<< ぶつぶつ | main | 焦りたくってるねん >>

総理は国民の代表だから「国民が侮辱された」?

自民党本部が大量購入・配布中のインチキ本検証シリーズ、つづき。

◆総理は国民の代表だから「国民が侮辱された」?

安倍政権は、仲良く共鳴していた籠池氏を切り捨て、証人喚問を行い、密接に関わっていた昭恵夫人は隠した。
しかも、籠池氏の証人喚問が決定した理由は「総理への侮辱」だった。
最高権力者に逆らったから、国会に強制的に呼ばれて証人喚問を受けるなんて、北朝鮮ばりの独裁国家だ。
しかし、小川氏は、この度肝を抜かれる独裁ぶりにも寄り添ってみせる。

 

自民党の竹下亘国会対策委員長が「籠池氏の発言は総理への侮辱であり、たださなきゃいけない」として喚問の要求に応じたことが批判されたが、デモクラシーの我が国では総理への侮辱は、国民の代表者への侮辱だから、この言い方に一定の理屈は立つ。

 

みなさんどう思いますかね?

わたしたち国民は、籠池氏によって侮辱されたのでしょうか?

日本は間接民主制の国ですよ。
選挙で選ばれた代表者が政治を行うという仕組みで、そこには多数派の代表者もいれば少数派の代表者もいます。

「総理」はあくまで一時的に選出されて、天皇陛下から任命されている身分にすぎず、問題があると判断されれば、議会は、内閣不信任決議を採り、退陣を要求する権利があります。

ましてや、総理の人格と国民の人格は一体化するものではありませんし、同一のものでもありません。たとえ国民の一人が、総理に対して侮辱的な態度をとったからと言って国民全体が侮辱されたことにはならない。そんな理屈は立ちません。

小川榮太郎氏は、国家システムを私物化した安倍晋三夫妻を守るため、日本の政治の仕組み、「デモクラシー」の意味まで捻じ曲げているにすぎない。
このような本をバイブルとして、モリカケ問題から逃れようとしている自民党幹部は、日本を一体どうしようと考えているのでしょうか。

政治・社会問題 | - | -