美術室での思い出

原稿の参考資料を探すためにネットで美術展の検索をしていたら、ある地方の美術館のホームページにものすごくよく知ってる絵の紹介が出ていて、驚いてその先の用事を忘れてしまった。

 

いまから25年前、高校生のとき、私は学校の美術の先生の絵のモデルをやっていて、放課後になると美術室の横に併設されている先生のアトリエに行って、そこで1時間ほど、当時出展予定だった大きな油彩につきあっていた。
その頃の絵が、2018年になってまた個展に出されるらしく、ポスターになって紹介されていたのだ。
しかも70代後半になった現在も、精力的に新作を描いておられるということもわかった。

 

もちろんヌードでもなんでもない、普通の写生モデルだけど、あれって、いま同じことをやったら、ものすごい大問題に発展しそうな要素があったかもしれない。
放課後、50代の男性美術教師のアトリエに、16歳の女子高生が一人で行って、ずっと二人きりでいて、じろじろ見られているわけだから。

 

授業では聞かないような、ずいぶん難しい話をたくさんしていた。
いつもちんぷんかんぷんな哲学書の話ばかりするので、自分も読んでみることになり、完全なるちんぷんかんぷんのまま
「ハイデッガーの『存在と時間』を読みました」
と言ったら、
「ナチスと融和していったことについて、きみはどう考えるのだね?」
と詰問されて、なにも答えられないでいたら、そこから延々とハイデッガー批判を聞かされて、こちらはモデルだから止まってなきゃいけないし、なにしろ高校生だし、だんだんと目を開けたまま眠る、みたいな境地を切り拓いていったことがあったような気がする。

 

絵具を開けるときに指先を切ってしまった先生が、ぷうっと皮膚の上に盛り上がっていく血液を見て、
「美しい赤だ……」

と、狂気じみたセリフを吐きながら、その血をキャンバスにのせる様子を、横でずっと見ていたりもした。その絵は、相当な傑作になって、後年、東京都現代美術館での展示会に出展されていた。
だから、「芸術家ってヤバいものなんだ」と、もうこの頃から理解していたんだと思う。

 

一般的には、女子高生への教育としては、危ない話だよね。
私にとっては、いい思い出にしかなってないんだけど。

 

高校卒業直前に、さっと描いてもらった横顔は、いまでもちゃんと額装して私の部屋にあります。

 

日誌 | - | -

ずっとファンキーな人たち

巨匠アトリエ探訪、サイケデリック・ポップアートの田名網敬一さん。
絵だけを見たら、とても80代の方が描いたとは思えない爆発ぶり。
ちょっと前、ルイ・ヴィトンのショーウインドーに田名網さんの作品がドカーンと置いてあって、すんごいなと思って見てた。

 

 

絵の展覧会って、いろんなタイプの人が集まるんだけど、田名網さんの展覧会は、めちゃくちゃかわいくておしゃれな美大生でいっぱいなんだよね。グラフィックデザイナーとか、スタイリッシュな人が多いのも特徴。
ご本人も超おもしろい。二丁目まわりの話を中心に、たくさん聞かせていただいた。過剰で、おもしろすぎて、笑いすぎた上に、これ書けませんよ、みたいな話が盛りだくさん。
今月も、海外での展覧会で大忙しだそうだ。

 

 

右が田名網さん、中央は最近つるませていただいているイラストレーターの岩崎トヨコさん。「全ブス連」と名乗って活動したり、世界的に著名になった写真のモデルだったり、黒澤映画に麻薬の売人の役で出ていたり、面白いお話がいっぱい詰まっていて、かなり好き。
みんなファンキー。私が一番普通なんです…。

日誌 | - | -

週刊SPA!創刊30周年イベント

中島岳志先生をゲストにお迎えしてのSPA!出張版ゴー宣道場「保守とリベラルの役割、そして立憲」、とても濃厚で面白い議論だった。
保守思想についての基本的なところ〜中級、上級の知識に至るまで、中島先生が次々とよどみなくお話下さるのでとても勉強になった。

右も左もこれまで「憲法」というものを、自分たちの陣営のアイデンティティと結び付けてしまい「勝った・負けた」の闘争にしか利用せず、まともに考えてこなかったツケが、いまの国民の憲法への無関心さという結果にも現れているのだと思う。

中島先生がおっしゃるように、そういった闘争を乗り越えたところへ進まなければならない、それが「立憲的改憲」。
自分たちで考えて、議論して練り上げていく、憲法への愛着を醸成する場のひとつとして、ゴー宣道場は機能しているのだと思うし、こういった場がもっと広がって欲しいと思う。
来週の九州ゴー宣道場も貴重な回だ。
中島先生、ありがとうございました。

 

それにしても週刊SPA!の創刊30周年イベントの場にいるなんて不思議な感じだった。
はじめてライターとして原稿料をいただいて仕事をしたのが、週刊SPA!だった。26歳だったかな、その頃出した本を持って、いきなり扶桑社へ営業に行って、そしてお土産に仕事もらって帰って…。
それからしばらく特集記事をやらせてもらって、くらたまさんの「だめんずうぉ〜か〜」のネタとして何度となく登場したりだったよ。


そう! それで「散々ろくでもないことばかり立て続いている木蘭さんが、ついに結婚したらしい!」みたいな感じでまた登場して、「やっぱり男を見極めないとね」なんて言いながら幸せ自慢したところで、終了したままだった…。もう、思い出すだけで頭が痛いわ。

しかしいま思うと、「セクハラ? なんじゃそら?」みたいな勢いで、ものすごく自由度の高い面白い記事をいっぱい書かせてもらっていた。
得難い体験ばかりで楽しかったけどなあ。
その頃にお仕事をいただいていた編集者の方のお一人が、編集長になっておられた。

あ、今週のライジングのネタを思いついた。

日誌 | - | -

また一年

たちまち1年。またここから1年だね。

誕生日のお祝いにってアンスリウムをいただいた。ありがとう。

もくれん植物園、がんばって育っております。

 

日誌 | - | -

ゴー宣道場のホームページがかわいくなった

https://www.gosen-dojo.com/

ゴー宣道場のホームページがかわいくなった!

いままで小林よしのり先生が描いてくださった似顔絵のなかで

今回が一番かわいいんじゃない!?

原画くださいとお願いした。

ほしいじゃない、かわいく描いてもらえたら。

ブスに描かれないように精進しよ・・・。

 

日誌 | - | -

進捗

新宿二丁目本、残すは「まえがき」「あとがき」だけ。
先方の都合で入稿ギリギリにしかとれないインタビューが
3人分、来週まであるけど、なんとかなりそうだ。
よくこれだけの怪物のような芸術家の方々をひとりひとり
訪ねて書いたと自分で思う。
「セクハラ? ばかじゃないの」ってな感じで、時流に
中指立てる要素もかなり盛り込んでいる。

ていうかまったく意に介してない人々がここにいます、
っていう感じだな。
男と女とゲイとレズとバイがごちゃ混ぜに集まる場所の
この激しさを浴びて、人間ってもの考えてくれって感じ。

 

最初はどえらいこと引き受けちゃったなあと思ってたけど、

でも、この本のおかげで、とてもよいことがあった。

それでちょっと、締め切りには追い詰められつつも、

いい感じにふわふわしてる。

 

日誌 | - | -

日記

あれっ、来週ライジングおやすみだったんですね。
よかったーーーー。
月・火と寝る時間がないなと思ってた。

九州ゴー宣道場、日々刻々と締め切りが近づいています。
席は早い者勝ち、博多からまともな憲法論議ののろしを
あげようぜ!

幻冬舎Plusで連載中の「オオカミ少女に気をつけろ!」
本日配信の記事は「きみは衝撃のフェイクを見破れるか?」
“福島原発花”とされる写真と「鵜呑み」について書いてます。
さくさくっと読める記事なのでどうぞ。
http://www.gentosha.jp/articles/-/10255


机のまわりに美術書と写真集がつみあがってて足の踏み場が
ない。でもかなりおもしろい本になってると思うし、これは
私でないと書けなかったなとつくづく思いはじめているし…
店の主もそう言ってくれている。
1年や2年、店にいたぐらいだとこの本つくれない感じなの。
まだ書いてるけど。
昨夜は原稿やりながら、すごく久しぶりに
マルセル・カミュ『黒いオルフェ』を観た。
前に観たときと全然受け取り方が違ってきちゃって、
子供たちがサンバで踊るラストシーンで泣けちゃったよ。

 

日誌 | - | -

I Say A Little Prayer

この曲、どこで聞いたんだっけ…。

メロディがすごく好きでさ。

こういう「曲」で聞いたのじゃなかったんだけど。

電話の保留音? 誰かの部屋でかかっていたのかな。

思い出せないけど。

 

 

きょうは原稿書きながら、杉山登志さんの60年代後半から

70年代の資生堂のCM、何本も見てた。

抒情詩のような素晴らしいCMを次から次へと生み出して。

それは惜しまれただろうな。

 

ふう。

今日はすこしメランコリーきている。

メランコリーって難しくてさ、さみしくてさみしくて憂鬱で〜

みたいなタイプではないのよ、私のは。

一度にいろんなことが急激にやってきて、楽しくてうれしくて〜

わくわくしちゃって〜 心が動きすぎて、ちょいと一息つける時間

ができたと思ったら、憂鬱…みたいな。

反作用ね。

うれしたのしの不思議な心理状態にずるずる浸っていたいだけの

欲張りなのかもしれない。

そういう時もあるよね。たまに。

日誌 | - | -

「飲み屋潰しのセクハラ糾弾に言っとく!」

ライジング、火曜日から配信中でした。

今週号も巻頭で私の記事、載せていただきました。


「飲み屋潰しのセクハラ糾弾に言っとく!」



小林よしのりライジングVol.271
 

トップは「泉美木蘭のトンデモ見聞録」

セクハラ糾弾ヒステリーの

品行方正・潔癖症全体主義者たちよ、

これが「リアル」だ!!

 

キャバクラがセクハラの

温床だとまで言い出した

カマトトサヨクの浮世離れは、

もう完全にトンデモの域に入っている!

 

そもそもキャバクラってどういうところか?

キャバ嬢のプロってどういう人か?

もくれんさんが実際に見てきた、

キレイゴト主義者がぐうの音も出ない

現実を突きつける!!

 

ゴーマニズム宣言

「自称保守・ネトウヨのカルト化現象

~霊性・霊界ガイド~」

 

こちらは右側のトンデモの話。

知性も思考力もハナから放棄している

自称保守・ネトウヨたちは、

いとも簡単にトンデモ科学・オカルトに

ひっかかる!

 

産経新聞社が発行する「別冊正論」は、

「ムー」とほとんど変わらぬ

「霊性・霊界ガイド」なる本まで

出すに至った!

 

しかしこれ、ただ単にバカだから

出しているというには留まらない、

さらに悪質な背景が見え隠れする!



【今週のお知らせ】

※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
 …リベラル・左翼系メディアを中心に、巨大な
 セクハラ糾弾キャンペーンが繰り広げられている。
 「CMやテレビ番組等での性的に不快な表現を
 規制せよ」「酒類メーカーが共同で『アルコールを
 飲んで性的ハラスメントをすることは許さない』
 というキャンペーンを行えば良い」
 「キャバクラはセクハラの温床」等々、
 現実を知らないデタラメな言説がまかり通っている。
 机上の空論を並べ、女性を一方的に
 「弱者」「被害者」にするセクハラ糾弾を許すな!

 

※「ゴーマニズム宣言」
 …前々回では自称保守の劣化の顕著な例として、
 「別冊正論」31号に掲載された竹内久美子の
 「サヨクの男は睾丸が小さい説」を取り上げたが、
 劣化の実態はまだまだあんなもんじゃない!
 同じ「別冊正論」28号の特集はなんと
 「物質世界の向こう側 霊性・霊界ガイド
 ―あの世を感じて生きる―」である!
 まるで「月刊ムー」のようなオカルト記事が
 これでもかと並び、最後は“オススメ新宗教ガイド”
 まで載っている。
 近年のオカルト界は、ネトウヨ思想と相当に
 親和性が高いようだが、果たしてその理由とは?


※よしりんが読者からの質問に直接回答
 「Q&Aコーナー」!
 喘息になってしまった私にアドバイスを!
 朝鮮学校に対する国からの補助金を認めるべき?
 日本でお笑いの政治風刺が活性化するのは難しい?
 手塚治虫や石森章太郎に会ったことはある?
 「女性のスターには老いを見せて欲しくない」
 と思うのは男尊女卑?
 クオーター制が必要な理由は?
 …等々、よしりんの回答や如何に!?

 

こちらから…小林よしのりライジングVol.271

 

【今週の目次】

1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第82回
 「飲み屋潰しのセクハラ糾弾に言っとく!」


2. ゴーマニズム宣言・第278回
 「自称保守・ネトウヨのカルト化現象
  ~霊性・霊界ガイド~」


3. しゃべらせてクリ!・第229回
 「究極のぺろぺろ父子愛ぶぁい!の巻〈前編〉」


4. Q&Aコーナー


5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)


6. 編集後記

日誌 | - | -

日記


きょうの雨は、なんだか落ち着く音だ。
むかしは雨にはとっても悲しい記憶がこびりついていたけれど。

ところでみなさん、九州ゴー宣道場には応募なさったの?
これを逃したらもったいないよ。
お祭りだと思って参加して損はないのよ。
忘れないように、もれなく応募してくださいね。

動画収録で、笹幸恵さんとの「淑女我報」、またにぎやかに、
セクハラ問題についておしゃべりしながら、
「女の強さ」について、掘り下げました。お楽しみに。

夕方、すこし事務所に寄って、
世の中に流通していない写真集を見せてもらった。
限定10部とか、お手製で5部とかの。
流通してないというのは、できない、という意味もあるんだけど。
えっ、あの先生こういうのを愛して撮っていたんだ、みたいな。
メジャーな作品を生み出す人々でも、その根源には、ものすごく
偏愛的ななにかが存在するんだよ、やっぱり。
こういうところ、許容する世の中にしておかなきゃ。


それはそうと、薔薇って、美しく枯れる薔薇と、
だらしなく崩れる薔薇とがあるんだね。

日誌 | - | -