<< 拡大版ゴー宣道場、各メディアの紹介 | main | 働いてますの午後 >>

77年と新宿二丁目とサンバと

昼間の新宿二丁目って滅多に行かないから、まるで別の街だね。

今日は夕方早くから超VIP ONLYのマル秘営業だった。

くわしくは7月に発売される本に書くとして。

 

かなり書けない話あり、かなり感動的な話あり、「あの時代の芸術家や作家が好きな人にとってはたまらない!」…という時間だった。

自分がこの店から吸収してきた音楽が、相当に質の良いものだったということも改めて感じ入った。

どうしても聞きたい、と言っていただいていた曲を探しに探して、

 

「これじゃない」「これじゃないなぁ」

「古い曲だしやっぱり無理があるからいいよ、申し訳ないし…」

 

…で、大量の古いサンバのレコードのなかから「もしかして、これじゃないのかなぁ」とかけてみた1曲が、まさかのドンピシャ。

まさかまさかって。2回も3回も書くけど、まさか。

私が生まれた年のリオのカーニバルで選出された曲のなかで、1曲、これは確かにいいですよねと思って自分でも買ってあったものが、今日お会いした方の青春の1曲だったという。

 

ダビングしてお贈りします、とお伝えしたら、とても喜んでいただけてうれしかった。私、18年前にその方の展覧会で、作品集にサイン入れていただいたことがあったんだよ。18年前といえば、20代だもの。

ここでDJの修行できてよかった。

 

日誌 | - | -