日本で「王様は裸だ!」と言ったら・・・

「王様は裸だ!」


 

「私は服を着ているのにですね、まるで裸であるかのごとく、
印象操作するのはやめていただきたい。もし私が裸だったら、
責任をとって王様を辞めますよ!」


 

「だから王様、裸ですって。奥さんも。完全に見えてますよ」


 

「裸、裸ってね、私も妻も服を着ているじゃないですか!
まるで、私と妻が公然猥褻罪であるかのごとく言うのは、
それは、レッテル貼りと言うんですよ」


 

「いや、だから、裸だもん・・・」


 

「みなさんね、この世には『良い裸』と『悪い裸』があるわけです。
悪い裸。これは見せられたらたまったものじゃない。
すぐに服を着るよう指導すべきものですが、一方で、良い裸という

ものがある。これはどこにいても見られるもので、みんなちょっと

づつ楽しんでいるわけです」


 

「そうだそうだ!
王様は、『これは悪い裸ではない』とはっきり言うべきだ。
誰だって、裸を見て喜んだことがあるでしょう!」


 

「だいたい、裸のなにが悪いんですか?」


 

「いや、だって見えてるし・・・」
 

 

「そんなことより、話し合うべき重要な問題があるでしょう。
『裸だ、裸だ』ってただ言うだけで、本質的な議論にまったく
なっていない。まるで子供じゃないか。情けない」


 

「あのね、良い裸、悪い裸ではなくて、そもそもが、みんな、
裸の王様につきあわされて、王様から『脱げ!』と言われて
脱いだわけでしょう?
しかも、裸であるのに『服を着ている』とか、『脱げとは言わ
れていない』とか、『脱いだかどうか記憶にない』とか言わさ
れている。ここに問題があるわけですよ」


 

「アジェンダ設定はどこにあるんですか?
みなさんさっきから聞いていると、おっしゃることがバラバラで、
ちょっと整理したいんですけれども、まず『王様は裸だ』という
意見がある。
一方、裸なのはわかっているけど、服を着ている“てい”でやって
いく、その中で作り上げられたコンプライアンスがあるわけです」


 

「君は一体何を言いたいんだね? そんなものは欺瞞でしょう。
裸と認知されているにも関わらず、服を着ていると扱われる。
服を着たくても着られない、こんな危険な状態
まま、

王様の家来は歩かされているわけですよ!
 

 

「裸は裸に決まってる! とんでもないよ! ねっ!?」


 

「私の記憶にもとづきますと、私は脱いだことはありません。
ですから『脱いでいない』とお答えしたわけですが、その記憶が
間違っており、いま、裸の可能性があると推測しています。
しかし、嘘をついた認識はありません」


 

「たとえ裸であったとしても、これまでの裸とは異なる、新しい裸。
『王様は裸だったんじゃないか』とのご批判があることも、真摯に
受け止めている。
今後も、引き続き、しっかりと、王様としての職務を全うしたい。
こう、私は考えているわけであります」

日誌 | - | -

今日はよしりん先生との生放送

安倍首相は「深く反省している」なんて芝居を打っていたけど、
論点をそらした無意味な弁解ばかり。
国会でしゃべったのと同じ台詞を、繰り返して読んでるだけの
ところもあったし。
<安倍首相・今国会のキメ台詞ダイジェスト>みたいなものを、
本人再演で見せられたようなもので、完全に気分を害したよ。

「家庭の事情に関わらず高等教育を真に開かれたものにしていく」
ってのも、改めて安倍首相から聞くと腹が立ってきた。
自分の支持率回復のために貧困の学生たちの切迫感を利用している
んじゃないか?
そもそも教育無償化は憲法ではなく、国民の合意形成の問題でしょ。


今日の東京新聞に「共謀罪も米国追従」という特集があった。
元CIA職員で米国の国家ぐるみの個人情報監視の実態を暴露した
スノーデン氏のインタビューが再度紹介されていた。

スノーデン、本人が出てるドキュメンタリ映画見たけど、切迫感

半端なかったな〜。

 


日本は、すでに米国から極秘の情報監視システムを供与されている。
このシステムは、メールの内容やSNSの利用歴など個人情報を大量に

収集するもの。

日本政府は、これを使いたくてしょうがなかったわけだ。

「テロ対策」というウソをばらまいて。
そして、特定秘密保護法にしろ共謀罪にしろ、米国政府からの打診を

受けての法案成立であった可能性が高い、と。


民進党は、このスノーデン氏の証言をもとに質問書を作ったが、
安倍政権は例によって
「真偽不明の文書等に基づいた質問にお答えすることは差し控えたい」
と閣議決定している。

へーえ、「真偽不明の文書等」って、便利な言葉ですね!

 

ってなところで、

さあ、今夜9時から小林よしのり先生と泉美木蘭の凶暴な生放送ですよ!

この番組だけはあり得ないぐらい言いたい放題!



視聴・タイムシフト予約はこちら!

 

「よしりんに、きいてみよっ!」第71回、今夜です。

出演:小林よしのり(漫画家)・泉美木蘭(作家)

日誌 | - | -

朝日新聞の「マフィア化する政治」がおもしろかった

今朝の朝日新聞にのってる長谷部恭男教授と杉田敦教授の、
「マフィア化する政治」という安倍政権批判対談が、
言いたい放題で、的を得まくっててすごくおもしろかった。

 


身内でかばいあって、外部に恫喝、
説明など必要ない、反対するやつは切り捨てるという、
権力欲のむき出し感。
米国やロシアに通ずるマフィア政治だ、と。
まったくその通りだなーーー。
「マフィア」と呼ぶには気が小さすぎて吠えまくるけど。

しかし、どこからどう見てもブラックで巨悪なのが見えてる
のに「まさか俺らを裁けるとでも思うのか?」てな態度で
公然と悪事をはたらいて見せる凄さ。

長谷部氏は、右か左かではなく、自分の頭でものを考えるか、
為政者の言う通りにしておけば間違いないと考えるか、
そのせめぎ合いになっているのでは、と。

うーん。そもそも安倍政権が自分の頭でものを考えることを
やめた人間だけを集めて、「数の力」を振りかざしている
からな。
みんなで自分の頭で物を考えるやつを悪者扱いして叩こう、
少数野党をバカにて嗤おう、弱者を切り捨てよう、だもの。
あーいやだいやだ。


ところで今日はライジングのしめきりだったんだよ。
土日ずっと根詰めてまったく違う分野の原稿やってたから、
頭切り替えてやらないとだ。
今日は合気道の稽古も行きたいし。間に合うかなー…。
 

日誌 | - | -

多数派について得しろと言われる時代

民進党の福山哲郎議員、共産党の小池晃議員が、がんばって
加計学園問題で、安倍首相と菅官房長官を攻めているけれど、
6月の蒸し暑さのためか、共謀罪の強行採決を見た直後だからか、
国会中継を見ている意味があるのかどうかわからなくなってきて
しまった。今日は6時出発だから、それまでは見るけど。
籠池証人喚問もそうだったけど、前川さんへの公然たる人格攻撃、
一体なんのためにやったんだよな…。
とんでもない人権問題が起きてると思うよ???

6月11日のゴー宣道場、山尾志桜里議員と馬淵澄夫議員が、

ゲスト登壇された回の議論では、

 

 

馬淵澄夫議員が、女性宮家創設について、
付帯決議では「施行後すみやかに」という文言になったものの、
水面下での3日3晩かけた交渉と議論の末に、菅官房長官から、
「法の施行にむけて検討するという3文字を入れた答弁を得た
という話をしてくださった。
なるほど、と思った。
やはり、そうやって地道な攻防を積み重ねて、国会の場で答弁を
得て、「議事録」にその文言を残すことが重要で、次代の方向性
を一歩ずつ決めていくことに繋がっているのだなと。

共謀罪(だけじゃないけど)は、その過程を経ないために、
あべこべ・むちゃくちゃなまま、最後の法務委員会を飛ばして、
会期に間に合うようにいきなり本会議での採決に持ち込んだわけ
だから、安倍政権とそこに従属する議員は、
「国会で議論の必要なし、反対する国民の声は聞く必要なし、
禁じ手でもなんでも使って、数の力で採決して構わない」

という姿勢に賛成し、国会を殺してしまった。

支持率の大きいほうにつけよ、と。
多数派につけば得する世の中を見せてやる、と。
権力側についていれば、それが正義なんだぞ、なにも考える必要はない、と。


これ、知人から送られてきたんだけど、
大正14年3月7日と8日の朝日新聞の見出しだって。
つい最近の見出しとそっくりだよ。

 

 

日誌 | - | -

ダメ、ゼッタイ。「記憶にない」の濫用はキケンです。

「記憶にない」って、官僚にそう簡単に言わせていいセリフじゃ
ないと思うんだよなあ。
「そんなわけないだろ、この大嘘つきめ」と思われるか、
「そんな記憶もないバカが官僚やってるのか」と思われるか、
どちらかになっちゃうでしょう。
国家そのものの信頼が崩れていくだけだよ。

 

「記憶にございません」の大家 小佐野賢治(ロッキード事件)

 


私ですら、過去のスケジュール帳は捨てずに置いてあるし、
それを見れば、その日のことは思い出せるもん。

たとえば…
ちょうど一年前、2016年の6月10日は、
「9時50分、表参道A3出口」
時間と場所だけのメモだが、これは媒体からの依頼で、X社へ
取材に行った。現地集合でカメラマンが合流した。
X社はたくさんの会社が入居するビルのなかにあって、入口が
わからず焦って右往左往した。
他にもうろうろ困っている人が何人かいてよく記憶している。

その翌週2016年6月16日は、「14時、篠崎駅」
駅名しか書いてないが、これは動画番組「淑女我報」の取材で、
笹幸恵さんと一緒に書店「読書のすすめ」の清水店長を訪ねた。
ハンディカムで、駅前からレポートしつつ、店に向かった。
笹さんの耳にはパンダのピアスが揺れていた。
取材終了後、岡潔と執行草舟の本を2冊、現金で買った。
笹さんは「カード使えます?」と聞くほど、たくさんの本を買い
込んでいた。
帰りは、篠崎駅前のカフェに入ってふたりでお茶を飲んだ。
店内の冷房が効きすぎて肌寒かった記憶がある。

ちょうど二年前、2015年6月10日は、12時に美容室。その後、
16時に新宿二丁目の行きつけの飲食店で、バイト探しに困って
いた友人を、タイル職人の知人に紹介している。
ところが話が折り合わず、後日、きみがタイル職人やらないかと
勧誘されたのだった。
午前中のみの作業、初心者で日当1万4千円からスタートだよ!
いま、タイル職人には女性の力が必要なんだ!
きみなら必要な道具一式、親方が喜んで買ってくれるから!
とか、猛烈に誘われて本気で迷ったのですごくよく覚えている。

三年前、2014年6月10日は、「18時うなぎ」とだけ書いてある。
しかし、この日うなぎを食べにいった相手とは縁が切れた。
よっぽどうなぎが食べたかったんだと思うが、名前よりうなぎを
メモしてしまった時点で予見されていたか…。
まったく失礼な人間だよ、あたくしは。



まあ、そんな感じで、さして高学歴でもない普通の人間でも、
記号程度のメモから、このぐらいの記憶は思い出すわけよ。
いまの政権は、国家を信頼を破壊しているとしか思えないよねっ。

日誌 | - | -

黒塗りが物語る財務省のキモチ

朝から国会中継を見ながらライジングの原稿まとめてるけど、
民進党がパネルで出してきた、森友学園から財務省に提出されていた
土地の取得要望書の黒塗りっぷりが半端ないな。



「■■■■■■■■■設置趣意書」ってタイトルまで黒塗りされてるけど、
この文書、籠池氏によると、安倍晋三記念小学院の設置趣意書なのだそうだ。

そりゃ財務省は塗りつぶしたくなるよね。


しかし、タイトル名や趣意書の内容は完全に塗りつぶされて秘密にされて
いるのに、よく見ると、籠池氏の電話番号は丸裸という。
個人情報がどうのとか、情報公開の規則がどうのとかいう話以前に、
「国にとって都合の悪いところを塗りつぶした」ことが明らかよね。

午後も民進党からはじまって共産党の追及があるから、見ながら
明日配信のライジングにまとめるよ。



 

日誌 | - | -

日本を「超監視社会」にするのか

ブルース・シュナイアーというITセキュリティの権威の本
『超監視社会 私たちのデータはどこまで観られているのか?』
を読んでいる途中。
監視先進国アメリカの現状を読めば読むほど、追随しようと躍起の
日本政府が、“とめどなく恐ろしい存在”としか考えられなくなる。

ある26歳のアイルランド人男性は、彼女とロサンゼルス旅行に行く
前に、ツイッターで友人たちに向かって、

「アメリカを destroy しに行く前に、今週、話をしないか?」

と呼びかけたそうだ。
この時の「destroy」は「破壊」の意味ではなく、イギリスの若者が
使うスラングで「ハメを外して思いっきり遊びまくる」という意味
らしい。


ところが、ツイッターに監視網を張り巡らしていたアメリカ政府は、
これを「テロの予兆」と受け取り、この男性の乗る飛行機を特定し、
空港で待ち受けて、恋人もろとも拘束。
5時間に渡って取り調べを行った上、強制送還となったという。
もちろん男性はただアメリカで遊びまくろうと思っていただけだ。

戦前の話じゃないよ、2012年、つい数年前の出来事。
しかも、5時間で強制送還で済んでまだよかったというレベルだ。
当然、この男性と「つながり」のある人たちも捜査対象になって
しまうんだろう。

スマホが普及したおかげで、スマホの中の通信・通話履歴、SNS
やWEBの利用履歴、アドレス帳の中身、予定表、交友関係、投稿、
GPS情報などがいとも簡単に吸い上げられるようになっているから、
「ネットの匿名性」なんてのは意味がなくなって、むしろ、
「ネットにプライベートをとられてる」状態になっている。

このごろはネット上でスケジュールを管理したり、交換した名刺を
データ化して保存するサービスも普通に使われるようになった。
便利で新しいからどんどん普及してるみたいだけど、データとして
外部に預けるって、めちゃくちゃ怖いなと思う。

自分たちはのほほんとした市民だから関係ないと思っていても、
監視されたり、監視されている人と繋がりがあると特定されていた
りする。
じわじわと

「そんなこと書いたらだめだよ」

「そういう言い方するとやばいよ」

なんて萎縮がはじまる。

一般人の表現が萎縮するならば、メディアなんかもっと萎縮して

いるよ。残念ながら。


共謀罪って、つまりは、日本をこういう国にしたいわけです。


_________________________________

第64回ゴー宣道場
「公の為に~生前退位と共謀罪~」

平成29年6月11日(日)午後2時 から『人事労務会館』 にて開催

 

ゲスト:

馬淵澄夫議員

山尾志桜里議員

 

登壇者:

小林よしのり(漫画家)

高森明勅(神道学者)

笹幸恵(ジャーナリスト)

切通理作(文筆家)

泉美木蘭(作家)

倉持麟太郎(弁護士)

 

https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=bb6ytn5u2-24#_24

日誌 | - | -

いっそのこと金田法相にモザイクかけたら?

憲法記念日でこれまでの国会答弁を振り返る特集が多いけど、
閣僚や自民党議員の発言は本当にひどすぎるね。
共謀罪の金田法相なんて、昭和のドリフのコントに出てきた
頭の弱い子そのものだもんなあ。
 

― 金田大臣はなぜ、どうして法務大臣になられたのですか?


「私は、どのような理由で法務大臣に任命されたのかは
私は、私としては、理解しているとは思っていても、
内心に思っていることはあってもそれを申し上げることは
適切ではないと思っております」

 

― 金田法相、民進党の階議員からの質問に

「ただ今のご意見に対しましては、私は、ちょっと、
私の、あのー、まー、頭脳と言うんでしょうか、
ちょっと対応できなくて申し訳ありません」

 

「階先生の質問は非常に重要な質問が多いので。

事前にご通告いただけるとありがたいというのは
最初に申し上げた通りであります。
そうしますと、立派な答弁をただちにできるかなあ
というトライをしてみたいと…」

 

― 昨日大臣の答弁で、もうちょっと詳しく通告いただければ
立派な答弁ができるということをおっしゃられたので、今日は
しっかり通告しております。立派な答弁を是非お願いしたい。

 

「事前の通告があれば、立派な答弁とおっしゃいましたが、
ちょっと違いまして、事前の通告があれば、立派な議論に
つながると、こういった思いだったのですが…」


 

いやー、ひどい。っていうか《ヤバい》レベル。
金田法相があんまりヤバいもんだから、勝手に刑事局長を呼んで
勝手に答弁させるようなことをしてたけど、そんなに隠さなきゃ
ならないなら、いっそのこと金田法相の姿にモザイクでもかけて
国会中継したらどうだろう?
あ、そうすると昭恵夫人にもモザイクかけなきゃだけど。

さらにひどいのは、この刑事局長の勝手な代打答弁に業を煮やした
民進党議員が、机を叩いて抗議し、集まって対応を相談しているの
を見た自民党の土屋正忠議員

「今のはテロ準備行為じゃないか?」

などとヤジを飛ばしていたことだ。
熟議どころか議論が成り立たない国会運営に抗議する議員に対して、
「テロ準備行為」なんてことを言う与党議員の傲慢さたるや。
しかも、この件について問題視されて言った言葉がまたひどい。

「ヤジは飛ばしたが、中身は記憶していない」

 

こんな大臣にこんな与党議員、国会にいていいのかな。
 

日誌 | - | -

「あの人」で財務省は動いていたのだから

寝不足。だけど連休中は合気道道場が休みだから今日はライジングの
原稿終わってすぐ行ってきた。「正面打ち三カ条抑えの二」練習中。

さて、この写真は以前ブログにものせたものだけど…
平成26年3月14日夜に東京のホテルオークラで撮影されたもの。



昭恵夫人と籠池夫妻は、このとき「日本人の誇りや日本の教育」について

意見交換していたらしいんだけど・・・
先週、籠池氏によって、この席で、森友学園の小学校建設運動についての
相談があり、昭恵夫人が「主人に伝えます」と答え、
さらに「何かすることはありますか?」とまで言っていたという証言が

飛び出した。
かなり積極的に関わろうとしていたんだよね、昭恵夫人は。

次回のライジングでは、籠池氏が霞が関の財務省本省との面談の音声記録
を公開し、民進党の招致でヒアリングに応じたことを受けて、
どのような経緯で、どのような意味があって、籠池夫妻が動き、
そして森友学園問題が進んでいったのかをわかりやすく解説しています。

少し時間がたってわけがわからなくなっている人でも、
民進党ヒアリングの内容や音声記録の内容がよくわからない人でも、
どこが重要なポイントなのか、この記事を読めば時系列も含めて整理
できますよ。
配信をお楽しみに。

日誌 | - | -

食品は腐るんですよ・・・

ライジングの原稿終わってすぐに合気道の道場へ出かけたけど、
稽古に一時間遅れた。がーん。
もう少しコンパクトにまとめたいと思って書きはじめても、結局、
力いっぱい書いちゃうのよね。

明日は、森友学園を愛国教育に偏向させた張本人、安倍晋三の
教育に関する罪について書いています。
「安倍教育親衛隊」と呼ばれる教師集団の実態とは?



ところでこれ、瓶にごはんを入れて、
「ありがとう」と書いた紙を貼ったやつ、
なにも貼ってないやつ、
「ばかやろう」と貼ったやつだって。
一カ月おいたら、「ばかやろう」は“ネガティブな悪玉菌と共鳴して”
真っ黒に腐ったけど、「ありがとう」は“ポジティブな善玉菌と共鳴して”
芳醇な香りだったんだって……。

昭恵さんが本気で信仰している波動カルトの、あれです。

ためしに、私、ある“ポジティブな波動持ってそーな”言葉を紙に書いて、
ぶどうに見せたんだけどさ、どんどん茶色に傷んできたよ?
くわしくはあす配信のライジングで…。


 

日誌 | - | -