「オオカミ少女」とクリーンを極めたセクハラ論

幻冬舎plusで連載中の「オオカミ少女に気をつけろ」、
ファクトチェックのレポートの回が配信されました。
http://www.gentosha.jp/articles/-/10253
この連載、次回からライジングの「トンデモ見聞録」
とは別の新レポートが続々登場します。
私は大変なことになってますがお楽しみください。

 



ところで幻冬舎plusに掲載されていた、山口真由さんの
「どこからセクハラ?」というコラムがおもしろかった。

セクハラについてクリーンを極めたアメリカでは、
オフィスとキャンパスでのセクハラに厳しくなり、
「女性がイヤと言えば、たとえ良好な恋愛関係だったとしても、
さかのぼってアウト」
と考えられるらしい。

さかのぼってアウト。
これ、慰安婦問題もそうだと思うけれど、いまの日本のセクハラ
叩きのなかにも流れているものだと思う。
「30年前、自己が確立していない10代のころにバイト先の上司
からささやかれた性的な言葉が忘れられない」
とか、
「15年前、親睦会の帰りに車のなかで上司に突然手を握られ、
かわいいと思っていたなどと言われて…」
とか。

また、山口さんのコラムのなかで紹介されている、アメリカの
大学生カップルの結末には驚愕した。
お互いに好意を持って恋愛関係を結び、
体の関係をもったにも
関わらず、家庭の宗教上の
理由によって、彼女が両親から激しく
叱咤されてしまい、「私はレイプされた」と言ってしまう。
そして、彼氏は退学処分に…。

自分の恋愛感情や本能、事情、経緯が絡み合って起きたこと、
みずからそうしたことのはずなのに、
あとから叩きこまれた観念によって、自分は被害者だと言って
しまう、そこに「裁定」を下す社会が覆いかぶさる。



山口さんは、法律的な見地からも、セクハラにおいては、
どこまでOKでどこからアウトかのラインがきわめて曖昧で、
世の中の空気感で、「加害者」が社会的に抹殺されるという
極めて重い制裁を受ける状態は公平なのか、
と冷静に分析している。


偏差値自慢には「ほぇぇ…」という気持ちで眺めることが
多かったけど、
米国の事情を知る法律家としてのコラムは
勉強になるところが多かった。


 

日誌 | - | -

人間ってあさましい

この写真、どこかで見たことがあるという人は多いと思います。
フランスの写真家、ロベール・ドアノーが米『LIFE』誌の依頼で
撮った「パリ市庁舎前のキス」(1950)という一枚です。



恵比寿の東京都写真美術館の外壁に、この写真と、
ロバート・キャパの「ノルマンディー上陸作戦」と、
植田正治の「妻のいる砂丘」を超引き延ばしたものが飾られて
いたけど、今もあるのかな?

とにかく超有名な一枚で、
「フランスはラムール(愛)の国」というイメージを世界的に
広めたものでもあります。
海千山千の私がいま見ても
「フランス男ってなんて素敵な角度でキスするのかしら…」
と思います。こんな強引なキスって素敵、とか。

ところがこの一枚の写真、あまりにも有名になりすぎたため、
撮影者ドアノーに、晩年になって理不尽な仕打ちが降りかかります。

1950年に撮影されたこの写真は、しばらく倉庫に眠ったのち、
80年代に入ってから、印刷技術の発展と商業主義によって、
ポスターになって世界中で売れました。
すると、パリに住むある夫婦が「これは若い時の私たちだわ!」と
名乗り出たのです。

老齢のドアノーは、訪ねてきた夫婦を受け入れ、食事をしました。
夫婦は、写真を見たときから自分たちの恋人時代だと思ってきた、
と。そして撮影時の様子を根掘り葉掘り聞こうとします。
しかしドアノーは、「二人の思い出を壊すから」と言って、
なにも語りませんでした。

すると、なにが目的だったのか……怒った夫婦は、
「勝手に撮影をされた。肖像権の侵害だ!」と裁判を起こします。
ドアノーは大昔の写真の件で裁判所に引きずり出され、裁判官から、
この写真を撮影した過程を話せと命令されました。
そして発覚したのが……

この写真は、あくまでも『LIFE』誌の依頼で撮影したもので、
撮影計画を立て、役者を使ったものであるという事実だったのです。
この写真を撮る前に、ドアノーは、街角で車の窓越しにキスする
素敵なカップルを見かけ、声をかけました。
写真に撮りたいからもう一度キスしてほしい、と。
しかし、彼氏から
「彼女は僕の勤め先の社長令嬢だからムリ」
と断られてしまいます。それで、実際に恋人どうしの役者カップル
に頼んで撮ったのが「パリ市庁舎前のキス」。
偶然の風景でもなければ、名乗り出た夫婦でもなかったわけです。

夫婦はもちろん敗訴しました。
ドアノーの言う通り、思い出も壊れました。
そして、大勢の人々が思い思いにイメージを投影させてきた、
「作品」の自由な世界観も・・・。

人って、つまらないことで自由を破壊してしまう・・・。

さらに、今度は写っている役者の女性が、欲望に眼がくらみ、
「肖像権」を叫んでまたまた老齢のドアノーを告訴します。
しかし、ドアノーは撮影の数日後、写真のオリジナルプリントに
サインを入れたものを女性にプレゼントしていました。
無理やり撮ったものでも、騙しでも盗撮でもない、ちゃんとお礼が
受け取られて成立していた話なのです。

女性は敗訴し、この自身のキス写真をオークションに出品しました。

落札価格は・・・2100万円(2005年)ということです。


彼女にとっては、若かりし日の恋の思い出よりも、現金のほうが
魅力的だったんですね。

人間って、あさましい…。
 

 

 

日誌 | - | -

芸術家と偏執性シリーズ

ふぁー。書かなきゃいけない文章が山積みになってるのに、
自分でも書きたい文章がどんどん増えていって、
さらに息抜きでブログなんか書くから、
書いてばっかりだよ。

アラーキーの原稿への反応がいまいち薄くて、あ、そもそも
知らないという人も多いんだなと思った。
でも、そうなのかも。
写真って「報道」と「商業(広告)」の2ジャンルがメインで、

「美術」の文脈で美術館で展示されることはあんまりないし。
個人画廊やカメラメーカーのギャラリー、写真美術館に足を
運ばないと実物プリントを見ることもないものね。

個人的には、ソール・ライター、エドワード・スタイケン、
ダイアン・アーバス、セバスチャン・サルガド、森山大道

なんかが好きです。
どこかで写真集と出会ったら、眺めてみてー。素敵だから!

明日のライジングも「芸術家と偏執性」シリーズで書きました。
今回の芸術家は教科書に載っているから、さすがに誰でも
知っているはずだ。
「ハラスメント」という言葉の使いやすさに、
複雑怪奇で毒々しい人間の姿が簡単に覆い隠されて、
物事の本質を見失ったまま、我を張る乱暴な無神経さが、
あまりにも簡単にまかり通ってしまっているんじゃないか。
そんな気持ちで書いてます。

日誌 | - | -

働いてますの午後

朝からずっとアルシオーネのライブ盤聞きながら
原稿やってる、けだるいのに必死な日曜日。
「愛のサンバは永遠に」が一番好きだ。

 



仕事しながらだと、いちいちCD入れ替えたりレコードの
針置きに立つのが面倒だから、パソコンのなかに入れた
音楽を聴きっぱなし。
最近、ブラジル音楽マニアのKさんに「Spotify」を猛烈に
すすめられて、スマホにアプリを入れてもらい、
セッティングしてもらったら、
あまりにもあれこれ聞けるので重宝してしまっている。
これ、アーティストはちゃんと儲かる仕組みなのかな?
便利だと不安だ…。


…なんて書いてたら、近所の交番からおまわりさんが
訪ねてきた。
交番に保管するので名前と連絡先を書いてくれと、
用紙を渡される。

「部屋のなかで一人で亡くなっていた場合などに、
ご連絡する方を把握しておくものでして・・・」

は、はい・・・

なるべく、亡くなる前にこちらからご連絡させて
いただくようにいたしますが、
すいません、なんか世の中に心配かけて・・・。

日誌 | - | -

77年と新宿二丁目とサンバと

昼間の新宿二丁目って滅多に行かないから、まるで別の街だね。

今日は夕方早くから超VIP ONLYのマル秘営業だった。

くわしくは7月に発売される本に書くとして。

 

かなり書けない話あり、かなり感動的な話あり、「あの時代の芸術家や作家が好きな人にとってはたまらない!」…という時間だった。

自分がこの店から吸収してきた音楽が、相当に質の良いものだったということも改めて感じ入った。

どうしても聞きたい、と言っていただいていた曲を探しに探して、

 

「これじゃない」「これじゃないなぁ」

「古い曲だしやっぱり無理があるからいいよ、申し訳ないし…」

 

…で、大量の古いサンバのレコードのなかから「もしかして、これじゃないのかなぁ」とかけてみた1曲が、まさかのドンピシャ。

まさかまさかって。2回も3回も書くけど、まさか。

私が生まれた年のリオのカーニバルで選出された曲のなかで、1曲、これは確かにいいですよねと思って自分でも買ってあったものが、今日お会いした方の青春の1曲だったという。

 

ダビングしてお贈りします、とお伝えしたら、とても喜んでいただけてうれしかった。私、18年前にその方の展覧会で、作品集にサイン入れていただいたことがあったんだよ。18年前といえば、20代だもの。

ここでDJの修行できてよかった。

 

日誌 | - | -

拡大版ゴー宣道場、各メディアの紹介

昨日5月3日は拡大版ゴー宣道場でした。

ゲストは、井上達夫氏、伊勢崎賢治氏、枝野幸男氏、山尾志桜里氏。

1時間前にはすでに会場をぐるりと取り囲むほど長蛇の列が
できているという熱気。
取材に来ていた各メディアも取り上げているようです。

朝日新聞は今朝の1面で、全国各地で行われた憲法集会に
ついて報じるなかで、ゴー宣道場についてふれており、

毎日新聞は写真と、

https://mainichi.jp/graphs/20180503/hpj/00m/040/006000g/4


https://mainichi.jp/graphs/20180503/hpj/00m/040/006000g/1

動画ニュースで、
https://mainichi.jp/movie/video/?id=5779800687001

日刊SPA!は「ゴー宣道場レポート」を、
https://nikkan-spa.jp/1474487

日刊スポーツでは、枝野氏の発言がクローズアップされています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00197926-nksports-soci

枝野氏が「立憲民主党には、教条主義的護憲派はいません」と
名言されたことはとてもインパクトがありました。
(辻本清美さんも護憲派ではない。というのは、「えぇ!?」と

驚きました)

ゲストに来てくださった先生方、そして規模の大きな会場での
設営に尽力してくださった設営体のみなさま、本当にありがとう
ございました。

 

そして次回は、週刊SPA!主催の〈ゴー宣道場出張版〉です!

6月2日(土)14時、渋谷LOFT9にて。

チケットは先着順になっているようですので、のぞいてみたい方は、お早めに。

 

●SPA!創刊30周年イベント「小林よしのり『ゴー宣道場出張版』」開催
6月2日(土) 14時〜
ゲスト/中島岳志
師範/小林よしのり、高森明勅、笹幸恵、泉美木蘭、倉持麟太郎

前売1000円/当日1300円
⇒イベントページ
⇒チケット購入はコチラ

日誌 | - | -

東京新聞に激おこぷんぷん丸だよ

東京新聞の「こちら特捜部」は、いい特集もたくさんしているけど、
今日の記事は猛烈に腹が立ちすぎて新聞やぶりたくなった。
福田財務次官の「お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある」
という発言を引きずり回して、

「キャバクラはセクハラ・パワハラの総本山だ」と煽っている。

 

セクハラ、パワハラはもちろんなくしていくべきだと思っているけど、

水商売の営業形態にまで言及するのは、セクハラ糾弾原理主義。

「推計で120万人 学生なども従事」
って大見出しを打っているけど、数字と「学生」という分類だけで
いったいキャバクラで働く女性のなにが語れるんだ??
個々のキャバ嬢たちがなんのためにキャバを働く場に選び、
どんな目で個々の男性客のことを分析していて、
どんな風に頭を回転させながら会話をこなしていて、
男性客から受け取った名刺に一体なにを書き込んでいて、
バックヤードでどんな話をしているのか、
先輩の客に手を出したらいけない、でも自分も「太客」が欲しい、
キャバクラで人気がある女性とは、水商売の向いている女性とは、
一体どんな人物で、どんな生活背景があるのか、
この記事で一体なにが語れる??


「男性癒しシステム再考を」
「キャバクラはあくまで飲食の接待をするだけ。だが、それ以上の
身体接触などを求める客が多い」

男性を癒さない、ただ飲食の接待をするだけの「キャバクラ」という

ものはあり得ません。喫茶店じゃねえんだよ!
色気、顔、スタイル、香り、会話、客への絶妙な応答とボディタッチ、
「いけそうに見える(けど、いけない)」という駆け引きをもって、
キャバ嬢は男性を自分の虜にして、「良いお客」にするんですよ。
人気のある嬢は、お客と食事に行って買い物して、同伴出勤して、
そしてお金を落としてもらって…それでも「落ちない」から次々と
お客がついたりする。

このあしらいのうまさも、「男に媚びる被害者」ですか?
なんでも言いなりになるだけの女性は人気出ません。
反対に、ただ我を張るだけの女性も人気出ません。
「高給取りは一握り」なのも当たり前。
ただ女性というだけで全員が満足いくまで稼げるなんて仕組みが
あるかいな。
ホストだってそうでしょ。彼ら、一握り以外は、寮生活だよ!


馬鹿なことばっかり言うなよ!
なんでもかんでも女を被害者にするんじゃないわよ!
これじゃ、慰安婦問題の構造とまったく同じじゃないか!
「善意と正義」という名のオブラートに包まれた、
騒いでる本人も気づいてない女への差別感情があるんだよ、心の底にさ。

 

日誌 | - | -

朝日新聞、悪魔の詩

朝日新聞の社説「セクハラ 沈黙しているあなたへ」、
怖くて背筋がぞわぞわした。
うちは東京新聞がメイン、朝日はデジタル版を有料購読していて、
必要なとき必要な記事をパソコンで見ている状態なんだけど、
これは思わず印字してしまった。

「私には、あなたの気持ちがわかる。
 あなたは、私だ」


なんでこんな、英語調の文章なんだい?
英語のポエムでも翻訳したのかな?

日本人って「I」も「You」もごちゃごちゃ融合してる人が
多いから、これじゃ人の傷口から侵入する怪しい宗教勧誘の
セリフみたいになってるし。
個のない人を優しく慰撫するような、呪いの言葉でしょ。

「誰にも知られない、つらい思いをしている人に朝日新聞は
全力で共感しておりますよー」
ってアピールしたい魂胆が見え見えすぎるし、
「あなた」と「私」の区別ぐらいつけてくれないと不気味すぎる。

社会に出てから「セクハラという現実」に出くわすまでを
小学生に語り掛けるようにつづり、
声をあげた被害者はひどい目に遭ってきた、私は許さない、
自分は関係ないと思ってる人も、人の心と尊厳を破壊する
ことに加担し、社会を暗闇へ歩ませているのだ、
さあ立ち上がれ! 時は来たぁ!

…みたいな、呪いの詩が続く。

「この先も続くはずのキャリアを、失うのは怖い。
 だから、我慢することにした」


って、今回の件は、そういう取材体制のなかに女性記者を
組み込んできたのが、テレ朝側だったという話じゃないか!


「『自分は関係ない』と思っていませんか。でもきっと、どこか
で関係している。職場で、街頭で、酒場で、見たり、居合わせ
たりしたことはないですか」


って、酒場つぶす気かーーーい!

朝日新聞はこの社説で、

「あなたは弱くて非力で悲しくて、個がなくて何も言えない、
 かわいそうな弱者ですよね」


と弱者認定を行い、弱者としての覚醒を促し、

「大丈夫。私も個がない。あなたも個がない。あなたは私。
 みんなあなた。みんな私」


みたいな言い草で、女の“個のなさ”を肯定するために、
言論弾圧を広めようとしているんだから根本的に大間違い
すぎて困る。

それじゃ、なくせるセクハラもなくなりませんって!

「個のない女性の存在を守るために、同意のない性的言動は、
個々の関係性も、状況も、経験値もすべてひっくるめて、
まとめて弾圧しましょう」

という話になってるんだから。
悪魔の詩だよ、これ。


セクハラ・パワハラはなくしていくべきだと思っている。
だけど、朝日新聞のやり方は根本的に
「女は個のない弱者のまま守られるべき」という差別意識が
下敷きになっているから大問題。

こういうのを「筋悪」っていうんじゃない?

日誌 | - | -

らっきょうをむきながら

今日は午後早めにライジングの原稿を仕上げて、
買ってあった大量の泥らっきょうの薄皮をひたすら黙々と
むきつづけて、たまに生のままバリボリかじりながら
塩漬けにする作業をしていたら、夕方になった。
台所が臭い。ベランダでやればよかった。
でも全部むき終わり、白く輝くらっきょうの粒をザルにあげる
と達成感あるよね。
ほとんど塩漬けにしたけど、4分の1だけ別にして、
思いつきで「CoCo壱番屋」のカレースパイスをまぶしてみた。
どうなるのかわからないけど。

今治の脱走受刑者、やっと捕まってよかったね。
うちの近所で起きた事件だったら毎晩怖かったと思う。
しかし脱走後の最初の3日間ぐらいは、私あまりちゃんと
ニュースを見ていなくて、
「みかん畑からみかんを盗んで食べているようだ」
「民家の軒先から物がなくなった」
「畑の野菜を夜中のうちに盗んで山に潜伏」
などなどの音声を、仕事しながらなんとなく聞いていたので、
てっきり動物園のチンパンジーかなにかが逃げ出して大捜索に
なっているのかと思っていた。

ライジングは、アラーキーのことを書いたよ。
スマホで「インスタ映え」する静物や風景を撮って満足したり、
撮られたいように撮られようとしている人を気軽に撮るような
機会が増えたから、あんまりわからないかもしれないけど、
「写真」ってもともとすごく暴力的な面があるものだと思うん
だよね。
赤の他人の姿を撮ろうとするとわかると思う。
とてもレンズを向けられない場面にだって出くわす。
びびって、後ろ姿を“風景”としてしか撮れない人もいる。
私は被災地取材で、瓦礫は撮ったけど人は撮れなかった。
一緒に津波被災地をまわったフォトグラファーの友人は、
初日、被害の甚大さを目の当たりにして、瓦礫にすらフォーカス
できなかった。プロなのに、痛いほど優しすぎる人だから。
写真てそういう世界だ。

 

 

 

あ、フォーカスできなかった優しい人というのは、
ゴー宣に出ていたジャーナリストの田上順唯君のことじゃないです。

日誌 | - | -

岡村隆史の「お伺いキス」に爆笑した

ナイナイ岡村さんの「オールナイトニッポン」の録音を聞いてたら、
冒頭で延々15分「キスのお伺いを立てるか否か」についてボヤいて
いておもしろかった。

岡村さんは、いつキスしていいのか、相手がどう思っているのかが
全然わからないので、誰とキスするにも「キスしていいですか?」
とお伺いを立てて、返事の仕方で判断してからキスをする、
「お伺いキス」を実践してきたんだそうだ。

でも、まわりからは
「キスのタイミングなんて雰囲気でわかるでしょ」
「そんなこと聞いたら絶対だめですよーー」
と笑われてきたと。
しかしTOKIO山口メンバー「お気持ちを考えずにキスをしてしまい
ました」事件を見ると、女子高生というのがまず問題あるけど、
未成年に限らず、やっぱりお伺いを立てないと問題が起きるんじゃ
ないか、自分のしてきたお伺いキスのほうが時代に即してきてるん
じゃないかと。

ところが、今度は財務省の福田さんが「キスしていい?」と聞いた
ら「セクハラや!」ということになり、もう僕はどう生きていった
らいいのか、今後の人生でどうキスしていったらいいのか・・・
と言うから爆笑してしまった。

部屋に女性が来る、DVDを見はじめる、でも男としては、
DVDをセットした時点で映画を観る気なんか全然ないわけで、
いつキスするのかしか考えていない・・・
で、話の途中で「キスしていいですか?」と聞いたら、
「岡村さんいまセクハラしましたよね?」と言われる可能性がある、
そして聞かずに間違ったタイミングでキスして、逃げられたら、
それはそれでセクハラになってしまう。
僕はギリギリのところにいる。どうしたらええんやー! と。
ああおもしろかった。

 

世の中みんながみんな「ダメに決まっている」「セクハラは犯罪」

の勢いで異論を封じる全体主義になってるなか、岡村さん最高。

日誌 | - | -