<< 手に取って楽しめる「ゴー宣〈憲法〉道場」 | main | 岡村隆史の「お伺いキス」に爆笑した >>

日記

体力がなくなってきてるのか、睡眠不足のまま徹夜すると、
次の日が丸一日つぶれてしまう。前は、数時間眠れば回復
してたんだけどなあ…。
昨日はほとんど椅子に座らず、寝たり、本を読んだりして
「原稿どうしよう」「明日やろう」
「明日と明後日で1.5倍ずつ進めれば間に合うし」
「大丈夫かな」「明日やろう」
と思いつづけながら過ごしているうちに一周まわって朝に
なってしまった。
時間がもったいない。
今後はあんまり異常なスケジュールで仕事するのはやめる。


本は、澁澤龍彦「快楽主義の哲学」と、
デヴィッド・ナソー「新聞王ハーストの生涯」。
ハーストの本は、なんだか徹底的に書かれすぎてて辞書より
分厚いから、図書館の返却期限までに読み切れそうにない。
『市民ケーン』のモデルになった人ね。新聞という権力を
握り、戦時の世論を煽りまくった存在。


 


イラストレーターの田村セツコさんにお会いした。
1950年代からずっと現在まで描き続けている80歳の現役、
「イラストレーター」の草分けだ。
子供の頃読んでいた少女漫画や「女の子のおしゃれ」的な
本には田村さんのイラストがあふれていた。
仕事に生きつづけて、そしてこんなにかわいらしいままの
80歳女性が存在するのかと、かなりの衝撃を受けた。


厚みが4センチくらいある写真集が届いた。
「THE SIXTIES by KISHIN」。
篠山紀信が超初期1960年代に撮影したものが収録されている。
撮ったご本人がなにしろ若いということと、時代性もあって、
エネルギーが充満している写真ばかり。
撮りたくて撮りたくて撮りたくてしょうがない! という熱
がそのまま出ていてめちゃくちゃかっこいい。
表紙は「天井桟敷」時代のカルメン・マキのヌード。
小悪魔のような、コケティッシュな立ち姿がやばい。
これのA1ポスターがあるなら欲しい。欲しすぎる。

 


そしてテープ起こしを手伝ってくれる人も欲しい…。
さ、仕事しよ。

日誌 | - | -