ミニスカート論から神田伯山まで

最近復刊された田嶋陽子著『愛という名の支配』を読んだ。
のっけからジェットコースターのように次々とすごい見解が
襲い掛かってくる本だった。

   

   

女性はガレー船の船底の奴隷、
主婦は男女平等に反する憲法違反、
ミニスカートは「いつでもレイプ可能」と。

10年ほど前に、当時70代半ばの女性から、
「ミニスカートは日本の女性の下半身を冷やして、
流産しやすい体に変えて、少子化にするために
GHQが仕掛けた罠なのよ!」

と力説されたことがあったけど、その時以来の“驚き”だった。

 

国連で「女性だけが女性問題を話し合っている状況で、
どうやって世界に変化の影響を与えることができるのか?」

とスピーチした女優のエマ・ワトソンは、
ややセクシーなアーティスト写真を公開した途端に、


「フェミニストなのに性を売り物にしている」
「スピーチが台無しになった」
「偽善者」「偽フェミニスト」

 

などとバッシングする人々が現れて、驚愕したらしい。
海外にも服装に目を光らせる田嶋陽子氏のような人がいるんだな。

話はすっかり変わるけど…

講談師の6代目神田伯山・真打襲名披露興行に行ってきた。
できれば桂文治が出る日に行きたかったけど、
春風亭柳橋が聞けたし、神田松鯉もすごく良かったし、
ねづっちの即興ギャグの才能に大拍手してしまった。
まだあと一か月ぐらい続くらしいけど、コロナに負けないで
全部やってほしいなあ。

意外だけど、講談界は女性のほうがはるかに多いらしい。
そう言えば、私がはじめて聞いた講釈師も女性だったな。
落語と違ってト書きがあるところと、
ト書きでリズムをとって、話をトントンと速めて、
会話文や話し言葉でキャラクターを描くところが、
私の書きたい文章の感覚にぴったりはまるところがあって、
気に入った講釈は何回でも聞きたくなってしまう。

伯山は、かなりちゃんとした伝統芸能をやっている人だけど、
要所要所に劇画タッチな表現や、アニメーション的な演出が入る
ところがすごく面白くて、オリジナルの味があるし、いいなと思う。
今の10代、20代は、素直に真面目に話を聞くタイプが多いようで、
講談にも、すっと入り込んで話に聞き入る人が多いらしい。
客が老人ばかりで廃れそうなイメージがあったけど、
ところがどっこい、というところがあるんだな。

日誌 | - | -

モトリー・クルーが復活してた

ライジングの新連載「泉美木蘭の血道(ケツドウ)一直線!」で

「ヘヴィメタルにケツ道一直線!」と題して、

モトリー・クルーに狂っていた頃のことを書いたんだけど…

 

久しぶりにYoutubeで昔のモトリーのPVを見て、

わー、やっぱり私にはトミー・リーを超えるロッカーはいないわ、

かっこよすぎる、それにしても懐かしいなあー、でも解散したんだよなあ、

2014年の最後のツアー、行っておいたら良かったなあ・・・

なんてしみじみ思っていたら、

その最終ツアーの時の活動停止契約書を、思いっきり爆破する動画が、

モトリー公式チャンネルから配信されていた。

 

「Motley Crue is Back!」(2019.11.18)ですと。

 

 

 

 

えっ。

記者会見まで開いてきっちり活動停止契約を発表したけど、

若いファンがどんどん増えてきてすごいことになってきたから

やっぱりあの契約、破棄することにした。だって。

 

さすがやな。最後に流れる「Kickstart my heart」がたまらない。

これやで! やっぱり爆発せんとな!

 

もしかしてだけど〜、来年あたり来日しちゃったりするんじゃないの〜?

 

なつかしすぎる、VHSテープでめちゃくちゃ繰り返して見た映像が。

 

 

わ! 「Kickstar My Heart」の新しいPVが一週間前に配信されてた!

 

 

興奮しすぎ。

日誌 | - | -

自分好みの情報だけ集まる「フィルター・バブル」空間はお好き?

幻冬舎plus連載「オオカミ少女に気をつけろ!」
新しい記事の配信です。

 

自分好みの情報だけ集まる「フィルター・バブル」空間はお好き?
https://www.gentosha.jp/article/14928/

 

日常的に使っているネットの世界は、
自分が選択したもののようでいて、実は作られた世界の中で
ふわふわ浮遊させられているのかもしれない。
少しでも視野を広げていくための参考になればと思います。


 

日誌 | - | -

『パラサイト 半地下の家族』面白かった。

韓国映画『パラサイト 半地下の家族』面白かった。
飲食店に失敗して、莫大な借金だけを背負ってスラム暮らし
という典型的な韓国格差社会の底辺にいる一家と、
IT企業で大成功して高台の大豪邸に暮らし、コネを重視する
富裕層一家とが絡む話。
笑えるし、ヒヤヒヤするし、呆れるし、びっくりするし、
痛いし、怖いし、現実感あるし、高慢ちきなやつに反吐出るし、
貧困層の心の叫びや、心理がよく描かれてるし。

貧困層と富裕層との差を、美貌の格差で表現してるところも
リアルだったな。
美貌の金持ち一家よりも、貧困一家のほうがキャラがあって
面白くて親しみ持ってしまうというのが恐ろしいところだ。
でも日本でも「いるいる、こういう貧困家族」となったら困る。


日誌 | - | -

新聞記事に花丸つけて国会内のドアに貼るキモさ

立憲民主党の安住淳国対委員長が、新聞記事のコピーに
「100点!」「くず0点」「出入り禁止」などと書き込んで、
国会内のドアに貼り付けたらしい。

 

新聞各紙に「0点」「出入り禁止」

立憲・安住氏、採点を国会に張り出し(毎日新聞)

https://mainichi.jp/articles/20200204/k00/00m/010/235000c


・・・なんでそんな子供じみたことをやれるんだろう。

以前、自民党の勉強会で百田尚樹氏や大西英男議員が
「沖縄の2つの新聞は潰さないといけない」
「マスコミを懲らしめるには広告料収入を断て」
などと発言して問題になったことがあったけど、
それと性根が変わらないし、
いくらなんでも幼稚すぎると思うんですが。

 

しかも貼り出された写真をよくよく見たら、
一番べた褒めされて「100点!」「すばらしい!」とされて
いる記事、これは2月4日の東京新聞朝刊だと思うけど、
コラムを書いた政治部の若い女性記者の顔写真が
グルグル花丸で囲まれていて、めちゃくちゃキモかった。
女性に対してなにかキモい判断基準を持ってるんじゃないか
という風にも見えたよ、あれは。
国対委員長にしていて大丈夫なのかなあ。
花丸でグルグルされた女性記者も、褒められたと思って
喜んだりせずに、これは「キモすぎる」と思わないとだめよ。

日誌 | - | -

「風俗で働く女性は“搾取”されているのか?」

1月30日に発売された小林よしのり先生著「慰安婦」(幻冬舎)、

慰安婦問題に関する膨大な史料と出来事、世論の変遷が

時系列にわかりやすく漫画で描かれている作品ですが、

その中に、私の原稿「風俗で働く女性は“搾取”されているのか?」が

収録されています。

 

私は、自分が20代に体験したことを「笑いに反転するしかない」と

考えて作品を書いて、話のネタにもずっとしてきましたが、

自分の姿勢や視野、勉強次第で、こういった歴史問題のテーマの中に

その体験を編み込んで役立てることができると気が付き、個人的に

非常にありがたく思っています。

 

「自分が高等な顔をしているのか、下等な顔をしているのか、

そんなことは自分が一番よく知っているもので、

世の中の裏も表も知らない奴が、デカいツラしてんじゃねえよ」

 

とは、成瀬巳喜男監督『放浪記』の一コマ、

女給を蔑む奴に、林芙美子が言い放つセリフですが。

まったく同じことを言いたいと思うことがよくあります。

でも、世の中には徹底的に辛酸をなめている人々が存在するということを、

理解できない人も残念ながらいる…というのもまた、現実だからね。

現実をどこまで受容できるかは、その人の度量に関わっているかもしれない。

 

興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

 


『慰安婦』(幻冬舎)

日誌 | - | -

読んだ本2020.1月

読んだ本を載せていくという約束を人としてしまったので

すごく雑だけど2020年1月分。

再読が多いから、何度も同じ本が出てきそうや…。

 

 

日誌 | - | -

幻冬舎plus連載「SNSでのバッシング好きを瞬間沸騰させる3ステップ」

幻冬舎plusでの連載記事「オオカミ少女に気をつけろ!」
新しい記事配信
「SNSでのバッシング好きを瞬間沸騰させる3ステップ」
https://www.gentosha.jp/article/14819/

 

なんだか人がどんどん自閉的になっているような気が
している。
相手に対して物申しているようでいて、実際には、
狭い自分の内側で、勝手に思い込んだことに対して
感情をぶつけている、恨みを積もらせているというか…。

ネットで読んでもらう記事はいろいろと工夫がいるように
なっていて、編集者の方がコミカルに読めるように上手に
3ステップに分けて小見出しをつけたり、
おもしろいイラストを入れたりしてくれた。

日誌 | - | -

★おしらせ★

★おしらせ★
今週1月31日(金)AiLARA DJ Night@東京都新宿区にてDJ。

お近くの方は遊びにきてください。
場所:アイララ 東京都新宿区新宿2-15-11 信田ビル1F
料金:2000円


【DJ】木蘭,Jun,Sonomi


[Time Table]
19:00-19:30 Sonomi
19:30-22:00 木蘭
22:00-24:30 Jun
24:30-26:00 Sonomi


選曲はラテン、ブラジル、インド、バルカン、アラビック、アフロ…他


お問い合わせ

03(3352)3535 アイララ[19:00-26:00日祝休]

https://www.facebook.com/AiLARASAUDADE/

日誌 | - | -

漏水の間

一昨日、生放送終わりで帰宅し、
寝る準備をしていた深夜0時すぎのこと、
突如、天井裏に水の流れ込む音が聞こえはじめ、
えっ、えっ? ……えっ、えっ!?
と思いながら上を見上げてオタオタしていたら、
天井照明のところから、ドドドドドド!!

 

こんな漏水の仕方があるのかよ、
という悲劇に見舞われた。

 

すぐにブレーカーを落とし、電球を抜いたら、
そこから顔面めがけて水がピューーーッ。
水難の相を体現しすぎである。

 

業者の人が応急処置してくれたのだけど、
天井を50cm四方カットして、そこからビニール袋で
巨大なドレーンを作り、キッチンの流しに漏水を
誘導してあるという状況。
部屋のなか、エイリアンの巣みたいになってるよ。
やれやれ。

 

最近ラジオでXIIX(テントゥェンティ)の
「Stay Mellow」という曲が何度も流れていて、
ちょいヘンタイ系だけど音が自分好みで気に入ってる。
曲だけ聞いていたときは、てっきり椎名林檎系の女性かと
思っていたけど、映像を見たら男性だったのでかなり驚いた。

  

  

今年はビリー・アイリッシュが来日コンサートするらしい。
先週、アメリカの学者が書いた、アメリカの凄まじい
ナルシシズム文化の病みを分析した本を読んだのだけど、
めちゃ歌の才能があるけど、めちゃ病んでる17歳の少女が
大スターになる、というのがいかにも現代アメリカって感じだ。

 

日本も、原宿、表参道辺りを人間観察しながら歩くと、
ビリー・アイリッシュの髪型をそっくり真似した
若い女の子がいっぱい歩いている。
Youtubeでミュージックビデオを見て、シンパシーを
感じる世代が大勢いるということなんだろう。

 

最近、親から「王子様」という名前をつけられて育った
高校生が、自分の名前が恥ずかしいと裁判所に申し立てて、
改名を認められたというニュースがあったけど、
「きらきらネーム」は、何も日本独特の現象ではなく、
アメリカでも起きていたということをナルシシズムの本で
はじめて知った。

 

過剰な自己愛に浸りがちで、傷つきやすく、やけに内向的で
自閉的な傾向が強い世代は、次世代にどんな影響を及ぼして
いくのか。そんな世代を生む社会とはなんなのか。
「人を愛するには、まず自分を愛さなきゃ!」なんていう
セリフが、ドラマだったか、漫画だったか、歌詞だったか、
とにかくたびたび聞こえてきた時期があって、
そういうもんか〜と何となく聞いてたけれど、最近は、
自己愛推奨のための陳腐なきらきらスローガンが蔓延してた
だけだったんじゃないかと思っている。

 

日誌 | - | -