<< やっぱりBCG? | main | 新型コロナ報道の罪【その1】ステイホーム圧力と自粛要請 >>

「コロナ後の国家と自由と資本主義」を考える本

地道な仕事と、人の説得を毎日すごく根気強く行っているわたしです。
ここしばらく注目して読んできた経済学者・岩井克人さんの
新刊の書評を書きました。
新自由主義とは一体、なんなのか?
もし興味を持たれた方は読んでみてください。


コロナ後の「国家と自由と資本主義」の行き先
「安定性と効率性の二律背反」が導く大衆心理

https://toyokeizai.net/articles/-/348005

日誌 | - | -