<< あるアメリカ人医師の記者会見 | main | やっぱり新型コロナよりもインフルエンザのほうが脅威 >>

「ロックダウン教授」のこれまでの予測について

数々の専門家が引用する、
インペリアルカレッジ・オブ・ロンドン2020年3月16日の論文には、
同大学のニール・ファーガソン教授のチームによる


「何もしなければイギリスで50万人、アメリカで220万人が死亡する」


という試算が掲載されているのですが、

ファーガソン教授は、それまで集団免疫を構築することを目指して
緩和政策をとっていたボリス・ジョンソン政権に圧力をかけて、
抑圧政権に転換させ、
その論文は、アメリカ、ドイツ、フランスにも引用され、
各国政府の「ロックダウン政策」の理由となり、
そして、日本の専門家会議の参考文献としても添付されています。

イギリスでは「ロックダウン教授」と呼ばれていて、
連日メディアに引っ張りだこの状態です。

 

(ただ先日、国民に向かって「外出するな、他人と接触するな」と
強硬に言っていた超本人が、そのさなかに不倫相手を自宅に呼んで
濃厚接触していたことがバレてちゃって、政府顧問を辞任しました…)

 

2001年の口蹄疫発生時、ファーガソン教授は、
ウイルス感染の広がり方を予測し、トニー・ブレア政権に助言。
予防措置として感染した農場から周囲3キロの範囲の家畜、
600万頭を殺処分することに寄与しました。
これによってイギリスの農業収入は数十億ドル失われ、
多くの農家が廃業しました。
しかし、現実には感染は数100メートル以内に収まるとされています。

 

ファーガソン教授には、この過剰殺処分の責任があるという非難も
一部から出ていたようですが、
当時は、政権に助言したことが圧倒的にポジティブに評価され、
大英帝国勲章を授与されています。
ここで大きな権威がつきました。

 

次は翌年2002年。
狂牛病(BSE)問題が発生します。
この時のファーガソン教授の試算は、
イギリスで50,000〜150,000人が死亡する可能性がある、
というものでした。
しかし実際の死者は、178人でした。

 

さらに2005年。
H5N1型鳥インフルエンザ発生時には、
2億人が死ぬ可能性があると試算。
しかし、実際の死者は、世界で449人にとどまっています。

この時は、潜在的な死者数を過大評価してパニックを
起こしたと非難されてします。
ちなみに、岡田晴恵教授の著書にも「H5N1型で2億人が死ぬ」
という恐怖が語られていました。

 

そして2009年。
豚インフルエンザが発生した際は、
イギリスで65,000人が死ぬ可能性があると試算。
でも最終的には、457人でした。

 

そして今回のコロナの予測です。
ファーガソン教授は、
「過少反応であることより過剰反応であることで非難される
ほうがずっと好き」とのことで、


"We don't have a crystal ball." 


と発言しています。
誰も水晶玉は持ってない、占い師みたいなことはできない、

つまり、誰にも未来は予測できません、
ということでしょうか。

 

感染症の数理モデルを計算するということを仕事とする専門家
からすれば、「最大の危険を予測するのが至上命題」ということ
なのでしょう。
しかし、現実の世界では、過剰反応の政策によって、
倒産、廃業、失業が起き、自殺、犯罪が増大することは予測が
つくことです。
専門家の数理モデルのみに従って、政策を決定してよいのか、
政治家にはもっと真剣に考えてほしいですし、
それが政治家の仕事だと思います。

 

そして、「ロックダウンや自粛政策が、本当に死者数を抑える
ことにつながっていたのか?」
ということも、バイアスなしに検証したほうがいいと思います。
日本もですが、たいていほとんどの国が、
初期の2週間でぐっと新規感染者数が増えて、そしてその後は
なだらかな減少カーブになっているのが、私はとても不思議に
思えてきてもいます。
政策介入のタイミングはそれぞれ違うので、
なんだか似たようなこのカーブはなんだろうなとか。
世界各国どの国の人も同じように行動したからこうなるので
しょうか? それって本当なのかな? とか。
素朴にわからないことが多いです。

日誌 | - | -