アイララ本、Amazonで買えます

今日はアイララ50周年記念のイベント第一弾で、日本のトップベリーダンサー20人が登場する豪華なショーが行われているのだけど、仕事が押し押しで行けず。
ショースペースを借りて、150席以上用意してチケットを発売したら、良席は翌日にソールドアウト、その後すぐ全席完売した。かなり盛況のはず。

 

『AiLARA 「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』
Amazonでの注文は、7月7日発売当日から可能になるそうです。
一番早く入手できるのは、7日のアイララ店頭。
8日の夕方に、新宿紀伊國屋書店等に並ぶとのことです。そして全国主要書店に随時配本です。

 

Amazon、店頭、書店、いずれからご購入いただいても、2000部限定で金子國義のB3ポスターがついてきます。
本書のためにStudio Kaneko&浅葉克己デザイン室のご協力で復元された絵がデザインされたもので、他では手に入りません。

 

***

 

ところで、今回アイララ本を引き受けてくれたのは、エシェル・アンという出版社です。
世界遺産に登録されたル・コルビジェの建築資料・全世界配信権を持っている会社で、普段は美術館の図録や建築資料などを出版しています。

 

http://www.echelle-1.com/

 

社長の下田さんは、「黒川紀章が通った店」と聞きつけてアイララを訪れた方ですが、いろいろあって今年、「そんなことなら僕が出版を引き受けましょう!」と一肌脱いで下さいました。
・・・のが最後、私が次から次へと刺激的な作品ばかり集めてきては、

「これちゃんと載せてくださいよ!」
「これ巻頭カラー、一枚目だからね!」


と、いちいち暴力的なまでの念押しをしながらドカスカ渡すので、最初は気が遠のいていたみたいです。目が白黒してました。
社長として、頭のなかにはきっと、
「うちの出版の枠からはみでてないかな、販路、確保できるだろうか…」
みたいな心配が渦巻いてらしたと思います。

 

ある作品の掲載方法については、メールでも、電話でも、LINEでも、深夜の店のカウンターでも、ネチネチネチネチこちらの言い分をほとんど説教まがいに2週間近く何度もくりかえし、メダル落としゲームのように社長の意向を完全に追いやって本当に申し訳なかったと思ってます。
でも、やっぱりあのように載せるのと載せないのとでは大きく違ったと思う。ご英断ありがとうございます!

ほかにも事務的な部分でもかなり無理してくださってると思うけれど、いい形に仕上げて下さって、本当に感謝しています。

 

『AiLARA 「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』
編著 アイララ&泉美木蘭
カバー絵 金子國義
カバーデザイン 浅葉克己
発売 Echelle-1
価格 2500円(金子國義B3ポスター付き)

 

金子國義が、宇野亞喜良が…1960-70年代の著名人たちが「ナジャ」「アイララ」を語る。

タモリ◎インタビュー「アイララは僕の原点です」
赤塚不二夫◎「天才バカボン」「新宿二丁目でローソクショーなのだ」再録
吉行淳之介◎「幻の女たち(酒中日記)」
田名網敬一◎2018年新作掲載!
篠山紀信◎とっておき掲載!
沢渡朔◎撮りおろし掲載!
アイララ座談会◎浅葉克己×岩トヨコ×吉田好男×四谷シモン


【登場する方々】
赤塚不二夫(漫画家)、浅葉克己(アートディレクター)、岩崎トヨコ(イラストレーター)、宇野亞喜良(挿絵画家)、金子國義(画家)、唐十郎(劇作家)、黒川紀章(建築家)、合田佐和子(画家)、沢渡朔(写真家)、椎根和(編集者)、篠山紀信(写真家)、澁澤龍彦(フランス文学者)、菅原光博(音楽写真家)、瀧口修造(美術評論家)、田名網敬一(現代美術家)、田村セツコ(イラストレーター)、タモリ(タレント)、西田敏行(俳優)、野田秀樹(劇作家)、長谷川和彦(映画監督)、森永博志(編集者)、吉田好男(編集者)、吉行淳之介(作家)、四谷シモン(人形作家)ほか

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

コンサドーレ札幌・都倉賢選手のインタビュー

サッカーは負けちゃったけど、東洋経済オンラインで、コンサドーレ札幌の都倉賢選手のインタビュー記事を書いたのでした。努力家&読書家の、本当に素敵な方でございました。

ご本人、ご家族に喜んでいただけたとのことで、ありがたいことです。どうぞご一読下さい。

 

「ピッチに立てない時間」が選手を強くする

読書するサッカーJ1「点取り屋」の失敗哲学

https://toyokeizai.net/articles/-/227451

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

幻冬舎plus「僕はネトウヨを卒業したのに、父がネトウヨになった」

幻冬舎Plusで連載中の「オオカミ少女に気をつけろ!」本日新記事配信されました。

連載第9回「僕はネトウヨを卒業したのに、父がネトウヨになった」

http://www.gentosha.jp/articles/-/10586

 

前回の「僕は『戦争論』を誤読したネトウヨだった」の続編です。

http://www.gentosha.jp/articles/-/10489

 

中学3年生のとき、中学校の図書館で小林よしのり著『戦争論』を読み、しかし読解力不足で世間知らず状態のために“誤読”して「昔の日本人スゴイ、日本人であるだけでスゴイ、僕スゴイ」と思い込んでしまった元ネトウヨの内田さん(31歳・仮名)。
時折、違和感を感じつつ、それでも『ゴーマニズム宣言』シリーズを読み続けた内田さんは、ネトウヨを卒業。ところが、今度は父親がネトウヨになっちゃった!

父親は、内田さんとはまったく異なるルートでネトウヨ化していったという。どういうこと…?

 

「僕はネトウヨを卒業したのに、父がネトウヨになった」
http://www.gentosha.jp/articles/-/10586

 

BLOGOS版はこちら

http://blogos.com/article/306824/

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

AiLARA 〜「ナジャ」と「アイララ」の半世紀〜

新宿二丁目本の告知がやっとできることになりました。
タイトルは、

 

AiLARA
〜「ナジャ」と「アイララ」の半世紀〜

 

編著 アイララ&泉美木蘭
カバーデザイン 浅葉克己
発売日 2018年7月7日
全国主要書店、Amazon等ネット通販、アイララ店頭にて販売。

 

 

「赤塚不二夫とタモリが毎夜ショーを繰り広げた店」
「自決前の三島由紀夫が会いに来たママ」
「金子國義が踊りながら天井をぶち抜いた店」

 

これまでいろいろな伝説的な逸話とともに小説やエッセイ、インタビューのなかで語られてきていた新宿二丁目の酒場「アイララ」と「ナジャ」を、このたび一冊の本にまとめました。

半世紀前、銀座の高級文壇バー『エスポワール』をナンバーワンのうちに去った“真理子ママ”が、まだ青線跡地だった新宿二丁目に開いた『ナジャ』、そして『アイララ』。
そこに集った文化人、芸術家のみなさんを総力取材。これを読めば、ナジャ、アイララと新宿二丁目という場所にうずまいてきた文化、そのエネルギーがわかります!

 

【登場する方々】
赤塚不二夫(漫画家)、浅葉克己(アートディレクター)、岩崎トヨコ(イラストレーター)、宇野亞喜良(挿絵画家)、金子國義(画家)、唐十郎(劇作家)、黒川紀章(建築家)、合田佐和子(画家)、沢渡朔(写真家)、椎根和(編集者)、篠山紀信(写真家)、菅原光博(音楽写真家)、瀧口修造(美術評論家)、田名網敬一(現代美術家)、田村セツコ(イラストレーター)、タモリ(タレント)、西田敏行(俳優)、長谷川和彦(映画監督)、森永博志(編集者)、吉田好男(編集者)、吉行淳之介(作家)、四谷シモン(人形作家)

 

ほか、音楽評論家の関口義人さん、まちづくりプロデューサー福井功氏、DJの伊藤悦朗氏によるコラム等掲載。

 

なお、カバーデザインは現在、Studio Kaneko の金子修氏のご協力により、金子國義画伯の一点もの作品を、浅葉克己デザイン室が鋭意復元中。
お楽しみに!

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

ライジング「芸術家と偏執性〜ハンス・ベルメール編」配信

今週のライジング、連載「泉美木蘭のトンデモ見聞録」は、

「芸術家と偏執性」シリーズ…「ハンス・ベルメール編」で書きました。

 

もうちょっとふざけた記事だって書きたいんだけどさ。

文化のやせ細っていくのを見ていると、ハンス・ベルメールは紹介せずにいられないのでありました。

グロテスクのなかにあるエロティックな美、どうお感じになるでしょうか。

 

 

小林よしのりライジング号外2018.6.12

 

小林よしのり『ゴーマニズム宣言』は…

「水着審査をなくすミス・アメリカ」

 

アメリカを代表するミスコンテスト
「ミス・アメリカ」が、
今年から水着審査を廃止し、
美人コンテストであることをやめる
と発表した。

本気か!?
エイプリル・フールじゃないぞ!!
美人コンテストじゃない
ミスコンテストって、
一体何なんだ!?

実はこれも「#MeToo」運動から発生した
フェミニズムの暴走がもたらした
ポリコレの産物らしい。
イデオロギーの暴走は、
表現を縛り、息苦しい世の中を作ってしまう。
その行き着く先は…!?

 

 

泉美木蘭のトンデモ見聞録は…
大好評の「芸術家と偏執性」シリーズ、
今回は「ハンス・ベルメール編」

 

創作人形制作の第一人者で
多くのファンを持つ
四谷シモン氏が、人形作家として
決定的な影響を受けたという
ドイツの芸術家ハンス・ベルメールの、
思わず息をのむような作品群。

それはなぜ生み出されたのか。
決して見て心地よくない、しかしその奥底には、
得体のしれない「美しさ」がないか?

まさかこれに「削除依頼」が来るほど、
「良識」が表現を狭める世の中では
ないでしょうね…

 

小林よしのりライジング号外2018.6.12

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

「僕は『戦争論』を誤読したネトウヨだった」配信

幻冬舎plusで連載している「オオカミ少女に気をつけろ!〜欲望と世論とフェイクニュース」、本日記事配信!

 

「僕は『戦争論』を誤読したネトウヨだった」(前編)

http://www.gentosha.jp/articles/-/10489

 

ネットは「便所の落書き」なんて言われて済まされていた時期もあったけれど、いまやそのネットの中で醸成された空気が、そのまま街頭へ飛び出し、自他の実生活を侵食し、雑誌や本の売れ行きを左右するような状態にまで悪化・劣化している状態。

 

「気が付いたら、友達がいつの間にかネトウヨになっていた」
こんな報告をちらほら聞くようになりましたし、私の友人も実はその世界の住人に…。

 

人は、一体どんな経緯をたどってネトウヨになっていくんだろう。

 

ずっと、「こんな経緯なんじゃ、ないか、なー?」「こんな人物像なんじゃ、ないか、なー?」なんて想像していた世界でしたが、やっぱり会ってみなきゃね。
というわけで、実際に「元ネトウヨでした」と名乗り出て下さった方を取材させていただきました。

今回記事に登場していただくのは、13歳の時に学校の図書館で読んだ『戦争論』をきっかけに、ネトウヨの道へと走ってしまったと語る青年です。
非常に理知的な印象で、自分自身のことを謙遜しながら、整理して冷静に語る姿に、私は好感を持ちました。ぜひご一読ください。

 

「僕は『戦争論』を誤読したネトウヨだった」(前編)

http://www.gentosha.jp/articles/-/10489

 

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

告知@拡大版道場、SPA!、キャ…キャンタ…ま〜!?

告知4連打。

 

◆2018年4月17日(火)夜9:00〜
生放送「よしりん・もくれんのオドレら正気か!?」

出演:小林よしのり(漫画家)・泉美木蘭(作家)
よしりん・もくれんは、ついにユーチューバァーデビューしました。

ぜひYoutubeで気軽に見てくださいね。で、おもしろいなと思ったら、niconicoに登録すると、毎週鬼のような分量で書いている連載「泉美木蘭のトンデモ見聞録」を読むことができます。

 

4月17日のテーマは…

「リベラルのキャンタマは小さいのか?」

 

え、えっとぉ〜。

現在配信中の「泉美木蘭のトンデモ見聞録」、連載第76回「“睾丸小さいとリベラル”世にも奇妙な『別冊正論』の世界」を中心に、お届けする、と〜っても、ひどいことになりそーーな予感ぷんぷんの生放送です。

↓↓


▲『別冊正論31号』に掲載され、産経新聞社が満を持して推しているスゴすぎて想像のはるか斜め上にぶっ飛んでいる竹内久美子氏の論文。


抱腹絶倒必至!

笑ってお茶を吹かないように、飲み物とともにタオルを準備してのぞんでください!!


Youtubeでのご視聴
niconicoでのご視聴

 

 


+++++++++++++++++++++++++++++++


◆2018年4月27日(金)朝7:00〜8:30
TOKYO MX「モーニングクロス」

コメンテーターとして出演
MC:堀潤 キャスター:宮瀬茉祐子
http://s.mxtv.jp/morning_cross/

 

 


+++++++++++++++++++++++++++++++


◆2018年5月3日(木・祝)14時〜
ゴー宣道場@目黒区中小企業センターホール

ゲスト:井上達夫氏・伊勢崎賢治氏・山尾志桜里氏・枝野幸男氏
登壇者:小林よしのり(漫画家)、高森明勅(日本文化研究所代表)、笹幸恵(ジャーナリスト)、 倉持麟太郎(弁護士)、泉美木蘭(作家・ライター)

 

今回は400人入れる大ホールでの議論です。はじめての方も、ぜひお誘いあわせの上参加してみてください。

SPA!でもなにやら取り上げられていますよ!

 

【日刊SPA!】枝野幸男氏は小林よしのり氏との「約束」を守るのか?
https://nikkan-spa.jp/1469005

 

参加申し込みはこちらから

https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=bbjnr6tw8-24#_24

 

 


+++++++++++++++++++++++++++++++


◆2018年6月2日(土)14時〜@渋谷LOFT9
SPA!主催「ゴー宣道場出張版」

ゲスト:中島岳志氏
登壇者:小林よしのり(漫画家)、高森明勅(日本文化研究所代表)、笹幸恵(ジャーナリスト)、 倉持麟太郎(弁護士)、泉美木蘭(作家・ライター)

 

※このSPA!主催の道場は、イープラスにてチケットをお求めください。

 

『週刊SPA!』で23年ぶりに『ゴーマニズム宣言』を復活させた小林よしのりさん。小林さんが主宰する「ゴー宣道場」は「身を修め、現場で戦う覚悟を決める公論の場」。今回はロフト9に出張版として登場! ゲストはなんと、かつて小林さんと「パール判事論争」を繰り広げた政治学者・中島岳志さん。現在は「立憲的改憲」という同じ方向を向いているゴー宣道場の場で、保守とは何か? リベラルとの違い、近似性とは? などを討論します。

 

●チケットはこちら…
http://eplus.jp/sys/T1U14P002258215P0050001

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

オオカミ少女に気をつけろ!

幻冬舎plusで連載中の「フェイク」関連に特化した
泉美木蘭「オオカミ少女に気をつけろ!」、
第4回は、
「世界中で研究“オオカミに育てられた子”の実記は嘘だった…」




ライジングで連載したものから、さらに加筆し、
関係する文献も紹介しています。
一定期間は無料で読めるのでぜひお楽しみください。
担当編集のSさんがうまくて、これからさらに笑えるとこで
後編につなげてくれました。


「オオカミに育てられた子」は世界中に広まった話だけど、
一連の関係書は、いま読めば読むほどおもしろくて、



ライジング以降、重ねて加筆するたびに、また発見があり、
「人ってこういうところが落とし穴で、だまされるんだな…」
と気が付かされるものでもあります。
そして、
「人って変わらないんだな…自分ふくめて」
ということも。
幻冬舎plusに入稿したあとも、思い至ったことがあるので
そこは近いうちに別の形で出すことになるでしょう。
面白く読めるように構成しているので、どうぞお楽しみ下さい。

幻冬舎plus「オオカミ少女に気をつけろ!
ー欲望と世論とフェイクニュース」

 

Yahoo!ニュースでもお読みいただけます。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00010074-gentosha-ent&p=4

 

もくれん探偵事務所は現在特別編成のフェイク特捜班が
活動していて、目下取材活動中。今日ももう行かんと。



 

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

東洋経済オンライン

幻冬舎plusで連載中のオオカミ少女に気をつけろ、

「AIが暴走したって本当?」の回、

東洋経済オンラインでも読めるようになってます。

ほかの取材記事もいろいろ書いてますので

どうぞお楽しみください。

 

「AI同士の会話が大暴走した」ニュースの真実
「終わりの始まり」って本当ですか
http://toyokeizai.net/articles/-/214077

 

 

昨日はいつもお世話になっている編集チームで

ちょっとした慰労会があったのだけど、

大きな会社って焼肉ひとつでも雰囲気が違って

面白いなぁ。

誰がトングを持って焼く係に徹するか、

誰が人のグラスを気にして注文をとる役割をするか、

部下が上司を、上司が部下を、男性が女性を、

お互いに忖度しすぎて、

上司がひっくり返したばかりの肉を、

後輩がすぐさまひっくり返してしまったり、

後輩と上司が同時に人の皿に肉を乗せてしまったり、

肉が常に右往左往する様子がおかしかった。

 

泉美木蘭からのおしらせ | - | -

連載と出演

幻冬舎plusでの連載「オオカミ少女に気をつけろ!」

第3回"AIが暴走した"ってニュースは本当?

が本日配信になりました。

http://www.gentosha.jp/articles/-/9959

 

「Facebookの開発していたAI同士をしゃべらせたら、

人間に理解できない独自言語を開発してしまい、

研究者が慌ててシャットダウンし、処分した」

というニュースにびっくらこいてわくわくした私。

 

…しかし、行き着いたのはロシアのフェイクニュースサイト。

その結末の回です。

どなたでも無料で読めますので、ぜひお楽しみください。

 

幻冬舎plus 泉美木蘭

「オオカミ少女に気をつけろ!〜欲望と世論とフェイクニュース」

http://www.gentosha.jp/articles/-/9959

 

 

明日27日は、朝7時よりMX「モーニングCROSS」

コメンテーターとして出演します。

オピニオンコーナーでは、「フェイクニュースと広告代理店」

というテーマで話します。

 

 

 

 

 

泉美木蘭からのおしらせ | - | -