やっぱり新型コロナよりもインフルエンザのほうが脅威

国立感染症研究所のインフルエンザ・肺炎死亡者数を見ると、
全国21大都市で、2019年の48週目(昨年11/25-12/1)から
すでに毎週500人ほどの死者が出続けていたので驚いた。

 

 

月曜はじまりの私の手帳で確認すると、
2020年12月30日〜1月5日の週から
2月24日〜2月29日の週まででも、
大体毎週400〜450人の死者。
3月以降も毎週300人程度の死者が出ていたようだ。

 

「インフルエンザで毎年1万人が亡くなっている」
という言葉はこの3カ月でずっと聞いていたし、
自分も使い続けていたが、実際に
「毎週400〜500人が亡くなっていた」というグラフを
見ると、けっこうな衝撃だ。

 

しかも、この数字は、あらかじめ感染研で想定されている
ベースライン(緑の線)の前後に収まっているのだから、
過去のインフルエンザ関連死者数などから算出して、
「今年もこのぐらいは予想されていた」ということになる。

 

インフルエンザを甘く見ていた自分が恥ずかしい。
でもいつもまったく気にしたことがなかった!
感染してめちゃくちゃ高熱にうなされたこともあったのに、
そのさなかに毎週400〜500人が亡くなっていることなんて
考えたことも注目したこともなかった!
インフルエンザの脅威にさらされる高齢者のことを毎年全然
考えてなくて、私って優しくなかったなあ。
でも毎年手厚く報道されたこともなかったしなあ……。

 

そして、2月から現在まで、死者数557名に抑えられてきている
新型コロナで、なぜいま自粛要請が出ているのか、ますます
わからなくなった。自粛は不要だろう。

 

ちなみにインフルエンザは大体毎年、11月半ばにシーズンが
始まって、3月ごろに急激に終息して
「ハイ、また来年11月に〜!」である。


感染研は、シーズンごとに報告書を出しているようなので、
今シーズンの報告書も公表されたらしっかり読んでおこうと
思った。

 


「ウェザーニュース」より東京都のインフルエンザ流行予想
https://weathernews.jp/s/topics/201912/260065/

日誌 | - | -

「ロックダウン教授」のこれまでの予測について

数々の専門家が引用する、
インペリアルカレッジ・オブ・ロンドン2020年3月16日の論文には、
同大学のニール・ファーガソン教授のチームによる


「何もしなければイギリスで50万人、アメリカで220万人が死亡する」


という試算が掲載されているのですが、

ファーガソン教授は、それまで集団免疫を構築することを目指して
緩和政策をとっていたボリス・ジョンソン政権に圧力をかけて、
抑圧政権に転換させ、
その論文は、アメリカ、ドイツ、フランスにも引用され、
各国政府の「ロックダウン政策」の理由となり、
そして、日本の専門家会議の参考文献としても添付されています。

イギリスでは「ロックダウン教授」と呼ばれていて、
連日メディアに引っ張りだこの状態です。

 

(ただ先日、国民に向かって「外出するな、他人と接触するな」と
強硬に言っていた超本人が、そのさなかに不倫相手を自宅に呼んで
濃厚接触していたことがバレてちゃって、政府顧問を辞任しました…)

 

2001年の口蹄疫発生時、ファーガソン教授は、
ウイルス感染の広がり方を予測し、トニー・ブレア政権に助言。
予防措置として感染した農場から周囲3キロの範囲の家畜、
600万頭を殺処分することに寄与しました。
これによってイギリスの農業収入は数十億ドル失われ、
多くの農家が廃業しました。
しかし、現実には感染は数100メートル以内に収まるとされています。

 

ファーガソン教授には、この過剰殺処分の責任があるという非難も
一部から出ていたようですが、
当時は、政権に助言したことが圧倒的にポジティブに評価され、
大英帝国勲章を授与されています。
ここで大きな権威がつきました。

 

次は翌年2002年。
狂牛病(BSE)問題が発生します。
この時のファーガソン教授の試算は、
イギリスで50,000〜150,000人が死亡する可能性がある、
というものでした。
しかし実際の死者は、178人でした。

 

さらに2005年。
H5N1型鳥インフルエンザ発生時には、
2億人が死ぬ可能性があると試算。
しかし、実際の死者は、世界で449人にとどまっています。

この時は、潜在的な死者数を過大評価してパニックを
起こしたと非難されてします。
ちなみに、岡田晴恵教授の著書にも「H5N1型で2億人が死ぬ」
という恐怖が語られていました。

 

そして2009年。
豚インフルエンザが発生した際は、
イギリスで65,000人が死ぬ可能性があると試算。
でも最終的には、457人でした。

 

そして今回のコロナの予測です。
ファーガソン教授は、
「過少反応であることより過剰反応であることで非難される
ほうがずっと好き」とのことで、


"We don't have a crystal ball." 


と発言しています。
誰も水晶玉は持ってない、占い師みたいなことはできない、

つまり、誰にも未来は予測できません、
ということでしょうか。

 

感染症の数理モデルを計算するということを仕事とする専門家
からすれば、「最大の危険を予測するのが至上命題」ということ
なのでしょう。
しかし、現実の世界では、過剰反応の政策によって、
倒産、廃業、失業が起き、自殺、犯罪が増大することは予測が
つくことです。
専門家の数理モデルのみに従って、政策を決定してよいのか、
政治家にはもっと真剣に考えてほしいですし、
それが政治家の仕事だと思います。

 

そして、「ロックダウンや自粛政策が、本当に死者数を抑える
ことにつながっていたのか?」
ということも、バイアスなしに検証したほうがいいと思います。
日本もですが、たいていほとんどの国が、
初期の2週間でぐっと新規感染者数が増えて、そしてその後は
なだらかな減少カーブになっているのが、私はとても不思議に
思えてきてもいます。
政策介入のタイミングはそれぞれ違うので、
なんだか似たようなこのカーブはなんだろうなとか。
世界各国どの国の人も同じように行動したからこうなるので
しょうか? それって本当なのかな? とか。
素朴にわからないことが多いです。

日誌 | - | -

あるアメリカ人医師の記者会見

アメリカの記事ですが、治療に当たった結果、
結局、思ったほど致死率は高くないし、
隔離なんてのは症状のある人にやることで、
無症状なのに引きこもる必要もないと
記者会見した医師の記事がありましたので、
一部を要約してご紹介します。

呼吸器感染症の治療に40年の経験を持ち、
実際にコロナの治療に当たった医師だそうです。
ご参考までに。

Open Up Society Now, Say Dr. Dan Erickson and Dr. Artin Massihi
https://www.aier.org/article/open-up-society-now-say-dr-dan-erickson-and-dr-artin-massihi/

はしかにかかった病人なら隔離するけど、
健康な人を隔離するなんて見たことないでしょ、
もっとすごい死者が出るかと思っていたけれども、
現実にはそうはならなかった。
(もくれん注:アメリカでさえこう言ってる…)

 

カリフォルニア州ではコロナで死ぬ確率は0.03%。
ニューヨーク州では0.1%。
これで避難する必要なんかあるの?
医療システムも仕事も停止する必要があるの?

 

アメリカでは毎年必ずインフルエンザで
37,000人から60,000人の死亡者が出ているけど、
誰もパンデミックの話なんかしないし、

避難場所もないし、企業の閉鎖もしてないですよ。
毎年何千ものインフルエンザの検査をしているけど、
インフルエンザなんてどこにでもあるから、
全部を報告していない。

そりゃインフルエンザは、コロナと違ってワクチンが
ありますよね。
でも、インフルエンザワクチンを接種する人って、
一体どれぐらいいるの?
半分ぐらいの人は打ちたがらないと思いますよ。
インフルエンザは危険で、人を殺すのに。
つまり、「ワクチンがある、ワクチンがある」と言っても
それを国民が素直に打つとは限らないってことですよ。

 

(もくれん注:アメリカは医療費高いけどね。
でも日本でもインフルエンザ
ワクチンの接種率を調べると、

定期接種化されている65歳の高齢者でも50%でした。
日本医事新報社:https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=13945

ノルウェーとスウェーデンを比較してくださいよ。
ノルウェーはロックダウンしているけど、
スウェーデンはしてない。
スウェーデンは、15,322のコロナ患者がいて、
みんな距離をちょっと保ちつつ、マスクして、学校にも行き、
お店も開いている。
人口1040万人のうち死者数1765人。(4/25時点)

隣りのノルウェーはロックダウンして、
人口540万人のうち死者182人。
ノルウェー国民としての死亡確率は0.003%だから、
この数字はちょっと良い。
だけど、閉鎖、雇用喪失、石油会社の倒産、医師の解雇です。
これって必要だったことなんでしょうか?

 

それにコロナは、健康のひとつの側面でしかありませんよ。
社会的孤立に巻き込まれた結果、虐待、DV、アルコール依存症、
不安症、うつ病、自殺が急増し、教育の質が落ち、経済は崩壊。
医療業界はスタッフがいなくなり苦境に立たされています。
これって1シーズンだけでなく、生涯に渡って影響を与えるんですよ。

 

・・・以下略・・・
4月28日、Dr. Dan Erickson と Dr. Artin Massihi の記者会見より。

日誌 | - | -

感染しないことが生きる目的じゃない

サンデーモーニングがまた「PCR少ない!」と糾弾して
いたけど、世界各国の1000人あたりのPCR検査数、

 

<PCR検査数>
ドイツ 30.4
米国 16.3
韓国 11.7
マレーシア4.1
日本 1.9
コロンビア 1.8

 

と検査数だけ並べて日本が間違っているように言うのは
デタラメすぎですよ。
PCR検査数が人口比で多いからと言って、
死者数を抑えているわけではありません。
上の6か国の死者数と人口をちゃんと出して下さい!

 

<死者数>
ドイツ 6,812人 (人口:8302万人)
米国 67,046人 (人口:3.282億人)
韓国 250人 (人口:5164万人)
マレーシア 103人 (人口:3153万人)
日本 458人 (人口:1.259億人)
コロンビア 324人 (人口:4965万人)

 

PCR検査の多い欧米二か国、日本とは死者数のケタが
違ってますよ。
日本は「途上国並み」と言っていたけれど、
先進国のドイツやアメリカよりも、日本を挟む
マレーシアやコロンビアのほうが圧倒的に死者数が
少ないじゃないですか。
いつからPCR検査数が先進国の証になったんですか?

 

出演していた倉持仁医師は、
家族内に陽性患者が出たら、
その家族は、かかっていなくても「陽性」と見なし、
一家離散してそれぞれ別居するように言っている医者です。
しかも2週間じゃ少ないから、1カ月隔離だと。
それを前提として「PCR検査もっとやれ」と主張する方です。
そんな非現実的なことができますか?

 

コロナの患者を実際に治療している最前線の医師からは、
現実には、問診、CT、PCRなどあわせて確定診断しており、
医師が必要とした検査以外は必要なく、
PCR検査拡大は反対という声が上がっています。

 

死に直結するのは、ごくまれに発症する重症肺炎で、
大部分は自然経過で改善する、だから重症患者の治療に
特化する体制をとらなければいけないのに、
PCR検査でどんどん軽症・無症状の患者を見つけて、
一体どうしたいのか、無責任だと。

 

「熱はあるが軽症で、CTでも肺炎が見られないので、
自宅かホテル療養で」という風に宣告すると、
それだけで発狂する患者もいる、と。

それはメディアが無責任に「コロナ=死の感染症」と
まつり上げ、人々に底知れぬ恐怖を植え付けた結果でも
あると思いませんか?

 

感染防護をして、院内感染に神経をすり減らしながら、
重症肺炎患者の救命に立ち向かうなかで、
恐怖におののく軽症患者を説得する医師の負担は「大変」を
越えたものではないかと私でも想像できますよ。

 

現場の医師の発言は週刊誌からも少しずつ出ていますが、
どうして匿名なのか考えたことありますか?
それは、「PCRもっとやれ熱」が蔓延し、医療機関に向かって
「けしからん」と苦情を入れるバカな人間が増えていて、
治療に弊害が出ることを恐れているからだと思いますよ。

 

いつから「コロナ=死の感染症」となったんでしょう。
それに、リスクゼロなんてこと、この世の中にありません。

 

ちょっとでも元気の良い若者・中年層を見つけると、
「若い世代の方でも感染して死亡する方がいます」って、
私には、若い世代だったのにガンで死んだ友人がいますよ。
若い世代だったのに心不全で死んだ友人もいますね。
若い女性の子宮頸がんはどうなんですか?
婦人科に行けば大体どこでもポスター貼ってありますね。

原因はウイルス感染、毎年1万人の女性が発症して、
毎年3000人が死亡、30代後半がピークです、と。

 

コロナに感染しないこと、死なないことが生きていく目的でしょうか?
そんなこと目的にしても、生命力ある生き方ができるとは
私は思えないです。

日誌 | - | -

メディアは失業者の試算をどう受け取るのか?

以前、私の創作朗読会の開催会場として
繰り返しお世話になった阿佐ヶ谷の「よるのひるね」さんが
ニュースに…。

 

 

『古事記』シリーズの朗読会では、このブログを読んでくれて
いる方々のなかにも、足を運んでくださった方がたくさんいた。
いろんなサブカル系のイベントやトークショーの発信地でも
あり、お宝のような古書や漫画本がぎっしり詰まった場所だ。
こんな「空騒ぎ」の煽りを受けなければならないなんて、
気の毒でならないし、自粛は正義と言わんばかりの
メディアの無神経さが本当に腹が立つ。

 

この報道によれば、ある民間の試算では、
緊急事態宣言から1カ月で約37万人が失業、
延長1カ月でさらに約41万人が失業だという。
連日けたたましく報道される死者、新規感染者の数より、
はるかに恐ろしい。
「42万人が死ぬ」を鵜呑みにして煽ってきたメディアは、
この失業者の試算をどう受け取ってるんだ?

日誌 | - | -

誰か教えてほしいです、42万人が432人になる謎・・・。

すごくわからないことがあるんです・・・

死者6288人を出したドイツ(人口8302万人)は、
実効再生産数0.76で、
もうすでにロックダウン解除し、遊技場、美術館、教会、
学校の再開も検討しているのに、

どうして死者432人の日本(人口1億2千万人)が、
4月10日の時点で実効再生産数0.7(東京は0.5)に
留まっており、その後も患者数がなだらかに減少傾向にあるのに、
まだ自粛延長なのか、意味がわからないんです・・・。

 

そして、「8割おじさん」の提唱したデータによれば、
「42万人もの死者が出る!」ということでした。

結果、8割とまではいかなかったけど、
オーバーシュートに至らずに済んだのは、
国民のみなさんの自粛のおかげです、と・・・

それってつまり・・・

 

「自粛によって、人との接触を8割めざして
みんなでがんばって減らしたために、

当初42万人まで死者が伸びる予定が、
現状432人まで減った」

 

ということだと思うんですけど
この計算が、全然わからないんです・・・。

 

どうして? どうして8割減らしたら、

 

420,000人が・・・432人に・・・・

 

なんか根本的に・・・ケタが・・・・

 

どうして・・・

日誌 | - | -

「もっとPCRやれ!」でキットが枯渇しても良いのか?

日経メディカルの記事より。

仙台医療センターのウイルスセンターで、
実際にPCR検査を行っている西村秀一氏の寄稿を紹介します。

 

PCR論争に寄せて─PCR検査を行っている立場から検査の飛躍的増大を求める声に
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t344/202004/565349.html

 

要約すると、

検査技師が人間であることを無視して、世論の突き上げに従って
PCR検査をどんどん行ったとしても、偽陰性と擬陽性があり、
また、陽性であっても、そのウイルスが「生きているウイルス」とは
限らない。
こうした検査結果についての適切な解釈ができないのに、
これまでのように絞り込むことなく、むやみに検査を行っても、
それは単に「形式を踏むだけのもの」になる。

 

検査には、何種類もの試薬を順番を間違えずに加えていく
技術力が求められるもので、専門性が必要。
お手軽に人材を増やすことは
「整形外科の先生に眼科の手術をやらせる」
ようなもの。

 

検査に必要なRNA抽出キットがすべて輸入品で、
現在、世界各国で奪い合いになっている。
今後、無制限の検査が行われた時、キットは間違いなく枯渇する。
すると、冬に第2波が来た時、PCR検査はできなくなる。

 

「もっとPCRやれ! 全国民やれ!」と無責任に
煽るワイドショーは、もはや害悪です。

日誌 | - | -

最近チェックしているコロナ関係のグラフ

最近チェックしているコロナ関係のグラフを紹介しておきます。

以前ご紹介した東洋経済のは毎日確認してますが
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

 

こちらは、人工呼吸器やECMO装着数・離脱数等の地域別推移。
https://covidecmo.txpmedical.com/

 

そして、ジョンホプキンス大学のデータをもとに、
BBCが作った世界の感染の広がり方。
https://public.flourish.studio/visualisation/1539110/

 

これを見ていると、日本が最初は中国に次ぐ2番目のところにいて、
2月中は上位をうろうろしていたのに、ぴゅーーーーーんと欄外に
消えていったのがわかる。そして「欧米、どうしたん!?」と思った。

 

ところで、舛添要一氏が、アビガンの承認を加速したいがために、
「早期投与しなければ死ぬ。投与すれば8割の確率で助かる」
と発言しているけど、
コロナはいつから「早期投与しなければ死ぬ」病気になったの??
症状が出ない、軽症で自然に治癒していく人もいるのに。

 

もちろん治療薬として効果があり、承認できるという結論に
達すればいいなと私も願っているけど。
そして、薬について、マスコミが過度に持ち上げて、
世論が突き上げるというのも違うと思う…。

医師の判断によって投与されるものである限り、
「投与しなかったから死んだのでは!?」
という変な憶測が横行したりして、またそれが医師を圧迫
するんじゃないかと心配になっている。

日誌 | - | -