<< ジャーナリスト笹幸恵さんとの新番組『ゆきりん❤もくれん 淑女我報』 | main | 人の勇気は、とてもまぶしい。 >>

「私」の銃のアメリカ、「公」の銃のスイス

 先日のMXを見たという知人から、「朝7時の生放送ニュース番組で自主防衛の話なんかしてる女の人、はじめて見た(笑)」とメールが届いた。あはは。

 アメリカで社会を震撼させるような銃乱射事件がこんなに多いのは、単に「銃」が蔓延しているのではなく、『私』のための銃が蔓延していることが理由のひとつにあると思う。
 アメリカでは、市民が権力から身を守る権利として、銃の所持が憲法で保障されている。
 ところがここに、根深い人種差別や、金融グローバル化をがんがん推し進めたことによる格差社会(日本もこれに巻きこまれつつある)、『アメリカンドリーム』を追う野心家たちの嫉妬・羨望など、同じ国家の国民でありながら、他人を信用できなくなるという問題が渦巻いてしまっている。
 おまけに金がない。犯罪件数に対して警察官の人数も少ない。さらにアメリカは、未開拓の大陸を開拓しながら作られた国。もともと「自分の身は自分で守れ」という精神が強い。

 ――こういったものが複合して、現代のアメリカ人は、もう国家すら信用できなくなっているのではないか?
 だから、自分の生命を守りたい、自分の財産を守りたい、つまり私益のために銃が欲しい。
 私心で手にした銃は、きっかけさえあれば簡単に隣人に…時には家族にさえ向けられる。


 一方で、世帯あたりの銃の所有率が、アメリカに比肩する国にスイスがある。
 スイスでもたまに乱射事件は起きるが、アメリカに比べると圧倒的に少ない。なぜか?

 永世中立国のスイス、私は、社会人になるまでスイスのことを「非武装中立」と勘違いしていたのだけど(おそらく日本人は多くの人が同じ勘違いをしているのでは?)、これは大間違い。
 スイスは、国民皆兵の国。男子は18歳になると身体検査を受け、20歳で徴兵される。一定の訓練を終えると、ライフルや手榴弾などを貸与されて、自宅で所有する。
 とはいえ、たまに事件に使用されたり、それから自殺に使われてしまうことが多いため、現在は郵便局が一括管理している。スイスの郵便局は、武器弾薬のほか対戦車火器や迫撃砲などを保管する武器庫になっていて、スイス国民は有事の際には48時間以内に武器を手にして街のいたる場所から攻撃に備えることができるようになっているのだ。
 一般家庭は、ほぼ100%核シェルターが完備しているし、街の作りも、有事の際に敵を見張りやすいよう、ある一定の方角にむけて窓があったりする。高速道路は日本のようにうねうねしておらず、滑走路として利用できるよう一直線になっている。
 スイスは、国民全員で自国を守れるよう、徹底した自主防衛態勢が作られている。だから、他国との軍事同盟は結ばない、扮装には手を出さない永世中立国として堂々宣言できるのだ。
 
 スイス人の所有している銃は、『公』のための銃。だからアメリカとは違って、国家規制がきちんと効く。同じ銃でも、『私』のための銃とは、銃口を向ける先が違う。


 スイスの国民皆兵を考えると、日本人は本当にアマアマでラッキーなアメリカ製のゆりかごのなかで70年を過ごしてきたんだな…と思う。
 安保法制のときに「このままでは徴兵制が復活する!」云々と騒いでいる人たちがいたけど、「あのー、それって国家として当たり前のことだと思うんですけど……」と、なんで大人は誰も諌めないのかと。

 集団的自衛権がヤバい方向に行使されてしまうかもしれないと懸念される理由は、日本が自主防衛してないから、アメリカに守ってもらわねばならず、そのために外交主権がないから、なのではなかったのか? と。
 武器を捨てて「9条万歳」なんつって悦に入ってられるのは、アメリカの武力に頼ってるからじゃんよ。

「徴兵制が復活する!」という煽り文句は、一瞬、国民を恐怖させるけど、よくよく考えたら
「武装とか、そーいう危ないことは、ぼくらの見えないところで、アメリカ人がやってくれるから考えなくていいんだ! だから沖縄には悪いけど、ずっと占領されてオスプレイに怯えててくれ!」という醜い私心の塊でしかない! と、わたくしは思うのでございます。

 このわがまま放題の捻じれっぷり。
 たまたま、戦争に巻き込まれないラッキーな期間に生まれ育ってるだけだろっ!
 わたしがアメリカ人だったら、日本人のそういうところ、うんざりすると思う。


 
政治・社会問題 | - | -