ベリーダンス・タカダアキコさん

昨夜はベリーダンスのショーで、音や照明を担当したのだけど、
ダンサーのタカダアキコさんが格別に良かった。
毎月いろんなダンサーの方のショーを催しているんだけど、
技術、筋力、柔軟性、表現力、それからエンターテイメント性、
これが全部揃った人は滅多にいないと思う。
自身の世界観を、ものすごく強靭な筋力に支えられた、
ほとんど曲芸に近いような身体の動きで表現していくので、
会場が湧きまくり。
さらに、実力あるダンスで、うっとりと魅せながらも、
随所にコミカルな動きを入れて笑いまでとってしまうので
大盛り上がり。
人を楽しませるには、やはり確実な基本技術の習得や、
肉体の維持が必要なんだな。
ダンス以外にも通ずることのように思えて、勉強になった。

告知を打った日から、予約電話が殺到していて、
九州からわざわざ泊りがけで見に来るという人もいたので、
凄いなあと思っていたのだけど、納得。
店内が、ベリーダンスを習っている若い美女たちでいっぱいに
なった夜だった。

ところで、うちの母親、以前、突然「ベリーダンスを習う!」と言って、
アラブのお姫さまみたいな、ものすごい衣装を揃えていたけど・・・・
あれ、どうなったんやろ。







 
日誌 | - | -

新宿高島屋南館の紀伊國屋書店が撤退

新宿高島屋南館の紀伊國屋書店が7月下旬で撤退するそうだ。
東京の5本指に入る規模の書店だったのに。
どんどん本屋がなくなっていくよ。
…と言う私も、雑誌の書評や新刊案内を見ると、その場でアマゾンで
検索して注文して買うことのほうがすっかり多くなってしまった。
近くに、お代官さまのような方々の暮らす、山の上のハイソな街があって、
その中心にカフェやアートスペースと一体化した大型書店があるんだけど、
うちからそのお代官さまの山の書店へ行くには、とんでもなく急すぎる坂を
登らねばならず、億劫すぎて足を延ばす気にならないんだよね。

ちっ、富裕層め。

ただ、その富裕層の人々も、タブレットやスマホの画面で雑誌や漫画を
読んでいたりして、あまり書店を必要としていないようだし。
大型書店の撤退は、いまの時代の象徴、なんだよね。


時代、ねえ。
タブレットやスマホって、読書以外の誘惑があまりに多すぎるでしょ。
読書の時間は失われていくばかり。そんな時代。

 
日誌 | - | -

求ム。本を濡らさずに読むやつ


きのうはライジングの原稿を出したあと、夕食をとって、
お風呂に入ったんだけど、深層心理のどこかに
小林先生のブログ「湯船につからない奴が増えている」
影響を与えていたんだろう、いつものように本を読みながら
ずいぶん長めに湯船につかっていたら、
湯あたりして、脱衣所で貧血になり、
ほうほうのていで部屋にもどって、畳の上でそのまま、
かなり野性味あふれる姿ですっ倒れてしまった。
ゴー宣道場のブログは、いろんな影響を与えるものだ…。
小林先生のように創造的な人間になるはずが、
顔面蒼白的な人間になってしまった。

ところでお風呂で、本を濡らさずに読む浮き輪みたいなの、
どこで売っているんだろう。
地域のスーパー銭湯で、ビーチボールのような、「浮き」の
ようなものに本を入れて、湯船に浮かべ、手を冷やすこと
なく、本を濡らすことなく、しかもどういう仕組みなのか、
ちゃんとページをめくりながら読んでいる人がいたの。
商品名もわからないんだよね。


 
日誌 | - | -

尺八男子が最高!

JUGEMテーマ:和楽器の魅力

友人が企画する、若い音楽家たちによる被災地チャリティコンサート
に行ってきたんだけど、25歳の尺八奏者・松村湧太さんという男子が
最高によかった!
大衆を惹きつけるエンターテイナーとしての素質がありすぎ。
氷川きよしに匹敵するような、かなり厚い、太い層を獲得する可能性が
あるような。



オフィシャルブログより(http://ameblo.jp/disneyinshaku8/

尺八はもちろん、ピアニストでもシンガーでもあって、舞台上では、
自分の持ちうる音の芸をすべて駆使しながら、全身で表現。
お年寄りから子供までが、みんな乗せられて手拍子しまくり!
完全に会場を掌握してしまっていた。
しかも、自分の容姿が与える客観的なイメージをよくわかってて、
(『俺、すごいだろ?』系に見える)それを利用したギャグまで連発。
とにかく子供たちが大爆笑するからびっくりした。
私も、初見の人のコンサートで、こんなにノリノリで手拍子したり
ゲラゲラ大笑いしたのは初めて。

歌を作って、アルバムを出して、ツアーしてほしいよね、
すごい武器だよ、東京芸大卒の、尺八もピアノもプロの歌手ってさ…
…などと、友人と勝手にマネージメントごっこ。

ネットの動画では、どうも大人しく尺八演奏している映像ばかりで、
私の見た凄さがわからないんだけど。
尺八男子、松村くん。
わたし、注目します。



それにしても、よくできたコンサートだったなあ。
音楽家たちの演じる新喜劇のコーナーがあったんだけど、
プロの演奏家が、演技で笑いをとりながら、マジ本域の生演奏を
取り入れたりするので、まるで、マルクス・ブラザースを生舞台で
見ているみたいだった。

 
日誌 | - | -

トランプ、そのうち断食するんじゃない??


トランプって、すごいなあ・・・。
ついさっきまで

「メキシコ人は強姦犯だ!」
「麻薬を持ち込むから国境に万里の長城をつくる!」


なんて言いまくってた状態なのに。
共和党の悪口言いまくって、ほかの候補者なぎ倒しまくって、
いざ候補指名ほぼ確実、敵は民主党のクリントン、となったら、

今後はヒスパニックの票も必要になりますよ…ってんで、
メキシコ料理食べながら、手のひら返して

「I love Hispanics! 」

とか言っている。




感動的にわかりやすいな。

「当選することだけが目的!」
「票さえとれれば内容なんかどうでもいい!」
「集票! 集票! イメージコマーシャルがすべてなんだよ!」

さすがアメリカの大富豪だよね。
生き方と言動が、ある意味、全然ぶれてない。

「視聴率がとれるならどんな過激なことでもやってやる!」
「部数が伸びるなら、内容はなんだっていい!」
なんていう阿漕な商魂と同じなんだな。

日本の政治家も、いい人ぶるだけで、内面はトランプさんと
似たり寄ったりの人がいっぱいいると思うんですけどね。

でも、こんなの擁立しなきゃならないなんて、共和党も悲惨だよね。
私が党員だったら、恥ずかしくて離党する。


今年は6月6日からイスラムのラマダーンだよ。
トランプ、断食するんじゃない?

 
 
日誌 | - | -

自分のことしか考えてない、へんてこ女性団体


「へんてこジェンダー・ギャップ指数」のつづき。

こういう指数を利用して、大騒ぎする団体があるんだろな、
と思ったら……



主催の日本BPW連合会というのは、次世代の女性育成事業、
男女共同参画社会促進活動を行っている女性団体らしい。
BPW=Business and Professional Woman's Clubの略だって。

HPを見てみたら、ジェンダー・ギャップ指数の結果をかなり本気で
真に受けて、鼻から火を噴く勢いで憤慨しまくっていた。
『ジェンダーギャップ改善に向けて前進するための提言』
というものを発表しるんだけど、これが・・・


◎国際社会における日本の女性の地位が低位にあることを、
一般社会に呼びかけろ!

参院選に向けて、女性候補者の擁立に努めろ!

女は男並みに長時間働けないからサービス残業はやめろ!

男が家事育児の手伝いをしなくなるから残業はやめろ!

女が日本経済を担えるように介護サービスを充実しろ!

セクハラはがんがん訴えて会社をグローバル化させろ!

女子の学費軽減策や給付型奨学金を拡充しろ!

大卒女子を積極的に採用しろ! さらに仕事と家庭を両立
できる環境を作れ! そのうえ処遇も賃金も平等にしろ!


・・・すげえな、おい。
私、もし男だったら、こんな厚かましい女と絶対結婚したくないわ。
ほとんど、『男女不平等』が原因で起きてる社会問題じゃないし。
提言・・・という名の言いがかりをつけまくり。

しかも、安倍政権もだけど、この団体って結局、バリバリのキャリア
系や、もともと能力を持った、一部の勝ち組女性のことしか頭にない

よね。
自宅で親の介護を次々と強いられている女性はいますよ、だけど、
そのすべてが、社会進出してバリバリ日本経済を担える能力を
持っているのでしょうか?
学費を免除してあげれば、高偏差値の大学に入れますか?
この団体は結局、

「稼いだ金の量に価値がある、社会に出た者こそ価値がある、
家事労働は金にならないし誰も見てない厄介事だから価値がない、
金にならない労働をやらされて幸せを感じる女がいるわけない、
社会に評価されない仕事で幸せを感じる女がいるわけない、
金だ金だ、金が充実、金が実存、評価が人生、女に金を稼がせろ、
金を稼ぎ、陽の目を見た者だけが人生を謳歌している」


と言っているのも同然なんですよね。
私たち、強者になれるからグローバリズムでいこう!
みんな弱肉強食でやっていきましょう!
It's Business and Professional Woman's Club! Hoooo!!!!!!

それが格差を作り、ひいては女性の貧困層をどんどん生み出しても
いるんじゃないの? みんなが同じ能力ってわけにいかないから、
すでにして問題が起きてるんですよ。

結局、さも「女性の代表」みたいな顔して、自分のことしか考えて
いないんじゃないか。



そして、『健康と生存について』についての項目については、
あまりにもおもしろく男女平等論からかけ離れてるので、
もう、思わず爆笑してしまった。いわく――

「(健康と生存の部門については)指数は同じだが、前年度の
34位から37位にランクを下げた。
つまり、他の国々で男女差がなくなってきているのに対し、
日本は現状に甘んじている結果である。
世界一長寿の日本の女性が、決して健康を長期維持している
のではない。
平均寿命と健康寿命の差は、男性が 9.02 年と女性は 12.4 年で、
その差は、3.55年から 3.38年になった。
しかし、12年以上も不健康なまま人生の最後を生きているのである。
さらに、この不健康な状態になるのを避けるための一般検診や
がん検診の受診率は、女性がかなり低く、この背景には非就労者
や非正規雇用が女性に多いという他の要因との関連がある」

世界一長寿なんだからそれで満足してくれよ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
あまりの言いがかりの凄さに顔文字出ちゃったよ。
大概にしといてぇな。
日誌 | - | -

へんてこジェンダー・ギャップ指数


ただ本を読んだり買ったりしているだけで黄金週間が終わるよ・・・。
人付き合いがあんまり好きじゃないんだよな。

「日本アラブ協会」が発行している『季刊アラブ』に掲載されている、
小池百合子氏のレポートを読んだ。
世界経済フォーラムなる機関が発表している
「ジェンダー・ギャップ指数(男女平等指数)」において、
日本は145ヵ国中101位だったと言って、怒っていた。

なんじゃそら?
そのジェンダーギャップ指数というのを調べて見てみたら、
2015年、日本は、ルワンダにもフィリピンにもニカラグアにも
ナミビアにも
ラオ族にもモンゴルにも中国にも負けているから、
頭のなかが「?」マークでいっぱいになった。
小池百合子によれば、
エジプトにも追い抜かれること確実なレベルなんだって。

ほんまかいな?
あ、あのう・・・男女平等以前に、人権意識がままなってない国が
いくつも混じってるんですけど・・・。

「うちの旦那、エジプト人でイスラム教徒なんだけど、
男尊女卑すぎてありえない! 
平気でビンタしてきたりするのよ!」
と激怒して離婚手続きに走ってる日本人の女の人いたし・・・。


フィリピンパブの女性にハマってしまったある日本人男性は、
「日本ノ男性エライ。ネエ、助ケテホシイヨ。養ッテヨ」
としがみつかれて、かなり養った挙句、逃げられたらしいし。


そもそもジェンダー・ギャップ指数ってどうやって計測したのか?
日経新聞に掲載されていた情報によると、女性の地位を、
政治・経済・教育・健康の4分野で数値化し、比較したものらしい。
日本は識字率と中等教育への進学率が世界1位であるにも関わらず、
主婦が多くて女性の労働参加率が低いこと、賃金の低いことと、
女性議員の比率が低いことが、総合順位を下げたとのこと。
トップ5はアイスランド、ノルウェー、フィンランドなどの北欧諸国で、
そして、6位ルワンダ、7位フィリピンだって。

ル、ルワンダ?
あの映画『ホテル・ルワンダ』のルワンダですよね。
ナタを振りかざして、フツ族とツチ族が殺し合った、
アフリカ赤道直下の国、ルワンダ。
女性は教育すら受けられない貧困国だったと思うんだけど・・・。
調べてみると、その民族抗争で1年ぐらいの間に100万人が
虐殺されて男が激減してしまったので、「苦肉の策」で議会が
「女性の活用」を打ち出したところ、女性の議会進出が進み、
議会の3割以上を女性にする制度が憲法に盛り込まれ、

現在では議会の63.8%が女性議員となったのだそうだ。
なるほどお!
日本は女性活躍大臣がいるのに女性議員は衆院で9.5%と
かなり少ないですからね。
って、虐殺で男が減らなきゃ変わらないわけか・・・。

そして、ルワンダと日本、そこで比較していいのだろーか・・・。

そりゃ男女平等はもっと進んでほしいと私もはっきり言いたいけど、
民族大量虐殺国も、先進国も貧困国も、宗教の価値観も、
経済成長で男が稼いで女を養えていた時代のあった国も、
ぜーんぶ一緒くたに並べて比較した、その数値、
正しい実態として紹介しちゃっていいんですかね・・・。
日誌 | - | -

映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』

東中野で映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』を観てきた。
この映画を見ると、もう、そう簡単に「破天荒」とか称せないよぉ?
その伝説は、かねがね聞き及んではいたけれど、
ここまで破天荒のスケールがでかかったのかあ。




一番驚いたのが、むかし『写真時代』のグラビアで、
荒木経惟が撮っていた赤塚不二夫の◎◎◎写真。
「こ・・・ここまでやっちゃってたの!?」って度肝抜かれた。
あの号、もし古本屋に出てたら、私、手に取ってしまうもんね。
絶対ビニールで綴じられてて見られないと思うけど。

世間体にまったく縛られない「ルール破りのプロ」。
生涯それを突き通してしまう、それでも許されてしまう才能の凄さ。
そりゃ自己破壊的で、破滅的でもあるし、
最後はアル中になって、財産どんどん吸い取られちゃって、
ああー、言わんこっちゃないよ・・・と思うんだけど、
あまりにも徹底して破天荒をやり切ってしまうから、最後には、


「これでいいのだ」

この言葉が効いてきて、
そんな生き方に憧れる気持ちが生まれてしまうという。


全編に面白いエピソードがちりばめられていて、
思わず爆笑してしまうシーンがちょいちょいあった。
ネタに困って、アシスタントだった古谷三敏から出たアイデア
『真夜中の停電』というギャグは、やたらツボにはまってしまった。
先日の『胴全体がガン』ぐらい、じわじわ引きずるかもしれない・・・。

後半の、のんべえ時代には、うちの店がけっこうしっかり出てきて
嬉しかった。

漫画そのものが知識人からバカにされて悔しい思いをしていた
赤塚不二夫が、ピカソの「ゲルニカ」を見て、
「なんだ、ピカソって漫画じゃないか!」
と大喜びしたというエピソードは心に残ったなあ。


上映後は、東中野から神田川沿いをゆっくり散歩して、
上京して初めて住んだ大久保のマンションを見に行った。
この最初の部屋が一番家賃高かったな。ここで会社やってたから。
捨て猫をもらった動物病院は、ずいぶん古ぼけたけど、まだやっていた。
出前やってるのに日本語がまったくできない台湾人しか電話に出なくて、
結局いつも「いいです、行きますから!」と電話を切って、店まで食べに
行っていたラーメン屋も、そのままだった。


 
日誌 | - | -

女は『議論への参加』と『私情のガス抜き』を混同しがち

女だけで寄り集まって、男の悪口を言い合うのって、本当に快感!
それは、女として身にまとっている自己幻想を脱ぎ去って、
『鬼の顔 みんなで出せば 怖くない』
って感じで、醜い私情をぶちまけまくり、それでも同意してもらえる
という解放感があるからだと思うんですが、
女性は、そういったガス抜きの井戸端会議と、公論のための議論を
ごちゃ混ぜにしがちなところがあるのではないかなあ…。

以前、ゴー宣道場で、
「昔は、専業主婦と言えば、煎餅をかじりながら居間で寝転んで、
昼のメロドラマを眺めているイメージがあった」
と発言したところ、専業主婦だという女性参加者に
「私は介護や家事で大変だった」「ブチ切れそうになった」
と言われたことがありました。

決して「主婦」を揶揄したわけではありませんでした。
高度経済成長期の時代は、そういう風に過ごせる主婦がいて、
ドラマやコントのなかにも「お気楽」なキャラクターとして一般化
されていたという世情を、意見表明のなかで触れただけ。
けれども、その女性がマイクを握って表明したのは、
自分が結婚して主婦になったことで起きた困難に対する恨みつらみ、
「ブチ切れそうになった」のは、そんな自分の苦労を誰にも知って
もらえない、慰めてもらえないことへの個人的な怒りでした。

その女性が、嫁ぎ先から「嫁」としての理不尽な苦労を強いられ、
辛酸をなめ続けたことは本当なのだろうと思います。
そして、その苦労を報われたい、慰められたいと思うのは人間として
当然のことで、ごく自然な気持ちだと思います。
けれども、その個人的な「報われたい」「慰められたい」ケースを、
一般化された主婦像の説明に、ヒステリックにぶつけてしまったら、
それは、公私混同。
『議論への参加』ではなく、単なる『私情のガス抜き』でしか
なくなると思います。

女性は、本当にこの手の混同が多いのではないかと思います。
「報われない!」「慰められたい!」「察してほしい!」
特に、寡黙を美とする日本男児を前にすると、こういった、
内なる私情の種火を、弱者の目線で燃やしまくってしまいがちというか。

それから、むかし、ある女性から
『女であることは、ハンディキャップである』
という旨の話をされて、「えええ、そうなのお!?」って驚いたことがあります。
だって、女であることで、いろいろ得させてもらっているし、
私には、女だから乗り切れた人生の名場面が、いっぱいあるんだもん!
女性はみんな、そういう場面あるんじゃないの?
でも、そういった思想が一般的なのかしら?
だとしたら、その感性も、議論と私情の混同を招きそうに思うのですが…。
男尊女卑はあるし、腹立たしいことはいっぱいあるけど、
『ハンディキャップ』とまで言われちゃうと、そうかあ? と思っちゃうなあ。
私のイケイケゴーゴーな主体性を否定されたような、いやーな気持ち。

日本男児も、男なだけでたいがい重圧背負わされてて大変そうだけどな…。
日誌 | - | -

うおお、野性だぜ!『レヴェナント:蘇えりし者』

映画『レヴェナント:蘇えりし者』を観てきた。



ディカプリオが、生肉を食らう!
ディカプリオが、流氷浮かぶ極寒の川に飛び込む!
ディカプリオが、う、う、馬に・・・・・・!

ここまでやるの!?
顔立ちからアイドルなイメージがあったけど、こんなにも
迫力ある演技をやってのける俳優になっていたのかあ。
すごいというか、すさまじいよ。

ネイティブアメリカンの役を演じる俳優もよかった。
途中で出会う、生肉むしゃむしゃ食らってる人も、
目つきに生命力が漲っててすごかった。

アメリカ?では、よく知られているらしい実話をもとにした大作でも
あって、全編を通してリアルさが追求されまくっているので、
私には刺激が強すぎて、何度も「ひーっ!」となったけど、
広大な雪原や、連なる山脈、雪解け水の海のなかの森など、
大自然の世界が味わえるので、劇場で観たほうが良いと思う。
自然の摂理の凄惨さ、みたいなものが、
「いのちをたいせつにしましょう」とか「世界にひとつだけのあなた」
みたいなヤワな標語を、一瞬で紙屑のごとく吹き飛ばしてしまう
むき出しの野性の世界を演出してもいる。

大自然で苦闘する人間たちの映像を眺めながら、ぼんやりと、
(人間って本来、自然という枠のなかでは、全員が弱者なんだよな)
と思ったりもした。
「サバイバル」って言葉自体が、そういう意味を含むんだしね。

「馬のシーン」は、本物を使ったらしい。
いやー、ディカプリオ、すごいなあ。





 
日誌 | - | -