<< そうよ、英語ナイズしなくていいの。 | main | オリエンタリズム >>

最近聞くラテン

最近かけないと気が済まない曲。

  

ウィリー・コロン&セリア・クルース 「Berimbau」

  

 

ジャケットの絵もだけど、セリアの声が若い!

たまたまレコード棚から引っ張り出した一枚が、FANIAの名曲集みたいなやつで、そのなかにたまたまあった。ビリンバウのなかではこれが一番好きかも…。
この時代のバンドの演奏の気持ちよさが、もうたまらなくて、おかげで最近のサルサがやたら耳に障るような気がしてきた。
これかけるのは私しかいないから、私はこの曲で踊れない。
  
  
モンリベラ・イス・オルケスタ 「LLUVIA CON NIEVE」
  
  
どこかの外人のなんとかっていうDJがかけていたブーガルー。スペイン語ができないから「レコード見せて」とも聞けなくて、曲名がわからないままだったんだけど、モン・リベラ端から順に探索していって見つけた。こんな40年以上も前の曲が、いま馴染むんだからすごい。
  
たぶん、どこかの外人のなんとかっていうDJがかけていたのは、下のヒップホップ入ってるみたいなカヴァーバージョンだったと思うんだけど。
  
  
このPV、どう見ても真昼間のチョー明るい状態で撮影したほうがいいセット&出演者なのに、どうして無理矢理こんな“クラブ感”をだしたのかを考えると・・・「ヒップホップ感だそうぜ!」「そうだな、暗闇でサーチライトだぜ!」「スモークもたいちゃおうぜ!」みたいな演出家のノリが伝わってきて、逆にすごくおもしろいのだった。踊ってるちっちゃい子がかわいいね。
そしてなんていうか・・・曲は元のモン・リベラのやつのほうが、いいよね。
   
レジェンダス・デ・キューバ「Rico Sono Cubano」
  
  
すんばらし。

 

 

日誌 | - | -