<< 圧力かければ「理想」は得られるか? | main | つれづれ >>

明日も出羽の守退治

ヨーロッパからアフリカ、オセアニア、アジア、南極まで、世界各国の医療事情についての論文を一冊にまとめた本をうっかり買ってしまい。
さらに先進国の医療事情についてより詳しく比較した本もうっかり何冊か買ってしまい、これを活用しない手はないので、また明日配信のライジング連載で「海外では〜」と居丈高に語る「海外出羽の守(かいがいでわのかみ)」の珍言を取り上げた原稿を書きました。

 

今回は、医療以外のその国をとりまく国際事情まで深堀りしてゆきながら論じました。
国柄を切り離しては考えられない問題でしょう、と。

隣の芝は青いんだけどさ、日本人って、自虐史観ならぬ「自虐医観」みたいなものでもあるのかなあ?
井の中の蛙、大海を知らぬし空の青さも知らぬ。
が、大海だけは知ってるふりしてる。
みたいな変な感じだよね。

日誌 | - | -