<< 年内一息 | main | データのからくり...からの、三宅純 >>

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

 

朝からどやどやLINEの通知がとどいて、
なにごとじゃいと思ったら、箱根駅伝で東洋大学がきてる! と。
それで、私の書いた箱根駅伝の取材記事がアクセス数爆上がりで
大変なことになってますよという連絡だった。

 

箱根駅伝「薄底vs.厚底」靴の知られざる闘い

http://toyokeizai.net/articles/-/202761

 

私の力じゃなくて、予言した西本さんとランナーたちが凄いんです
けどね。
でも正月から、すごく読まれてますよ、と言われるのは嬉しいし、
こうなったら、東洋大、復路もがんばれー!

実家ではなんだか、大知先生の話で超盛り上がった。
あ、今年から三浦大知くんのことは大知先生と呼ぶことにしました。
紅白の無音ダンスがばちっと決まった瞬間、どよめいちゃったからさ。
これでまたまた売れて、もっとすごいダンス・エンタテイメントを
見せてくれそう。大知先生がんばってください!

…という正月休みもたちまち終わった。
もう仕事しないといけないので東京へもどる。
池の水ぜんぶ抜いてカメやらブルーギルやら駆除する番組を横目で
見ながら明日の仕事の準備をしてたら、0時まわってるし。

ずっと本読んでたら、父親が、おれの蔵書、好きなだけ持ってって
いいぞと言ってくれた。ありがたいね。
父親は、大学や研究室への締め付け、人文学部系の軽視と加計学園
のこと、えらく怒ってて、話が合った。
父親が教鞭とっていた社会学も大学からなくなるかもしれないと
憂いていた。
いかんよ、いまの方向性。

よーし、はたらくどー。

日誌 | - | -