<< El Cantante | main | 東洋経済オンライン >>

1億円の医療費

ある日本人実業家が、仕事でニューヨークを訪れ、
高級ホテルに滞在中、凄まじい腹痛に見舞われて気絶。
気が付くと救急搬送された先の病院で、
すでに緊急手術を受け、ICUに寝かされていた。
動脈に血栓ができて内臓が壊死していく病気で、
死に至る可能性があり、緊急手術は正解。
実業家は命拾いした。
その後、一か月ほど入院したのち、
無事に健康をとりもどして退院となったそうだ。

 

そして、退院時、請求された治療費が

 

1億円。

 

なにかの間違いじゃないかと問いただしたけど、
「これが普通ですけど」。
で、弁護士を入れて話し合って、
なんとか3000万円に負けてもらったんだって。

 

でもこれ、決してアメリカの医者は悪徳だという
単純な話ではない。それが普通、なのだ。
そして医者も「本当に施したい治療ができない」
というジレンマを抱えているそうだ。


日本は高額療養費制度があるから、
高額な治療が必要だということになっても、
年収によって自己負担額の頭打ちが決まっていて、
年収700万ぐらいの人でも9万円ぐらいで済んだりする。

ところが、アメリカは医者が手術をしたくても、
保険会社が査定してOKを出さなければ、実現しない
という壁が…。
そもそも無保険も多いし。

 

各国の医療事情についてこのひと月でいろんな論文や

本を読んだり、体験談を聞いたりしたけど、
なにがなんでもアメリカでだけは病気になるまい、
本当にそう思った……。

 

もちろん1億円請求された人は、高級ホテル宿泊の
金持ちな日本人だから、という印象があったので、
ちゃんとした病院に搬送されてしまい、
ちゃんとした緊急手術をされてしまったわけだけど。
でも手術しなきゃ死んでたわけだしね…。

日誌 | - | -