議員個人の自由な発言を禁じる党!?

北朝鮮じゃ当局に無届けで平壌を一週間不在にすると、
即刻拘束されて拷問を受けることになっているらしい。
住民の相互監視が強化されていて、無届で不在にした者は
すぐに通報するようお達しが出たそうだ。
統制強化され、住民は疲弊…と。

これ9面に載ってた記事だけど、2面・3面あたりの政局欄と
一緒に視界に入ってきたら、都民ファーストの会か、希望の党
の話題かなって勘違いしそうだ。

都ファを離党した音喜多駿都議、上田玲子都議の記者会見は
すごかったね。上田都議ってロックだなあ。


〇言論統制、取材規制、メディア出演規制があった

〇議員個人の自由な発言を禁じられた

〇総会で異議を発言したら、役員に呼び出されて諫められた


〇政調会長から、質問も公的資料要求もしてはいけないと言われた

〇党規約自体が代表や一部幹部による独裁を許すものになっている

〇会派も党人事もメールでの事後報告

〇代表や政調会長事務総長の専任は、報道で知った


〇草の根で都知事選を応援してきた自分の地域政党について、
再三の解散要請があり、解散せざるを得なくなった

〇毎月政務活動費15万円、党費6万円を徴収されている

〇1枚2万円のパー券を数十枚売れというノルマがある



個人の自由な発言禁止、質問禁止、資料請求禁止ってスゴいね。
議員としての存在意義をすべて否定されるわけだから。
安倍首相を忖度して、資料隠蔽に加担した元理財局長みたいに
なれっていうことでしょ。
そりゃ、都議会、小池都知事を褒め上げまくる気色の悪い演説に
なるはずだよね。

党費やパー券については、大政党の実態は知らないけれど、
少なくとも都ファの場合、いくら党費が必要だとは言え、
議員間でなんの話し合いもなく勝手に幹部が決まり、
ブラックボックスのなかから一方的なお達しがあって、
毎月の徴収額を決められ、ノルマを課され、
「お前たちはただ黙って、とにかくカネを払え、

支持者からカネ集めてこい!」
と言われているわけだから、そりゃ納得もできないし、
告発したくなるはずだ。


若狭氏が、「おまえはもうテレビに出るな!」と言われている
という話も流れてきて、細野豪志氏の顔がますます緊張感で
こわばってるように見えてくる昨今。
ああ恐ろしや。小池独裁。

政治・社会問題 | - | -

音喜多駿氏が小池百合子独裁体制を暴露

今朝、MXの「モーニングクロス」に、都民ファーストの会から
離党の意向を表明した音喜多駿氏が電話出演していた。

ある時期から、番組側から音喜多氏に出演を打診しても、
返事がもらえなくなっていたことが明かされ、
音喜多氏は、党からメディア出演を厳しく規制され、
事実上発言できなくなっていた
ことを話していた。
また、新人議員と食事に行こうとしたところ、党の役員から
呼び出され、「分派活動だ」と激しく叱責された
という。

都ファ結成の初期は、党員も数名で風通しがよく、
自由に話せる関係だったが、都議選で大勝した直後から、
「大きな組織になり、ガバナンスの関係」もあって、
一気にトップダウン化し、言論が規制されるようになったという。
ブラックボックス化された上層部ですべてが決定されてしまい、
議員間の議論は禁止
今回離党表明した2名のほかにも、違和感を感じている者は
少なくないのではないか、とのことだ。

「あれだけ小池さんを推していたのに、見る目がないのでは?」
という意見がぶつけられたが、音喜多氏は、
「見る目がないと言われると返す言葉がないのですが…」
と正直に答え、批判も受け止めると言っていた。

音喜多氏は、大勢を引き連れて離党するつもりも、
国政に出るつもりもなく、無所属の都議として、
小池都知事に意見を言える立場になる、と。
党の要職から、希望の党としての衆院出馬を何度も要請された
そうだが、断わったとも明かした。

音喜多氏に「見る目がない」とか「今頃気づいたのか」と言うのは、
そりゃ都議選後の言論封殺された異様な姿を見てからなら、
言うのは簡単なことだと思うけど…
そこから自分で考えて、自分の言葉で話す道を勇気を持って選び、
内部をつぶさに見てきた立場から、

小池百合子独裁体制の異常さを世間に知らせたのだから、
公のために重要な役割を立派に果たしたんじゃないか、と思う。


番組では、その後、あるコメンテーターの方が「保守とリベラル」

ついて解説していたけど、「左翼」と「リベラル」が同一のものと

勘違いされており、「革新・革命・急進」と解釈されてしまっていた。
さらに、リベラルの元祖がカール・マルクスという表示になっていた

ので、首をかしげた。


「革新保守」とか「民進党のリベラル派」という言葉は報道されるけど、

その意味がちゃんと理解されないままだと、いつまでも熟議に至らない

のかなと思ったりする。
 

…なんて思ってたら、倉持麟太郎弁護士が視聴者としてすかさず

ツッコミのコメントを入れてて、紹介されてた。活動してますね!


さて、本日10月4日(水)は21時から生放送!

「希望の党は極右政党になる」

よしりん・もくれんのオドレら正気か? #6


視聴・タイムシフト予約はこちら!

 

政治・社会問題 | - | -

合気道演武大会

日曜日から体のそこかしこが痛かったのだけど、やっと治った。

打ち合わせがてらの食事の最中に、テーブルに腕をつけたら、

なんだか肘が痛いなあと。

不信に思ってシャツの袖をめくったら、いっぱい青痣ができていた。

え、なに、不治の病的なやつ? みたいな感じで一瞬驚愕したんだけど、

よく考えたらその前日、養神館合気道の演武大会に出場していたのね。

 

 

いつも稽古でやっている技を6つやっただけなんだけど、

自分で思っている以上に張り切っていたようだ。

 



 

受け身の時、いつもより勢いよく畳を叩いたりしてた。

というか、いつも稽古しているところは床がマットなんだけども、

この日は畳だから。正直な話・・・

 

おいら、畳、叩きたかった・・・!

 

受け身で畳を叩くって、勢いを殺すためのものだし、そもそも、

今の時点でそんなに叩かなきゃならないほど激しく投げられるわけが

ないんだけど。

そういう…雰囲気? 空気? ニュアンス? スパイス? 的な?

 

なにより、高段位の先生の演武がすごくて、触発されたんだね。

いつも稽古していただいている先生や、先輩方の演武も気合が違って

かっこよかったから。

 

合気道をはじめて1年。

はじめた頃は、いろんな人から

 

「つづくのかね?」

「いまが最高潮に違いない」

「“3カ月で辞める”に3000点」

 

なんて言われまくっていたけど、やってみたらやっぱり楽しくて、

もっと練習したいって思うようになった。

 

ところで、先週、長年の読者の方から、杖をいただいた。

夜、ラテン音楽バリバリのアイララまで持ってきてくださって、

まわりの二丁目の仲間たちから

 

「木蘭なにそれ、スターウォーズ?」

「あ、もうハロウィンの準備してるの?」

 

ってかなり本気で怪訝な顔をされたけど。うれしー! 感謝感謝。

 

そういうわけで今週から、杖の稽古もはじめた。

昨夜は、寝しなに神道夢想流杖術の動画に見入ってしまい、

夜中にテーブルと観葉植物の位置をぐりぐり動かして、とりあえず

本手打ちの練習だけでも部屋でできるようにスペースを確保。

 

確実に、年内に、部屋のなかのなにかをぶち壊すと思う!

まず「杖がすっぽ抜けて、草間彌生の額にヒビ入る」に2000点。

 

しかし、私、アイララのお客さんや、読者の方に、やたらと武器や護身具を

いただいてしまい、恐縮…。

スタンガン、催涙スプレー、防犯ブザー、トゲのついた堅くて大きな指輪、

木刀、短刀、尖った銃弾のような形をしていて突くと痛い金属のキーホルダー。

 

いろいろ事件があったからね。心配されているんだね。

ありがとうございます。

たくましく育っています。

 

合気道 | - | -

スマホの具合が悪うございます。

iPhoneの具合が悪くて、LINEや携帯メールの返信が遅れております。

本体が膨張して反ってきて、隙間から内臓がちょこっと見えていて、

なにかを受信するたびにフリーズするのよね。

世の中、iPhoneは「8」で騒いでいるのに、いまだに「5」を使って

いるから仕方がないんだろうけど。

 

それから、LINEの受信通知がちゃんと来ないんだけど、

これ、なんなのかなあ?

ちゃんと通知設定してあるのに。

アプリを開くと、忘れていたように、ピコピコピコって音が鳴って、

3つ、4つと数時間前に来ていたはずのメッセージを受信する。

…かと思うと、即座に受信音が鳴るときもある。

ま、もともとLINEの友達7〜8人しかいないし、そう頻繁にやりとり

するほうでもないから、特に問題というわけでもないんだけど。

(すぐ返事しないと「スルーするな!」って怒ってくる人とも、連絡とらなくなったしー)

 

しかしさ。スマホって、「月々の割引」とか「2年割引」とか、

なんとなく割安で手に入れているような錯覚があるとは言え、

7万も8万もする精密機械を毎回買っていて、

やっと月賦が終わったのに、3年そこそこで使えなくなるって、

なんだかものすごく理不尽な現代の企業の謀略に感じてしまうよお…。

特に「貯金♥命」でケチケチ生活してるから余計に。

日誌 | - | -

小池代表とのツーショット3万円。

きのう、小池百合子氏が、希望の党の候補者らとの写真撮影会を
行ったそうだ。
小池氏と握手しながらのツーショット写真は、選挙ポスターや
チラシに使うことができるそうだが、なんと撮影料として、
1人3万円が徴収されたという。
会場では、候補者らが列をなして順番待ちをしており、現金を
忘れてあわててATMへ降ろしにいく人もいた、と。

公認候補者が、党首と写真に収まるのにカネがいるの!?

実は、希望の党が立ち上がる前から、小池氏や若狭氏周辺では
候補者に多額の上納金を請求するなど、「お金ファースト」の
活動がかなりあったようだ。
やはり、選挙はカネ。
民進党との合流も、“リベラル派掃討作戦”だけが目的ではなく、

民進党の持つ政党交付金が目当てという要素が強いだろう。
以前にも、都ファがらみでかなりひどい話もあったようで、
明日配信のライジング「泉美木蘭のトンデモ見聞録」に詳報
している。

しかし、党首と写真撮るのに3万円って。
そのうち、党首の推薦文〇万円、党首の応援演説〇万円、
なーんて料金システムができあがったりして。

 

政治・社会問題 | - | -

10.15 神楽坂 NOTRE MUSIQUE

このごろ夜中ものすごい勢いで原稿書かなきゃいけないので、夜業がすっかり苦手になってさ。0時まわったら家帰りたい症状。

おまけに、めちゃくちゃストレスたまってるから、家では仕事中、ヘッドフォンして、マキシマムザホルモンZAZENBOYZ聴きまくってるんだけど…。

どうも、ラテンDJです。サルサ、バチャータ、ブラジルからインド、ジプシー音楽まで収集してます。

久々にゲストでまわします。

 

 

2017.10.15(日)19:00〜

1500yen/1drink

神楽坂 NOTRE MUSIQUE

「松岡、ノートルやめるってよ」

 

ノイズスナックNOTRE MUSIQUE

〒162-0808 東京都新宿区天神町22-5
Tel: 03-6280-8415

http://notremusique.net/

 

神楽坂ノートルミュージックの店主、松岡さんにはアイララには来ていただいたものの、とうとうオープンされたお店には行けずじまいで、噂ばかりかねがねだった。しかも、閉店が決まってのイベントにDJで呼んでいただくという…か、かなしいけど、明るくやるわよ。

なんとなくだけど、ネグレスベルト、かけたい。

 

 

 

ところで、ノートルミュージックのイベント主催は、Anosukeくんなんだけど、彼とは、いつの頃から仲良くなったんでしたっけね?

たしか、歌舞伎町の風林会館のそばのビルとビルの隙間のしょんべん臭い一角で、「バー木蘭」をやっていたとき、はじめて来てくれて以来だったと思うけど。『hon-nin』での連載読んでくれていたんだっけか。

 

●「Bar 木蘭」、超絶におもしろかったな。

もう何年たつのか忘れたけど…7〜8年前? よくあんなことやってたよ。

生活保護の男には飲み逃げされるわ、次から次とAV監督ばっかり飲みにくるわ、ブレーカー落ちて停電したと思ったら、発狂して便所からうんこしながら飛び出してくる奴は現れるわ、会田誠さんは現れるわ、超楽しく盛り上がってる時に、裁判所で別れた以来会ってなかった元旦那が予告なしに現れて空気凍るわ・・・とてもじゃないが、小説にでもしないと書けないことも、いろいろあったね。

実は、その頃の写真がバックアップされていたことが発覚したから、ちょっとずつ選んで、今後、ときどき過去日記「バー木蘭物語」として書いていこうと思っている。

 

かつて実在した濃厚すぎるショットバー

歌舞伎町一丁目「バー木蘭」

 


↑こんな画像も残っていた

 

これが店の前。歌舞伎町に残るバラック飲み屋たち。

 

DJ MOKUREN | - | -

内閣法制局への疑念

 

倉持麟太郎氏の熱のこもったブログが非常に勉強になっています。
語数が少なく文言が抽象的な日本国憲法を、解釈で埋める役割を
担ってきたという「内閣法制局」
私はこの機関そのものにも、大きな疑念を持っています。

内閣法制局は『法の番人』と呼ばれてきたので、素直な私はずっと
良心的な役所なんだと思い込んでいました。
新しい法律が作られる時に、憲法や法律との齟齬がないかどうかを
厳密に調べ、文言をチェックする堅物。
この内閣法制局が、法律制定に対して緻密な仕事をしてきたから、
日本は、違憲判決そのものが少ないのだとも聞きます。

最近本で読んだのですが、内閣法制局、もともとは伊藤博文が
設置した「法制局」が起源だとか。
近代国家として、時の為政者によって法令が恣意的に運用される
ことのないよう「法の支配」の貫徹に粉骨砕身してきた、と。
歴代長官には、生前退位の議論でよく名前の挙がった井上毅
参事官には美濃部達吉なども加わっており、実務面だけでなく、
《別格に権威ある役所》として機能してきたようです。

この精神は、時代が昭和になっても受け継がれていて、
元内閣法制局長官の
高辻正巳氏はこのように述べています。

「内閣法制局の使命は、内閣が法律的な過誤をおかすことなく、
その施策を円満に遂行することができるようにする、というその一点
にある。
そうである以上、同局の法律上の意見の開陳は、法律的良心により
是なりと信ずるところにしたがってすべきであって、
時の内閣の政策的意図に盲従し、何が政府にとって好都合であるか
という利害の見地に立ってその場をしのぐというような無節操な態度
をすべきではない。

そうであってこそ、内閣法制局に対する内閣の信任の基礎があり、
その意見の権威が保たれるというものであろう」
(1972年・時の法令)


なるほど、内閣直属でありながら、“法の番人”として緊張感のある
役割を担おうとしてきたことが伝わってきます。
(とはいえ、自衛隊創設時に9条の解釈をねじ曲げていますが)


ところが、この数年「内閣法制局」にはろくなイメージがありません。
記憶に新しいのは天皇陛下の生前退位
天皇陛下からのお言葉が公開されてまもなく、「内閣法制局
など」なる
不可思議な方面から、生前退位には憲法改正が必要、という筋違いな
コメントが出されました。

ご退位の制度化と、憲法との関わりについては、過去に何度も国会答弁
が行われており、
すでに
「生前退位の制度化に憲法改正は不要。皇室典範の改正で足りる」
という政府見解が表明されているのに、です。


その前が、大問題の集団的自衛権の行使容認
歴代の内閣法制局長官は、まず法制局第一部長となって修行し、
つぎに次長となって法制局長官としての仕事を勉強し、心構えを養い、
そして長官に昇進するというルートが確立されていたそうですが、
2013年8月、安倍首相がこれを度外視。

過去の内閣法制局見解を、自分に都合よく解釈してくれる主義主張を
持つ「駐フランス大使」小松一郎氏を長官に抜擢。

内閣法制局とはまったく畑違いの小松氏は、いろいろと物議を醸し、
途中他界したものの、結果はご存知のとおり。


『法の番人』という権威ある称号に飾られてきたはずの機関が、
時の内閣の人事一発によって、いとも簡単にその思惑に盲従し、
憲法解釈をねじ曲げて、立憲主義を破壊する片棒を担いでしまう。
権力は、
これほど簡単に肥大化する・・・
それを、ここまで強烈に見せつけられてきておいて、
もうぼんやりとはしていられません。

政治・社会問題 | - | -

野望の党?

小池百合子氏は今日、東京・大阪・愛知の三知事会談を行い、
連携を確認するらしい。

松井一郎大阪府知事は、希望の党について、

「政治理念や信条、政策が一致するのなら、無理やりけんかする
必要はない。しがらみのない政治、既得権益打破は、われわれと
全く同じ」


と言っているから連携する気満々なんだろう。
また、松井氏は、こんなことも言っている。


「3大都市圏で本気で改革をやれば、この国が変わる。今の政府
に対して真正面から提案し是々非々の対応ができる、まともな
対抗勢力が生まれる」


どの口が言うーーー!?
森友学園問題での籠池理事長への恫喝。共謀罪でのあの振舞い。
どこが「今の政府に対して真正面から提案し是々非々の対応」を
目指しとるんじゃい!! 『
自民党に入れてもらえ!!』

愛知県の大村秀章県知事も維新の会の兄弟分のようなもの。
「3都物語」などと、「一瞬よさげ」な耳ざわり(だけの)、
小池ワードが飛び出したが……
「まともな野党再編」という希望は、何処へ……?


結局、「希望の党」って、“小池ファースト”の野望の党か。

日誌 | - | -