<< 夜の街の「感染対策」に警察介入、これ弾圧です! | main | 日本は、警察が感染者を追う国になりました >>

自粛による中長期的な死者数を予測してみては?

テレグラフのトップ記事になってたけど、
イギリス政府は、ロックダウンの影響で中長期的に
20万人以上が死亡する可能性があるという公式報告を
出したらしい。
ボリス・ジョンソン、いよいよ英国民の世論を本格的に
ひっくり返す気なんだろう。

 

コロナ以外の患者の診断遅れ、治療遅れ、
手術の中断、臨床試験保留などによる中長期的な死亡、
GDPに大きな影響を与えた結果の自殺者の増加、
家庭内暴力による死者などの項目で推定しているそうだ。

 

イギリスでは、5月30日の時点で、
18万人以上が内視鏡検査待ち、
がんの検査は約230万件減少しており、
大腸内視鏡検査を待っている人が51%増加。

 

また、オックスフォード大学からの報告では、
コロナの影響で、5,000人の臓発作の患者が
病院に通っていないことが発覚。
そのうちの多くは、医療を受けずに死亡した可能性あり。

 

また、癌研究所からは、診断と治療の遅れによって、
回復するはずだった人の多くが不治の癌に進行している
可能性があると指摘、
ステージ1〜3の癌の場合、手術を3ヶ月遅延するだけで、
年間4,700人以上が死亡すると警告。

 

また、先週発表された卵巣がんの数値では、その半数以上が
コロナの影響を受けており、

さらにテレグラフ紙の調査では、
3月中旬から5月末までに、介護施設や自宅で、
コロナと関係ない2万3千人以上の超過死亡があったとのこと。

 

これ、似たようなことが日本でも起きていそうで、
いまこそ「専門家」による推測値が求められるところだと
思うんですけど・・・。


「10万人が死亡する」だの「ミラノ、ニューヨークになる」だの
「コロナによる死亡」「外国みたいになる」ばっかり言わないで、
日本国内の強烈な自粛の影響や、それにともなう病院離れ、
経済的困窮、廃業などが影響する中長期的な死者数を
推測して“見える化”してみてはどうですか?

日誌 | - | -