オリンピックおじさん、もう90歳だった

金色のシルクハットと、日の丸の扇でオリンピックの観客席を

沸かせる名物のオリンピックおじさん、もう90歳なのか。

私の知ってるオリンピックには必ずいたし、大相撲の中継でも

たびたび姿を見かけていた。

リオの女子レスリング会場に現れたとの記事を読んで、いろいろ

驚いた。

 

お名前は山田直稔さん、会社の社長さんだった。

 

浪花商事株式会社のホームぺージより

 

1964年の東京オリンピックから半世紀もの間、毎回1000万円

もの渡航費をかけて応援にかけつけているそうだ。

そうだよねえ、招待されるわけでもなし、毎度ものすごいお金

がかかっているわけだ。それだけ稼いでいる方だったんだな。

 

応援に駆けつけているだけでなく、多額の寄付も行って来られ

たようで、紺綬褒章を受章しているとも知った。

 

今年は90歳の高齢で、しかも治安の悪いリオはやめたほうが

良いのではと一度は断念しかけたものの、やはり、ロンドン

経由で丸一日かけて現地入りしたそうだ。

 

たしかにもうかなりのご高齢だなという姿だったけど、大きな

旗を振ってみせる笑顔を見ると、やっぱりオリンピック会場に

いたほうがいいですよ、と他人ながら思ってしまった。

4年後は、東京オリンピックに94歳のオリンピックおじさんが

登場かな。

 

 


 

日誌 | - | -

吉田沙保里:女なのに女を見て男泣きしてしまう

朝から涙なしにはいられなかったよ。
こんな連日テレビ見て感動できて、私は幸せなやつだな。

吉田沙保里ってほんとにすごいよ。
たしかに、なんとなく、吉田沙保里ならきっと勝つんだろうな、
という安心感のようなものを持っていつも見ていた。
だから、試合後に泣きじゃくりながら何度も「ごめんなさい」と謝って、
「取り返しのつかないことになってしまって」
と言ったときには、見ている側に長年の安心感を作っていたのは、
どれだけの重圧を背負うということだったのかが日本中にいっぺんに
わかって、
「そんなこと言わなくていいんだよーっ!」
と全力で男泣きしながら肩を抱いて揺さぶってあげたくなった。

それでいて、3時間ほどたって、改めて銀メダルを下げて、
金メダルの川井梨紗子と一緒にテレビのスタジオに登場した時には
もちろん尋常でないショックや悔しさはあるのだろうけど、
「私がいつまでもくよくよしていたら、後輩たちが喜べないので」
と言うんだもん。
器が大きくて、
あまりにもかっこよすぎる。
うちの地元の人だというだけで、やたらうれしい。

日誌 | - | -

今夜の生放送は夜9時スタート!

 

女子レスリングが強すぎる。底力が凄い。
勝った瞬間の雄叫びがむちゃくちゃ勇ましい。
勇ましいのに試合終了後のインタビューでは笑顔がかわいい。
栄監督の、子供みたいに全身でおおはしゃぎする姿もかわいい。
今日だけで、3回も日の丸が掲揚され、君が代が流れた。

日の丸・君が代に過剰反応して、やたらと反対運動する人たちが
いるけど、オリンピックの表彰式を見て、国歌を口ずさみながら、
一番高い所へ掲げられていく国旗を誇らしく見つめる選手たちを
苦々しく見ているのかしら?
だとしたら、変なひとたちだね。

さて、今夜はそんな話題にもふれつつ、
今週配信ライジングの記事も振り返りつつ、
気楽に天皇陛下のこと、皇室のこと、生前退位のことを
よしりん先生と話したいと思います。

 


放送開始時間が、これまでより1時間遅くなり、夜9時スタートです。
最初の30分は無料放送とのこと。


ニコ生「よしりんに、きいてみよっ!」
テーマ『生前退位をくだけた感じで語ろうぜ』
出演:小林よしのり・泉美木蘭


今夜9時スタートです!
 


生放送ページ・タイムシフト予約はこちら!

日誌 | - | -

そして昨夜も卓球見てました・・・

 

昨夜は2時頃までずっと卓球女子の団体戦を見ていた。

NHKによると、平均視聴率は17.7%にもなったそうだ。

テレビ離れのこのご時世、深夜帯の、それも3位決定戦でこれだけ
数字がとれるなら、そりゃテレビもこぞって五輪に頼るよなと思った。


終わったときにはひとりでガッツポーズしてしまったし、愛ちゃんの
顔を見て思わず泣いちゃったよ。
愛ちゃんって、主将というか、お母さんみたいな役割があるな。
伊藤美誠は度胸あるし、そして、エース石川佳純は今後「姐さん」
呼びたい。石川佳純って、潮目をつかんで無敵モードに入ると、
まるで格闘家みたいに、のしのしした歩き方に変わるんだよね。
首をこきっと鳴らしたり。「ハイ、姐さん出ました!」みたいな。

でも卓球って、やっぱり見るより、やるほうがいいな……。

展開が早いのと、ミスが出やすいスポーツなのとで、負けが込んで
くると緊迫感が半端なくて、精神的にくたくたになってしまう。
でも、これで肩入れしている種目が終わった。メダル獲れてよかった。


……という感動とともに床について、朝起きたら、
小林よしのり先生が、五輪のコンドームの話を書いておられるのを読み、

ブログ:五輪コンドームとユウェナリスの言
しゅーんと気分が盛り下がってしまった。(非難してないですよ)

でもそうなんだよね。
毎年、選手村ではコンドームが配られていると一部で話題になるし、
ロンドン五輪では用意した10万個だかが一週間でなくなったとか、
世界最速のあの人の部屋の前には女性が常に並んでいるとかいう
都市伝説的な話も伝わってきたり。
ゴムだけじゃなくて潤滑油も配られてるんですよね。

 


以前、空手の元世界チャンピオンからこんな話を聞いた。

「国際大会に出るときは、まるで戦争に行く人のような気持ちだった
と思う。負けたら死ななければならないと本気で思っていた」


そこまでの重圧と闘争心を、鍛えぬいた肉体のなかに抱えている
となれば、そりゃ、試合で闘うだけではそのアドレナリンを放出しきれ

ないだろうなと想像できる。

リオは治安が悪すぎて、選手も報道陣も次々とかっぱらいや傷害事件
に巻き込まれているから、外出もできないだろうし、
選手村の中でなんとか処理したいという選手がいっぱいいてもおかしく
ないな。
で、一般的には、そこは見て見ぬふりをしてあげておくものだよね。

だから「なんであたしが女子卓球に涙してる時に、先生こんな嫌なこと
書いてくるんだよおおお!」
という私のイラつきを冷静にとらえれば、
戦地での「慰安婦」をことさらに注目させて、運動化してきた人間たち

の異常さも、イデオロギーを排してもっと普通の感覚で、捉えられると

思うんだよね。

日誌 | - | -

孫消費:ちょ、ちょっと、ランドセルの値段が高すぎますよっ!

4月から6月のGDP速報は、+0.2%、ほぼ横ばい。
日銀のマイナス金利政策で住宅ローンの金利が下がったため、
お金持ちの住宅投資は+5.0%と伸びているらしいが、
一般庶民は衣類や食料品の節約傾向が強く、個人消費は+0.2%。
休暇を増やせば消費が増える、なんてことを言っている人もいるけど、
いくら休暇があっても、ない袖は振れないわよ、ばかなんじゃないの。

で、ニュース見ててびっくりしたんだけど、なに、

ランドセルって、こんな8月の夏休みに買うもんだったの?
お盆休みにジジババの家に帰省して、一族でランドセルを買いに来る
客が多いらしく、ショッピングセンターは夏休み中ランドセルコーナーの
接客人員を増強しているのだとか。
もちろん理由は、ランドセルを買う余裕があるのは、ジジババ世代だけ
だからで、『良いもの』は早く売れてしまうからなんだそうだ。


しかし、その『良いもの』の値段がやたら高い!
 

11万円もするブルーに赤のラインの入ったランドセルを孫に背負わせて、
満足げに眺め、ポーンとキャッシュで買ってしまうばあちゃん。
「いま買っておかないとなくなっちゃうから!」
一瞬、景気良かったんだっけ? と勘違いしそうな映像だった。

こういうのを『孫消費』というらしい。
少子化で孫が少ないから、資産のあるシニア世代が、孫ひとりあたりに
消費する額も上がっているのだろう。その消費規模は3.8兆円、と!
あの中国人爆買いブーム(終焉してしまったが)の年間国内消費が、
約2兆円と言われていたから、その2倍近い勢いだ。
企業は、こぞって『孫消費』をモノにしようと乗り出している。

しかし、ランドセルってこんな高かったっけ? 10万こえるもの?
3、4万ぐらいのじゃだめなの?
調べてみると、やはりランドセルの価格は年々高騰しているようで、
2016年の平均価格は5万円ごえ、2年前の1.5倍以上になるらしい。

 


市場規模も、2010年には350億円程度だったものが、
2016年には600億円にまで拡大。

職人手作りの凝った商品なども登場して、高額商品が増えているとか。

私が子供のころは、赤と黒しかなかったのに、最近は色とりどりだし、
アンティーク調のデザインや、ヌメ革のボストンバッグのような形のものも
よく見かける。
それ、私が背負いたいわよと思うぐらいのオシャレなのもあって、
15万円くらいしたりもするらしいが、孫消費で売れてしまうんだそうだ。

 

こちらは職人手作りの8万円のランドセル。

 

こちらは、なんだかよくわからんが、フィレンツェのなんとかで

どうこうした革を使っているもので、17万2800円。


ランドセルに凄まじい格差が生まれつつもあるのかも。

なんだかすごいことになってるなあ。
かたや、その孫を産みたくても、産めないという夫婦が主流になりつつ
あるという状況なのに・・・。

日誌 | - | -

卓球見ててすみません・・・

終戦記念日。

とにかく女子卓球が気になって、朝から団体準決勝の決着が
つくまでずっとNHKでオリンピック見てたなんていうことは、
とても書きづらい状況下である。

スマッシュが決まるたびに、卓球部だった学生時代を思い出して、
一緒になって部屋でひとりで「サーッ!」って言ってしまった。
愛ちゃん最後の最後までめちゃくちゃ粘った。
そして、福原愛ちゃんと松坂大輔がそこはかとなく似てること

にも気がついた。
驚くべきことに、結んだ口と鼻のパーツがまったく同じだ。

気づいたときの衝撃は、男子卓球の水谷選手とギター侍が似てる

ことよりも、大きかった。

卓球はもう国vs国ではなくて、中国人vs世界 って感じだな。
女子シングルスは16強のうち、12人が中国人か帰化した中国人

だし、女子団体のドイツのチームなんて、コーチも選手も、

帰化した中国人ばっかりじゃないか。
これじゃあ、決勝は、中国vs中国だわな。


きょうはライジングの締め切り。
いつもの連載をお休みして、特別寄稿で天皇皇后両陛下の
過去のお言葉を引きながら、ごく普通の市井の人からの敬愛を
書きたいと思います。

日誌 | - | -

東京MXで男女双系について話した

 

今朝は7時からTOKYO MX『モーニングCROSS』

冒頭から結構オリンピック見てることを告白することになってしまった。

人前では「そんな興味ないし〜」というスタンスでいたけど、

正直、かなり女子卓球が気になってたもん!

愛ちゃんメダルとれなかったけど、キャプテンになってからのこの頃の

愛ちゃんは、プレッシャーに打ち勝ってきたアスリートの貫禄や自信が

顔立ちにも言葉の端々にも表れていてかっこいい。

 

オピニオンのコーナーは、

「自由なき天皇、男女双系の皇位継承」

というタイトルで、話をさせていただいた。

高森先生、小林先生の手前、お恥ずかしい限りという感覚はあるけど

ゴー宣道場の師範として、せっかくこのタイミングにテレビ出演して、

しかもニュースコメント以外に6〜7分間の自由な意見発表の時間が

あるのだから、このテーマは外せないと思った。

 

象徴である天皇陛下にいかに自由がないのかということ、

 

「私は、この運命を受け入れ、象徴としての望ましい在り方を

常に求めて行くよう努めています。

したがって、皇位以外の人生や皇位にあっては享受できない

自由は望んでいません」

 

という天皇陛下平成6年の記者団への文書回答によるお言葉をフリップ

で紹介しながら、なるべく自分の一般庶民としての感覚で話した。

 

女系、双系の説明は、井上毅の「男を尊び、女を卑しむの慣習…」
という旧皇室典範起草時の謹具意見をフリップで出しながら説明
したのだけど、こういうのって、女が言うと

「女だから、男女平等だと思って『男尊女卑』を叫んでるんだな…」

という風に受け取られてしまうかなという思いがちょっとあった。
でも、私のような専門家でもない人が、朝7時台のニュース番組で、
ベレー帽かぶって、天皇についてこわばらない自分の言葉で話せる
という自然さのほうが大事かなと気持ちを切り替えた。

 

司会の堀潤さんは、『天皇論』を読んでいて、たまたま昨夜、

小林よしのり先生とのニコ生番組にも出演されていたこともあり、

きちんとした知識を持っている方なので、自然な相槌やコメントを

はさみながら、コーナーの最後には、

「だからこそ特別立法でない議論を」という言葉を入れてうまく

言い残したところをフォローしてくださった。


 

番組ツイッターに寄せられた視聴者の反響を見せてもらうと、

頑なに男系固執の強硬な意見を書き込む人もいたけれど、

「女系でいいよなあ」という理解を示す意見も多かった。

男系固執の人の意見は、やたら専門用語が多くてカチカチの文章

なんだけど、ひるがえって女系に理解を示す人は、自然な言葉で

感想を述べているというのが印象的だった。

 

私は高森先生のように水準の高い正確な話はできないから、

あくまでも自然な感覚を語る、という役割なのかもしれないな。

 

来月9月11日(日)には、急きょ、ゴー宣道場の開催が決定した。

徹底的に議論しなきゃいけないと思う。

 

日誌 | - | -

8月11日午前7時〜MX『モーニングCROSS』出演します

あす8月11日(木)は、いつから祝日だったのか『山の日』

日本山岳会の運動の結果、山の恩恵を感謝する日として誕生した

…らしい。

海幸彦・山幸彦の神話のあるほど海と山に恵まれた日本なんだから、

「海の日」があるなら「山の日」もあっていいでしょーっ

という感じなのかな?

でも日本の祝日って、本来の『旗日』の意味合いがなくなっている

から、なんのために『お祝い』するのか、その「ハレ」感すらない

というのが現実だよね。

 

さて、その「山の日」のあすは…

 

TOKYO MX『モーニングCROSS』午前7時〜8時30分・生OA

コメンテーターとして出演します。

司会に、堀潤さん。宮瀬茉祐子さん。

エンタメコーナーは黒田治さん。

ご一緒させていただくコメンテーターの方は、

おなじみの野田稔さんと、弁護士の倉持鱗太郎さん。

倉持鱗太郎さんは、はじめてお会いすることになりますが、以前、

安保法案に関する議論のなかで、欺瞞に満ちた護憲派・改憲派の

「論理的な死」を堂々と述べておられるのを見て、

「そうそう、そのとーり!」と、テレビの前で相槌打たせていただいて

いました。信頼できる人だな〜と。

 

あす7時〜、祝日の早朝ですが、TOKYO MX放送圏の方は、

ぜひ9チャンネルにあわせてみてください。

 

日誌 | - | -

天皇陛下、皇后陛下のこれまでのお言葉

平成6年6月、天皇陛下訪米前の文書によるお言葉。

 

 

「日本国憲法には、皇位は世襲のものであり、また、天皇は

日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であると定めら

れています。

私は、この運命を受け入れ、象徴としての望ましい在り方を

常に求めて行くよう努めています。したがって、皇位以外の

人生や皇位にあっては享受できない自由は望んでいません」

 

 

たった一度の人生を、あらゆる自由を奪われても、その運命を

受け入れ、国民のために「象徴としての望ましいあり方」を

追究してこられた天皇陛下。

そのなかで、年齢とともにご公務や国事行為を減らしていくことや

摂政を置いて過ごすようなことは、「象徴として望ましくない」、

という境地に至られたのだ。

この境地をうやうやしく受け止められなければ、あまりにも失礼

というもの…そう思う。

 

 

 

平成8年の皇后陛下のお言葉。

お誕生日に際して、若い世代を中心として皇室への無関心層

が増えていることを問われて、こうお答えになっていた。

 

 

「常に国民の関心の対象となっているというよりも、国の大切な

折々にこの国に皇室があって良かった、と、国民が心から安堵し

喜ぶことの出来る皇室でありたいと思っています。

国民の関心の有無ということも、決して無視してはならないことと

思いますが、皇室としての努力は、自分たちの日々の在り方や

仕事により、国民に信頼される皇室の維持のために払われねば

ならないと考えます」

 

 

どこまでも、ご自分たちの「努力」「日々の在り方や仕事」に言及

され、あくまでも国民が心から安堵することを第一にされる姿。

 

今回の天皇陛下のお言葉を聞いて、ほとんどの国民が、

陛下への信頼と敬愛の念を改めて思い直したし、

願いをかなえて差し上げたいと思ったとおもう。

皇室典範改正に向けて議論を進めてほしい。

特別法なんて、とってつけたような、しかも憲法違反のやり方では

陛下のおっしゃる

「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いて

いくこと」

にはつながらない。

 

10分以上のメッセージを読み上げられたあと、一呼吸おかれて、

最後におっしゃられたひとこと、

 

「国民の理解が得られることを、切に願っています」

 

この重みを胸に抱いた議論と、早急な解決がなされてほしい。

日誌 | - | -

天皇陛下のお言葉

案の定、天皇陛下のお気持ちが発信された15時すぎから、

ゴー宣道場のホームページがアクセス殺到でまったくつながらない。

ブログがぜんぜんアップできないけど、誰かなにか書けたのかなあ。

 

大阪でのゴー宣道場「おそるべき天皇、生前退位の真相」は大盛況、
満員御礼の熱気ではじまり、大成功だった。
道場のブログにも書いたけれども、高森明勅先生の渾身のおはなしには、

壇上でお話を聞かせていただきながら、胸がいっぱいに。
小林よしのり先生から、「皇統譜持ってきてよ! 頼むよ!」と言われて、

(えっ、こんな重いやつ大阪まで持ってくの?)と思っていた私だけど、

世系第一〜第五までの神々の解説、神武天皇が「世系第六・皇統第一」

であることを、皇統譜を示しながら話せてよかったと思う。

 

***


一夜明けて、東京へもどり、天皇陛下のお言葉。
15時に放送がはじまった瞬間、部屋にいたのでテレビの前で思わず正座

してしまったよ。
 

憲法の規定の中、ぎりぎりのところまで踏み込まれた、とても強い、

お気持ちの表明だと感じた。
天皇陛下から「私が個人として」というお言葉が出るなんて。
超のつく多忙な日々の国事行為祭祀については、ほとんど人々の目に

触れられることなくただただ真摯に行われ、

そこに加えてさらに、ご公務という国民の目にふれるご活動、

各地の国民、とりわけ障害者や被災者など社会的弱者となった人々への

誠心誠意のふれあいの時間を持ち、その姿を示すことによって

「国民統合の象徴とは?」という問いに応えてこられたこと。

 

表現の自由も、職業選択の自由も、移動の自由も、転居の自由も、

国民が当たり前に持っている私的な自由も権利をすべて奪い取られた、

いわば基本的人権を奪われたがんじがらめのお立場で、

それでもその身のすべてを「公のため」に生きられるお姿を、ずっと

ずっと国民に示しつづけてこられたこと

 

その「公のため」に生きる姿を示していくという活動の、途切れること

ない継続そのものが、陛下の追究してこられた「天皇」ということである

のだから、年齢による行為の縮小を受け入れていくことなどできない…

だから『生前退位』をご希望になったのだ、そうはっきりとわかった。

 

また、天皇陛下みずから、「摂政」に言及されたことには驚いた。
憲法に抵触することを避けなければならず、そこまで踏み込んだご発言は

できないのだろう、もっと当たり障りのない表現でしかお話にならないの

ではないかと思っていたからだ。


けれども、これで、「摂政を立てればよい」と声を荒げて、天皇陛下を

「年老いた主体性のない人間」にしようとした一部の保守論壇の人たちが、

いかに陛下に対して失礼なことを好き勝手に言っていたかがはっきり結論

づけられてしまったと思う。

 

また、「天皇の終焉」という言葉を使って、ご自身の死後に思いを馳せら

れていることを語られたところでは、あまりにも深いお気持ちが感じ取られ、

胸がつまってしまった。同時に、雅子さまのお顔が頭に浮かんだ。

次代の皇后となる雅子さまを思いやられる陛下のまなざしがそこにあるよう

に感じたのは私だけだろうか…?

 

メッセージの最後は、一呼吸おいて

 

「国民の理解を得られることを、切に願っています」

 

天皇陛下にここまで言わせてしまって、これでもしご希望をかなえて

差し上げられなければ、日本国民はあまりにお馬鹿すぎるよ。

 

すでに、「憲法を変えるには時間がかかる」だの

「特別立法で一代限りの譲位にすればよい」だの、妨害するような意見が

出ているようだけど、全部、陛下のお気持ちを無視していると思う。


生前退位という形をとるには、憲法を変える必要はなし。

皇室典範を改正すれば、済む。
そして、「特別立法による生前退位」という案は、のっけから憲法違反。

 

日本国憲法
第二条  皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した

皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

 

皇室典範を改正しての皇位継承でなければ、この第二条に反するのだ。
今回の特別立法による《例外的退位》を許してしまったら、

憲法が完全に形骸化してしまうことになるし、

今後、「天皇の私的都合による譲位」や「政治的都合による退位」なども

《例外的に可能》ということになってしまう。

そんなバカな特別立法があるかいな。

 

じゃあ、どうして、そこまでトンチンカンな案を持ち出してでも

「皇室典範の改正」を阻もうとする人がいるのかというと……


皇位継承の議論になったとき、譲位のあと、皇太子が不在になるということ

が世間に広く伝わり、

「なぜ秋篠宮さまは皇太子にならないの?」

「愛子さまという直系のお子様がいるのに、なぜ皇太子になれないの?」

という疑問から、明治時代の男尊女卑の制度に固執して作られた皇室典範を

護持しようとする、男系派の失策が陽の目を浴びてしまうからなんだろう。

 

天皇陛下の生前退位は、女性宮家創立、女性天皇の公認までセットで

議論しなければいけないのだ。

でもここは、男の人たちに論じてもらいたいなあ。

女が言うと、皇統の安定のために言っているのに、

「女だから女の権利を主張してる」と思われてしまうんだもん。

 

 

JUGEMテーマ:天皇について

JUGEMテーマ:皇室

 

日誌 | - | -