コロナ論

ゴーマニズム宣言SPECIAL『コロナ論』発売。

発売日重版決定とのことです。

私の原稿も収録されています。

どーにもこーにも、「コロナ報道おかしいやろ!」と思っている方、ぜひお手にとってみてください。

 

 

エアコンをつけるようになってから、片頭痛が治らず、今日はついに鍼治療に行ってきた。

「鍼には恐怖心を持たれる方もいらっしゃるので、はじめての方にはおすすめしないのですが」

と言われたので、

「恐怖心はないけど、好奇心があるんです」

と言ったら、それじゃあ、って感じでブスブス刺してもらった。

 

効いた!

 

・・・気がする。

いや、気がすることが、もっとも重要なのだ。

 

きっと。

 

 

 

日誌 | - | -

イギリス、ロックダウンの科学的結論は出ていません

今朝の『羽鳥慎一モーニングショー』で、玉川徹氏が、
当初、緩和政策だったものの、3月23日にロックダウン政策へと
転換したイギリスでは、1週間早くロックダウンをしていれば
死者を半分にできたと言われていると紹介し、
当初ロックダウンできなかったのは検査が足りなかったからで、
間違いを認め、大きく舵を切り、1日50万件に検査を増やすと
方針転換した、そんなイギリスがうらやましいと発言していましたが、

 

イギリスでは、ロックダウン政策が正しかったとは総括されて
いませんし、そもそもスウェーデンが成功したことによって、
ロックダウンに懐疑的な見方がかなり出てきています。
ボリス・ジョンソン首相は、最近のインタビューで、

 

「最初はウイルスを十分に理解していなかった」

 

「当初は、いかに無症状の人から人へと感染が広がっていたかが
わかっていなかった」

 

「違うやり方ができたこともあったかもしれないし、実際には
何をどうすべきだったか、あるいはどういう別の方法があったのか、
正確に理解するための時がいずれくる」

 

「命を落とした方ひとりひとりを追悼しているし、遺族の皆さんの
ことをとても気にかけている。そして政府が行ったすべてのことに、
私が全面的に責任を負う」

 

とは述べていますが、

「ロックダウンの開始が遅すぎたのかどうかは、科学的にはまだ
結論は出ていない」

と発言しています。

 

そして、「ボリス・ジョンソンがついに、政府の新型ウイルス対策に
失策があったと認めた」と言っているのは、野党です。

 

これを「政府が間違いを認めた」と切り取って報道したメディアも
ありますが、それは完全にスウェーデンのテグネル博士の発言を
ねじ曲げたのと同じです。

 

※詳しくは幻冬舎plusで連載している「オオカミ少女に気をつけろ」をお読みください

→スウェーデンに対してネガティブな新型コロナ報道のこと
https://www.gentosha.jp/article/15907/

 

そもそも、4万6000人以上の死者が出ており、
この8月になっても、1日に89人もの死者が出つづけている
イギリスのロックダウン政策を、玉川氏はなぜそんなにも
「うらやましい」と思うのかさっぱりわかりません。

 

7月20日の「自粛による中長期的な死者数を予測してみては?
にも書いていますが、イギリスは、ロックダウンによる影響で
中長期的にどれだけの死者が出るかという試算も行っていて、
これが「テレグラフ」のトップ記事としても報じられています。

 

さらにイギリスは、死者統計の欠陥もかなり前から指摘されて
いました。
バイク事故で救急搬送されて死亡した人が、PCR陽性だった
という理由で「コロナ死」と報告されたケースもあったほどです。

 

さらに、昨日の「デイリーメール」の記事によれば、
コロナ回復後、数か月経過してから死んだ人を「コロナ死」で
カウントしたものまであり、保健省が統計のミスを認め、
4000人程度は「コロナ死者」から除外し、正しく統計を修正する
必要があると認めています。

 

日本では、厚労省が、PCR陽性なら死因に関わらず「コロナ死」に
含めるとお達しを出したりして、
最近も、別の病気で倒れていて救急搬送され、亡くなった人が、
PCR陽性だったことから、「新型コロナによる死者」としてNHKで
報じられました。これ、検証すべき問題ではないでしょうか。

 

玉川徹氏は、「PCR検査をしてどんどん隔離せよ」という暴論のために
海外の報道を都合よくねじ曲げています。

 

私がイギリスを「うらやましい」と思う部分を言っておきますと、
あれほどの感染蔓延が起きたのに、政府が飲食代の一部を負担する
「GO TO EAT」を堂々とはじめていることや、
ロンドンで、マスク強要に対するものすごいデモが起きていることですね。
ドイツのデモもすごいですが、ロンドンのもすごいです。

こういうデモ、どうして報じないんですか?

日誌 | - | -

幻冬舎plus:政策がナチュラルに無秩序な日本で、スウェーデンのコロナ対策を素直に見てみる

幻冬舎plus連載「オオカミ少女に気をつけろ!」
新しい記事の配信です。

 

政策がナチュラルに無秩序な日本で、
スウェーデンのコロナ対策を素直に見てみる
https://www.gentosha.jp/article/16250/

 

日本の“スウェーデン無視”っぷり、すごいです。

日誌 | - | -

東京都の検査数と陽性者数の推移(8/2新版)

東京都の検査数と陽性者数の推移、8/2新版です。
ガッツのある方が、エクセルを駆使しながら東京都発表の
モデリングデータ等の正確な読み方について、助言とデータを
データを送って下さったので、それを参考にしながら作っています。
ご協力ありがとうございます。

日誌 | - | -

全国のPCR検査数と陽性者数の推移グラフ(8/2版)

厚生労働省のオープンデータを利用して、
全国のPCR検査数と陽性者数の推移グラフ、新版を作りました。
各地の知事が東京都に続いて検査を増やすようですので、
これからもっと右側が伸びていくわけですけど、
なんというか、ものすごく素朴な感想だけど・・・
ムダな検査しすぎちゃう?

日誌 | - | -

ドイツでコロナ対策抗議デモ「マスクは私たちを奴隷にする」

ドイツのベルリンでマスク強制などのコロナ政策に反対する
デモが起きているそうです。

 

 

 

 

The Guardian:「マスクは私たちを奴隷にする」

 

感染者20万人以上、死者9200人以上のドイツ(人口8300万人)は、
4月下旬から5月にかけて段階的に営業再開、学校再開が行われて
きましたが、マスクの着用やソーシャルディスタンスが求められて
おり、それらのコロナ対策に反発する人々が
「私たちは自由が欲しい」
「マスクは私たちを奴隷にする」
と訴えてデモを行っているとのことです。

ガーディアンの映像に登場するデモ参加者は、こう話しています。

 

「私たちの要求は、基本的に民主主義を取り戻せということです。
私たちに課せられた法律を撤廃してください。
私たちを奴隷にするマスク強制を撤廃してください。
私たちは自由なはずです」

 

「一部の政府御用科学者の意見だけが正しいと信じられている。
世界には何千人もの科学者、医者がいるのに、彼らの意見は
耳を傾けられず、沈黙させられている。
彼らは大学全体を運営する存在であるにも関わらず、
陰謀論擁護者扱い
されたり、信用を失ったりしている。
私はこの現状に抗議します」


ドイツの新規感染者数、死者数を確認してみました。


 



感染者数を見ると、
規模はまったく違うとはいえ、日本も4月に大量検査を
していたら、こういう山のグラフになるんじゃないの?
……と思えてきますが、
ドイツでは、7月27日からの一週間に3,611人の新規感染者が
確認されたとのことで、保健機関のトップが記者会見を行い、
「大流行の真っただ中に私たちはいる」
「ドイツ国民は油断している」
と強調。
マスク着用とソーシャルディスタンスを求めていたそうです。

 

デモを起こしたドイツ人の気持ち、私はとてもよくわかります…。

 

日誌 | - | -

政府、まだ布マスク配るってよ。

やることが多すぎて、このブログの転載をつい忘れてしまう〜!

先週は、2カ月ぶりに休みがとれたので、ある場所へ取材に行ってきた。

そのレポートは、次号配信のライジングに書いた。

写真いっぱいで、なかなか面白いと思います。

お楽しみに。

 

あと、東洋経済に『武器としての資本論』の書評を書いた。

https://toyokeizai.net/articles/-/364183

 

今月は16本原稿書いた。

あと2本。1本は締め切りすぎている。ヤバス!

 

****

 

政府、今後さらに布マスク8千万枚配るってよ。
バカなの?
どうしてそのカネ、医療者の危険手当に回さないの?
なにも考えてないの?
考える脳が備わってないの?

 

スウェーデンのテグネル博士が、インタビューで、
「いまだにマスク着用を強制している国があるなんて驚きます。
科学的根拠なんてないのに」
と言っていて爽快だった。

 

スウェーデンは、今月17日、首都ストックホルムにおける
住民の抗体獲得率が17.5%〜20%に達し、さらに、
T細胞を介した自然免疫と合わせて40%近くが免疫を持つと
推定。集団免疫獲得はほぼ完成したと発表した。

 

そして先週末には、隣国のノルウェーが一部国境を開放、
国境に接するスウェーデンの街にノルウェー人がなだれ込み、
酒屋に300メートルの行列を作ったそうだ。
ノルウェーってすごく物価が高くて、EUは非加盟だけど、
シェンゲン協定は結んでいるので、もともとスウェーデンへ
買い出しに出かける人が多かったらしい。
全世界から悪魔のように叩かれていたのに、嘘みたいだな。

 

日本ならもっとすごい成功例になれたのに、悔しいし、
いまの状況が本当に腹立たしい。

 

コロナによる患者離れの影響で、岡山県の整形外科が
倒産したらしい。
5月までは裁判所がコロナで業務を縮小していたため、
破産申請が停滞し、倒産件数も少なかったそうだが、
今後はもっと倒産報告が出てくるのだろう。

持続化給付金も、申請しても間に合わず、時間切れ倒産が
続出しているという。
給付金申請との兼ね合いで、まだ廃業届を出していないが、
実質廃業している店もかなりあるという話もちらっと聞いた。

 

こんな折、ある医師の報告に驚いた。
新型コロナの後遺症について番組出演オファーがあったそうだが、
ディレクターから
「煽ったりするのとは反対の立場ですよね」
と電話があり、「一切の煽りは反対です」と答えたところ、
出演なしになったという。

なんというひどい話。

日誌 | - | -

日本は、警察が感染者を追う国になりました

凍りつくような記事を読みました。

 

連絡の取れない感染者、所在確認に警察も協力へ…保健所が行方不明者届

 

厚生労働省は、連絡のつかなくなった陽性者に対して、
警察に行方不明者届を出し、発見の協力を求めることを
決めたそうです。

 

集団検査を受けて陽性だったものの、無症状の人は、
自分の判断で隔離には応じないこともあり、
保健所からの電話にも出なくなることが多かったようですが、
今後は、警察に追われるということです!

 

風営法を利用して踏み込まれる夜の街だけでなく、
今後、感染者は、完全に犯罪者扱いです。

隔離のための警察動員です。
完全なる憲法違反、
もはや国民の基本的人権も自由もまったく尊重されない国に
なってしまいました。
これは怒りを表明しなければいけません!

日誌 | - | -