乗る飛行機を特定し、
空港で待ち受けて、恋人もろとも拘束。
5時間に渡って取り調べを行った上、強制送還となったという。
もちろん男性はただアメリカで遊びまくろうと思っていただけだ。

戦前の話じゃないよ、2012年、つい数年前の出来事。
しかも、5時間で強制送還で済んでまだよかったというレベルだ。
当然、この男性と「つながり」のある人たちも捜査対象になって
しまうんだろう。

スマホが普及したおかげで、スマホの中の通信・通話履歴、SNS
やWEBの利用履歴、アドレス帳の中身、予定表、交友関係、投稿、
GPS情報などがいとも簡単に吸い上げられるようになっているから、
「ネットの匿名性」なんてのは意味がなくなって、むしろ、
「ネットにプライベートをとられてる」状態になっている。

このごろはネット上でスケジュールを管理したり、交換した名刺を
データ化して保存するサービスも普通に使われるようになった。
便利で新しいからどんどん普及してるみたいだけど、データとして
外部に預けるって、めちゃくちゃ怖いなと思う。

自分たちはのほほんとした市民だから関係ないと思っていても、
監視されたり、監視されている人と繋がりがあると特定されていた
りする。
じわじわと

「そんなこと書いたらだめだよ」

「そういう言い方するとやばいよ」

なんて萎縮がはじまる。

一般人の表現が萎縮するならば、メディアなんかもっと萎縮して

いるよ。残念ながら。


共謀罪って、つまりは、日本をこういう国にしたいわけです。


_________________________________

第64回ゴー宣道場
「公の為に~生前退位と共謀罪~」

平成29年6月11日(日)午後2時 から『人事労務会館』 にて開催

 

ゲスト:

馬淵澄夫議員

山尾志桜里議員

 

登壇者:

小林よしのり(漫画家)

高森明勅(神道学者)

笹幸恵(ジャーナリスト)

切通理作(文筆家)

泉美木蘭(作家)

倉持麟太郎(弁護士)

 

https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=bb6ytn5u2-24#_24

日誌 | - | -

いっそのこと金田法相にモザイクかけたら?

憲法記念日でこれまでの国会答弁を振り返る特集が多いけど、
閣僚や自民党議員の発言は本当にひどすぎるね。
共謀罪の金田法相なんて、昭和のドリフのコントに出てきた
頭の弱い子そのものだもんなあ。
 

― 金田大臣はなぜ、どうして法務大臣になられたのですか?


「私は、どのような理由で法務大臣に任命されたのかは
私は、私としては、理解しているとは思っていても、
内心に思っていることはあってもそれを申し上げることは
適切ではないと思っております」

 

― 金田法相、民進党の階議員からの質問に

「ただ今のご意見に対しましては、私は、ちょっと、
私の、あのー、まー、頭脳と言うんでしょうか、
ちょっと対応できなくて申し訳ありません」

 

「階先生の質問は非常に重要な質問が多いので。

事前にご通告いただけるとありがたいというのは
最初に申し上げた通りであります。
そうしますと、立派な答弁をただちにできるかなあ
というトライをしてみたいと…」

 

― 昨日大臣の答弁で、もうちょっと詳しく通告いただければ
立派な答弁ができるということをおっしゃられたので、今日は
しっかり通告しております。立派な答弁を是非お願いしたい。

 

「事前の通告があれば、立派な答弁とおっしゃいましたが、
ちょっと違いまして、事前の通告があれば、立派な議論に
つながると、こういった思いだったのですが…」


 

いやー、ひどい。っていうか《ヤバい》レベル。
金田法相があんまりヤバいもんだから、勝手に刑事局長を呼んで
勝手に答弁させるようなことをしてたけど、そんなに隠さなきゃ
ならないなら、いっそのこと金田法相の姿にモザイクでもかけて
国会中継したらどうだろう?
あ、そうすると昭恵夫人にもモザイクかけなきゃだけど。

さらにひどいのは、この刑事局長の勝手な代打答弁に業を煮やした
民進党議員が、机を叩いて抗議し、集まって対応を相談しているの
を見た自民党の土屋正忠議員

「今のはテロ準備行為じゃないか?」

などとヤジを飛ばしていたことだ。
熟議どころか議論が成り立たない国会運営に抗議する議員に対して、
「テロ準備行為」なんてことを言う与党議員の傲慢さたるや。
しかも、この件について問題視されて言った言葉がまたひどい。

「ヤジは飛ばしたが、中身は記憶していない」

 

こんな大臣にこんな与党議員、国会にいていいのかな。
 

日誌 | - | -