<< 「本当はもっとコロナ死者がいるはずだ」はデマ | main | もう2週間前から言われてます・・・ >>

コロナ死者の葬儀は行えるし、最後のお別れもできます

厚生労働省の新型コロナウイルスで亡くなった方に関する
公式見解によれば、

遺体に対して感染対策を行う必要はあるものの、
遺族が遺体と対面することもできないというのは間違った対応で、
非透過性納体袋に収容して、その表面を消毒すれば、
通常の葬儀を行うこともできるし、
消毒をきちんと行って手袋を着用すれば、
遺族が遺体に触れることもできるとされています。

 

日本環境感染学会のガイドでも、
遺体搬送業者が遺体に接触する際は、感染対策のために手袋、
マスク、フェイスシールド、ガウンを装着して対応することが
望ましいとされていますが、
「新型コロナウイルスだからといって、葬儀や火葬の際に
特別に厳密な対応が求められるわけではありません」
と書かれています。

 

患者のプライバシー保護のために、コロナ感染者であることを
伝えずに遺体搬送業者に引き渡されたケースがあったため、
葬儀業者の恐怖を誘ってしまい、通常の肺炎による死亡者まで、
遺族に会わせずに火葬されてしまうケースが増えたようですが、
正しい情報がちゃんと伝達されるようになれば、
葬儀業者の方が恐れる必要もなくなるでしょう。
実際には葬儀は行えるし、最後のお別れもできるというのが
正しい情報です。

 

メディアも恐怖情報だけでなく、こういった正しい情報を
きちんと広めていただきたいです。

日誌 | - | -