<< 80代のみなさんから教わっていること | main | 宇野亜喜良さん個展 >>

こんな感じ。

気温が上がってきてあんまりよく眠れない。
深夜まで店で古いレコードジャケットの撮影をやっていた。
写真家のお客さんがものすごく多いので、
撮った写真を気軽にちょいちょい提供していただいたりして
いるのだけど、さすがに物撮りを頼むわけにいかないので、
自力で背景紙を敷いたりして一枚一枚、椅子の上に踏ん張って
撮りはじめ…。

そうしたら、たまたま居合わせたグラフィックデザイナー氏が

「今号のSPA!見たぞーー、おまえ、ちゃんこ食ってたろ!
だから太ってたんだなー。ここ半年ぐらい顔丸かったから、
40過ぎたし、天地真理みたいになるのかと思ってたよ。
でもまた痩せてきたな?」

とからかいに来る。

 

週刊SPA! 5/22号 小林よしのり『ゴーマニズム宣言』


うるっせーおやじだなーと思いながら、

「そっちも春先からたいがいデブってたけどいい感じにストレス
浴びて痩せてきたみたいじゃない。大変ねー」

なんて言い返しつつ、
おまえほんと撮り方下手だな、この照明じゃ黒がきれいに出てない
だろ、待て、デザイナーが困るから…青の画用紙かなにかないか?
などなどプロのアドバイスを受けながら、なんだか小一時間も
撮影を手伝ってもらって、無事に貴重盤ジャケットを撮り終えた。

それから、デザインするときのアイデアをいくつかくれて、
でも俺からのアイデアだって言うなよ、本職の客がごちゃごちゃ
言ってきたと思うと面倒に感じさせてしまうから、と。
ものすごくちゃんとしてる仕事人のおじさんなんですよ。
デブった、痩せた、髪切りすぎと、うっさいけど。
ギャグをいつも用意してきて、笑わせようとしてくるんだけど、
用意しすぎててあんまりおもしろくないという、すべり芸系の
愛すべきおじさんでもある。

そんな昨夜。
わーわー言い合いながら写真を撮っているあいだも、
ただ黙々と撮影用のレコードを掘り出してくれたDJ Kojiさん。
73歳。50年間ずっとここで音楽をかけています。


 

日誌 | - | -