<< エネルギーの使い方 | main | 『シンクシビリティ』書評 >>

泉家の謎

ライジングの原稿終わった。
これで年内の残りの原稿、あと4本かな?

父の一周忌があったので土日で三重県に帰っていて、
マッハでまた東京に帰って来た。
年内の残りの仕事が原稿だけだったら、パソコン持参で
そのまま父の書斎で仕事していればよかったのだけど、
今週まだ取材の仕事があるので。

 

父の実家でもある島根県のお寺から、83歳のご住職が
わざわざ飛行機で駆けつけてくださって、お経をあげる
ことができてありがたかった。

 

今回、父の書斎の片隅から、泉家の家系図や古文書が
発見された。父、すごいもん見つけて、残してたな。

 

開基したのは、嘉吉2年(1442年)壬戌年に
死去した泉新右衛門さんらしい。

 



泉新右衛門さんは、
もともと和泉国日根郡、信達の庄之内金熊寺村に住む
藤谷新左衛門さんの第五男で、
應永19年(1413年)8月10日に、
父の実家のある島根県の村にやってきて、代々相続して
きたのだそうだ。

 

調べてみると金熊寺村は、岸和田藩にあったらしい。
ふーん、そうか、大阪の泉南市、泉佐野市なんかの「泉」
だったんだ!
うちの親戚、島根県からも三重県からも、やたら大阪に
暮らしている人が多い。弟はこないだ大阪にマンション
買ったし。
私も、大阪は好きだし、大阪での4年間は楽しかった。
東京はだるいし、いつか大阪に住もうかな!

ま、現在の私は「泉」ではないのだけど。
でもペンネームに残してるからね!

日誌 | - | -