<< 今夜9時、アッキード事件をどこよりも細かく検証します | main | 権力の申し子でない「保守」 >>

森友:理財局長就任の時期のこと

生放送で触れたようで、ビシッと言い切らなかった
気がするので書いておくけれど、

財務省の異動記録によると、
証人喚問が決定している佐川宣寿氏は、
2016年6月17日から理財局長に就任しています。

森友学園への国有地値引き売却が決定したのは、
その3日後の、2016年6月20日。
もちろん理財局長は国有財産の管理責任者だし、
佐川氏は、その後の国会答弁の責任者でもあるけど、
実際に、度重なる値引き交渉やごみの埋設量の偽造などが
起きていた時の理財局長は、
2015年7月7日に就任している迫田英典氏です。

2015年7月7日、迫田氏が理財局長になり、
2015年9月3日、迫田氏と岡本薫明財務官房長が官邸に
呼ばれて安倍首相と話しており、翌4日に安倍首相は大阪。
翌5日に昭恵夫人が、森友学園の名誉校長に就任しています。

その後、谷査恵子氏を通じてのFAXのやりとりなどがあり、
森友学園の前任の弁護士などが活躍(?)して、
隠ぺいされた書類や、録音されている音声データのとおり、
ごみが大量にあるかのように偽造する口裏合わせが起きて、
値引きに至っているわけです。

佐川氏には、刑事訴追の恐れがあって答えられない部分と、
前任の迫田英典氏に聞いてもらわないと答えられない部分と、
パターンがあるのではないかな。
 

「佐川事件」なんて不名誉を着せられることのない道を
選んでくれたら…と、多くの国民が見守っているよね。

政治・社会問題 | - | -