クリスマスも喜んで働かせていただきます!(きらっ)

「もくれんさん、緊急ですが、1月2日の箱根駅伝の…」

 

というLINEの書き出しが、朝7時からスマホの画面にポップアップで表示

された。

不穏だ…

もしや正月から寒空の箱根の山に登ってスポーツ局の記者と一緒に駅伝の

取材をしないか、みたいなチャレンジが襲い掛かってきたのか?
と思って、スマホをふせて布団にもぐりなおしたんだけど、

どんどんLINEがくるので、電気をつけてよくよく読んだら、全然違った。

そこそこタイトなスケジュールだけど、本当にお世話になっている編集者

さんだし、正月に箱根に登るよりは、クリスマスに徹夜するほうがいい。

がんばります。

(そもそも正月に箱根に登るという選択肢は、私が生み出した妄想なんだけどね!)

 

***

 

きのうは、新宿2丁目も忘年会流れでバタバタしていた。

とは言え、どんちゃん騒ぎっていうムードでもなくて、終電で帰る人が

多いのだけど。

年取ってくると恋愛のはじまりにはどういうパターンが効果的になるのか、

という話をしていたんだけど……そんなもん相手によるよね。

 

効果的ななにかを狙ってこられても、いらんもんはいらんし。

だいたい経験踏んでくると、効果も響かなくなってくるし。

逆に、自分らしくない演出で相手に向かっていく場合も、勝手に空回り

してひとり相撲に陥るのが関の山だし。

 

しかし、恋愛なんて20代の頃はただ発情してるだけでなんにも考えて

なかったし、30代になると、もううんざりして夢も見なくなったし、

あまりまともに考えてみたことなかったけど、

40代にまでなって、やっぱり父親みたいな人がいいと思うようになった。

ファザコンなんかね? 

 

父親は昭和19年生まれという年代を考えれば、相当にリベラルな学者だ

と思うし、特に今年は社会時評書くにも、父親の本めちゃくちゃ参考に

したもん。書斎から勝手に盗んできててごめんやけど。

私が頼りにしているものは、教養なんだろう。

自分に足りないからね。
 

***

 

ライジング、「泉美木蘭のトンデモ見聞録」は、

「権力とメディアと若者のステレオタイプ」と題して、

最近の動向についての論考。

 

http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1384937

 

年寄り=ステレオタイプだというイメージがあったけれども、現代は、

若者もステレオタイプにはめられやすい状況にあるのではないか?

「ステレオタイプ」という言葉を生み出したウォルター・リップマン

による当時の考察がそのまま当てはまる日本の新聞業界の実態などを

あわせて分析ています。

日誌 | - | -

ふぅ

“徹夜しないと無理〜”的な原稿は全部終わった。

まだ29日まで仕事残ってるけど、早くも気分が跳ねて、

ゲットしてきた。

MONDO GROSSO"春はトワに目覚める"の12インチ、小春ジャケ!

 

 

UAと小春のライブがあったら行かなきゃいけないな。

日誌 | - | -

大企業の広告より、ネット広告に物申せ

昨夜、生放送でフェイクニュース、ポスト真実について話して、
帰りの道すがら、まだ、ぐるぐる考えていたのだけど…


ネット上で、フェイク記事をまき散らすデマサイトについては、
やっぱり、これ以上跋扈させない仕組みを本気で考えないと
マズい状態なんだろうと思う。

一般のネット利用者にとってはもちろん悪影響だし、
新聞記者やテレビ番組の制作者がネットのフェイクを見破れずに
そのまま流用してしまうような段階となると、
メディアの信用性という意味でも、まったくいいことはない。

必死で「右派ニュース」を製造するネトウヨさんも、
なけなしの小銭で、貴重な人生をその程度のことに買われるなんて、
機会損失が大きすぎてあまりにかわいそうだ。
最終的に、もっとも悲惨なブラックバイトになるんじゃないかな。

個人レベルでフェイクを見破るというのも、ずっとはやれない。
いまはそういう見破りに快感を覚えて楽しめる部分があるかも
しれないけれど、焼け石に水でしかないことがわかってくれば、
無駄な作業に感じるようになると思う。
やはり、フェイク記事が成立してしまう仕組みそのものに、
テコ入れしないとだめなんじゃないかな。

元凶は、ネットの広告の仕組みだろう。
ネットは、どこの誰がどんなサイトを作っても、たいした審査なしに
クリック広告を設置できる仕組みになっている。
記事の内容がどうであろうと、アクセス数が上がれば広告をクリック
する確率が増えるから、利益につながっていく。
デマでもなんでも、話題にさえなればいいアフィリエイトブログ、
嘘でもなんでも、特定の目的を達成すればいいフェイクニュースが
成立するのは、この広告の仕組みに支えられている。

だから、真偽や信頼よりも「刺激」や「記事の大量生産で埋め尽くす」
が重要になってしまう。
「炎上」という言葉が流行したことについても、人々が押し寄せて
集団リンチの快楽を味わっているその奥に、広告料で儲けている人間
が必ずいることを考えたほうがいい。

ネットの人々は、大企業の出す広告にはいちいち敏感に文句をつける。
あのコピーは問題がある、あの動画のストーリーは不愉快だ、と。
一方で、デマサイト、フェイクサイトに広告を出稿している企業には
矛先が向かないのはなぜ?

現実には、「大企業が敵だ」と思い込んでいるうちに、その足元に
ひたひたとフェイクの沼ができあがっているのでは?
大企業の広告に物申すよりも、ネット広告に疑問を感じたほうがいい。

そして、ネット広告を出稿する側に、倫理規定を設ける動きがあって
もいいと思う。
悪質なデマサイト、フェイクサイトに広告を出稿してしまったら、
企業のイメージが落ちますよ、と。うちはそういう悪質サイトには
広告が表示されないようにコントロールしていますよ、と。

 

いま大企業は、ネット広告で地雷を踏んでしまう可能性が高いので、

二の足を踏むか、リスク覚悟でやるしかないか、という状態だという。

じゃあどこに出向するのが安全牌かというと…日経新聞ということに

なるのだそうだ。


ファクトチェックの機能を持ちながら、広告出稿をコントロールする
ようなネット広告代理店があれば、大企業から信頼を得られるから、
儲かるビジネスにもなるんじゃないの?

法制度もあっていいと私は思うけど、IT技術は猛烈なスピードで
変化しているから、議論している間に別の仕組みが出来上がって、
置いてけぼりになる可能性が高いと思う。

 

やはり、フェイクニュースが流行するその裏で、一番儲かっている
広告業界に変化が必要かな。

いずれにしろ専門家の議論が必要だと思う。

政治・社会問題 | - | -

宇宙の音と師走日記

最近の仕事で、一番おもしろかったやつ。

とんがりすぎている若手起業家の対談。

 

http://toyokeizai.net/articles/-/199884

 

特に「オンライン質屋アプリCASH」を開発、リリースするなり、

16時間で3億6000万円も自腹でカネを支払うことになってしまった

株式会社バンクの光本氏のお話は、個人的に、私が起業で失敗して

借金がふくらんでいった過程とすごくシンパシー感じて楽しかった。

そして、さー原稿上げ…と思ったら、翌日には、

「光本氏、株式会社バンクをGMOに70億円で売却」

と経済ニュースに流れて来て、また唖然、みたいな。

 

というか、これもう11月上旬の対談だったんだね。

師走っぷりがはんぱない。

 

こないだたまたまSOUNDCLOUDにNASAのアカウントを見つけた

んだけど、ここに公開されてる宇宙探査船から録音した宇宙の音が

ものすご恐い。

 

NASA SOUNDCLOUD

 

ホイスラー波の音とか、木星付近の音とか、イヤホンでぼや〜っと

聞いてたらいつのまにか脳神経が破壊されてそう。

 

↓この土星の音とか、絶対、アリゾナ州で車運転してたらものすごい光に

遭遇して前が見えなくなり、ア〜ッと思いながら宇宙人にさらわれていく

時に聞こえる音でしょ!!

https://soundcloud.com/nasa/cassini-saturn-radio-emissions-2?in=nasa/sets/spookyspacesounds

 

↓これとか、そのさらいにきた宇宙人がなにかこっちに話しかけてる時の

音声にちがいないしね。

なに言ってんだか全然わからんけど超怒り出して超こええ、みたいな。

https://soundcloud.com/nasa/radar-echoes-from-titans-surface?in=nasa/sets/spookyspacesounds

 

現場の宇宙写真なんかがあると、「へ〜ここってこんな音なんだ」と

イメージが膨らむんだけど、なにもわからず音だけ聞いていると

わからないものへの恐怖が不気味に襲ってきて…

不気味さが癖になってまた聞いてしまうゲテモノ好きな私の性分です。

 

地球の音が一番落ち着いて聞ける。

イメージと音量の問題か?

 

 

 

 

日誌 | - | -

童貞いじりを謝罪する必要はない

昨日は動画収録をやって、すぐに次の打ち合わせに行って、
年内ラストの編集会議をみっちりやって帰宅。
夕飯食べたら疲れ果てて夜8時にばったり寝てしまった。
目が覚めて時計を見たら、朝5時だよ。一周まわって健康すぎる。

元電通社員でブロガーのはあちゅうさんが、
社員時代に先輩の大物広告クリエイターから受けた凄まじい
セクハラ・パワハラを告白していた。
相手の岸という男のセミナーに参加した知人によると、
やはり女性へのパワハラ・セクハラの噂はあり、しかし、
業界には彼と仕事したい、お近づきになりたいという人が
うじゃうじゃ群がっていたから、まかり通ったのかも、と。
そんな王様、いやだね。

この騒ぎと一緒に、はあちゅうさんが、ネット上での過去の
「童貞いじり」をネット民たちに糾弾されたとかで、謝罪の文章を
発表していた。「童貞」という言葉で大勢の人を傷つけた、そうだ。

謝罪するほどの童貞いじりってなんなのか?
過去の発言や動画がまとめられていたので見たけど、
サブカル界隈のどこにでも溢れ返っているような
「童貞的マインドの男子」「童貞男子の特徴」についての女子的な
トークでしかなかった。

ことさらに童貞を傷つけたり侮辱したりする発言でもないと思ったし、
知的に分析している部分もあれば、
「童貞として煩悶した経験の長い男性は、優しい人が多く感じる」
みたいな、あたたかい視点もあった。
謝罪するほどの問題があるとは感じないし、単に
「ああ、この人、サブカル女子なんだなあ」
という印象を持ったぐらいだ。
サブカル界隈では男も女もこういう童貞分析してる人、山ほどいると
思うんだけど。使っている単語が「童貞」なだけで、語っているのは
いわゆる「中2病」のことだろう。

「童貞を傷つけた人間に自分の受けたセクハラ被害を訴える資格は
ない」とか
「こんな下品な発言をする女が、セクハラの悲劇を語るな」とか
「童貞という言葉を軽々しく使うな」とか
言ってるネット民が押し寄せて攻撃してるらしいけど、
謝罪する必要なんてなかったのでは?

元電通という高学歴、高キャリアでメディアに露出する女性に対する
嫉妬がもろに出ているし、
そもそも「女のくせに」と足を引っ張る感情もあると思う。
こんなクレームで謝罪させようとする人間は、内心、はあちゅうさん
のセクハラ被害を喜んでいるのではないか?

そもそも「童貞」という言葉を軽々しく使ってはいけないのなら、
貧乳だ微乳だ巨乳だ、女の乳を軽々しく論ずる言葉を発するなよ、
という粛清も成り立つぞ。
一般参賀でなかなか万歳できなかった先生が、周りの空気のなかで、
煩悶する自分の内心を「万歳童貞」って言葉で表現していたけど、
それもNGか?
どこまで潔癖症なんだ。

そしてはあちゅうさんの謝罪文の最後の文章に驚いた。
童貞への謝罪は、自身が公式ブログとして利用している
「LINE BLOG」というサービスには掲載できないのだという。
童貞という単語が、性的表現にあたる可能性があるからだそうだ。
私が書いてるこのブログも投稿できない世界があるということか。

インターネットってこうなるに決まってる場所だが、
この一連の話、どこからどこまで、まったく不愉快。
マナーはもちろん大切なことだとは思うが
「みんなが気持ちよく」利用できるように「ルール化して均一に禁止」
ということに舵が切られると、公共空間が狭まる。

均一に統一された空間と、公共の空間は違う。
あれはだめ、これもだめの不自由では、ルールを守る「おりこうさん」
しかいなくなり、表現の意欲を失う。人間味と活力は喪失される。
まったく面白くない。

こんなに童貞、童貞、連発する日が来ようとは・・・

日誌 | - | -

焦りたくってるねん

切羽詰まってきて金曜日の夜から寝るとき以外ずっと机の前。
ご飯食べながら原稿見て、バナナかじりながらキーボード叩いて。
久しぶりに外へ出てアパートの階段を降りたら、ひざガクガクで、
一段ごとになんらかの小骨がパキパキと音をたてた。
老人! これは老人警報ですよ!


ポストをのぞいたら、なんと朝刊が2日分入っていた。
金曜の朝刊もチラシを挟んだままテーブルの上に投げてある。
余裕なさすぎてまずいなあと思い、顔を洗おうと洗面所の鏡を
見たら、鉄腕アトムと同じ髪型になっていた。


はーーー。
なにかやりはじめると、すぐそれだけに偏る。
そして、やりすぎる。
バランスとれるようになりたい。

いや、言ってみただけ。そんなこと思っちゃいない。


ちょっと休憩して、録画していたNHKの「SWITCHインタビュー」
という番組を見た。
私の大好きなダンサー・菅原小春が、伊勢崎賢治氏と対談していた。
10代のうちからダンサーとして世界中に呼ばれて活躍している
菅原小春が、イスラム圏で過ごした経験を話していた。

自分は短パンにキャミソールのような露出が好きだったけど、
布で全身を覆っている女性が、とても美しくて魅力的で、
女性的な強さを感じたという話が印象的だった。
困っている女性もいるだろうけど、それがすべてではないのでは
と感じた、と。

伊勢崎氏も、世界中の紛争地をまわりながら「女性の人権」という
目線でイスラム圏の女性たちを「解放させる」立場に立つことは
あるものの、「布で覆われているから可哀想だ!」という感覚が
正しいかというとそうではない、と語っていた。
男尊女卑に加担するような発言になるのを危惧してか、
「こんなこと言いづらいけども」とモゴモゴ付け足していた。

たしかに、いまのご時世では、よく言ったほうになるのかも。
アシッドアタックで顔を溶かされたり、鼻を切られた女性の写真を
見たり話を聞いたりすると、あまりにも悲惨すぎると思うけど、
歴史も文化も土地柄も違う人々をすべて「こちら側」の価値観で
ワンパターンに断罪するのは違うだろう、と思う。

ただ、そういった文化の中では、菅原小春のような女性は、
思い切り全身で感情を表現してダンスすることが許されない。
そこにまた対立が出て来るよね、と。
おもしろい組み合わせの対談だった。再放送したらいいのに。

 

ところで、モンド・グロッソのPV、菅原小春が森のなかで踊ってて

超かっこいいぜ。やっぱこのアルバム買おうかなあ。

 

日誌 | - | -

総理は国民の代表だから「国民が侮辱された」?

自民党本部が大量購入・配布中のインチキ本検証シリーズ、つづき。

◆総理は国民の代表だから「国民が侮辱された」?

安倍政権は、仲良く共鳴していた籠池氏を切り捨て、証人喚問を行い、密接に関わっていた昭恵夫人は隠した。
しかも、籠池氏の証人喚問が決定した理由は「総理への侮辱」だった。
最高権力者に逆らったから、国会に強制的に呼ばれて証人喚問を受けるなんて、北朝鮮ばりの独裁国家だ。
しかし、小川氏は、この度肝を抜かれる独裁ぶりにも寄り添ってみせる。

 

自民党の竹下亘国会対策委員長が「籠池氏の発言は総理への侮辱であり、たださなきゃいけない」として喚問の要求に応じたことが批判されたが、デモクラシーの我が国では総理への侮辱は、国民の代表者への侮辱だから、この言い方に一定の理屈は立つ。

 

みなさんどう思いますかね?

わたしたち国民は、籠池氏によって侮辱されたのでしょうか?

日本は間接民主制の国ですよ。
選挙で選ばれた代表者が政治を行うという仕組みで、そこには多数派の代表者もいれば少数派の代表者もいます。

「総理」はあくまで一時的に選出されて、天皇陛下から任命されている身分にすぎず、問題があると判断されれば、議会は、内閣不信任決議を採り、退陣を要求する権利があります。

ましてや、総理の人格と国民の人格は一体化するものではありませんし、同一のものでもありません。たとえ国民の一人が、総理に対して侮辱的な態度をとったからと言って国民全体が侮辱されたことにはならない。そんな理屈は立ちません。

小川榮太郎氏は、国家システムを私物化した安倍晋三夫妻を守るため、日本の政治の仕組み、「デモクラシー」の意味まで捻じ曲げているにすぎない。
このような本をバイブルとして、モリカケ問題から逃れようとしている自民党幹部は、日本を一体どうしようと考えているのでしょうか。

政治・社会問題 | - | -

ぶつぶつ

くたびれた。

年末も押し迫ってくると、いろいろあるよね。

久々に、めちゃくちゃ胸糞わるくてさ。

人間って(私ももちろん)嘘をつくことはあるし、かわいらしい嘘や、

どうしてもつかざるを得ない嘘なんかは、断然許す包容力を私は持ってる

と思うんだけど、やっぱり、警戒心しか残らない嘘があるよなぁ。

めんどくさいわ〜。

 

 

明日の夕方まではずっと家にこもって原稿だけやれるから、ちょっと気が

ラクだ。

先日、海外の著名な思想家のインタビューをとったんだけど、通訳の方が

ご本人が話されている上に重ねて同時通訳するタイプだった上に、

かなりのウイスパーボイスだったので、ちゃんと音声が録音できているか

どきどきしていた。

3社合同の取材で、となりでノート広げてた新聞記者の人も、英語が得意

でないみたいで、鉛筆が完全にとまって不安そうな顔だった。

 

ICレコーダーが10台ぐらい並んでいて、私も予備のやつと一緒に2台置い

たんだけど、照明やカメラの設定してるうちにどんどん動かされていくし、

大丈夫かな…と不安に。

ところが、終わってみたら、たまたま予備用の1台が、勝手に通訳の方の

すぐ下に移動されてて、そっちにかなりバッチリ録音できていた。

ついてるなあ。よかった。

 

とりあえず今週2本仕上げれば、あとは年内の原稿めどが立ちそうだ。

よかった。

 

今年は息子のクリスマスプレゼントに猛烈に悩んだけど、決定。安堵。

よかった。

 

総じてよかったことのほうが多いから、ま、いいや。

日誌 | - | -