<< やっぱり新型コロナよりもインフルエンザのほうが脅威 | main | 世界からは「ジャパニーズ・ミラクル」と見られている >>

「外出自粛の呼びかけの“前後から”」という謎の表現


5月1日の専門家会議資料には、

 

「3月25日の東京都知事による外出自粛の呼びかけの前後から、
新規感染者数の増加が次第に鈍化し」

 

という説明がついているのですが・・・

「呼びかけの前後から」ってなんですかいね?

本当に東京都知事の外出自粛要請が効果があったと考えているなら

 

「呼びかけの後から」
「呼びかけを機に」
「呼びかけをきっかけに」

 

といった表現になると思うのですが。
これはすなわち、

 

「呼びかけの前からもう鈍化傾向がはじまっていた」

 

「新型コロナウイルスの感染力の自然な鈍化の時期に、
たまたま東京都知事が外出自粛の呼びかけを行った」

 

という意味であり、それを専門家会議はわかっているけど、
都知事のあの時の外出自粛要請には、
もう意味なんてなかったなんて〜〜言わないよぜ〜ったい〜♪
というニュアンスを残したい〜!
ということで、

 

「呼びかけの前後から」

 

というすごくヘンな表現になっているのではないかなあと
私は想像しております。

最大限に良く言えば、小池百合子さんへの思いやりでしょうか?
「あれは意味なかったです」とハシゴ外すことになるから。
でもそれで自粛要請継続されたら困ります。
日誌 | - | -