<< 四苦八苦と服従欲求 | main | 新型コロナ報道の罪【その2】恐怖の増幅 >>

「ステイホーム」の鎖をぶち破ろう

今日は笹さんとの「淑女我報」、
高森先生との「徒然草気まま読み」の収録だった。

 

笹さんとはコロナトークが止まらなくて楽しかった。
楽しかったついでに、「緊急事態宣言が延長される見通し」
という報道が出た際に、今後の経済危機を身構えた私が、
密かになにをしていたのかという話もばらしておいた。
配信をお楽しみに。

 

高森先生は、もはや私よりもIT化が進んでいて、
「シン・タカモリ」とお呼びしたくなる状態になっていた。
ZOOMがバージョンアップされてることも、
LINEでグループビデオ通話ができることも、
高森先生から教わった。すごすぎる。

 

帰りに、新宿三丁目で降りて、お気に入りのイタリアンに
寄ったけれど、休業していたのでがっかりした。
新宿三丁目は、ど真ん中の末広亭(寄席)が閉まっているのが
本当にさみしい。
9割休業している中、営業していたのは、居酒屋とラーメン屋。
ラーメン屋は割と開けていたけど、もともと一人客が多いから、
やりやすいのかな?
担々麺を食べて来たけど、お店には客が私しかいなくてガランと
していた。
恐怖支配の後遺症は本当に大きいと思う。
ステイホームの鎖はぶち破っていかなければ。

幻冬舎plus連載「オオカミ少女に気をつけろ!」

新型コロナ報道の罪【その1】
ステイホーム圧力と自粛要請

https://www.gentosha.jp/article/15536/

 

今回のこの原稿はいろいろ大変で、配信までかなり苦労が
あったので、一日に2度宣伝する権利が私にはあるの!!
どうぞ、読んでみて、いいなと思ったら広めていただけたら
嬉しいです。

日誌 | - | -