<< 美術館とアブサン | main | 年内一息 >>

朝日新聞がデマ本を提訴

最後の徹夜明け作業を終えて、わりとふらふらな私だけど、
明日は4時起きしてMXのモーニングクロス。

やわらかく、「日本型ライフシフト」という話をする予定。
あとは年末の店の大繁盛を朝までさばいて、大掃除したら、
晦日には実家だぴょん。師走よー。

 

 


朝日新聞が、小川榮太郎氏と飛鳥新社に対して、5000万円の
損害賠償と全国紙全6紙への謝罪広告掲載を求めて訴訟を
起こした。18ページにわたる訴状を読んだ。


「圧倒的強者によるスラップ訴訟だ!」
「朝日新聞を批判した者は社会的に抹殺するという恐怖政治、
全体主義による粛清だ!」
というネトウヨ的抗議が押し寄せることになると思うけれど、
そもそも批判でなく、名誉棄損、誹謗中傷が目的の本だからなぁ。
なにしろ、朝日新聞は本気でデマ、フェイクと戦うつもりだ。

小川氏は、さっそく「スラップ訴訟起こされて迫害されてます」
という意味合いの長文のコメントを発表して、
産経新聞・阿比留瑠比に寄り添われている。

「小川の非を鳴らし、朝日新聞の報道がいかに正しかったかを
説得しなさい。それで私の社会生命、言論人生命は終わります」
 

「裁判所に判断を委ねる必要など、社会的に圧倒的強者であり、
自説を証明できる膨大な紙面と圧倒的な読者数を誇る朝日新聞社
の取る道としてあってはならぬ最悪の邪道と言う他ありません」


権力者側の言い分だけを理由なく丸のみして、
「無双の情報ギャング朝日新聞」だの「戦後最大級の報道犯罪」
だの名誉棄損の限りを一冊の本のなかに詰め込み、
発売後も威勢よく朝日を挑発しまくることができたのは、
自分のバックには圧倒的強者の安倍政権がついていると思って
いるからでしょうよ。

今後どうなっていくのか、行方を注視して、進捗があればまた
書こうと思う。

日誌 | - | -