<< 脳内タスク管理が… | main | やっぱり首相ゴリ押し案件なんじゃないか >>

憲法の「伝統」と、「人間の尊厳」

幻冬舎plusの4月分の連載原稿を仕上げて、

ライジングの連載原稿もいまやっと終了。

12時間以上、椅子に座ってる。走りたい。

明日は取材だからちょっと睡眠不足解消に寝ないと。

 

日曜日のゴー宣道場は、山元一慶應義塾大学教授による、
「比較憲法学」から見た日本国憲法の課題について。

基調講演がとてもわかりやすく、かつ「もっと知りたい」という

思いを掻き立てられる内容で、とても勉強になった。

事前にご用意くださったレジュメのおかげで、
頭の整理がつけやすくて集中もできた。

 

特に憲法の前文については、ほとんど暗記用ポエムのような
感覚を刷り込まれてきていた人間なので、

そこに「建国の体」を綴るために「日本の伝統とは!」という
話が論じられていくというお話には驚き、反射的に

「そりゃ困ったなあ・・・」

という気分に。

 

「せっかく憲法を制定するのだから」みたいな感覚で、

「日本とは、このように素晴らしく歴史ある国なのだあ!」って

スターウォーズのタイトルロールのような壮大な物語を描かないと
気が済まないような厳めしい方々がいらっしゃるんだろうけど、

伝統って、決して「これが決定版」として書き残せるようなこと

ではないし、

明治の時代に恣意的に作られた「しきたり」「掟」としての

“伝統のようなもの”がそのまま因習化して、
現代の人をタコツボに押し込めたり、
女性を苦しめたりしている現実を見れば、

その時その時代の風潮だけに支えられている感覚を、

「憲法の前文」として掲げてしまうなんて、
随分手前勝手な自己顕示欲でしかないんじゃないかと思える。

しかも、「前文、俺が書きたい」とか出て来る人もいそうだ。

 

やっぱり現憲法の第一章が天皇条項であるように、

憲法の中身、構成そのものによって、「建国の体」を表現する
ほうが自然なのでは・・・。

 

「個人」か「人」かという質問から派生した、

ドイツ基本法の「人間の尊厳の不可侵」という論点については、

哲学的な議論がそこに眠っていたのだと知り、
もっとこんな議論ができたらと思うものがあった。

ドイツはナチスの反省があるだろうから、絶対不可侵の考えが
かなり強いのかなと思うけれど、

小人症の人を投げ合うゲーム「小人投げ」についての議論は、
本当に深くて、いろんな人が思いを馳せながら話し合えるところ
だと思った。

小人投げが、人間の尊厳を損なう行為なのか、
はたまた、小人本人が自由意思で投げられ、それによって生計を
立てる場合はどうなのか。
個人と社会倫理のせめぎ合いについては、簡単には決着がつかない。

この点に関して書かれた論文をいくつか見つけたので、
いま読んでいるところだ。

 

日本国憲法においても「個人」「人」という言葉一つに、

こういった、思考力と、人の心が試される議論があって

然るべきだろうと思う。

 

日誌 | - | -