東浩紀『弱いつながり』を読んだ

次回のゴー宣道場でご一緒する東浩紀さんの『弱いつながり』
読みました。
東氏のことはほとんど存じ上げなく、これがはじめて読む本です。
読めば読むほど、すごく変な感覚になりました。
まるで、ネットがもっと発達した未来の世界の若者が書いた本を
読んでいるような・・・。

世の中
そんなに「グーグル検索がすべて」になっていたのかー!
と、びっくり仰天。
たしかに私も検索は頻繁に利用しますが、検索する目的は、
あくまでも
「情報の糸口を探すこと」でした。
目的地の最寄駅はどこなのかを調べる。
交通機関や参考施設などを『利用する方法』を調べる。
単純にその時ネットで話題になっている写真をチラ見する。
ネットですべてが済むということなんて、ありえないというのが
私のなかの常識だったので、行ったことのない場所すら

「Googleのストリートビューで満足して、旅行にも行かない若者が多い」

という話には仰天してしまいました。

たとえば私は、最近、石垣島へ旅行にいったのですが、その時も、
「石垣島までの航空券最安値を調べる検索」はしたものの、
あとは石垣島についてから、宿の人に聞いてレンタカーを借りに行ったり、
レンタカー屋のお兄さんに、ダイビングできるところを教えてもらったり、
ダイビングのインストラクターさんに、島の飲食店を何軒か教わったり、
他島への船のりばや、島の回り方のポイントを教えてもらって、
計画を組み立てたりしました。

そのほうが、自分ひとりで知らない土地の計画を
ゴソゴソ立てるよりも、
早いし、めんどくさくないし、確実だし、面白いからです。

でも、これが、今の若者から見れば、古いってことですよね・・・・!!!
「石垣島なんかわざわざ行かなくても、ネットで写真が見れるぜ!」って!?

若者が旅行に行かないのは、単に収入の問題だと思っていたので、
どれだけ感性が退化してるんだろうか、どれだけ狭くて損な生き方を
しているんだろうか不安になってきました。
それで、東氏がしきりに強調されている

「ネット検索で見つかる情報よりも、現地で体験して得られる情報のほうが
何万倍も凄い」

といった言葉が、

(そ、そんなの当たり前だと思ってた・・・
世の中、そこをわざわざ言わなきゃならない状態になってたなんて・・・)

といった感覚でとらえることになり、この本そのものが、
物凄くITの発達した未来の若者による、不思議な著書のように
思えてきたのでした。

しかし実際、このような「弱いつながり」の中に生きる若者たちが、
LINE殺人のような「理解に苦しむ」犯罪を起こすのだから、
驚いている場合ではないのかもと思った次第です。

 
日誌 | comments(0) | -

マサイ族の彼と。

下北沢で、マサイ族の彼と。
肉を食べるのが早い。そして、昨年よりもサービスにこなれてきている。

日誌 | comments(0) | -

図書館へ行ったつもりがくるくる回って汗だくで帰宅。

きのう夕方、駅前の図書館へ本を借りに行くと、
同じ建物の奥のほうから、かすかにサルサ音楽が
聞こえてくるので、なんだろうと興味をそそられて
音のするほうへとうろうろ歩いていった。
図書館の奥にアートホールがあり、
音はそのなかから漏れ聞こえていた。

『入口はこちらです。お気軽にどうぞ♪』

貼り紙があったので、そのままお気軽に入って、
通路を抜けてホールのなかへと入っていった。
すると、

びっくらこいたーーーー!

100人ぐらいの老若男女が集まり、
ものすごく楽しそうにサルサを踊っているのである。
還暦をとうに過ぎたと思われる女性、
会社帰りと思われるYシャツ姿の男性、
足元たどたどしくも一生懸命に踊る主婦、
ラフなTシャツに最高の笑顔でステップを踏むおじさま、
プロ並みにくるくる回転技を決める高身長のカップル・・・

なにこれ! サルサパーティー!?
うちの近所でこんなのやってたの!?


DJの人に聞くと、このホールはほとんど毎日のように
様々なラテンダンスの団体が借り切っていて、
中高年向けのダンスパーティーを催しているのだそうだ。
そもそも、私の住んでいた町は「サルサの町」と銘打って
高齢者向けのステップ教室を開催するなど、
めちゃくちゃ積極的にサルサの普及に努めていたらしい。
し、知らなかったーーーーー!!

びっくらにびっくらを重ねているうちに、曲が終わり、
それぞれのペアは解散、次の曲がはじまって、
男性はまた別の女性を誘いにゆく。
同じ女性とばかり踊らない、これは鉄則。
私も高齢の男性が誘って下さったので、上着を脱いだ。
よく踊りに来ているそうで、足元軽く、リードもうまく、
どんくさい私でもとても楽しく踊らせていただいた。

日本人のサルサ男性は例外なく紳士的だ。
まじめに清潔を心がけているし、接近しても腹8分というか、
控えめな部分を残してリードしてくれるので安心感がある。
ペルー人とか、もンのすごいから・・・
情熱的すぎて、腰が引けてくる。

そのまま、次の曲も次の曲もノンストップでみなさん
楽しく踊りつづけて・・・・・・

3時間。

時計を見ると21時半だ。音も止まり、解散した。
あー、楽しかったあ。
今日も明日もやってるのかあ。
これから、休憩がてら30分ぐらい踊りにこようかな?


図書館? とっくに閉まってるし、本など借り忘れた。
おまけに、帰り道は足腰ガタガタになっていた。
不真面目で、すみません。。。
日誌 | comments(0) | -

神様からの書き置きが・・

とある小さな神社にて。神様からの書き置きが・・・

日誌 | comments(0) | -

托鉢ファッションチェック

年末に撮った写真を整理していた。
これは夜の原宿での一枚だ。




最初に見かけた時は、私の好きな帽子店『CA4LA』の前に
立っていたので、
「まさかあの菅笠、CA4LA製? 私のベレー帽とお揃いかも」
なんて冗談を言って眺めていたんだけど、誰も喜捨する様子がない。
で、あきらめて隣りの店へと移動した托鉢僧なんだけども、
この動きがめちゃくちゃ異様にすばやくて、驚いてしまい、
思わず追いかけた。
5秒、よくて10秒立って、相手にされないと、
ズサッと飛びすさって
横走りで隣りの店へ移動する。
そこでも相手にされないと、また飛びすさって隣りへ。
写真の中華料理店でも、5秒ほどしか立たず、
ズドドドドと全速力で横の路地へ飛び込んでいったと思ったら、
30秒もしないうちに、また元の通りへ舞い戻ってきた。
まるで、バドミントンの選手のような身のこなしである。
っていうか、そんな全力で走られたら、お布施したいと
思った人まで全力でアンタを追わねばならんじゃろー!
托鉢僧がそんなに生き急いでどうするの。
走っても小銭の音は聞こえなかったから、成果はなさそうだった。
しかし、お洒落タウン原宿のなかで、
この日もっとも目立つ
ファッションだったことは間違いない。
通販法衣ショップでこの衣装について調べてみると、
かぶっているのは「渋塗アジロ笠」という雨の染みないタイプで、
定価27,000円。
結構するなあ。『CA4LA』の紳士帽より高い。
渋塗りは匂いが強いので陰干ししないといけないらしい。
ほかにもお布施を入れる黒い椀「鉄鉢(てっぱつ)」
これはサイズによるが、
9,000円から21,000円。
ぐはー、そんなにするの? 托鉢用品って、たっかいなあ。
21,000円の鉄鉢なんて、よっぽど気合い入ってるか、
人を全面的に信じる心がないと、とても買う気にならない。
100円ショップで良さそうなのを見つければいいだろうと
考えるのが、普通だと思うんだけど。

 
ほかにも、シャンシャン鳴る輪のついた杖「錫杖(しゃくじょう)」
37センチの短いタイプで22,500円、
武術用にも使える165センチタイプが33,000円。
法衣も揃えると、一式10万円以上、かるくかかりそうだった。

われながら、調べすぎである。
で、最後に気になったんだけど、托鉢僧って地下足袋はくの?
この地下足袋が、すばやい身のこなしを支えているんだろうけど・・・
何年か前、とある駅に立っていた偽の托鉢僧が話題になった。
信心深いお年寄りや、外国人がお布施をしていたが、
街では「あれは偽物だ」と噂になっていた。
ある日、通行人が「おまえ偽物だろ」
というような言葉をかけた
ところ、キレた僧が
追いかけてきて、その人を背後からぶん殴る
という事件が発生。

また、別の街でも、玄関先に立った僧に「どこの宗派か?」と
質問をしたところ、つじつまのあわない回答をしたうえに、
「馬鹿野郎!」などと吐き捨てて走り去る暴言托鉢僧の目撃
情報が報告されている。


有名な話では、巣鴨で、「とげぬき地蔵」の高岩寺の僧侶にまじり、
お年寄りの前に立ちふさがり、お布施を強要するなどの
暴力托鉢団が現れ、対策のために辻立ちそのものが禁止になった。

で、
 
「ニセモノ托鉢僧にご注意を」

というようなスローガンが出回ったんだけど、
その時の、ニセモノ托鉢僧の見分け方情報のなかで印象に
残っているのがこれなのだ。
 
『白足袋やスニーカー類を履いていたらニセモノ。
ホンモノの托鉢僧は、素足に草履です』

 
うーむ・・・。
日誌 | comments(0) | -

ナンパにいそしむ男子は偉いのだ

「中年童貞」に関する記事をいろいろと読んでいるうちに、
とにかく金も肩書きもアウト・オブ・眼中な素朴な若者のうちに、
恋愛してセックスして失恋しておかないとだめなのね……と
ものすごく当たり前の感想が頭のなかに渦巻いた。
私は週に2回、新宿二丁目の真ん中で、
音楽をかけたり、カクテルを作ったり、ダンスショーの照明を
やったり、ホウキで床を掃いたりしているんだけど、
よく、遠方から「ザ・繁華街 新宿」を目指してやってきて、
途方に暮れてしまったという若い男の子たちと話すことがある。
「静岡からナンパしにきたんですけど、全敗なんですよ・・・」
女の子どうしが手をつないで暇そうに歩いていたので、
こっちも男2人連れだ、一緒に飲まないかと声をかけるも、
睨まれたり笑われたりして、まったく相手にされない、と。
当たり前だよ!
彼らは新宿二丁目がゲイ・バイ・レズビアンの街だということが
わかっていないのである。
「それは女の子カップルだから、いくら頑張っても無駄足だよ。
しかもキミたち前のめりすぎるし、どう見てもゲイには見えないし…」
とか教えてあげると、愕然として顔を見合わせたあと、
ハッとなにかに気づいて私を見て、
「お姉さん、も、もしかして男なんですか!?」
とか、はじまる。
胸板が薄いし、くびれてないし、ボーイッシュな格好をしているので、
状況を知り慌てた人には、そう見えるらしい。
なかには、うちはミックス(ゲイもストレートも誰でも入れる店)だし、
私は女だよ、と
しっかり説明しているのに、
衝撃のあまり、脳みそが停止して
完全に男だと思い込んでしまい、
一緒に記念写真を撮って欲しいと言われてフレームに収まったこともある。
「ナンパだったら靖国通りに出て、歌舞伎町へ行くのがいいと思うよ」
iPhoneで地図を開き、頭を突き合わせて作戦を練っている。

「すみません! ご親切に、ありがとうございます!」
丁寧に挨拶をして、笑顔で手を振り、いざ出陣の彼ら。
がんばってねー!
立ち並ぶ店の様子や、街を歩く人間の様子をよく見れば、
普通の繁華街ではないことはすぐにわかるのに、
どうして私に指摘されるまで気づかないかなあ。
前のめりすぎるんだよなあ。

なんて、ちょっと笑っている自分がいたけど、
中年童貞を知ると、やっぱあの子たちは偉いよ!
青年よ、前のめりに恥をかき、傷つかなければ。
日誌 | comments(0) | -