<< ミンクからヒトへの感染ですって | main | 無症状の子どもが問題ですか? >>

日本にはいて、他国にはいない死者のこと

昨日、原稿のために日本のコロナ死者の内訳を見直したけど、
「80代以上」でくくられている中に、90代の死者が
けっこういるなあと思った。
東京都の直近の死者も、「90代」というのが目に入った。

 

先ほどモーニングショーで、欧米よりも死者数が少ない
という話をようやく取り上げていて、
人口10万人あたりの死者が、
ヨーロッパでは10〜80人なのに対して、
東アジアでは0.03〜0.7人であるとパネルに出していた。

 

それでも玉川徹氏が、東アジアの0.7人というのは
日本のことで、日本は東アジアの中では一番多いとコメント。

 

だけど、例えば、


モンゴルはコロナ死者0人で、平均寿命69.51歳。
中国は死者4634人で、平均寿命は76.47歳。
台湾は死者7人で、平均寿命は80.2歳。
韓国は死者269人で、平均寿命は82.63歳。


そうなると、
日本は死者862人で、
平均寿命は、84.10歳(女性87.32歳、男性81.25歳)ですよ。

そもそも他国にはいない死者層がかなりいると思うのね。
日本の平均寿命は世界2位なんだから。
そういうところも考慮しておかなきゃ。

日誌 | - | -