<< 加計学園認可の見通し。 | main | ライジングは伊藤詩織『Black Box』 >>

リュック担いでてすみません。

やっと電源が入った。

ちょいと前からリュック担いで大阪の街を歩いておりまして。

一週間あまりつづいた徹夜から解放されて、打ち合わせまで間があるし、

ノートPCあるからどこでも仕事できるしブログも書けるしー、と。

……余裕かましていたら、2日目にして電源が入らなくなり。

 

あきらめて、今日まで新今宮の「スパワールド世界の大温泉」で
お風呂つかりまくったり、通天閣のまわりうろうろしたり、

心斎橋で学生時代によく通った古着屋を探そうとして遭難したり、

道頓堀でたこ焼きほおばったりしながら、


 

今日になってドトールでACアダプターにつないで電源押してみたら、

思い出したように動いてくれた。

よかったよ。

背負ってるのも重たいし、無用の長物すぎてジャンク屋に売り飛ばす

とこだったよ。

 

しかし、ホテルが高いね!

東京も数年前から値上がりしたけど、大阪も外国人観光客のせいかな?

普通のビジネスホテルに15,000円も払えませんよ。私には。

一泊8万だの10万だのの富裕層向け高級ホテルなら空いてるんだけど、

うちの家賃より高い部屋なんか泊まれるかい! って感じで、
 

<外国人もすなる民泊といふものを、我もしてみんとて、すなり。>

Airbnbで民泊に挑戦でございます。

昨夜泊まったのは、町工場のおっちゃんが運営している民泊。

広い広い屋上つき…というか、屋上の小屋で一泊1900円+諸経費。

洗濯したTシャツ干し中…。

ビルの1階について、インターホンを押したら、予約したときに表示
されていた宿主の顔写真とは全然ちがうおっちゃんが、工場のほうから
健康サンダルで走り出てきて、

 

「すんまへーん! ○○さんの友達でんねん!」

 

と。えええーっ、友達!? と面食らってたら鍵の束を渡されて、

 

「トイレはどの階にもあるから好きに使って。3階にキッチンがあるから。

調理器具も食器もそろってるから、料理したかったら自由に使って。

鍵は、明日帰るとき、そこの箱へほうりこんでロックかけてって。

どこから来はったん? 東京? ……ああ、なんや近大生やったんかいな。

ほな、この辺のこと、よう知ってはんのやな。ま、ごゆっくり。

あ、自転車乗る? 乗るんやったら、そこの赤いやつ好きに乗ってえな」

 

かなりアバウトな宿主(の友達)であった。

部屋は小さめで、ベッドは折り畳みのシングルだけど、冷暖房完備、

寝袋で車中泊してた数年前に比べたら天国のようにすばらしくて、

しかも、おかき、飴ちゃん、水、お茶、紅茶、コーヒー、それからなぜか、

みかんが5個も置いてあり、至れり尽くせりだった。

 

荷物を置いて玄関へ降りたら、下の階に宿泊するヨーロッパ圏の美男美女

カップルがいて、おっちゃんが必死で説明していた。

 

「トイレ、イズ、オールフロアー! キッチン、イズ、サードフロアー!

レッツ、クッキング、オーケーイ? プロブレムある? プロブレムある?」

 

プロブレムある? って。それ、通じてないよ……。

と思ったら、美男美女カップル、大爆笑したあと、

 

「OK! No Problem!」

 

通じてた!

 

 

しかし、新今宮の街にはびっくりだよ。

駅の南側は、あいりん地区。私が学生だった頃(20年前)は

「あのあたり女の子が一人で歩いて、さらわれるようなことがあっても、

それは歩いたほうが悪いんやでな!」

といろんな人から厳しく言われていたから、駅周辺を歩くのも怖かったのに…。

昨夜、こわごわ通りかかったら、ベビーカー押した若い家族が歩いてたよ。

街並みを観察してみて、いろいろわかったけど…またあとで書こう。

 

 

さて。今夜は大事な用事が。

日曜日の打ち合わせの時間までには東京帰ります。

日誌 | - | -