<< いい加減、籠池夫妻を釈放しろ | main | 中韓ヘイト本が売れるのは・・・ >>

しるせっぽう

連載している「ライジング」に寄せられる読者のコメント欄を

読んでいたら、
「辻説法」をずっと「説法」と読んでたという人がいて、
完全にツボにはまってしまい、苦しいぐらい笑ってしまった。

しるせっぽう・・・

愉快な人やなー。
「しる」ってめちゃくちゃ笑いに変わる言葉だもんなー。
なんだか囲炉裏を囲んで、きのこ汁でもいただきながら、
御説法を受けているような絵も浮かんだ。

でも、あるよ、あります。
私だって山ほどあります。

「生成り」を「なまなり」と読んでたし、
「病床に伏す」を「びょうとこにふす」と読んでたし、
書店へ澁澤龍彦の『胡桃の中の世界』を探しに行って、
こももの中の世界、ありますか?」と聞いたことあるし。

とある雑誌の私に対する一方的な侮辱記事で、
「手練手管(てれんてくだ)」
と書かれて激怒しまくって、編集者や弁護士への電話や、
公開収録の生放送なんかで、
しゅれんしゅかんだと!? ふざけんじゃねえ!」
と真っ赤になって言ってたし。

いまだに、原稿書きながら、漢字変換がすんなりされず、
「なんでこんな簡単な単語がこのパソコンの辞書には
登録されていないんだろ?」
と不思議に思ってることがあるから、たぶん、それは、
私の読みかたが間違っているんだと思う。
この読み間違い地雷、いつどこで火を吹くかわからねえ。
せめて恥かいたときの、切り返し方を鍛えておきたい。


それに近い話、笹さんとの「淑女我報」でも語っていて、
今回はゴー宣道場ブログの右上にも出ているし、

Youtubeでも見られるので、ぜひ。


日誌 | - | -