<< 安倍政権と被害者意識とカルト新聞 | main | これはしつこい。文科省前川講師弾圧メール。 >>

超常識的な答弁「総理夫人だから」

ライジングの原稿を書きながら、国会・参院予算委の

答弁をずっと聞いている。
共産党・小池晃議員の猛烈な追及。

「どうして国会議員ではない安倍昭恵夫人の名前が
決裁文書に出て来るのか?」

この質問に太田理財局長が、

「それは、基本的に総理夫人だからだと思います」

と、超常識的な答弁をした。
議場がおおおーっと沸き、拍手が起こった。
やはり国としても「総理夫人」が威力を発揮する立場
であるとわかっているのだ。
わかってなきゃおかしいし、この超基本的で全国民が
わかってるような常識的な答弁を引き出すのに、
一体何百時間かかるのかと、頭がくらくらしてくるが。

「総理夫人は私人」などとあまりに幼稚すぎる、
必死で日本語をねじ曲げるような閣議決定がなされた
ことがあったが、
そのいびつさが、あっさり粉砕されたことにもなる
だろう。
 

明日の生放送でもじっくり検証するぞ〜!

 

2018年3月20日(火)夜9時スタート
「よしりん・もくれんのオドレら正気か!」
テーマ「安倍昭恵という存在の恐さ」

http://live.nicovideo.jp/gate/lv311800265

出演:小林よしのり・泉美木蘭

政治・社会問題 | - | -