<< 「読めない・考えられない人に合わせる世界」 | main | GAFAの本能狙い撃ち >>

『権力の「背信」』(朝日新聞取材班)

昭和枯れすすきって言われると、うちのアパート、本当に枯れすすき然としてるもんだから、「そうだけど?」みたいな感じで、今後はある意味特権的にタオルケットとアイスノンで大都会東京の熱帯夜を生き抜いてゆけばよいのだと自信がついた。
だって私はアスファルトに生える雑草だから(キラッ)。

 

ところでまだ全部読めてないけど、この本おもしろい。

 

『権力の「背信」』(朝日新聞取材班)

https://amzn.to/2uJmWcf

 

森友も加計も、発端から現在進行形の疑惑まで全部網羅されてるよ。
なつかしの「コンニャク会見」のショットにはちょっと笑ってしまった。
どこぞの提灯持ちの書いた本は、どこぞの自民党に大量購入されて9万部とのことだけど、こういう本が自然にいっぱい売れている世の中のほうが、絶対的にまともだと思う。

日誌 | - | -