<< よくがんばりました | main | 年末企画、ティンバーレイク、ヘルペス >>

こんな異次元の屁理屈本にすがるなんて…

12月2日、3日にJNNが行った電話世論調査では、
国会で審議されている森友学園問題について、
政府の説明に「納得できない」と答える人が8割。



自民党本部が、モリカケ対策のために大量購入して配布中の本では、
「森友・加計事件は朝日新聞の戦後最大級のねつ造」と謳われ、
安倍晋三を擁護するために、常人の想像を軽やかにスキップしながら
度外れていく、ウルトラCな屁理屈の数々
が書かれています。

森友学園の園児たちが「安倍首相ガンバレ!安倍首相ガンバレ!
と声を上げる異様な映像がテレビで流されたあたりから、
それまで森友学園にかなり入れ込んでいた議員たちがつぎつぎと
手のひら返しをはじめ、
かつて、森友学園の代理人として法廷に出廷していた稲田朋美は、
 

「籠池夫妻とはここ十年来、お会いしたこともお話ししたことも

ございませんし、弁護士時代を通じて相談を受けたこともありません」


と国会で答弁。
ところが、すぐに裁判出廷の記録が見つかり、虚偽答弁をしたことが
が発覚。
記者たちに取り囲まれ問いつめられると、稲田はこんな異次元の回答
をくり出して、日本中を唖然とさせました。


「私は本当に、自分の記憶に基づいて答弁をしている。

したがって、私の記憶に基づいた答弁であって、

虚偽の答弁をしたという認識はない」

“自分は本当に浮気してないという記憶に基づいて答えている。
したがって、自分の記憶の中では浮気してないのであって、
相手が「この人としましたよ」と思いっきり証言してるし
写真もあるみたいだけど、自分は、ウソをついたという認識はない”


みたいな。これ、稲田の言い分を信用できた人、いますかね?

いるんですね、小川榮太郎さんです。
こう書かれています。

大筋から言えば、答弁に別段の誤りはない。十三年前の代理出廷の有無
など、本来、政治家の答弁による責任問題の範疇を逸脱しているという
他はない。
ところが、(稲田朋美の)記憶の欠落があまりに徹底的で、そのため
稲田の否定が
余りにも強い口調だったために、格好の攻撃対象となって
しまった。



稲田の記憶、マジパネェほど徹底的に欠落してっから、
あれウソじゃねーんだぜ。

だって。
わたし、思わず吹き出して、この行、エンピツで◎つけてしまいました。
こんな異次元のウルトラ屁理屈が、次々出てくるトンデモ本、自民党は、
モリカケ問題逃れのために利用してますよ。
大丈夫ですか!?

まだまだ登場、異次元の屁理屈については『泉美木蘭のトンデモ見聞録』

「トンデモ本出現! 自民党大量購入の『モリカケ逃れ』バイブル」で。

http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1377424

政治・社会問題 | - | -