<< 「外出自粛の呼びかけの“前後から”」という謎の表現 | main | 東大教授「検査数が足りていないのはむしろ欧米」 >>

世界からは「ジャパニーズ・ミラクル」と見られている

WHOのシニア・アドバイザー進藤奈邦子医師の
NHKスペシャルでの発言。

 

・日本では相当早い時期から患者が発生したにも関わらず、
非常に低いレベルで抑え込んで来ており、世界的には、
「ほぼ奇跡」と見られていた。

 

・世界から仰ぎ見られるような感染症の専門家がいて
陣頭指揮をとっている。

 

・国民の高い衛生意識、感染症に対する理解がきちんとしていた。

 

・日本の対策は素晴らしい。死亡者を見ると欧米に比べて、
圧倒的に日本は少ない。

インフルエンザのパンデミックでも見られたことだが、
世界からは「ジャパニーズ・ミラクル」と見られている。

 

・解放(緊急事態宣言解除)に向かって積極的、建設的な
対策が立てられると期待

 

・「検査の遅れ」と言うのは間違い。
日本の戦略的検査を、私たちは高く評価している。

日誌 | - | -