<< 中国のホテル・・・ | main | そうよ、英語ナイズしなくていいの。 >>

5%還元と言われましても・・・

増税と同時にクレジットカードで5%ポイント還元すると
言われても、私なんかは普段からカードを使わないから、
「はあ?」としか思わない。

 

消費者としての私は、ネット回線や携帯料金やメルマガの料金や
アマゾンの支払いなんかはクレジットカードでしかできないから、
仕方なくカード決済を使っているけど、
毎月必ず決めた金額しか使わないことを固く決めているから、
カードでぽんぽん買い物しないよう、普段の生活は現金のみ。
手持ちがなければ買わない。

 

スーパーでは、札を出さずに小銭入れの小銭だけで会計が済んだ
というだけで、ものすごい満足感にうっとり♡する。
逆にいつもよりオーバーしていると、
「空腹でスーパーに来たから、余計な総菜を買ってしもた!」とか
「今日は黄色いほうのキウイを買ってしもた!でも甘いから!」とか
その都度いちいち反省している。

 

だから、アマゾンで本を注文したり、映画を見たりするときは、
現金が見えなくて不安になってしまい、数百円の買い物なのに、
「今月のカード払いの累積、いくらになってるだろう?」
といちいちポチるのが不安になってしまう。
現金でやりとりしないと、消費した感覚が持てないっての、
こんな私はもはや“古い”タイプなのかしらね……。


店の人間としての私は、カード決済はカード会社に手数料を
とられるから、ポイント還元でカードを使う人が増えちゃうと
ありがたくない。
金額が大きいならまだいいけど、外国人観光客なんかは、
少額でもばんばんカードを使う。
8人のグループで、キャッシュオン(注文ごとにカウンターで
代金と引き換える方式)で、800円の飲み物を、8人別々に、
一人ずつカードで払うと言われたり…。
そのたびに、店はカード会社に手数料をとられている。

 

あと、キャッシュレス化で「おつりはいいから」とチップを
置いてくれる人がこれ以上減ったらさみしいなあ……(ボソッ)

 

クレジットカードでのポイント還元で、本当に喜ぶのは、
大型家電や高級品をカードでぽんぽん買えるような富裕層
だけなんじゃないのかなあ?
あと、クレジットカード関連の金融商品を買ってる投資家とか。
カード会社にしても、国家的キャンペーンでがんがんカードの
発行をすることになるんだろうけど、与信、大丈夫なん?
 

日誌 | - | -