<< ロバート・キャパのこと | main | 新宿紀伊國屋書店は4階「現代美術」コーナー >>

連載「オオカミ少女に気をつけろ!」(幻冬舎plus)

最近、「春のBAN祭り」なんていうネット用語があって、ヘイトサイトやヘイト動画を見つけたらどんどんみんなで通報して、BAN(アカウントはく奪、閉鎖させること)しよう、という流れがあったようだけど。

そういうネット上の動きが副作用を生む面もあるのだろうか?

ライジングで、「レイプ」という言葉を使ったからって、ドワンゴから制裁通告がやってきた。

 

●トッキーブログ

「ドワンゴ、ライジングが「公序良俗に反する」と制裁措置発動! 」
国家権力に近しい人間によるレイプ犯罪を、国家権力が握りつぶしたという悪逆非道の疑惑を書きたくても、「公序良俗に反する」ことになってBANされてしまうのは、あまりにむちゃくちゃだよ。
「ナパーム弾の少女」のときも本当に驚いたけど、どんどん酷い世界になっていくんだなあ、ネットは。

そのうち、電子書籍も次々とBANされて、まともな書籍は読めなくなったりして。

 

幻冬舎plusでの連載『オオカミ少女に気をつけろ!』は、そのあたりをこれからおさらい&検証していくパートに入ります。

本日配信の記事は・・・

 

2016年頃から目立ち始めたヘイトサイトの企業広告問題
http://www.gentosha.jp/articles/-/10708

 

泉美木蘭からのおしらせ | - | -