<< 平成の「大人になったらなりたいもの」 | main | 幻冬舎plus連載「詐欺に騙されやすい人」 >>

徒然草

高森明勅先生との動画番組「徒然草 気まま読み」の収録が、
毎回とても楽しくなってきている。
「古事記」もそうだったけど、古典は、中学生、高校生の頃に
読んだ時の解釈が、さらに深まってくるから面白いよね。
読めば読むほど味が出る、スルメみたいな本だ。

 

子どもの頃は兼好法師を「大昔のすごい坊さま」と思っていたけど、
こんなに悟りきれてない人間味のある人だったのか、とか、
そこまでの深い洞察が隠されていたのか、とか、
兼好、アンタ一体どんな目に遭ってきたのよ(女から)、とか、
大人になったから感じるものがいろいろある。
時代背景がわかると、ようやく意味がわかるものもあるし。

 

高校一年生、橋本治の『絵本 徒然草』を買って読んだなあ、
あれ、どうしたのかなあと捜索したら、ちゃんと東京まで
持ってきていて、引っ越しのたびの処分をくぐりぬけ、
いまの家の本棚に入ってた。

 

そこで、ひたすら闇のような疑問だけが残った

「栗ばかり食べる娘」(『徒然草 気まま読み』#22)

について、橋本治はどんな解釈をしていたんだっけ、
と久しぶりに読み返してみたら、

 

スナック菓子ばっかり食べてご飯を食べないように、
栗ばっかり食べるようなアブノーマルな娘は、
なにも現代になって出てきたのではなく、昔からいて、
つまり、昔も今もヘンなやつはいて、人間というのは、
そのヘンなやつの話が好きなんだ、

 

・・・ということだった。な、投げやりな。

 

ヘンな娘でも、親の欲目で、良いように解釈して、
公然と嫁に出す親が多い中、きっぱりと
「こんなヘンな娘はアカン!」と考えた入道は、
筋が通ってる、とも解釈されていて、
若干投げやりだけど、なるほど、と思えた。

 

部屋中に栗の殻を食い散らかした十二単の娘の
イラストは、怖かった。
確かにこんなホラーな娘を、平然と嫁に出したらアカン。

 

ちなみに、収録で使っているのは、
角川ソフィア文庫の「徒然草」(小川剛生訳注)です。

 

徒然草 気まま読み#25
「親しき人を見直す」


視聴はこちら!

日誌 | - | -