加戸前知事の「愛媛県は加計ありきでした」演説に同情してよいのかな?

今朝の産経新聞の社説「加計問題 不毛な論争にけりつけよ」。

 

不毛だ、印象論だとケチをつけているが、不毛に終わらせようとしているのは

官邸だろう。議論を拒絶し、官僚に、必要な情報を隠蔽させるからだ。

当事者に事情聴取すれば真実がわかるのに、その当事者に発言させないよう

隠すから、むしろ自分で悪印象を倍増させているんじゃないか。

 

閉会中審査では、参考人招致された加戸守行前愛媛県知事が、

慢性的な産業動物獣医と公務員獣医の不足でいかに困っているかを理由に、

 

「我慢させられてきた岩盤規制に、ドリルで穴を開けていただいた。

『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい発言ではないか」

「東京の有力な私学に声をかけたが、けんもほろろだった。愛媛県に

とっては、12年間、加計ありきだった」

 

と、獣医学部の開設こそが愛媛県の長年の夢だったのだと語った。
 

<東京モンは冷たいが、やっぱり岡山の加計サンはわたしら田舎モンの

気持ちを理解してくれる、わたしらがこんなに必死でやってきたのに、

なぜ、安倍叩きの具にされなければならないんだ……>
 

そんな老いた前知事の訴えに、耳を傾けた人もたくさんいるだろう。
その思い入れ、気持ちはわかる。
地方愛で一生懸命考えてきたところもあっただろう。

 

いや、しかし、情に流される前にちょっと待て。

 

同じように畜産獣医がほしい、鳥インフルエンザに怯えているという

地方はたくさんある。
 

じゃあその地方にもどんどん獣医学部を開設すれば、獣医が増えて、

必ず万全の態勢になるのか?
それだけの教育の質、教員の確保ができるのか?

 

10代20代前半の若者で、高額の学費をかけて獣医になった人たちが、

その大学を出たからといって、そんなに都合よく、喜んでその地方に

定住して働いてくれるだろうか?

 

その獣医学部のために流し込まれている超巨額の土地費用、助成金、

運営のための補助金をペイして、地方を豊かにするほどの存在になる

という、公益にかなった話なのか?

 

一私学に流し込んだカネのほうがはるかに巨額になって、

財政破綻を招き、自治体が教育ビジネスの食い物にされるような結末

に至ることはないのか?

 

そこが知りたいところなのだ。
加計学園のために、京都産業大学はむしろ「規制強化」されて排除された
ことの説明にもならない。

いくら老いた前知事が、この夢をかなえてくれと訴えたところで、

その夢が、<公のための夢>なのかどうかは、別の冷静な判断基準を持た
ねばならない。


 

一番の問題は、獣医のなかでもペット診療のほうが人気で、

畜産や公衆衛生はやりたがらない人が多いという現実なのだ。

特に畜産の獣医は、地方のあちこちに呼ばれて飛びまわっている。

先日、女性の畜産獣医が話すのを聞いたが、
馬の肛門から腕をつっこんで検査したり、鳥インフルエンザが発生して
つらい気持ちを押し殺して農家に殺処分を命じなければならなかったり、
本当に過酷な仕事ぶりだった。

 

月の3分の1しか自宅にいられず、小さな娘から

「パパと、お馬さんと、どっちが大事なの?」

と聞かれてしまったという。
家族を犠牲にする人の存在によって、畜産の質は保たれている。

 

独身なら、ますます定住できない境遇になる人も多いだろう。

結婚して家族を持つことが難しく感じる人も多いと、やはり産業動物の
分野は避ける人が多いのではないか?

 

しかし、だからと言って、獣医の全体数を増やせば解決するという
単純な話にはならない。


これは、農林水産省がまとめた家畜の飼養頭数と戸数の推移。

戸数は、畜産の大規模化によって、豚、肉用牛、乳用牛ともに軒並み低下

している。



 

ちなみに犬猫の飼育頭数も減っている。


 

大幅な人口減少が予測されている時代に、これが大幅に伸びるだろうか?

 

やはり、獣医の全体数を増やすことよりも、畜産獣医、公務員獣医の待遇面を

改善・強化・後押しすることで、
ペット診療よりも、畜産や公衆衛生に従事してみようと意識を向けること
のほうがずっと重要なのではないか?


地方のあちこちに、巨額の税金をぶち込んで、私学経営者の私腹を肥やすなら、

畜産や公務員獣医師になってくれる若者を援助することに直接お金を使って
もらうほうがよい。

そのまま私たちの食生活や公衆衛生に直結すると感じるから、納得できる。

よって、「総理のご意向」が出るまで、12年間いくらがんばっても開設に
至らなかった過去の「規制」には意味があったと考える。
「官邸の最高レベル」がゴリ押しした様子に、公益に叶う判断が伴っている
とは思えない。改革するなら、そこじゃない。

 

政治・社会問題 | - | -

きょうのいろいろ

ある小説家の先生の取材で、昼間、某大学を訪れたのだけど・・・。

 

若いって、ハツラツって、すごいよね。
猛暑のなか、こちらは汗だくでドロドロに溶けて、パソコン担いで
「肩と背中が痛いわあ…」
とか思いながら、あご突き出し気味でキャンパスをさまよったんだ
けど、そこかしこに、汗をかいても爽やかで、ぴっちぴちのままの
大学生
がいっぱい。
なんか、みんな、汗が、蓮の葉に落ちた水滴のように、ぷりっと
輝く玉のようになってる
んだよ。
茶髪も黒髪もパーマも、そよ風になびいてツヤツヤ健康的。
こちらは寝不足で細った髪が湿気吸って、もわ…もわ…。
10代、20代とともに並んで立ってはいけないと思ったわ。

 

お会いした先生とは、20年ぶり。
大学時代に文芸の講義を受けていた先生だった。
お変わりなく、かっこよかった。
当時も大人気の先生で、ほかの大学から潜り込んで授業を聞きに
来る学生がいっぱいで、席をとるのが大変だったな。

 

ほかの媒体の記事なのであまり詳しく書けないけど、
このごろは、ネットで検索して見つけたような、
「パッケージ化されたセンテンス」を繋いだものが「文章」だと
思っている人があまりに多いという話が印象的だった。
自力でオリジナルの文章を書ける人があまりに減った、と。
まるで、コンビニの食べ物しか食べたことがないように、素材を
自分で料理することを知らない、と。

 

たしかに、このごろ特にネット媒体の記事って、
読んでいてリズム感が狂う、つまづくような文章が多いもんな。
自称ライターに書かせたもので、職人の仕事じゃないなと思う。
あと、熱がなかったり。
これ「書きたい」と思って書いてないだろ、という。

 

「思想」とか「イデオロギー」と言われるものにも似たことが
言えると思う。
お仕着せの、パッケージ化された、具合のいいものを摂取して、
なんとなくお腹を満たしているだけのコンビニ脳。
もはやイデオロギーとも言えない、ただの「落書き脳」。
それは「落書き」に失礼か。落書きって創造的だから。

 

三浦瑠麗さんがゴー宣道場にゲストでいらしたとき、
自称保守のことを「インスタントラーメンみたいな保守」
表現されていて、うまいこと言うなあと面白く聞いていたけど、
昨今の権力擁護の三浦さんの言論を読み聞きするにつれ、
まるでインスタントラーメン化しているじゃない…と思ってしまう。

 

そして、そういうインスタント製品を礼賛する人たちに支持されて
お腹を満たしているのがうちの国の首相なんだからなあ…。
そりゃ、お腹弱いよね。胆力もないしさ。

日誌 | - | -

マフィアか!

きのうは、朝から前川喜平氏の参考人招致を見ながら、
山口敬之の準強姦逮捕状握り潰し事件について原稿を書いて
いたんだけど、見てるものと手元で書いてるもののテーマが
全然違うので途中で頭が混乱してきて手が止まり、
原稿10時間ぐらいかかっちゃったよ・・・。

山口敬之のほうは、
事件が完全に「内閣ぐるみ」の隠蔽工作であり、
被害者を誹謗中傷するデマまでばらまかれていたという続報も
まじえてまとめたので、ぜひ読んでもらえたら。

閉会中審査のほうは、
安倍首相が昭恵夫人とおててつないでらったった♪
な時点で虫唾が走るんだけど、
前川氏を参考人招致しておいて、
和泉洋人補佐官を出さない時点で茶番すぎる。
和泉補佐官は、前川氏を官邸に呼びつけて、
「総理が言えないから自分がいうんだ」と言って、
獣医学部新設を早く進めろと圧力をかけた本人だ。
いまここで和泉補佐官に直接質問が飛べば、
前川氏との食い違いと態度の違いがかなり明瞭になるのにな
というシーンで、
官僚の人事権を握るドン・菅官房長官が出てきて、
「和泉補佐官から聞いた話では…」
とか代弁してる時点で極悪でしょ。
マフィアかっつうの。
 

政治・社会問題 | - | -

「よしりん・もくれんのオドレら正気か?」

7月5日放送の「よしりん・もくれんのオドレら正気か?」《前半》

4年間つづいた番組名が突如豹変して(!)の初回放送、無料開放されています。

しかしさ、わたし、これからずーっと、このタイトルコール、せなあかんのかな…。

 

出演:小林よしのり(漫画家)・泉美木蘭(作家)

日誌 | - | -

「批判=テロ」と思ってるA氏のこと

 

安倍首相は自分への批判=「憎悪」だと決めつけて、

「憎悪からは何も生まれない!」と言い、その舌の根も乾かぬうちに、

「こんな人たちに負けるわけにいかない!」
と言って、自分が憎悪丸出しで国民を侮蔑している。


…とともに、私があのブチ切れシーンを見て最初に感じたのは、
「外国で、テロが起きるたびに出される声明みたいだな…」
という印象だった。


「憎悪からは何も生まれない」はもともと聖書の教えだと思う。
オバマ大統領なんかは「テロとヘイト」という言葉を並べて使うし、
テロとの戦い」を語る新聞記事のなかには、よく「憎しみの連鎖
を断ち切る
には?」というテーマが出てくる。

イスラム国の人質として犠牲となったジャーナリストの後藤健二さん
は、ツイッターに

「憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域」
とつぶやいていて、これが広く紹介されたこともあった。

フランスのバタクラン劇場でのテロの犠牲になった息子の父親は

「息子は社会づくりに参加できなくなったが、
他の若者には、憎しみに陥ることなく社会を築いてほしい」


同じく、パリ同時多発テロの犠牲者の夫は

「テロリストの君たちへ、憎しみという贈り物はあげない。
君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈する
ことになる」

という内容のメッセージをSNSに投稿。これが世界中で共感を呼び、
朝日新聞が取り上げたりもした。


安倍首相の「憎悪からは何も生まれない」発言は、これらの
「テロとの戦いは、憎しみの連鎖を断つことだ」という論調に着想
を得ているんじゃないか?
つまり、自分を批判する国民に「憎悪にまみれたテロリスト」なる
印象を重ねているということなんじゃないだろうか?

Facebookでは、演説会場で「安倍ヤメロ」コールをした人たちを、
「共謀罪(テロ等準備罪)で逮捕しろ」と主張するネトウヨの投稿
があり、これに自民党議員が『いいね!』と反応していたらしい。

安倍首相の頭の中も

「自分への批判 = テロ ⇒共謀罪で逮捕 ・・・いいね!」
なんだろう。

 

さて、そんな安倍首相が「9条に自衛隊」とか言っているけど、

大丈夫かあ??

8月6日(日)開催の第65回ゴー宣道場では、ゲストに

「朝まで生テレビ」や「報道ステーション」での激怒シーンが魅力的な

法哲学者の井上達夫氏、民進党憲法調査会の会長・枝野幸男議員

 

議論のテーマは『9条に自衛隊って本気か!?』
ご興味のある方はぜひ参加ご応募ください。
 

https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=bba23r6bh-24#_24

 

第65回ゴー宣道場『9条に自衛隊って本気か!?』

日時:2017年8月6日(日)14時〜17時

ゲスト:井上達夫氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)・枝野幸男氏(民進党憲法調査会会長)

登壇者:小林よしのり(漫画家)・高森明勅(神道学者)・笹幸恵(ジャーナリスト)・切通理作(批評家)・泉美木蘭(作家)・倉持麟太郎(弁護士)

 

 

政治・社会問題 | - | -

安倍政権擁護の限界

バイアグラを両手に持ちながら
「夫はこれを飲んで女性とセックスをしまくっているんです!
10時間近くの勃起があるそうです!」
と訴えている松居一代の動画が強烈すぎて・・・
23分もある動画を思わず最後まで見てしまった午後です。


安倍首相を擁護する論客の言い分、いろいろ読んだけど、
呆れてしまうね。国民が完全に安倍のウソ・ごまかし・逃げを
見抜いているのに、いまだに安倍側の視点でしか語らない。
安倍政権は盤石だ、とか。

日本外国特派員協会で記者会見をした百田尚樹は、
都議選演説での「こんな人たちに負けるわけにはいかない」
という国民蔑視発言について問われて、

「私ならもっと汚い言葉で罵っています」

などと答え、

ほとんどが安倍総理を応援したいという人で埋まっていて、
反対派は一部の一角だけ。テレビは
全体を写さずに、その一角を
クローズアップして放送した。非常に汚い報道のやり方」


と、初期の籠池のおっちゃんみたいなことを言っている。
しかも、演説の現場にいたという記者会見の参加者から、
安倍総理への批判は全方位から飛んでいたし、正当な批判だった、
百田さんは現場にいたのかと聞かれると、

「行ってない」

と。
百田さん、安倍さんの
足引っ張ってるよ…。
大好きなのはわかるけど、擁護すればするほど、国民は白い眼で
見る状態だと思う。

そんな話も、今夜の生放送で語りましょう。夜9時スタートです。




視聴・タイムシフト予約はこちら!
 

日誌 | - | -

自民党、大惨敗。

おめでとう!
自民党過去最低下回る、だって。

秋葉原で安倍首相が街頭演説したときの、
「安倍辞めろ」コールの映像がすごかったね。
安倍首相は、コールする街頭の人々を指さして、
「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」
なんてすごい言い方していたけど。

まともな人はやっぱり見てますよ。
自民党の腐敗、堕落、隠ぺい体質。
信用できないものね。

しかし下村博文氏の敗戦の言いぐさってひどいね。
闇パー券問題は選挙妨害だった、被害届を出す、とか。
情けない。
都民は騙されないんだよ。

日誌 | - | -

下村博文、それ、脱法ヤミ献金でしょ。

下村博文・自民党幹事長代行の加計学園からの献金問題、
ああ、やっぱりなあって感じだ。真っ先に思い出したのが、
5月23日配信のライジングで紹介したこのチラシ。
2013年9月16日(月)に、加計学園・英数学館小学校で行われた、
「グローバル教育説明会」の申込書に添えられているコメント。



ああ、安倍家同様に濃厚なつきあいがあるんだな、

似た構造があるなって思うし、
『文部科学大臣夫人』ねえ。ふーーーーん・・・って考えるよね。

記者会見では、加計学園から受け取ったものじゃない、
個人や企業11人からちょっとずつ集めたものを、加計学園の秘書室長
が持ってきたんだ、その合計が200万円なんだと説明していたけど、
「11人」って数字を出してきたこと自体が、帳尻あわせだろう。

政治資金規正法では「20万円以上」の場合は報告書に記載しなければ
ならないことになっている。
10人以下から200万円を受け取った場合、どうしても最高額で20万円

渡した人が出てしまって違法になるけど、
11人から200万円と言えば、最高額が約18万円という計算が成り立つ。
だからセーフだろ、と?

へっ。下村’s イレブン。
それって、脱法ヤミ献金って言うんですよ。


「稲田朋美防衛相が誤解を与えるような発言をしたことについては
残念だ。ただ、実際に、自衛隊とか防衛省に選挙応援をお願いする
わけじゃないし、もちろんそういう風にはならない。
これで辞任となったら続けられる人は、誰もいなくなるんじゃないか」


これは、昨日、下村博文が言った言葉だ。
《これで辞任となったら続けられる人は誰もいなくなる》
ええ、本当にそうですよ?
“安倍人事”と言われる閣僚に、まともな人がいないんだから。
本来なら、もう3、4回ぐらい内閣総辞職してて当たり前の事態に
なっているのに、屁理屈と逃げをこいて、恋々と権力の座にしがみ
ついているだけで、もうまともに続けられる人は残ってないですよ。
 

政治・社会問題 | - | -