<< 「ロックダウン教授」のこれまでの予測について | main | 「外出自粛の呼びかけの“前後から”」という謎の表現 >>

やっぱり新型コロナよりもインフルエンザのほうが脅威

国立感染症研究所のインフルエンザ・肺炎死亡者数を見ると、
全国21大都市で、2019年の48週目(昨年11/25-12/1)から
すでに毎週500人ほどの死者が出続けていたので驚いた。

 

 

月曜はじまりの私の手帳で確認すると、
2020年12月30日〜1月5日の週から
2月24日〜2月29日の週まででも、
大体毎週400〜450人の死者。
3月以降も毎週300人程度の死者が出ていたようだ。

 

「インフルエンザで毎年1万人が亡くなっている」
という言葉はこの3カ月でずっと聞いていたし、
自分も使い続けていたが、実際に
「毎週400〜500人が亡くなっていた」というグラフを
見ると、けっこうな衝撃だ。

 

しかも、この数字は、あらかじめ感染研で想定されている
ベースライン(緑の線)の前後に収まっているのだから、
過去のインフルエンザ関連死者数などから算出して、
「今年もこのぐらいは予想されていた」ということになる。

 

インフルエンザを甘く見ていた自分が恥ずかしい。
でもいつもまったく気にしたことがなかった!
感染してめちゃくちゃ高熱にうなされたこともあったのに、
そのさなかに毎週400〜500人が亡くなっていることなんて
考えたことも注目したこともなかった!
インフルエンザの脅威にさらされる高齢者のことを毎年全然
考えてなくて、私って優しくなかったなあ。
でも毎年手厚く報道されたこともなかったしなあ……。

 

そして、2月から現在まで、死者数557名に抑えられてきている
新型コロナで、なぜいま自粛要請が出ているのか、ますます
わからなくなった。自粛は不要だろう。

 

ちなみにインフルエンザは大体毎年、11月半ばにシーズンが
始まって、3月ごろに急激に終息して
「ハイ、また来年11月に〜!」である。


感染研は、シーズンごとに報告書を出しているようなので、
今シーズンの報告書も公表されたらしっかり読んでおこうと
思った。

 


「ウェザーニュース」より東京都のインフルエンザ流行予想
https://weathernews.jp/s/topics/201912/260065/

日誌 | - | -