<< 77年と新宿二丁目とサンバと | main | 芸術家と偏執性シリーズ >>

働いてますの午後

朝からずっとアルシオーネのライブ盤聞きながら
原稿やってる、けだるいのに必死な日曜日。
「愛のサンバは永遠に」が一番好きだ。

 



仕事しながらだと、いちいちCD入れ替えたりレコードの
針置きに立つのが面倒だから、パソコンのなかに入れた
音楽を聴きっぱなし。
最近、ブラジル音楽マニアのKさんに「Spotify」を猛烈に
すすめられて、スマホにアプリを入れてもらい、
セッティングしてもらったら、
あまりにもあれこれ聞けるので重宝してしまっている。
これ、アーティストはちゃんと儲かる仕組みなのかな?
便利だと不安だ…。


…なんて書いてたら、近所の交番からおまわりさんが
訪ねてきた。
交番に保管するので名前と連絡先を書いてくれと、
用紙を渡される。

「部屋のなかで一人で亡くなっていた場合などに、
ご連絡する方を把握しておくものでして・・・」

は、はい・・・

なるべく、亡くなる前にこちらからご連絡させて
いただくようにいたしますが、
すいません、なんか世の中に心配かけて・・・。

日誌 | - | -