下流老人の「安楽死」…人情ある正直な普通の人の意見

きのう行きつけの店で羊肉をつまみながら、
店主(50代男性)と世間話をしていて、下流老人の「安楽死」
の話になりました。
店主はインターネットをやっていないからブログを読んだりは
しないし、日々の生活のなかで見たテレビの話題から、
介護殺人の話になったのですが、
トングでもやしを炒めながら、何気なく言ったのです。

「ぼくは身寄りがないですから気楽なもんですけど、
身内の介護を想像すると、ぞわぞわっとする人が
いっぱいいるんでしょうねえ。
特に女の人は義理の親の介護もやらされるから、
早く死んでほしいと思うのが正直なところでしょうねえ」


「これからは結婚もできないのに、若くて縁戚だからって
理由で介護だけやらされる人も増えるわけでしょう」


「年老いてボケた親の介護のために、働き盛りの人が
仕事を辞めて貧乏暮らしになって、自分の子供を作れ
なくなるなんて、本当に気の毒でしょうがないですねえ。
安楽死ってのも、あっていいと思うんですよねえ」

「大昔は姥捨て山なんてのがあったらしいですけど、
生きるためには仕方がないっていう時代のなかでねえ・・・。
でも、いまだって、お金がなきゃ、まともな余生なんか
送れない世の中ですからねえ」

「耄碌してぼんやりベッドに繋がれて、世話かけながら、
だらだら人生の最期を過ごすなんて、ぼくはイヤですねえ。
はい、もやし焼けたよ。たっぷり食べて食べて」


これが、安楽死に対する、人生の最期に対する、人情ある、
正直な普通の人のシンプルな意見だと思うんですよね。
いろんな人の悲喜交々を見てきて、自分にも、ひとりで店を
切り盛りしながらの人生の辛苦や味わいがあって。
ネット民たちは、
「安楽死なんてとんでもない!」「ナチスと同じ!」などと、
善人を装うようでいてどこにも人情を感じない意見ばっかり。

 

今後の老後の現実は……

 

 

思ってるより過酷だぞぉ…

日誌 | - | -

知らないうちに見えちゃってるのを見られちゃってる

他人のパスワードを破って、女性タレントたちのiCloudやFacebookを
覗き見ちゃってた男が逮捕されたけど、
ニュース見ながら、私のスマホ大丈夫かなと、ぞぞーっとして、
自分のiCoudの設定を確認しちゃったよ。

iPadもiPhoneも、アップデートするたびに、
クラウドがどーのこーのですが、どーされまーすかー?
とたずねてくるんだよね。
よくわからないし、面倒だから、推奨されるまま、とりあえずぽちぽち
設定してしまいがちだけど、こうして自分では理解できていないまま、
知らないうちに撮った写真がネット上に自動保存されて、
しかも共有状態になっていることがあるなんて、気色悪すぎる。
自分のスマホは管理できるけど、他人のは信用できないし。
流出してもいいような写真にするしかないよね。

私は店に出ればどうしてもいろんな人と「写真撮ろう!」となるし、
それがネット上にアップされることも日常茶飯事ではあるし、
店の宣伝になってりゃいいかなと思い、よっぽど変な顔になってなきゃ
積極的にOKしてた時期もあったんだけど、ありゃ失敗だったな・・・。
深く反省。

この頃、あんまり飲み食いしている時の写真をすぐに撮ってその場で
すぐに載せたがる人とは同席したくないなと思うようになった。
特に男性はね。誤解を生むし。
プライベートのつもりだったのに、翌日あっさりブログにアップされて
いると、人間関係の調整をしなければならなくなる場合もあったりする
わけで、めんどくさい。
「すみません、写真を載せないで欲しいんですけど」と頼んだら、
怪訝な顔で「なんでだめなの?」と説明を求められたり、
異常にがっかりした顔をされたりして、困ってしまう。
大人なんだからわかってください! とも言えないし。

個人間のマナーの問題と、ネット上の情報管理の問題。
考えるとひたすらうんざりしてくるけど。

ネット上のサービスは、このごろ二重パスワードや合言葉を何度も
求められるものが増えて、ずいぶん面倒だなと思っていたけど、
やっぱり、とにかく厳重な仕組みを作ってほしいな。
日誌 | - | -

このごろの旅番組のこと。

時浦さんの台湾よしりん先生のビーチリゾート、いいなあ。
余裕があるなら、カンクンに行ってみたいんだよなあ。
海が最高の上に、サルサいっぱい踊れそうだもん。
そのためには、お金のほかに、サルサを踊れる男がいなければ
ならないんだけど。

写真を眺めながら、ふと、そういえば昔は、もっとテレビ番組で、
芸能人が豪華な海外のリゾート地を満喫する企画があったのにと思った。
大物芸能人がアロハ着てグアムのスポットを紹介して歩いたり。

最近は、海外でも、あまり知られていない秘境…という名の僻地へ
芸人や若手タレントを行かせるチャレンジ系の番組や、
貧困国や、物凄い僻地などに暮らす一般の日本人を、
芸能人でなく、番組スタッフが訪ねたりするような、
「旅」なんだけど、決して「観光」ではない番組がすごく多い。

国内となると、乗車賃数百円の路線バスで知らない町を乗り継いで、
名物の銅像や史跡を訪ね歩く、プチ旅。
たしかに、こういう、お金をかけずに気ままに町を移動してみるような
プチ旅なら、
『日曜ひまだけど、金ないし、有名な場所はどこも人ゴミだし…』
という人の興味をそそるかも。

日々、小銭が大切だもんなあ。
日本の超お嬢様・森泉が、ビンボー家庭を訪れて、
100円ショップで材料を買い込み、アイデア収納を作る番組があるけど、
たしかに安く上がるし、森泉のDIY能力には関心しちゃうんだけど、
なんと言えばいいのか・・・いろんな意味で、すごい番組だと思う。


かくいう私は、このごろ、銭湯ライフを満喫中。
散歩がてらちょっと足を伸ばしたところに、
瓦屋根の大きな銭湯があって、ここが、お湯の温度がちょうどよくて、
広くて、天井高くて、空いてて、うちにも風呂はあるけど、気に入って
しまって通いはじめた。
徒歩圏内に3軒銭湯があるんだけど、駅前のビル型銭湯のほうは、
天井が低くて、狭くて、密閉感があって、おまけに大混雑なんだよね。
こっちは、寺院風建築の昔ながらの一軒家銭湯で、
脱衣所でふうと天を仰ぐと、けっこう迫力ある格天井になっていて、
やたらリラックスする。
番台のおばあちゃんが、いつもなかなかお釣りの計算ができなくて、
「もう10円だよ」「20円多いよ」なんてやりとりがある感じも、
愛着がわくのであった。
ちなみに壁画は、富士山でなく、金閣寺と宇治平等院鳳凰堂!

ああ、カンクンは遠い。



 
日誌 | - | -

私の子供時代


(さ・・・ささ・・・さささ・・・さささん・・・笹さん・・・)

  (笹幸恵さんに・・・テレパシーを・・・送っています・・・)

 (よしりん企画の・・・長期休暇が明ければ・・・)

(すぐに・・・動画の撮影が・・・あります・・・)

  (次回の・・・『淑女我報』の収録は・・・なに・・・をテー・・・)

 (マに・・・話しましょうか・・・)



以上、笹幸恵さんへのテレパシーでした。

子供のころ、エスパー魔美に憧れすぎた
『エスパー期』があって、
魔美がテレポーテーションしながら町内の屋根の上を飛び移って
いくシーンに憧れて、あの、仁丹が飛び出す
ハート形のブローチ
欲しくてたまらず、でも買ってもらえないので、
それっぽい母親の髪留めや、父親のギターのピックを持ち出しては、
ビーズと一緒に指でつまんで、自分のこめかみに弾いてみたりして
いたなあ。

ティッシュの箱に向かって、かなり本気で

(ティッシュよこっちへ来い、こっちへ・・・来ーーーい)
念じたりもした。

エスパー魔美ってお父さんが有名画家で、中学生である魔美が、
全裸でモデルをやっているシーンが
たびたびアニメのなかに
あったんだよね。
交渉して、バイト代として1000円受け取ったりして。
あんな設定、今じゃ絶対にムリ。
再放送もできなさそうだよね。
こどもの私はなんとも思わずに見ていたけど、
そういや、一緒に食卓を囲んでテレビを見ていた父親は、
どんな気持ちでいたんだろな。

アニメ番組になると、バサッと朝日新聞広げてたっけ。
団欒とは、大人の気まずさを孕むものだったと、
大人になってから気づくという。


エスパー期後は、すぐ、『光GENJI期』が訪れて、
ローラースケートなんて絶対に買ってもらえなかったので、
両足の裏に輪ゴムでそろばんをくくりつけて、部屋を滑ってました。
サポーター代わりに、両ひざにサロンパス貼ってさ。
板間ならけっこうズルズルいけたよ。
そろばんで足が前へ送られて、すぐ脱げてしまうんだけど。
手に入らなければ、創意工夫でなんだって乗り越えてきたぜ。

 
日誌 | - | -

MX『モーニングCROSS』でした

今朝は4時前に起床したんだけど、寒くて久しぶりに暖房を
つけた。日が昇ってすこし気温は上がったみたい。

今朝はMX『モーニングCROSS』でした。
「クロスポ」コーナーで、ボードに貼り出された記事の
下のほうの段を、気合と腰の入った踏ん張り姿で楽しく
読み上げて下さる黒田治さんの後姿に、
(がんばろうぜ)
…そう、ひっそりと励まされていた今朝でした。
今週もがんばろー!




日誌 | - | -

明日はSNSとヘイトスピーチの話


「彼からの誘いを断ったら、気持ちが離れてしまう気がした」

これぞ往年の歌謡曲、恋心の詩だよなあ・・・。
どうしたって理性で抗えない感情や、求めてしまう激情、
そんな、つじつまのあわない「人間」の部分を晒してしまうことに、
もっと一定の理解があってもいいのに。
このごろは、糾弾する世間に従順になることを「禊」と呼ぶのかな。


さて、明日のMX「モーニングCROSS」では、
SNSから飛び出すヘイトスピーチについて話すことになった。
インターネットの平等主義という恐ろしさ
http://diary.onna-boo.com/?eid=174
としても書いたけど、また機会がいただけたのでしっかり解説したい。
よしりん先生との生放送と違って、お行儀よくしなくちゃ。
ディレクターの方が適切な助言をしてくださって、
図表も作ってもらえるということなので、助かります。

TOKYO MXにて朝7時より生放送です。


 
日誌 | - | -

ベリーダンス・タカダアキコさん

昨夜はベリーダンスのショーで、音や照明を担当したのだけど、
ダンサーのタカダアキコさんが格別に良かった。
毎月いろんなダンサーの方のショーを催しているんだけど、
技術、筋力、柔軟性、表現力、それからエンターテイメント性、
これが全部揃った人は滅多にいないと思う。
自身の世界観を、ものすごく強靭な筋力に支えられた、
ほとんど曲芸に近いような身体の動きで表現していくので、
会場が湧きまくり。
さらに、実力あるダンスで、うっとりと魅せながらも、
随所にコミカルな動きを入れて笑いまでとってしまうので
大盛り上がり。
人を楽しませるには、やはり確実な基本技術の習得や、
肉体の維持が必要なんだな。
ダンス以外にも通ずることのように思えて、勉強になった。

告知を打った日から、予約電話が殺到していて、
九州からわざわざ泊りがけで見に来るという人もいたので、
凄いなあと思っていたのだけど、納得。
店内が、ベリーダンスを習っている若い美女たちでいっぱいに
なった夜だった。

ところで、うちの母親、以前、突然「ベリーダンスを習う!」と言って、
アラブのお姫さまみたいな、ものすごい衣装を揃えていたけど・・・・
あれ、どうなったんやろ。







 
日誌 | - | -

新宿高島屋南館の紀伊國屋書店が撤退

新宿高島屋南館の紀伊國屋書店が7月下旬で撤退するそうだ。
東京の5本指に入る規模の書店だったのに。
どんどん本屋がなくなっていくよ。
…と言う私も、雑誌の書評や新刊案内を見ると、その場でアマゾンで
検索して注文して買うことのほうがすっかり多くなってしまった。
近くに、お代官さまのような方々の暮らす、山の上のハイソな街があって、
その中心にカフェやアートスペースと一体化した大型書店があるんだけど、
うちからそのお代官さまの山の書店へ行くには、とんでもなく急すぎる坂を
登らねばならず、億劫すぎて足を延ばす気にならないんだよね。

ちっ、富裕層め。

ただ、その富裕層の人々も、タブレットやスマホの画面で雑誌や漫画を
読んでいたりして、あまり書店を必要としていないようだし。
大型書店の撤退は、いまの時代の象徴、なんだよね。


時代、ねえ。
タブレットやスマホって、読書以外の誘惑があまりに多すぎるでしょ。
読書の時間は失われていくばかり。そんな時代。

 
日誌 | - | -

求ム。本を濡らさずに読むやつ


きのうはライジングの原稿を出したあと、夕食をとって、
お風呂に入ったんだけど、深層心理のどこかに
小林先生のブログ「湯船につからない奴が増えている」
影響を与えていたんだろう、いつものように本を読みながら
ずいぶん長めに湯船につかっていたら、
湯あたりして、脱衣所で貧血になり、
ほうほうのていで部屋にもどって、畳の上でそのまま、
かなり野性味あふれる姿ですっ倒れてしまった。
ゴー宣道場のブログは、いろんな影響を与えるものだ…。
小林先生のように創造的な人間になるはずが、
顔面蒼白的な人間になってしまった。

ところでお風呂で、本を濡らさずに読む浮き輪みたいなの、
どこで売っているんだろう。
地域のスーパー銭湯で、ビーチボールのような、「浮き」の
ようなものに本を入れて、湯船に浮かべ、手を冷やすこと
なく、本を濡らすことなく、しかもどういう仕組みなのか、
ちゃんとページをめくりながら読んでいる人がいたの。
商品名もわからないんだよね。


 
日誌 | - | -

尺八男子が最高!

JUGEMテーマ:和楽器の魅力

友人が企画する、若い音楽家たちによる被災地チャリティコンサート
に行ってきたんだけど、25歳の尺八奏者・松村湧太さんという男子が
最高によかった!
大衆を惹きつけるエンターテイナーとしての素質がありすぎ。
氷川きよしに匹敵するような、かなり厚い、太い層を獲得する可能性が
あるような。



オフィシャルブログより(http://ameblo.jp/disneyinshaku8/

尺八はもちろん、ピアニストでもシンガーでもあって、舞台上では、
自分の持ちうる音の芸をすべて駆使しながら、全身で表現。
お年寄りから子供までが、みんな乗せられて手拍子しまくり!
完全に会場を掌握してしまっていた。
しかも、自分の容姿が与える客観的なイメージをよくわかってて、
(『俺、すごいだろ?』系に見える)それを利用したギャグまで連発。
とにかく子供たちが大爆笑するからびっくりした。
私も、初見の人のコンサートで、こんなにノリノリで手拍子したり
ゲラゲラ大笑いしたのは初めて。

歌を作って、アルバムを出して、ツアーしてほしいよね、
すごい武器だよ、東京芸大卒の、尺八もピアノもプロの歌手ってさ…
…などと、友人と勝手にマネージメントごっこ。

ネットの動画では、どうも大人しく尺八演奏している映像ばかりで、
私の見た凄さがわからないんだけど。
尺八男子、松村くん。
わたし、注目します。



それにしても、よくできたコンサートだったなあ。
音楽家たちの演じる新喜劇のコーナーがあったんだけど、
プロの演奏家が、演技で笑いをとりながら、マジ本域の生演奏を
取り入れたりするので、まるで、マルクス・ブラザースを生舞台で
見ているみたいだった。

 
日誌 | - | -