トリコロールをかぶる同情心…という軽さ。Facebookでフランス国旗をアイコン化するのはありか、なしか。

先日書いた「Facebookでプロフィール画像をトリコロールカラーにするのが流行っている問題」、わたしが師範をつとめている『ゴー宣道場』の門弟MLのなかでも議論が沸騰している。
Facebook内でも、賛成論、反対論、それぞれの記事が活発に投稿されているようで、自分の立ち位置に応じて、他人の記事の紹介合戦が行われており、おおむね、トリコロールになっている人が、ものすごくむきになって「他人の哀悼の意にとやかく言うな!」と怒っているという状況。

私には、「国旗って、やっぱり重い」という感覚がある。
この数日、フランスが空爆に力を入れはじめたという報道を目にするたび、
「トリコロールカラー=フランスの空爆支持」
にすら見えてしまい、もちろん掲げている人みんながそこまで深く考えてはいないとわかっているとは言え、Facebookというネット空間が、いつの間にかファッションで空爆を支持する場所のように見えてきて、その扇動の軽さが恐くなり、引いてしまった。
それに、日本の報道は、やっぱり欧米寄りだから、空爆で無残に死んでる中東諸国の無辜の民の命については、『なかったこと』として扱われてるんだもん。そもそもの情報がものすごく偏ってるのでは?? と。
パリのテロの前日は、レバノンでもテロがあってかなりの犠牲者が出たけど、誰もレバノンの国旗をアイコンにした人はいなかった。

トリコロールカラーってかわいいから、ファッション的には好きなんだけどね。
でも、やっぱり
国旗。状況によって、すごく重い、と。
先日、ジャーナリストの笹幸恵さんからチケットを頂いて、日本武道館で行われた「自衛隊音楽まつり」を観に行ったのだけど、このとき、国旗の入場に際しては、観客全員に起立脱帽と国歌斉唱がもとめられた。相撲やサッカー、国際的なスポーツ祭典の表彰式で、このようなシーンはよくあるけど、実際に自分がその場に居合わせると、やっぱり国旗の重さというものを実感する。
それに、軍隊には、わざわざ国旗を掲げて行進を鼓舞する艦旗隊というのがいるんだよね。私が見た日本の海上自衛隊の艦旗隊は、女性6人組で、制服がものすごい煌びやかで、白のラバーのニーハイブーツでビシ、ビシ、ビシ、と行進してて、ガン見しちゃったんだけど。
ほかにも「旗を振る」「旗手になる」「旗印」とか、大勢の人間を扇動するために旗が使われるという言葉がたくさんある。アメリカは、月に星条旗を立てたしね。意味が重いんだと、やっぱり思う。


だってさ、たとえば、いま仮にオリンピックが開催されていたとして、なにかの競技で日本人選手が優勝したとして、その選手が、パリが大好きで、哀悼の意を表するために、フランスの国旗を纏ってウイニングランしたら……。
それってものすごい国際問題に発展するんじゃないかなー??
間違いなく、「日本はフランスの空爆を支持した」と受け取られるから、イスラム国から、次は日本だ!みたいな挑発受けるよね。
私は、日本の前に、イギリスだよねー、と思ってるけど。

みなさんは、どう思いますか?

テロについて過剰にふれるのって、テロリストの思う壺って感じだけど、この問題については、小林よしのり先生のお話しもお聞きしたみたいし、わたしなりに、国旗というものについて思うところもあるので、20日金曜日の、よしりん先生とのニコニコ生放送でも話したいと思います。
興味のある方は、ぜひご視聴下さい。

ニコニコ生放送【よしりんに、きいてみよっ!】
 
政治・社会問題 | - | -

トリコロールをかぶる同情心

Facebookを見たら、皆がこぞって自分の顔写真の上に、
フランス国旗のトリコロールカラーをかぶせた画像を
アイコンにしているので驚いた。
どうやらFacebook側の仕掛けで
「パリのテロ犠牲者に哀悼の意を示し、祈る」
という意図のアプリのようなものが配布されたようだ。
ボタンを押すだけで、自分が使っているプロフィール写真の上に、
自動的にトリコロールカラーがかぶさるらしい。
いろんなものがあるなあ。
犠牲者は気の毒だとは思うし、やりたい人はやればいいし、
私もパリには好きなファッションデザイナーがたくさんいるから
憧れの感情もあるんだけど、ただ、そんなに愛着がないから
よその国の国旗かぶってもなあ…と眺めていた。

ふと思う。
フランスやアメリカが空爆したことで虐殺されてきた、
シリアなど中東諸国の無辜の民に哀悼の意を評して、
中東諸国の国旗を自分の顔写真にかぶせたりしたら、
それはやっぱり非道徳的とみなされたりするのだろうか?
「ニュース映像をご覧になってないのですか? 人間性を疑います」
なんて言われて炎上しそう。
まあな。
テロの味方する捻くれた悪ふざけにしか見えないか。


政治・社会問題 | - | -

高知市生後10か月女児虐待音声を聞いてしまって・・・

高知市で生後10か月の女児が母親から虐待死させられた疑いのある事件で、
近所の男性が、女児の死亡する前夜の泣き喚く音声をスマホで撮影していた
として、その音声がニュースで何度も流れるんだけど、
聞くたびに物凄い嫌悪感が渦巻くあまり、席を立って顔を洗いたくなってしまう。

もう流すのをやめてほしい。
火事の映像や、警察と犯人の大獲り物を撮影したものとは、性質が違わないか?

録音した男性は、女児の母親から
「赤ちゃんポストに預けたい。できるなら殺して、どこかから飛び降りたい」
と聞かされていたそうで、撮影した理由については、
「普通の泣き声じゃなかったので。すぐ危険を感じて」
「子供になにか直接命に関わることをされているのではないかっていうので
すぐ撮影に入りました」
と語っていた。

どうして子供の命に危険を感じたところで、スマホに手を伸ばして録音なのか、
警察に提供して事件の捜査に役立っているまではよしとしても、
取材に来たテレビカメラを自宅に入れて、どこでどう録音したのか、スマホを
手に持ち、当時のポーズまで再現してみせる姿には、得も言われぬ嫌悪感を
感じてしまった。
通報や救助は誰かがすると思ったのか、虐待の証拠を押さえたかったのか、

私にも野次馬根性はあるから、火事や事故現場で、おおっと思うことはある。
ただ、覗き見根性で撮ってしまったとしても、その赤ちゃんが本当に死んで
しまったことを知った時、
自分の撮ってしまったものに罪悪感や恐怖感を抱いたり、
そんな時にスマホに夢中になっていた自分、という存在を、天の神様から
じっと見られているような後ろめたさを感じたりはしないのだろうか。
男性のふるまいからは、どうもそんな大切な部分が欠けているように感じられて
ならなかった。


これを流しまくるテレビ局もちょっと感覚がおかしいんじゃないかと思ってしまう。
男性に「なぜ録音したのか?」とインタビューしているので、
視聴者をショッキングな音声で画面に釘付けにして視聴率を確保しておいて、
批判のほうは、男性の「覗き見根性」「撮ってないで助けろ!」という部分に
向けられるという仕組みになっている。
テレビのずるさを感じて嫌悪感を抱く。

「あの泣き声は異常だと思った」
「あの時病院へ行っていれば、死ななかったのかな」
近隣住民の証言があまりに『ありがち』なのも、この世の地獄に見えてきた。
自分の身のまわりにも、いつでも起きることだ。
いつか自分がそんな証言者になっているかもしれない。
共同体崩壊、隣近所の関わりが薄れ、お互いに無関心でいるために
見えない壁を作ってしまった世界、その冷徹な現実の小さな犠牲者が
泣き叫ぶ声。
その音声が、ひそかに近隣住民によってスマホで録音されており、
しかも公開されるという、さらなる薄気味悪さ。

大きな社会全体の問題が、どこか一点への批判に矮小化されて、
自分自身のものとして捉えられない、目を背けてなんとなく済まされてしまう、
このくり返しにも嫌悪感が渦巻いてしまう。


なんだかシールズみたいになってしまったからもうやめる。
とにかくもう流すのやめてほしい・・・
私は、赤ちゃんがいたたまれないんです。
政治・社会問題 | - | -

朝まで生テレビのSEALDsに素直に激怒した私だけど

朝生を見て、ジャーナリストの今井氏が、
ベルリンの壁崩壊のデモ最高、だからデモをやる若者最高!
といった、なかば高揚した感じでシールズの2人を持ち上げ、
笑顔で期待をかけてみせる構図を見て、ムカムカきて、
もう田舎のお母ちゃん的な感覚で、

こんなもん絶対あかん! 
こんなおかしな大人に持ち上げられて、
一緒にテレビなんか出てたら、あんたたち絶対あきませんよ!!」

といった感じで徹底して激怒し、その激怒をそのままとても素直に
番組のエンドロール見ながらの勢いで誰よりも早くゴー宣道場のブログ
書いた私ですが、楽屋話とか、殺害予告とか情報が入ってくるにつれ、
そういう状況にまでなっていたのかと、気の毒になってきて、
今井氏はともかく、奥田くんに向けては、そんなに怒らなきゃよかったかも・・・
と思っているのでした。

と言って、翻ってシールズを応援する気持ちにはならない。

奥田くんのフェイスブックを見ていると、殺害予告を報告する投稿に対して、
「この逆境に絶対負けないで!」といった興奮気味のコメントが殺到していて、
これもこれで受難のヒーローを仰ぎ見て煽っているようで、危なく見えてしまう。


なかには、「殺害予告がくるほど、ちょーヤバい存在! 逆に羨ましいぜ」
なんていう、完全に現実感のない浮かれた若者のお祭り騒ぎのコメントも
あって、眉をしかめてしまった。
やっぱり、自分の子供や弟や、身内が、もしシールズに感化されていたら、
身も蓋もないことを言って激怒して、参加を防ぎたいと考えているのが
わたしの本音だ。

熱狂状態からは距離を置かなきゃならない。
それから、ここまで来てしまった奥田くんを取り巻く現状や、
先行きについては、もっと冷静に想像しなきゃならない。
政治・社会問題 | - | -

朝まで生テレビ。デモ好きに疑問が残った・・・。

『朝まで生テレビ!』を視聴。
途中うとうとして1時間ほど抜けてしまった部分があるけど、
ずいぶんSEALDsを持ち上げる出演者が多いなあという印象だった。

SEALDsはとりあえず安保法案反対の代表として使えるし、
若者を叩くのは大人としてみっともない、という風潮があるみたい
だけど、あれ見てたら、はっきり言いたくなる。

(私だって安保法案には反対だけども)

ジャーナリストの今井氏は、たびたびその意見には同意したけど、
若者のデモには、妙に肩入れしすぎているのでは、と感じた。

ベルリンの壁崩壊などの例を挙げて
「デモには意味がある。意味がないなんて、歴史を無視している」
とまで言い切っていたけど、な、な、なに言ってんだあ???
今井氏の挙げた歴史上のデモは、国民がぼろ布を纏って、
続きを読む
政治・社会問題 | comments(0) | -

ミヤネ屋に安倍首相が…

テレビをつけたら、『ミヤネ屋』に安倍首相が出てきて、
宮根誠司のとぼけた進行で安保法制について語り出した。
もともと森本敏がコメンテーターをやっている番組だから、
基本的に安倍ちゃん応援系なんだろうけど、
わざわざ大阪の読売テレビまで出向いて『ミヤネ屋』?
もっと他に出たほうがよい番組あると思うけど。『報道ステーション』とか。


集団的自衛権について、宮根誠司が安倍首相にむけて基本的な質問を
ぶつけるのだけど、
それに対する安倍首相の説明が、ほとんど何を言いたいのかわからず、
一生懸命聞いてみようとしても、6割ぐらいしか意味を解読できなかった。
煙に巻こうとしているというより、しゃべっている自分自身が、
何を言いたいのかわかっていない、核心を掴めないままとにかく口数を
飛ばしているので、語順がちぐはぐして聞きづらくなっているのだ。
安倍首相は、「法案を通すための屁理屈」を鵜飲み丸飲みしているだけ。
論理が完全に破綻したままだから、他人に対して、わかりやすく噛み砕いて、
自分の言葉で伝わるように説明することができないのだ。

そして、意味を解読できた部分も、到底、理解はできない。


「集団的自衛権の行使容認で、日本とアメリカが対等になる」

はあ!? 一体、どー考えるとそーなるの?


「日本は、アメリカに対して、沖縄の方にご負担いただきながら
貴重な貴重な基地を提供している。だから、既に対等なのですが…」


は、はあ!?
「主権を犯させて対等」!?
貴重な貴重な土地を、自国民ではなく、他国の軍隊に提供しつづける
という行為は、完全に見下されて、こびへつらってこそできる奴隷行為
だと思うんですけど。



「集団的自衛権で、この対等な関係がより強固になる。
アメリカから戦争に来てくれと言われても、断ることができる」


なにそれ。じゃあ別に集団的自衛権の必要ないじゃん。
正しくは、
「属国状態がより強固になり、自衛隊は世界最大の米軍外人部隊になる。
アメリカから戦争に来てくれと言われたら、断れなくなる」
・・・の、まちがいですよね、首相。


「後方支援によって自衛隊員が攻撃される可能性があるというが、
武器弾薬は、もし敵に獲られたら逆に使われてしまう危険なもの。
だから、武器弾薬の輸送は、もっとも安全な場所で行うので大丈夫。
それに、もし、武器弾薬をとられてしまうような状態になれば、
すぐに撤収する」


あの……武器弾薬を奪われるよーな状態になってたら、
もう撤収しても遅いと思うのですが。撤収こそ死を意味するのでは…。
それにそもそも、武器弾薬の輸送はもっとも安全な場所で行うって、
その「安全な場所」を潰しにかかるのが戦争だと思うのですが。


しまいには、宮根誠司に乗せられて、笑いながらのトークになり、
「一緒に食事に行きますか」「えっ、行きましょう!」
なんて状態に。
お茶の間の主婦の人気者を懐柔して見せようという軽薄な下心が
プンプンにおってきて、イヤらしすぎて不愉快になった。
政治・社会問題 | comments(0) | -

小中学生の夏休みの宿題代行業って

昼食をとりながら、何とはなしに情報番組を見ていたら、
 
「小中学生向けの宿題代行業者」が、夏休みの追い込みで
ただいま大忙し!!
 
なんていう話をやっているので、度肝を抜かれた。
ためしにネットで検索してみると、ぞろぞろ出てくる。

 
<小学生の宿題代行 平均料金>
 
問題1問 ・・・・・・ 500円
英文翻訳 ・・・・・ 1文50円
ドリル1冊 ・・・・・ 7,000円
作文 ・・・・・・・・・ 3,000円(400字詰原稿用紙1枚
読書感想文 ・・・ 20,000円
絵日記 ・・・・・・・ 3,000円(1日あたり)
ポスター制作 ・・ 20,000円
立体工作 ・・・・・ 10,000円
植物観察 ・・・・・ 応相談
自由研究 ・・・・・ 応相談

 
中学生、高校生になると、英文が100円、150円と値上がりし、
作文やポスター制作も高額になっていく。
ほとんどはネットで注文を受け付けて、業者の雇っている
学生アルバイトに分配。
みんなで手分けして徹夜し、納品するのだそうだ。
小学生向けの朝顔の観察日記は、どこかの誰かが実際に育てた
朝顔の写真つきらしい。
 
「当社なら、絵の宿題を美大生に振り分け」
「某有名少年誌で受賞経験のあるスタッフが総監修」
 
なんつう売り文句を踊らせている業者もあった。
大学生のレポート、論文作成代行まである。
 
ある宿題代行業者は、24時間365日ネット相談可能。
子供が実際に書いた作文などをスマホで撮影してメールで
送ると、その筆跡に似せた字で仕上げられた宿題が、
指定期日までに納品されるのだそうだ。
 
日記の場合は、まず家族構成や子供の性格を聞き取り、
その後、その日のだいたいのネタをメールで送ると
(「祖父と海水浴」「同級生とディズニーランド」等)
その子供が書きそうな日記に仕上がってくるらしい。
ドリルも作文も、急に学力が上がったと思われないように、
完璧には仕上げず、ちょいちょい間違えた回答や誤字脱字も
巧妙に混ぜ込むので、教師が見破ることはほぼ不可能らしい。

そこまでして子供の宿題を金に換えるなんて、気が狂ってる。

でもさ、子供の小遣いじゃ、こんなのとても頼めないだろう、
どこの子供が利用するんだよと思ったら、
注文するのは、なのだそうだ。
 
「宿題が多くて子供がかわいそう」
「うちの子は勉強より部活動が向いている」
「宿題をやる時間を、家族の旅行に当てたい」
「毎年、親が代わりにやっている。この値段なら頼みたい」
「塾通いが忙しいので、学校の宿題はやっていられない」
 
信じがたい、狂った理由ばかりが並ぶ。

いやいや、そりゃね、「宿題を代わりにやる」ってのは昔からあること
だったよ?

私だって、小学6年生の夏、4歳下の弟の漢字ドリルを代わりにやって、
筆跡からあっさり先生にバレて、

「字が綺麗すぎる。お姉ちゃんと来なさい!」と呼び出され、
姉弟ともども、どえらい勢いで叱り飛ばされた思い出がある。
いけないことをしたと深く反省した。弟ももちろん反省したんだろう、
いま、弟のお嫁さんは、
「彼、あまりにも真面目で会社でもよく表彰されているんです・・」
と、私たちの知らない姿を惚れぼれ語ってくれている。


大学生になれば、ノートを写させてもらうとか、代返するなんてのも
よくある学生のバカ話になってくるけど、
『小中学生の宿題を、業者に頼んで金で解決』となると、
もう話が常軌を逸してるだろう。


 
子供たちに詐欺の世界を教え、
「面倒なことはネットと金で解決すればいいんだ」と教育する
宿題代行業、少子化で私塾を閉じた塾講師などが開業する例が
多いとかで、毎年春先には予約が入りはじめ、夏休みに入り、
8月になると請け負いきれずに断る業者が増えるほどの盛況ぶり
なのだそうだ。
 
はぁ〜・・・。
政治・社会問題 | comments(0) | -

安倍談話、なんじゃこりゃ!?

安倍談話を読んだのですが・・・
随分いろんなことを胸に刻み続けるんだなあ。
「あの頃、未熟だったボクたち・・・」みたいな勝手な物語に
ふけり過ぎでしょ。

『戦勝国の皆々様の善意とご支援のおかげで、
我々愚かな日本人は命を繋がせていただきました、
ありがとうございますだあ!』

という、かなり丁寧な土下座スタイル、

で、これって何のために出したのですか?


「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を
解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」



・・・って、自分が強引に推し進めている『集団的自衛権』を
頭から否定しているも同然だし。


「自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら
不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家
としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、
この不動の方針を、これからも貫いてまいります」



・・・って、どうしちゃったの?
「9条を守り抜け!」とプラカードを掲げて、あなたに向かってデモしている
人たちとまったく同じこと言ってますけど。
まさかのセルフデモ!?
それとも、こう宣言しておけば、国民が安心して解釈改憲に賛成するだろう
と思ってるの?


「我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、
平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、
世界の国々にも働きかけてまいります」



・・・法の支配を尊重!? 一番尊重してないおまえが言うなーっ!!

こんな支離滅裂な談話、長々と聞かせてよく恥ずかしくないよなあ・・・。
そして、森本敏氏は、もー、安倍ちゃんラブすぎてたまらないんですね。
「僕はよくわかるなあ・・・この一行目なんてね・・・」
って、安倍談話のプリント抱えて瞳がハートになってるよ・・・。
恋人からのラブレターに頬ずりしてる乙女じゃないか。
大丈夫かいな・・・。
政治・社会問題 | comments(0) | -